« 福島でも海水浴の声! | トップページ | 医は儒術  »

2017年7月18日 (火)

「よく生き、よく病み、よく老いる」日野原重明さん逝く

   訃報、が入ってきた。

Yjimage_1
    聖路加国際病院名誉院長、
   105歳、今朝お亡くなりになったとのニュース。
     お会いしたことなどない。
   明治のお生まれということと、ずっと現役、というのは
   知っていた。
    講演の録音を聴いたことがある。
   その標題が「よく生き、よく病み、よく老いる」ってな題だった。
   真ん中の、「よく病み」って、何だろう?ってのと、
   この方の、お声が印象とちょっと違っていたのが
   記憶に残っている。
     明治生まれ・・・ってですから、凄いな、ってのと、
   この方が若い時はとても病弱だったをご本人が言われていて、
   その点も記憶に残っている。
     その辺の詳しい情報は他のご覧いただけるので、
   ここでの紹介は、
    中国にもおられまして、この日野原さん的な方が
N9la7rr9zeg9
     こちら、朱南孫 ズゥ・ナン・スン
    さん。中国の長生き現役お医者さんは、女性、
    今年、97歳?
    上海中医薬大学終身教授?だったかな、
      いろんな、インタビューを受けてられて、その
    自分は健康の為に何かそうしたものを飲んだりはしてない、
    長生きの秘訣は・・・的なお話はされてますが、
    まぁ、それも個的なもので、必ず万人が同じでそうなるとは
    限らない。
      お二人の例でわたしがここで、言いたいのは、
    お二人が生きてきたその長い年月、つまりはその歴史でですよね、
    日野原先生も言ってますが、人類の20世紀は戦争、
    命がとても軽んじられた不幸な時代、そっから人類は学ばなくては
    ならない、という。
     同じく中国の朱先生も、
    中国の場合はもっと大変で、世界史の中での変化もさることながら
    自国の歴史の中で辛苦を味わてこられてわけでありまして、
      長生きは結果?だが、
    それよりもその期間に味わったその感慨を多く後世の者に
    伝える使命をいま、日野原先生は果たされた。
      どれも難しいが「よく老いる」というのもまた、難しい。

|

« 福島でも海水浴の声! | トップページ | 医は儒術  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/90348/71172534

この記事へのトラックバック一覧です: 「よく生き、よく病み、よく老いる」日野原重明さん逝く:

« 福島でも海水浴の声! | トップページ | 医は儒術  »