« 「餃子づくりで交流」 - 函館新聞 | トップページ | 今週の中国語 - 「以退為進 イー・トゥィ・ウェィ・ジン」 »

2017年2月 3日 (金)

「春節祝い 手づくりギョウザ」 - 北海道新聞・みなみ風

  

春節祝い 手作りギョーザ

    函館 中国人留学生と市民交流
Photo
  ( 以下、北海道新聞道南版
  みなみ風 2月1日の記事を転載)
  中華圏の旧正月・春節に合わせ、
  函館日中友好協会の交流会が
  1月30日、函館市青年センター
  で開かれた。
  市内の大学に通う留学生や市民約
  60人が手作りギョウザや中国語による
  ステージを楽しみ、正月気分を味わった。
 (写真キャプション)  
   日中友好協会
  の交流会で手際よく
  ギョーザを包む中国人
  留学生たち
                中華圏では旧暦の大みそかに家族で
              ギョーザを作って食べる。同協会では毎年、
              参加する留学生に実家のレシピを教えて
              もらい、交流会で料理を楽しんでいる。
    今年は、塩もみした白菜にニラやひき肉、調味料などを
    合わせあんを作り、手作りの皮で包んで水ギョーザ約
    1500個を準備。熱湯で煮て出来上がったギョーザを
    全員で囲んだ。
      同協会の中国語講座受講生のコント劇や手品、
    中国の民族楽器・二胡の演奏も披露された。
      二胡の演奏をした市内の主婦 吉田千里さん(56)は
    「人前で演奏するのは恥ずかしいですが、頑張って演奏
     しました」と話していた。
                      (野長瀬郁美)
     道新さん、
      取材ありがとうございました。

|

« 「餃子づくりで交流」 - 函館新聞 | トップページ | 今週の中国語 - 「以退為進 イー・トゥィ・ウェィ・ジン」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「春節祝い 手づくりギョウザ」 - 北海道新聞・みなみ風:

« 「餃子づくりで交流」 - 函館新聞 | トップページ | 今週の中国語 - 「以退為進 イー・トゥィ・ウェィ・ジン」 »