« 孫振勇札幌総領事講演会 ー 函館中国経済促進協会 | トップページ | ホンコンと言えば、重慶大厦のあのシーン »

2017年6月28日 (水)

20年後の 「我的1997」

 

U19131951673458539035fm26gp0

       この子、アイ・ジン が歌った
   「我的1997」を聴いている。
    理由は言わずと知れた?
   あれからもう、20年の月日が経ったんだ、
   という感慨にいまひたっているから。
     実に速い。
    20年後の香港は・・・
    あの時予想したようなホンコンになっているのだろうか。
    あの時、
    間もなくやってくる1997を
    誰もが警戒をもって、話し、歌い、表現していた。
    あと数日、
     1997年7月1日
    のあの日から、20年が過ぎる。
     はやいなぁ~
    1997に返還されて以降、
    わたしは、一度しか、かの地を訪れていない。
    ですから、わたしが見たホンコンの多くは語れないが、
    当然ですが、
    ホンコンは変わった。
     それって、
    その返還という大きな節目があったからこその
    変化なのか、
    それとも、それなくしてもホンコンに限らず、
    どこも変わるから同じように変わったのか。
      もう間もなくのその記念の日を迎えるにあたって、
    中国側からは大量のそうした関係の情報が発信されてる。
    そりゃ嬉しんだろう、この20年無事に?過ごして
    自分たちの成果を高らかに詠っている。
     一方で、ホンコン側からの発言も無くてはならないし、
    耳を傾けなくてはならないどうろうと思う。
     いま、彼女の歌を聴きながらどうだったの・・・
    と思っている。
     そして、今夜はその変の記録映像かドラマを見てみようと
    思っているところです。
U27107323273639088159fm26gp0

|

« 孫振勇札幌総領事講演会 ー 函館中国経済促進協会 | トップページ | ホンコンと言えば、重慶大厦のあのシーン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 20年後の 「我的1997」:

« 孫振勇札幌総領事講演会 ー 函館中国経済促進協会 | トップページ | ホンコンと言えば、重慶大厦のあのシーン »