« 至る所液晶(青山)在りは、これでいいの? | トップページ | 近づく、国慶節、天安門の飾りつけに忙しい中国 »

2017年9月23日 (土)

今週の一冊 - 『許三観売血記』 (血を売る男)

1

     今週、読んで面白かったおすすめ本はこちら。
   但し、こちらは中国語版なので、
   翻訳本はたしか?河出書房?から出てるはずで、
Yjimage
      邦題は、『血を売る男』らしい。
      前にもこの作家の本を紹介しました。
    圧倒されますよね、余華ユゥ・ファの作品には。
     この人凄いです。
     毎作品はずさないもんなぁ、期待を裏切らないってんですか。
    今回も。

      またまた、時代設定が、中国は文革真っ最中のなか、
    彼は、血を売って、なんとか生活するんですが、
      日本だって、戦後すぐのころでしょうか、それと同じように
    血を売って、お金に換えていた人たちはいたらしい。
     それを小説なり随筆で書いている人たち、作品は数ある。
     舞台は中国の小さな町の製糸工場で繭運搬係の許三観
    が、生活が苦しくなるたびに自分の血を売って切る抜けるんですが、
    そっからが、日本の作品とはその趣を異にしていきます。
      もっとも、同じ中国作品の中にあっても、彼の作品、彼の
    作り出す主人公はとっても独創的。
      それでいて、いるよねぇ~こういう人、こういう人いたんだろうなぁ
    ・・・と思わせてくれる。
            これ、見てないですが、
     何故か??韓国で映画化されてるらしい。
     見たいなぁ・・・その映画。

       今週のお勧め本は、
     余華著、『血を売る男』でした。

|

« 至る所液晶(青山)在りは、これでいいの? | トップページ | 近づく、国慶節、天安門の飾りつけに忙しい中国 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今週の一冊 - 『許三観売血記』 (血を売る男):

« 至る所液晶(青山)在りは、これでいいの? | トップページ | 近づく、国慶節、天安門の飾りつけに忙しい中国 »