« 巴里協定  パリ協定  巴黎协定 - 今週の中国語 | トップページ | 鳴らし放題のクラクション・・・って »

2017年6月12日 (月)

今月号「わたしの見た中国」は、「按喇叭アン・ラ・バァ」

  

 「按喇叭アン・ラ・バァ」鳴らし放題のクラクション

  が、今月号「わたしの見た中国」の話題です。
  それで、皆さんも体験済みでしょうが、その国というか
  日本を含めてですね、それって、帰国した時という意味ですが
  わたしの場合は、
    そのほら、その国に来たなぁ~ってか、
   おうこれこそが・・・って思えるのはですね、
   その飛行場を降り立ったときのその匂いがひとつ、
   そして、その町の音ってのもですね
  結構、他の何かそれなりの景色のところに行ったりするよりですね
   あぁ・・・・又来ちゃったよ・・・・と、
    思える何てな感覚、
   お分かりですよね。
    これって、ほら、
   上の二つ、
   匂いに音、
    これって、表現しにくいんですよ、
    映像でも表現できない、
    文章でもどっか頼りない、
   でも、強烈にこの二つがその気分!!を沸き立たせてくれますね。
       来ちゃったよ!
    と。
     判りますよね。
   今回はそのひとつ、
    音です音。
   それも、車のクラクション限定。
    クルマのクラクションなんてのは同じなんですよ、
   日本でも中国でも、
   なんせ、日本車が走ってるんだから、
     ところが、それが違う!!
    どう違うかって、
     先ずは、本文?をお読みください。
    明日はその具体例をまた。

|

« 巴里協定  パリ協定  巴黎协定 - 今週の中国語 | トップページ | 鳴らし放題のクラクション・・・って »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今月号「わたしの見た中国」は、「按喇叭アン・ラ・バァ」:

« 巴里協定  パリ協定  巴黎协定 - 今週の中国語 | トップページ | 鳴らし放題のクラクション・・・って »