« いまどきの、清明節 | トップページ | 「4月 語学始めよう」 受講生募集 ー 函館新聞より »

2017年4月 4日 (火)

外国語に挑戦しよう 学ぶきっかけいろいろ - 北海道新聞

  北海道新聞3月22日、道南版・「みなみ風」より転載

003
        春は新しいことを始めたくなる季節。「いつかちやんと学びたい」と
  思っていた語学に挑戦し、異国への扉を開けてみてはいかがだろう。
   函館でも、さまざまな言語を習うことができる。語学学習の場や手軽に
  手にはいる教材を紹介する。(内田晶子)
    (・・・・以下 □英語 □中国語 □韓国語 □ロシア語 の順に
     紹介されておられますが、ここでは中国語の部分のみ抜き書き
     させていただきます。)
   □ 中国語
      語学教育の中で人気上昇中なのが中国語だ。道南にも中国や
    台湾から観光客が続々訪れ、中華圏の人と仕事をする機会も増え
    ていることからニーズが高まっているいるようだ。
      函館市五稜郭町の函館道新文化センターでも中国語クラスの
    受講希望者が増えている。昨年から入門クラスに通う市内の会社員
    佐藤睦子さんは「街中を歩く中国人観光客が大きな声でいったい
    何をしゃべってるんだろうと思いまして。道案内などできたらいいです
    ね」。
       函館日中友好協会では1988年から中国語教室を開いており、
    本年度は初・中級合わせて約30人が受講した。北大水産学部の
    留学生、呂振さんとともに講師を務める東出隆司会長は、「若い人
    や男性の受講者が増えている」と話す。協会を通じて受講者が中国人
    の案内役や来訪中国人対象のアンケートを依頼されることもある
    という。
      新年度は4月18日以降、毎週火曜日午後7時から函館・五稜郭中
    で開催し、受講料は月3000円。企業やお店に講師を派遣する出前
    講座も受け付け、東出会長は「ホテルやレストランなどでよく使う言い
    まわしや単語は決まっており、覚えるだけでもかなり役立つはず」。
     問い合わせは同協会事務局☎0138・51・0041茶館隗へ。
    ・・・・と掲載頂きました。
    取材もしていただきまいた、内田記者さんありがとうございました。
     ということで、
    みなさまのお申し込みお待ちしております!
       ☎0138-51-0041
        (留守電になっていることが多いですので、
         お名前・電話番号を吹き込んでおいてください、
         こちらから改めてご連絡いたします。)
            メール📨  函館日中友好協会
              こちらをクリックしてください。
        お名前、電話、ご住所をご記入の上お待ち下されば
      数日後、郵送で詳しい内容が記載されましたお申し込み書
      が届きます。
          検索サイトで 茶館「隗かい」を探していただいて、
      そちらのページにも詳しい内容が記載されております。
      どうぞ、お気軽にお申し込み下さい。
             函館日中友好協会

|

« いまどきの、清明節 | トップページ | 「4月 語学始めよう」 受講生募集 ー 函館新聞より »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 外国語に挑戦しよう 学ぶきっかけいろいろ - 北海道新聞:

« いまどきの、清明節 | トップページ | 「4月 語学始めよう」 受講生募集 ー 函館新聞より »