« そこは、薄利多売・・でしょ、 | トップページ | 中国のケイタイ 事情 »

2017年10月24日 (火)

十九大閉幕

A9d3fd1f4134970a874ed67d9ecad1c8a78

   十九大が終わった。
  日本では、終わった報道がどれくらいされるのかは、知らない。
    本当は、というか、こっちが、というか
  報道すべき点で、
    会議そのものは、前にも言いました様に、粛々と・・というか、
  よく言う、成功裏のうちに・・・会議は終えられることは最初から決まってる
  ことで、この点では、日本の「根回し」なんてなものではなく、
  筋書き通りに進められる。
    そして、終わった。
   前日に、内外の記者を集めての、会見。
   実はこっちの方が、ちょっとは垣間見えることがある中国の内情。
  だが、こちらは報道されない。
E4dde71190ef76c628383f799616fdfaae5
    ならば・・・
   ということで、個人的感想をここに書いておこう。
   ここのひな壇に上がってる人たちが、その各現場の長の人たちですね、
   教育であったり、医療であったり、環境であったり・・・の。
     実務の人たち。
     この人たちですよ、実際に問題に直面してる人たちは。

     それで、
   感想だけ急いで言っとくと、
    中国はまた、大きく変わった。この五年で中国が変わったのは、
    この会見を見ても判りますが、自信をもって、事に当たるように
    なってきた。その自信は、余裕と言ってもいい。

   会見で垣間見えたものを紹介しておくと、
     以前はかなり構えていた壇上の人たちにも余裕が見える。
   記者がちょっと質問をしただけで、以前は眉をしかめていたのが、
   そこそこ、痛いところをちょっとついているのに、
     壇上の担当者が「・・・ご質問ありがとうございます・・・」と言った。
   んん~これ誰が教えてるの?

     例えて言うなら、
   以前ですと、剛速球の球を投げられると、
   中国側キャッチャーはそのまま、逆に前にでて受けるので、
   キャッチャーミットの音がバ~ン!と鳴って、
    あぁ~今の球、速かったんだよねぇ~と、誰も判った。
   それが、昨日の様に引いて受けられると、同じ速さの球を
   投げても、音がしない。スッゥ、とミットにおさまる。おさまった様に
   見える。なんだ、大して速くない球だったんだ・・・と、思わせる。

     ・・・ってなやりとりが、続いてましたよ。
    んん・・・余裕だよね、と感じた。

|

« そこは、薄利多売・・でしょ、 | トップページ | 中国のケイタイ 事情 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 十九大閉幕:

« そこは、薄利多売・・でしょ、 | トップページ | 中国のケイタイ 事情 »