« 新年号、「わたしの見た中国」 - お箸ですよ、おはし。 | トップページ | お箸文化を考える »

2017年1月11日 (水)

お箸文化、を考える

   今月号、ウェブ版「わたしの見た中国」は、

    筷子 クァィ・ズ

U517654203574766608fm23gp0

  この、お箸そのものの違いという点では、

   多分?ご存知でしょうが、お箸の先が日本のように細くならず
   ほぼ、手元の太さのまま、
   というのはですね、
    日本の料理のように、小魚の骨をよけてまで食べる料理が
   ない、とか
     基本、材料の切り方もぶつ切りが多いので、この方が・・・
   てはお話をお聞きになったことがあるのではないでしょうか、

    更に文でも少しふれてますが、
   お箸の長さが多少長いようです。
    これも多分、中国の人がよくやる、
   食事中に、卓の上の料理を、一緒に食べている誰かれに
   こちらからとってあげて、しかも、その人の茶碗に直接それを
   「はい、どうぞ」って具合に渡したりするときは便利かな、と。

     でもまぁ、基本、その日本の棒なわけです。
    それは、昨日も言いました、
    あとなんだろうなぁ・・・
    その材質か、
    これまた、そうそう不思議はないので違ってて当然?
    というか、まぁまぁ、いろいろありますからね・・・・と。
    そう言えばここでは、韓国のあの金属の箸ってのが
    わたしには気なるんですがネ、
     まぁ、それは個別のことでしょうから、

     要するに、また話戻りますよ
    日本の棒を使って食べているわれわれ、
    その箸、そのものよりも、それを使っている文化ですよね
    ここが面白い。
         これが画期的!

U34471607591619749400fm23gp0      この子の食事風景?日本的にはこれあまりよろしくない。
    行儀がちょっと・・・
      何処が?ってええと、
    この子、口の方からお茶碗にもって行ってますよね、
    これ、本当は??お茶碗の方をちゃ~んともって、背筋を
    伸ばして食べるのが求められます。
     これですよ、これ!
    分かります?
     日本では、食器の方を持ち上げていい文化なんですね
    ・・・ってなお話また明日続けます。

|

« 新年号、「わたしの見た中国」 - お箸ですよ、おはし。 | トップページ | お箸文化を考える »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: お箸文化、を考える:

« 新年号、「わたしの見た中国」 - お箸ですよ、おはし。 | トップページ | お箸文化を考える »