« 2017年8月 | トップページ | 2017年10月 »

2017年9月30日 (土)

香港映画の今

U5688485693475252433fm27gp0

    ほんとうは?違うことを書こうと思っていたが、昨日みた
   「低迷する香港映画」という文にちょっと触発された。
     文の具体的なお話を紹介しようというのではないので、
   そこは端折る。
    この題がその主旨の文だった。
   更に、「中国資本流入 大陸向け合作急増」というのが
   あって、文でおっしゃりたいのはその大陸の影響だというのが
   大きな主題となっていた。
     別に反対はない。
   
    文では、
   香港映画協会によると、全盛期の93年に年間234本製作された
   香港映画は、2013年には43本に激減した。
     ・・・とあるが、これは別に大陸の影響のみではないでしょう。
   ホンコンと言えども映画産業の趨勢には勝てない。
     しかも、賽よの数字、年間234本というのはいかにも多い、
   多いが、多けりゃ好いってもんでもない。

     更に文では、大陸からの規制がけっこうあって制作側が
   苦労してる、という。
     しかし、それもまた、わたしの考えとはちょっと違う。
    何でも自由に描ければそりゃぁまぁ、自由でしょうが、
   そこに、つまり自由だからと言って傑作ができるとは限らん。
    もっともっといろんなしがらみ、
   金銭面から、そうした政府の締め付けが厳しい中、
   そっからこそ、傑作はでてくるんじゃないの、と期待してる。

     なぜ、低迷してるかは、
    もっと、違うところにあるとわたしは睨んでる。
    それは、ホンコン人のあのパワーが落ちたんだと。
   その要因がってか、それこそが、大陸の・・・・というのであれば、
   あぁ、そういうことね・・・と言うしかないが、
    何でも自由な所に傑作があるわけではない、
   とりわけ、芸術の世界はそんな裕福な自由なところにあるとは
   思えないんですけど・・・・。

     ってことはですよ、
    今こそ、香港映画のチャンスですよ、
    香港映画の真骨頂を見せてくれる監督と役者がいまこそ
    育つはずだと、期待してるんですけど。
U7099201203746460157fm11gp0

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月29日 (金)

コレクターの世界 中国の紙幣

   いやいやぁ~、中国に限らんですが、それにしても・・・

38dbb6fd5266d016ec32462a9c2bd4073_2
    コレクターの世界は尋常じゃない。
   こちらが、先日、中国で行われたオークションに出品された、お札。
   中国の、ってことは、自国のですよ、
   しかも、まぁ、だからこそ?貴重なんでしょうが、
   中国の歴史、中国の骨董世界からすれば、つい先日、
   つまりは、そんなそんな昔、むかしの古い古い・・・ってんではない、
    1950年代の紙幣が
   な~なんと~これ一枚で、
   恐ろしい値が、500万元ってんですから、計算してくださいよ。

     判んないよなぁ・・・この世界も。
   そんだけの金があるんなら、なんにもこれを持たなくとも
   黙って今使えるそのままの現行のお金の方を持ってた方が
   いいんじゃないの、と貧乏にはおもっちゃいますけどね。

    それにしても、たかだか?60年くらい前のが・・・
   んん・・・
    判んないよなぁ・・・

    別に判んなくてもいいですけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月28日 (木)

パンダ 大熊猫 の 名前は、 香香シャン・シャン

20170927011702772

    ちょっと前の話なんで、もうニュースとは言えないかも。
   上のパンダの名前が決まった!
   香香シャン・シャン・・・
    ってんですが、
2017_09_25_xiangxiang
     ってことは、この子、女の子ですよね。
   女の子名前ですもん。
    それにしても・・・
   日本語ではどうやってもこれ、香香シャン・シャンとは読めない
   ですよね、これって完全に中国語意識します。
     日本語だと、コウコウか、キョウキョウでしょ。   
   いいんだぁ~中国語で。
     そこまでいったら是非ですね、
   多分これ、日本の方は、シャン\・シャン\ と 中国で言うと
   四声、四声で読む人が多そうだなぁ、
     これをも中国語で、シャン━・シャン・ 一声・軽声 で
   読んでもらいたいもんですね。
      シャンの意味は中国語的にはとってもいい意味でいい名
   ですよね。
     こんないい名前がこれまで使われていなかったはずもなく、
   前に・・・というか先代がいますよね。もう亡くなったけど。
    ・・・だからいいのか。
Yjimage_1
       パンダの名前もそうそう種類?がないから
    いい名前はもう大概使ってる。

       時、まさに
     日中は、国交正常化45周年記念・・ってんで人間社会は
    騒いでますが、そんな年に生まれたパンダは
Yjimage
      其れも相まって期待されてるようですね。
    このパンダを見に来る・・・ってな理由付けで、中国大物が
    来日・・・ってなことになるんでしょうか。
     是非、
      シャンとまっすぐ少し高い音程で言っといて、
    うしろのシャンは軽声と言って、軽めに添える形で、
               シャン━ シャン・
     と読んであげてくださいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月27日 (水)

日本酒(清酒)が人気!

    清酒チン・ジュゥが人気。中国での話ですよ。

U1141458123700250983fm27gp0     あと少しで昨日も書きましたが、中国は長期休暇に入ります。
   どっと、中国から人がやってきます。
    お土産としては持ち易さに欠けますが、そこはそれ、お酒好きには
   そんな問題はなにするものぞ、です。
     その方面の方は備えた方がいいですよ。
Main201411120938000281002499019
     最初に、この手の話題をする場合に必ず先に断っておりますが、
   わたしは、酒を飲みません、いや、アルコールがダメです。ですので
   この話題は踏み込んだことは書けないし判りません。
     それでも、逆に酒飲みには見えない角度の話もありますから、
   その変のお話をしながら話を進めます。
Main201411120943000233618868351
      何故、日本酒、清酒が中国で人気か?ってのは簡単です。
    美味しいから。
     また、酒飲みの人は世界中がそうですが、自国のお酒の他に
    外国のお酒を好んで飲みますよね。
      それって、それだけで、少し酔える?のかも。
     更に日本酒にはその飲みやすさ。その一つがアルコール度数が
    中国で言うと、黄酒ホワン・ジュゥ(15度くらい?)で、
    流石に中国の若者たちも白酒バィ・ジュゥのアルコール度数(高い)
    には付き合いきれず?でもビールでは・・・という人や、ワインは・・
    ってな人がいるわけですよ。
Main201411120945000063616133938
      更に、これが意外?と中国料理にも合う。結構相性?が
    いいんだ、ってのをどっかで知ってですね、更にそうした人たちは
    日本酒の種類の多さを次に知るわけですね。
      大吟醸ってんですか、その口当たりの好さですよね。
    酔い心地も、格別らしですからね。
     味では、甘口と辛口のその間にも相当の段階があって、
    自分に合った?自分のお気に入りを探すのも楽しいらしい。
Main201411120946000448762528000
      更に更に、
     日本酒はその飲み方がいろいろ楽しめる。
    ♪お酒はぬるめのかんがいい~ってのも知ってるらしい。
    でも、お好みによっては、ロックで・・・、
    熱燗で・・・と様々に楽しめる。
     ということで、なるほどね!!の人気なんですね。
Main201411120949000521627976879
       ここに挙げているこれらの写真は全て中国ネット上で
     日本のお酒について書いてる人たちが、それぞれ、自分の・・・
     ってんで、挙げてる写真を転用してます。

      ということで、これがかなり詳しい人がいる。
     酒のみの世界はそれはそれでまた好きな道ですからね、
     とことん・・・の人もいっぱいいそうだなぁ。
      悲し哉、わたしにはそれが全く判らないってことですかね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月26日 (火)

国慶節、今年のお休みは 8日間

U3302855462418518812fm11gp0

    今頃は・・・
   もう、中国各地の職場で、気もそぞろ・・・ってな人が
   沢山いそうだなぁ・・・

     いよいよ、国慶節まであと・・・幾日、という今日、
   こちらは、中国の人なら誰でも知ってるというか、
    今頃??その話・・・と笑われそうですが、
   日本では知られてないので、一応ね。
U112122614613682842fm11gp0
           こんなんなってましての、8日間!長期休暇!!
    拍手!!パチパチ!!
     いまいまの話題はですね、
    最近はホント日本と似てきまして、
    高速道路渋滞予測、なんてなのをやってましてね
    何日が行きのピークで、帰りのピークは・・・ってなのをやってますが、
    ここで、日本とちょっと違うのは、
    日本は流石、東京一極集中の国ですからして、
    東京からの出の流れと、帰りを見ればいいだけですが、
    中国はそうはいかないぞぉ~、
      何せ、東京クラス(1000万都市)数ありますからね。
    当然、大都市周辺はその出入りが。
      更に、広い広い。
    移動する人たちの移動距離が半端じゃない。
    ・・・ってな点には触れず、まぁそれで普通と思ってんじゃないですか。

     あとは、お天気ですよね。
    行楽と言えば、お天気の心配。
    ・・・・ってところはどこも同じですね。

     その反動?で
    今日のニュースってか話題を見ていたら、
    こうして皆が遊んで歩く時期こそ、三次産業の人たちはその人たち
    へのサービスの為にお仕事に・・・・ですが、
    その担い手が足りない。
     ってんで、この休みの間、残業代として××元!!ってな
    なんかとてつもない金額が。
     多分それでも集まりは悪いんだろうなぁ・・・・
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月25日 (月)

近づく、国慶節、天安門の飾りつけに忙しい中国

6a600c338744ebf81f226a25d2f9d72a605

    あと、一週間。
   中国、国慶節を迎えようとしている中国。
    毎年のことですが、只今、天安門広場はその
   祝賀ムードを盛り上げるための飾りつけに余念がない。

     その飾りつけも、年々やっぱり凝ってるようですよ。
   以前から比べても、その
0eb30f2442a7d93348f08f6ca64bd11373f
      こうした飾りの材質そのものが違いますからね。
     思い切ったものができるんでしょうね。
     無論、
    生花も他の部門が担当して、
    10月1日に咲くように調整された花たちが
    圧倒的な数をもってこのあと広場を飾ることでしょう。

     一方、
    人々は、この長期休暇をどうすごすかの話題で盛り上がってる
    頃でしょうね。
     国外へ、日本へ旅行を予定されている人たちはもう
    トランクに荷物を詰め終って、
     さて・・・・
    という頃でしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月23日 (土)

今週の一冊 - 『許三観売血記』 (血を売る男)

1

     今週、読んで面白かったおすすめ本はこちら。
   但し、こちらは中国語版なので、
   翻訳本はたしか?河出書房?から出てるはずで、
Yjimage
      邦題は、『血を売る男』らしい。
      前にもこの作家の本を紹介しました。
    圧倒されますよね、余華ユゥ・ファの作品には。
     この人凄いです。
     毎作品はずさないもんなぁ、期待を裏切らないってんですか。
    今回も。

      またまた、時代設定が、中国は文革真っ最中のなか、
    彼は、血を売って、なんとか生活するんですが、
      日本だって、戦後すぐのころでしょうか、それと同じように
    血を売って、お金に換えていた人たちはいたらしい。
     それを小説なり随筆で書いている人たち、作品は数ある。
     舞台は中国の小さな町の製糸工場で繭運搬係の許三観
    が、生活が苦しくなるたびに自分の血を売って切る抜けるんですが、
    そっからが、日本の作品とはその趣を異にしていきます。
      もっとも、同じ中国作品の中にあっても、彼の作品、彼の
    作り出す主人公はとっても独創的。
      それでいて、いるよねぇ~こういう人、こういう人いたんだろうなぁ
    ・・・と思わせてくれる。
            これ、見てないですが、
     何故か??韓国で映画化されてるらしい。
     見たいなぁ・・・その映画。

       今週のお勧め本は、
     余華著、『血を売る男』でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月22日 (金)

至る所液晶(青山)在りは、これでいいの?

   これで、終わりにしますが、

U17804886543713418920fm27gp0
    今月号「わたしの見た中国」で取り上げた中国の話題は、
   こうした、至る所で見るようになった、液晶の画面。
    これ自体に何の問題もない。
   また、最初に書いたように、今の中国、どうやったところで?
   いまいま、手に入るのは最新のものであったり、技術であったりで、
   これって、中国に暮らす人の責任に無い。
     それを踏まえてなお、昨日も書きました様に、わたしのこうした
   液晶に限らずですが、
     どっかその~居心地の悪さは何処から来るかというとですね、
U3509511346132795119fm27gp0
   今書きました様に、最先端のもの、最新のものが入って来るんですが、
   これって途中がない、ということもあって、
    そこには?最先端のものが入っても、周りはそれと歩調を合わせてる
   とは限らないし、むしろ、周りとは合わない。
      こうした最新のもののすぐそばのものが、昔ながらのものであり、
   その両者の隔壁はとても大きくて、最先端が浮いてる??

     判りますかねぇ・・・
    液晶からちょっと話題を変えますよ。でも最先端話題。
    今、中国では大気汚染の問題も抱え、かなり深刻ですので
Photo
     ここは、最先端技術でのそこをなんとか・・・
   てんで、電気自動車をかなり急速に入れてます。日本よりこの点では
   取り組みが進んで??ます。
     政府肝いりですし、補助金なんかも出てるようですし、推奨もして
   るんでしょう。
U12649308092027901714fm27gp0
     わが社は、いち早く電気自動車で・・・ってなタクシー会社なんかが
    話題になってたんですが、日本でどれ位このことが知られているのか
    ちょっと判りませんが、進んでるぅ~。

     ・・・となるでしょ。
    なりますよね。最先端技術ですよ。
    それをもってして環境問題もクリア!!的な。

      ところが、これ、やっぱりそこだけ最先端。
    まず、こうした電気供給場所の確保にまたまた色んな工事を。
    もっと根本的な?問題として、
     電気=クリーンエネルギー=大気を汚さない=環境問題クリア
    の図式ですが。
      ここでもその~、ここだけ最先端でもねぇ・・・って問題が。
    つまりその~おおもとのその電気を生み出す、発電を何で
    やってるかですよね。急激に需要を増す発電の為に、
    火力発電ですと、まぁ、中国なら石炭を燃すでしょ。
    その・・・クリーんなエネルギーを作る為に、
    またまた環境に問題ある、火力発電を動かさなくてはいけない。
      ここに居心地の悪さと
    わたしが言ってる問題があるわけです。

      ということで、今月号は、中国のあちらこちらで見かけるように
    なった、液晶画面について、書いてみましたよ。
      どうぞ、「わたしの見た中国」ご覧ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月21日 (木)

これ、要る? トイレに液晶・・・って、

   さて、そのみなさん、期待の??トイレに液晶ですが

U39026048481909693945fm27gp0
     ほらね、こんな具合。
   女性の方はどうなってるかは不明。
   誰か、教えて~
     男性も、その、”小”の方だけですけどね、
   何故か、各一台?
      わたしが、見たのは宣伝が流れてました。

    こんなですから、
U3333963751960103435fm27gp0
     ホテルの風呂にも。
   これって、とうぜん、防水なんでしょうね。
    風呂入りながら・・・はまだね、
U1471072063149241361fm27gp0
     ついでに、こちらは、
    街を発してる車に液晶。
    わたしの住むような田舎町ではみないなぁ~こんなの。
    だから、中国で初めて見た。
1_2
      文の最後に書いた、お船の液晶はこんなん。
    これは、日本でも見ないでしょ。
     どうやら、定期的に走ってる?らしいですよ。

     ・・・ってんで、
    中国は急にこんなん液晶が増えてまして・・・
    ってなことを書いたわけですよ。
      今月号「わたしの見た中国」
      で、最後にわたしは
    居心地が悪い! とわたしは言ってますが、
     この居心地の悪さ、判りますかねぇ。
    そして、その居心地はどうして悪くなるのか・・・を
    明日足して書いて、これを終えましょう。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月20日 (水)

至る所、液晶だらけ・・・が、今月号のお話

   ウェブ版「わたしの見た中国」今月号お話の続きですよ。

U36026117821733873961fm27gp0
    まず、文に書いたような、
   至る所・・・ってどんなとこなのよ!ってのをさらっておきますか。
     日本でもその傾向にはありますが、
   例えばこうした、空港の待合室、
     そりゃぁまぁ当然ってことですよね。
    同じく、日本にあるような場所ってんですか、個所ってんですか
   同じように、あるし、いっぱいあるんですねこれが。
U12173339731646087724fm72
      都市の街頭なんかでも、 
    そりゃまぁもう、日本より人口の多い、大都市はいっぱいあるんで
    そんな町にはあちらこちらで、こんな
    ビルに取り付けられた、液晶大画面に遭遇。
     ぜんぜん、驚かない。
Photo_2
       そんなんでも、
      都会人は慣れてんのか、そんなもん~って感じで
     すたすた歩いて通り過ぎ、仰ぎ見てぼんやり立ち止まってるのは
     田舎者のわたしぐりのもんですね。 
 U20673068372490286361fm27gp0
      ビルに入れば、
     文にも書きました、エレベーターを待ってる間の
     この位置に液晶が・・・
U2600474123465070461fm27gp0
     乗っちゃったら、
    またまた、中にも・・・・ってな具合で
      かように、液晶攻め??
    にあうのは如何なものかと・・・
     ここまでは、まずまず日本にだって・・・
    ところがですよ、 
     その先の文に書いた、
     トイレでの・・・くらいから日本では見られなくなるでしょ、
    そのお話はまた明日のお楽しみ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月19日 (火)

今月号「わたしの見た中国」は、「液晶イェ・ジン」画面について

   今月号「わたしの見た中国」の紹介が遅くなりました。

U3509511346132795119fm27gp0
    今月号はこちら、街のあちらこちで目にする、液晶画面についてです。
   をご覧ください。
     「わたしの見た中国」は毎号、その月とおなじ数の日にちに更新
   されております。ですので、今月号は9月9日。
     かなり数年に割って溜まってきましたので、画面の下の方までずっと
   この降りていかないと見れなくなってきましたね。

     さて、今月号は、
   読んでいただければすぐにお判りいただけますが、
   別段、これが珍しいとか、中国だけにあるとか、そんなんではないのですが、
   なんだろうなぁ・・・あんまりありすぎて落ち着かない、
    ・・・ってだけの個人的感想です。

    基本的な問題として最初にちょっと書いてますが、
   中国、何でも今は最先端のものが直入って行きます。
    ですので、この液晶に限らずですが、中国の方が新しい!ってな
   現象はあちらこちらで見受けます。
     それは、いいんです。まぁ、当たり前ですから。
    その取り入れ方?というか、普及の速さと言うか、
   なんだろなぁ、なにがわたしをそんなに落ち着かなくさせるのかなぁ。

     多分ですが、以前の中国を知ってるもんですから、
   このいきなりさ?加減ってんですか、
   しかも、これでもかぁ~!の使い方にちょっと感じる処があるんでしょう。

   上の画面の様な、スマホの親分?のようなのが、急に立ってたりします。
    と、思えばその横の道路は捨てられてゴミが山のようだったり、
   そのちぐはぐさがどうも心落ちつかないものにさせるんじゃないですか。

     当たり前ですが、
    技術としては日本だって、そんなのやろうと思ヤァやれるでしょ。
    でも、やんない。
     その差ですよね。
    そこんとこ・・・・分かりますか?

     では、まず、本文?の方をご覧いただいて、
    明日からまたじっくり?この街中の液晶画面について、
    その紹介もし、それを考えてもみましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月18日 (月)

台風 ”泰利” 通過!

12797287800800226850 台風18号、函館を通過しました。

   いやいや、被害もあったんでしょうが、大被害?ってのは聞いてない
   ので、やれやれです。

    それにしても、
   この台風の予測って凄いですよね。
   何で、何日も前にこっちにくんぞ~ってのが判っちゃうんですかね。
     とりわけ、近年の気象予測ってんですか、その技術に?の
   向上は目を見張るものがあると思いません?
U1229214682171664096fm11gp0
      凄いですよ、だってあの九州のあの下のところで
    あんだけ急激に右にカーブをとるってのが分かっちゃうんですよ、
    そりゃまぁ、経験則とか、過去のデータは無論あるでしょよ、
    それにしたって凄くないですか?

     この予測をそうだなぁ~
    100年も前の人にしたなら、信じて貰えないだろうなぁ・・・
    大正ですしょ、
     もっと前、明治の人にしたなら、どうなるの。
    更に前に・・・・と
      台風には余り関係ないことを、
    ぼんやり、いま、考えている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月16日 (土)

中国語検定試験、 ご案内

001

    毎年、この時期、ご案内をさしあげておりますが、
   今年も、11月のみ
     「日本中国語検定協会」の中国語検定(第93回)が
   函館の地で受験可能となりましたので、ご案内申し上げます。
      試験日は11月26日、
      会場は 函館工業高等専門学校、
      以前に受験された方は、協会から直接ご案内があると
    思います。その際は、こちらで一括お申し込みが可能ですので、
    そのまま受験表と会場コードをお知らせいたしますので
    それをご記入いただき、あとは、同じように受験料をそえ
    お申し込みください。

      手元に、数冊の受験申込用紙ございますが
    部数に限りがございますので、
    協会主催、中国語教室のみなさんに優先的にご案内を
    させていただきます。
      来週の教室でお渡しできると思います。
    来週教室にいらっしゃれない方は、お申し出いただければ、
    お取り置きいたします。
       どうぞよろしくお願い致します。
                             函館日中

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月15日 (金)

訪日団が興味を示した場所と物

P8300663

    まぁ、普通に?若者ですし、大学生ですし、初めての日本!
  って方も多いので、
    これまた、普通に?普通の観光客がもつ興味の仕方や
  お土産なども買ってましたよ。
    一点だけ、この人たちが自ら行きたいと言った場所があります。
P8300671    それは、函館山登山口そばの
Yjimage
    こちらの神社。
    函館八幡神社です。
    なんで?と思ったらそう言えば、去年も来てる人が一人いました。
    おそらく、その人のアドバイスでしょうね。
    或いは去年来た先輩たちに聞いていたか。
      まぁまぁ、近いですし、ついでですから、
    ってんで、やってきました。この階段を上がりきるとまた見晴らしが
    いいんですよね。
     でも、目的はそれじゃなかった。
Yjimage_1
      こちら、おみくじ。
    おいおい、分かんのかよ、と思ってたら、次々におみくじを引いては、
    これどういう意味・・と訊いてきます。ホラね。
     でも漢字があればですね、かなりの助けにはなるんですが、
    なんせ、日本語が少しできても、お判りでしょうが、おみくじの
    日本語は古いです。
     あんな日本語は習わんだろうしなぁ・・・・。
    説明するこっちにだって、難しいもんなぁ。
Yjimage_2
     それが済んだとと思ったらら、つぎはこれ。
    お守り。大量購入。一人で何個も。
     えぇ・・・お土産?お守りが。・・・どうやらそうらしい。
    日本的この図案がいいんだそうですよ。
    他にない、この布の感じとか、
    可愛い動物があしらってあったり、
    更に、かわばらない。お土産には好いんだそうです。

      でもほら、意味が分かってんのかなぁ・・・と思ったら。
    まぁまぁ、家内安全だったり、交通安全だったり、だし・・・
    恋愛成就ってのがいいんじゃないの・・・
     あぁ、この娘が見つけてきたのは、安産祈願。
    まだ早いだろう。
     こっちの子は、厄除け??んん、説明が難しいんだよねこれ。
    学業成就・・・的なものはないですか、それが一番近くて
    好いと思うけど。あぁ~ないかぁ。
      お家へのお土産なら、長寿祈願でいいんじゃない。

     って、たったこれだけのことで、
    大騒ぎ?若い人はいいなぁ、なんでも楽しそうで、と思って
    見ていたのと、この人たちちょっと普通の観光客とは違って
    変わってるかも、とも思って見ていた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月14日 (木)

珠海からの訪日団を唸らせた、日本人のマナー

    先日函館を訪問した、大学生たちをうならせた、もの

P8300669
    幾つもありますが、その代表を紹介し、
   日本人の・・・日本の素晴らしさを改めて、わたし自身も考えさせ
   られました。
Yjimage
     函館観光で訪れたなら必ず訪れる場所に、
   この地域、函館ではBAYエリアと言ってますが、
    昔むかしの倉庫群が並んでいる一体で、この直ぐ前が海です。
   ですので、函館の街華やかしき頃はこの前に水揚げされて魚介類を
   保存し、魚介類に限らず、港に陸揚げされた様々なものを保管する
   ための赤レンガ倉庫がならんでいる一体ですのこと。
     現在はこの倉庫の多くは中をレストランだったり、お土産屋さんに
   改造されており、往時の風景とはまた違った利用がされています。
Yjimage_1
      それで、この訪問団の方をお連れしたのですが、
     買い物を済ませて、そろそろ戻ろうか、という時ですね。
      石畳の途を横切ろうとしたその時
Yjimage_2
       彼らの右側から、一台のタクシーが左折してきました。
     観光地でもあり、人も多いので、スピードは出ていません。
     ゆっくりと車は曲がってきました。
      それでわたしは「車を見て!気を付けて!!あ~止まって」
     と言いましたね。
      まだ、こちら側に半分くらいの人がいましたし、別段急いでも
     いませんし、なにより、車を通りこさせた方が早いと思いました。
       それを、聞いて、前の方の数名の中国の人たち、
     その場に止まりました。歩道から一歩二歩出てた人は歩道に
     引き返しました。

       こっからです。
     ここまでは、ごくごく普通のことでしょ。何処にでもある風景。
     ゆっくりと左折してやってきたタクシーも事前に横断者がいることは
     見てましたから、さらにスピードを緩め、
     左折し終わり直進になって、
      留学生たちの前を通り過ぎるその時!!
Yjimage_4
      注:(この写真は参考画像です、その時のものではありません。)
      留学生たちの横を通りすぎるとき、
     かなり、年配のそのタクシーの運転手さんは、
     ハンドルを握りながら、留学生数名に向かって、わりと深々と
     頭を下げました。ありがとう、路を譲ってくれて・・・という意味でしょう。
       これだけでもう、かなりやられましたね。

       ところが、そではすまない、日本。
     更に、
     その後ろの席に座っていた、後部座席のタクシーのお客さんですよね
     3人、そろって年配のそうとうお年の方ばかりでしたが、
     その方たちも、揃って、その路を渡ろうとして彼らに頭を下げたんですね。
      声は聞こえなかったですが、
     「ありがとう」と言っていたのかも知れません。
     多分、言っていたと思います。
      路を譲ってくれたことに。

       彼らにすれば、単にほんとうに、ある意味、仕方なく、
     路を譲っただけのことです。
       ただ、それだけのことに、あんなに丁寧な礼をされたことに
     かなりの衝撃を受けたようです。

      あれこそが、日本式と言って、彼らに説明もしましたが、
     なかなかわたしにとっても衝撃でしたね。
      とても誇りに思えました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月13日 (水)

お土産なのか、自分用なのか、ガチャガチャ人気

   中国の人たちのお土産の買い方が変わってきている、という。

P8300662
     そんな中、先日函館にいらした、この人たち、
   ちょっと、旅行形態としても特殊ですしね、
   この人たちのお土産買いをもって、それを一般化することも
   できないし、それがとても主流とは言えないが、
   そこから見てくるものはありそうなので、紹介しておく。

     そう言えば、去年いらした人たちもどっかお店でやってましてね
Yjimage_4
     これ、ガチャガチャ・・・ってんですか、
    それで正式?名称ですか?よく分かってないんですが、
    まぁ、確かにやってると「ガチャガチャ」的音はしてます。

      これねぇ、恐らくですが、
    中国のこの年代までの人たちの、
    一つは遊び心を刺激し、
    更には、アニメや漫画の人気者だったりを満足、
    持ちよい、安い、中国で同じものは手に入らない、

      これだけの条件を満足させていると思います。
         となれば、ですよ、
    これのもっと外国人受け?するガチャガチャシリーズ
     作ったらどうでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月11日 (月)

明日の中国語教室、 学校(場所)変更

     

U22892470212163445514fm27gp0_2

    明日の、函館日中中国語教室の
   場所(学校)が、鍛神小学校に変わります。
    ご注意ください。
   既にメールでもお知らせしておりますが、
   連絡もれがあるやも知れません。
     友人にどうぞお知らせください。
2_2
     場所のみ変更となります。
Yjimage
     こちらの小学校で、いままで一度も使ったことがありません。
   ですので、場所等事前にお調べいただけますようお願い
   致します。
Map
         ご不便をおかけし、申し訳ございません。
    どうぞ、友人・知人に連絡がつきましたら、お願いいたします。
   謝謝!
                      函館日中



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月 9日 (土)

函館日中・中国語教室、 受講生のみんさんへ!緊急連絡!

Photo

 
                           函館日中友好協会・中国語教室のみなさん!
     日頃の教室運営へのご協力に感謝致します。
   先日は、北京師範大学珠海分校の大学生を迎え交流会を
   開催し、向こうの生徒さんからも多変喜ばれました。
     ありがとうございました。
    こちらをご覧の中国語教室のみなさん!
   来週火曜
    12日火 の教室が事情があり教室の場所が変更となりました。
   どうぞご注意ください。
     五稜郭中学から、 鍛神小学校 への変更です。
   来週一回のにみです。

     すでに、協会へメールを登録いただいている方には
    メールでご案内を差し上げております。
    ただ、何通かは戻ってきています。
    そちらの設定やセキュリティの問題かと思われます。
    メールの内容は場所の変更についてのお知らせとなっております。
Map
         こちらの学校を使わせていただくのは初めてとなっております。
    場所は事前にお確かめください。

      前にもお願いをしておりますが、
    こちら、函館日中にメールを登録されておられない方は
    どうぞ、下をクリックし、立ち上がりましたメール発信欄に
     ご自分のお名前だけ記載していただければ結構です。
    そのままこちらへ送っていただけますと、
    こちらで、保存、今後の緊急連絡用として使わせていただきます。
     まだの方、どうぞよろしくお願い致します。
     メール       函館日中・中国語教室受講登録
            友人・知人でまだ連絡を受けっとっておられない恐れのある方へ
    どうぞ、ご一報ください。
      ご協力に感謝申し上げます。
               謝謝!
1_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月 8日 (金)

2017 ・ 内藤敬老師弓道訪日団との交流

001

     8月29日、函館日中・中国語教室での
   北京師範大学珠海分校のみなさんとの交流の様子は先にちょっと
   書きました。当日の分をご覧ください。

     それで、ここではそれを前提に話を進めますが、
    一般によく交流会?と言って出かけたりすると、ぜんぜん・・・
    交流でなかったりする。
      直流??つまり、言って来ての交流がなかったりして
    がっかりさせられたりすることが多い。
     たまには、交流がちょっとあって、あとは直流・・・とか、の集まり。
P8290654
      実は、交流って難しいんですね。
    交流ですから、一方通行じゃダメなんで、
    あっちからも来て、こっちからも行く、これが交流ですよね、
    片方だけなら、直流。
     実は、交流と言いながら意外や意外、この直流の集まりを
    交流と言ってることが多いんですよ。
     或いは、それすらなくて、ただただ、挨拶を聴いて帰ってくる
    何てことだってある。

       ということが言いたかった。
     この日最後は、
     日本側?中国語教室のみなさんが、
     沖縄民謡「花」を中国語で歌い、中国語では「花心ファ・シン」と
     して知られている。中国語でも歌われていて、訪日団の大学生も
     知っていた。
P8290651
     お返しが?訪日団の人たちの歌う、日本語での
    「函館の女」でしたね、
      ホラね、交流でしょ。
     楽しいの交流のひと時でした。
P8290647
      内藤先生は、本当の中国をきちんと見て欲しい・・・との
    お話がありました。
      2時間の交流でした。

     翌日は市内観光。
    その様子はまたこの後に。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月 7日 (木)

「中日国交正常化45周年記念訪日交流団」来函!!

   「はこだてグルメサーカス」と順序が逆になっておりますが、

P8290633
    こちらは、先月のことです、8月29日火、
   内藤敬先生率いる弓道訪日団が、今年も函館に寄って行って
   くださいました。
     29日午後入り、31日朝札幌へ向けての出発でした。
   表題の「中日国交正常化45周年記念」ってのは内藤先生が
   名付けたのか?こんな名前にはなっておりますが、
    毎年の、北京師範大学珠海分校弓道部のみなさん9名を
   お迎えいたしました。
     出待ちの、様子です。飛行場。そんな混んでなかったですね。
   それよりも心配したのは、この団が出発する前日でしたか、
   珠海の辺りを台風が直撃、真上を通ってますので、あと一日
   出発が遅れればこの団も、中国で足止め・・・ってなことになった
   いたかも・・・。
     毎年そうですが、何せ、道具が多いですから、弓道の。
   しかも普通のモノと違って、長ったり・・・衣装もあったりで大変です。
   ということで、預けている荷物も多いのでしょう、大概最後の辺りに
   でてきますよね。
     函館は、この日晴天。でも気温は上がらず、恐らくいらっしゃる
   珠海の辺りの初冬の気候。

P8290645
  内藤先生はこのように、車椅子ではありますが、
  お元気。
    間もなく84歳?ですよね・・・
  いやいや~お元気。
   気持ちの上ではわたしのほうが・・・
  まだまだ、やる気十分!
      たまたまですね、
    この函館入りした日がたまたま火曜でして、
    火曜の夜は、函館日中・中国語教室がありますので、
    団の方にそちらへ来ていただいて、
    日本の中国語を習っている人たちと、できれば中国語で、
    また、こうした教室があって、趣味でこんなにも中国語を学んでいる
    人たちがいることを中国の人にも知っていただきたく、
P8290634
  夜7時、
  湯の川の宿泊先から、
  教室が開かれている市内の中学校へ
  お出でいただきました。
    教室が二階でしたので、
  ちょっと車椅子の移動が大変でしたかね。
  ずらっと、訪日団の方が前の方に並んで
    おられます。
     こちらは最初から、訪日団の方は大学生・・・というのが判って
    ますが、向こうの方は中国を学んでおられる年代がこんなにも
    いろいろだとは思っていなかったようで
      驚いておられましたよ。

      こっから、交流が始まるわけですが、
    それが、ちょっと・・・いや・・・かなりかな、変わってますんで
    その様子をまた明日。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月 6日 (水)

「はこだてグルメサーカス」 と 函館日中

   これで、グルメサーカスの話題を終えますが、

Yjimage_1
    「はこだてグルメサーカス」参画の経緯は昨日書きました。
   そこで、「はこだてグルメサーカス」に対する函館日中友好協会の基本姿勢は
   市の要請を受け、中国ブース(天津)をお預かり?することになってますので、
   その意味で、広く函館市民の方に中国(天津)を知っていただく、
    というのが第一の基本です。

    次にこのイベントが、「食」グルメにある為、食べ物・飲み物の提供が
   今一つの基本としてあります。

    結論を先に言えば、 
    この二つを満足させるだけの力量?を函館日中は残念ながら
   持ち合わせておりません。
     資金的に十分な対応が望めない、
     技量もそうした「食」を担当できる専門家はいない、
     人手もそれを支えるだけの十分な人員がいない、
   ・・・・と、いったないないずくし?の中で何が出来るかを考え
     昨日書きました様にこれまで、その年その年のほぼ点心を提供
   して参りました。
U24749845913628240576fm26gp0
       ご存知でしょうが?天津は、小吃シャォ・チィ が多い街でして、
    この 狗不理包子ゴゥ・ブ・リィ・バォ・ズ を始め、
    天津麻花 マー・ファ 等等
      ご紹介したものは数々あるのですが、上で述べているような
    日中の力量ではそれは叶いません。
U28708873904271075158fm26gp0
       そんな条件下で、日中のできる範囲での提供品が昨日書きました
     ように、毎年のように日替わりのような、一つとして同じ品がない
     これまでの提供品です。
      これは、できるだけ色々な、天津に限らない中国の小吃を紹介
    したいとの苦肉の策?でした。

      そして、毎年、在函の留学生の力をお借りしてどうにかこうにか
    乗り切ってますが、これまた、一つには、留学生に日本のこうした
    催しを体験して頂いて、函館に想い出にしていただきたい、
      半面、函館市民には普段気づかないでしょうが、留学生が函館
    の町にも多くいて、普段触れ合う機会があまりない双方を紹介できる
    と思っての、人出不足もあってのこれまた苦肉の策?です。
       ということで、お寄せいただいた、
     毎年、提供の品物が違うその理由と、
     もっときちんとした本格的中国料理を、というご質問に対する
     答えとさせていただきます。
       蛇足:
      お隣、韓国のブースの更にお隣に、函館との姉妹都市
     韓国・高陽市コゥ・ヤン・シ が今年もブースを出していました。
     高陽市から人も来ているようです。
       去年も同じようにブースを持ち、人も。
     高陽市の市長さんがどういう方が存じませんし、
     高陽市の市経済規模がどれ位なのかな~んに判らず言ってますが、
     これって、なかなか出来ない事ですよ。
      姉妹都市ってなんだろう・・・、
      姉妹都市を結んだ後の交流は・・・・
     ・・・ってなことを考えると、立派ですよね。
P9030698
      
       見習いましょうよ、高陽市??
       いつか同じように
      天津市から人を出してくれるのを願っております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月 5日 (火)

函館日中 と 「はこだてグルメサーカス」

P9020693

     「はこだてグルメサーカス」は、5年前ですか?
    食と観光を謳い文句に、市の駅前地区活性化の目的もあって、
    函館市が主催、音頭取り?で始められたイベントです。
    毎年一回、この時期に、2日間、土日の開催となっています。
P9020687
      これに、「函館日中」が関わっているのは、日中の直接の
    活動とは関係ないのですが、第一回目から、それぞれを
    ブースごとに関連付けて分けて出店しておりまして、
    その内に、「開港都市と姉妹都市ひろば」という区分けがあって、
    恐らく市の最初の会議のときか何かにこのイベントに特徴を
    持たせるために、地域ごと、東北6県だとか…のアイディアが
    出されて「それ、いいねぇ~」ってなことになったのでしょう。
Yjimage_2
            ・・・・ということで、中国は天津市が函館の姉妹都市でして、
    他に韓国・ロシア・カナダ・オーストラリア等の姉妹都市が参加。
      本当は?って言うか、上手いこと行くならそれぞれの国から
    それぞれ人かモノがやってきて参加して頂けるといいのですが、
    それは、あり得ないでしょ!この催し”グルメ”ともなれば、コック
    さんが来るんですか?しかも道具やら原材料を携えて・・・
      ありえなぃ~、ってことで、市が考えたのは各ブースを市内の
    各友好団体に任せよう!って案ですね、これも恐らく会議の席上
    「それ、いいねぇ~」ってなんたんでしょう。
     ・・・・でもって、中国の場合は我が「函館日中」の白羽の矢?が。
P9020684
       ところが、こっからが大変!
     何せ、当の団体、「函館日中」はそんな料理を提供するような
    環境にないわけですからして、しかも、やったことはないのは無論、
    皆目何を提供してよいやら分からない。
      天津・・・・天津と言へば
U1668768241846787450fm26gp0
       これでしょ!天津甘栗。
      が・・・しかし、・・・だが、ですね、中国を知ってるだけに、
     そりゃないよなぁ~となるわけであります。
      何故なら、天津に「天津甘栗」はありません!!
      イタリア、ナポリに、「ナポリタン」なるスパゲッティがない、
     のと同じです。何で?日本人は天津と言えば天津甘栗なの?
     ってことでして、却下!!
U11398342891885128083fm26gp0
      全く同じ理由で、「天津丼」も却下!!・・・って、こんな
     本格料理は出来ません。こちらの技術的問題からしても、
     会場はテントですからその設備、厨房の場所等からしても、
      できませ~ん・・・って。

      まぁ、あの会場のテントで作ってすぐ売れるようなものって
     何だろう・・・と、逆算。これが・・・無い!、
     となれば、中国語的には、小吃シャォ・チィ 的なるものですよね。
      しかも、会場における設備は限られているし、協会では持っても
     いないし、準備もできない。設備があっても、それを作る人もいない。

      ってことで、迷に迷い、調理は別の場でして会場では単に温め
     熱をくわえたり、お客さんに見せる為の簡単な料理過程をのみし、
       初回は  水餃子  スィ・ヂァォ
     第二回は、  煎餅   ヂェン・ビン
     第三回は、  羊肉串 ヤン・ロゥ・ツァン
     第四回は、  粥     ゾゥ
     第五回は、  焼売   シャォ・マィ
      ・・・・とやってきました。毎年違うんですねこれが。
     よくやってきたと思いますよ。素人が。

     で、今年は一大転換をしまして、かなりの部分、その最初の企画
     の部分から、中国からいらしている留学生の任せてみようと思い、
    できれば・・・天津からいらしてる留学生が・・・とは思うものの
      天津の大学から留学に来ていてもその人が必ずしも天津の子
    とは限らないことに気づく。そりゃそうだ、日本だって、京大の子が
    京都とは限らん。ってんで、これも難しい。
U2378584434196976438fm26gp0
       もう、誰でもいいから、何か作れる子がいないかなぁ・・・と
     思っうが、これまた、そうは簡単に問屋が卸さない。
     何故って、留学生ですから、
     若いんですよ!優秀なんです!勉強に来てる!料理なんか・・・
     と、これまた暗礁に乗り上げそうになった時、救いの主が
P9020689
       この黒い後ろ姿の、左側の子、とっても大学生ですし
     20数歳?なんでしょう。彼が請け負ってくれましたね。
     助かりました。
       というのが、函館日中と「グルメサーカス」の経緯です。

     これで、ご質問の答えになっておりますでしょうか。
     「グルメサーカス」の名に恥じない?グルメなお店が沢山出店
     されてるなかで、全くグルメじゃない私ども団体が何故か一緒に
     なってやっている、やらされている?のは以上の通りです。
      ご支援と、ご協力、ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月 4日 (月)

「はこだてグルメサーカス・2017」 お礼!

Yjimage_1

      9月2日、3日、二日間の「はこだてグルメサーカス」終了致しました!
    会場へお越しのみんさん、
    お買い上げのみんさん、
    事前にお手伝いいただいた、みんさん、
   ありがとうございました。

     当初の予想を裏切って?天候にも恵まれ、当初は雨模様を
   心配しておりましたが、昨日3日などはとてもよい天気でした。
Yjimage_2
      先にも書きましたが、
    函館日中は、この催しに函館との友好姉妹都市をもつ、
    天津市のブースで出店しております。
      これは、初回からずっと変わっておりません。
    お隣は、韓国、オーストラリア、ロシア、カナダ、といった具合に
    同様に在函の関係団体がそれぞれ出店しております。
     当然のことですが、とりわけ、
    とりわけ・・・というのは、例えばお隣の韓国ブースには市内で
    韓国料理のお店をお持ちの方がされてると思いますので、売っている
    ものも、お店の商品です。同じ様なことが他団体さんでも見られます。

      その点、函館日中は全くの対中国親睦団体でしてそうした
    飲食関係の人はいませんし、まったく設備を持ちません。
     そこで、別の公共施設の厨房をお借りして、そちらで作ったものを
    会場に運んで販売。そうした技術もありません。
P9020679
     今年、函館日中が取り組んだのは、
    中国からいらしている中国人留学生の手助けをかり、
    彼らが作ったものを売ることにしました。
      そこで、彼らが選んだのが、
    「肉串ロゥ・ツァン」ですが、
     一言で説明するなら、中国風串揚げ ですかね。
    もう一つが
    「女乃茶 ナィ・チャァ」となったわけです。

      事前に留学生から言われていた、
    鶏肉の串刺し、からイメージしていたものとはちょっと
    わたし自身の早とちりもあってか、違ったものでしたね。
     ミルクティーの方もまた、わたしが・・・・ってことは
    わたしのイメージ不足ですかね。

       会場の上の、テントにも二日間ずっと留学生が
     入ってくれました。
    多分、全く知らないお客様の中にはお気づきにならなかった
    方もおられますし、中国の人たちと気づいて驚いていた
    方もおられたようです。
       ほんのささやかではありますが、
    予測なしに、突然の、一般の方との、交流ができ
    留学生たちにとっても刺激になったことと思います。

     おかげさまで、用意した分、完売し、終えました。
     ありがとうございました!!
P9020686
       留学生のみなさんにも
     はこだてでの一つの想い出になってくれたと思います。
    謝謝!
              謝謝!大家!!



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月 1日 (金)

明日から、「はこだてグルメサーカス」

Yjimage_1

         はこだて、地元の方はもう何度も新聞紙上などでご覧になって
   ご存知でしょうが、
    明日からは、これだ!!

    函館日中は、今年も
Yjimage_2
        こちら、姉妹都市・天津ブースで出店!
     今年は、
    今年のグルメは、
    肉串ル ロゥ・ツァール  と言ってますが、
     日本では普段食べれない、中国グルメが登場。
    どうぞ、会場にいらしてください!
    ・・・・ということで、兎に角忙しい、何でこんなに忙しいの・・
   と、思うくらい追われてまして、ここもそんなに時間がとれないので
   紹介だけ。
     じゃぁ明日、会場でお会いしましょう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年8月 | トップページ | 2017年10月 »