« 今週の中国語、「機場 ジィ・チャン」 | トップページ | 機場ジィ・チャン 追補 »

2016年12月19日 (月)

「わたしの見た中国」今年一年

   今年、2016年もあと2週間、早いですね~

150x150_square_13785709
    今年も、『隗報』ウェブ版・「わたしの見た中国」をご愛読戴き、
   ありがとうございました。
    今年もいろいろ書きました。
     子供を抱いて育てるのか、背負って育てるのかは
     その文化と大きく関わって、かなり興味深いものがある。
     中国では更にそれに・・・というお話。
     は、中国での占いの位置ですね、運命を算出?できる
     先生は、男性に対する敬称です。一旦社会主義建設で
     禁じられた、迷信や占いはそうそう庶民の間では・・
     ご存知、風水のことももう少し書きたかった。
     では、日本では急減したマージャン人口ですが、中国の
     其れとは大分趣を異にしてまして、中国的マージャンの
     あの楽しみ方を見習うべきかも。
     は、誰も書かないだろうなぁ~こんなこと・・・・てな
     内容なんです。しかも、中国でもだんだ見られなくなって
     きましたからね、これは、書いて残しておかなくちゃ・・・
     ていうだけの理由で書きました。
     これは、中国的ですね、かなり注意深く中国の人を見てないと
     こんなことは感じないでしょうが、わたしにとっては、中国の
     人たちの溜息は、なかなかに効果的?に思えますね。
     は、男性限定??かなぁ、これかなり、日本の影響が大きい
     と思いますが、それがまた、中国で見ると違った味わい?が
     あるんですね。
      こんな名前なのかどうかも怪しいのですが、ある一時期の
     中国を代表するわたしの中の一つがこれ。
      これねぇ・・・懐かしい。見なくなった。経済成長って、そういう
     こと?
      もまた、こんな名前でいいのかどうか判らないが、とりあえず
      説明を聞いて頂ければ、あぁ~あれね、と大体の方は
      目にしたことがおありでしょうし、日本にだってあるんですよ、
      でも、中国大かなったなぁ・・
      は、定着した?流行語ですね。今後もこの族は増加の一途、
      というか、何処を見ても、低頭族だらけ、今度はこの人たちの
      やってることが、この人たちの現象が社会の話題となって
      今後も活躍?してくれるでしょう。
       辛さの度合いってやつですが、よくその韓国料理がその
      代表に挙げられますが、辛さの度合いから言うと、どうして  
      どうして中国のそれは直球!それも豪直球!!で、大谷投手
      の百何キロ??を超えるくらいのだ!というのを書きたかった。
       は、たまたまこの前の旅行で出会った郵便局員がわたしに
      おぉ~中国も変わったじゃん!という思いを思いっきり与えて
      くれた彼が、中国の郵便局の変化を書かせた。何もかもが
      大きく変わり始めている中国、みながみな好い方に??
      変わるとは限らん。
        そして、
      今月号が、中国の飛行場を書いてます。
     思えば、今年一年も、誰も目を向けないどうでもいいことを
     よくもあれこれ書いてきたもんだと・・・
       反省??反省なんかしてませんね、
      これからもこんなことを書いてくつもりですし。
     今年一年のご愛読に感謝致します。
    謝謝!!

|

« 今週の中国語、「機場 ジィ・チャン」 | トップページ | 機場ジィ・チャン 追補 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「わたしの見た中国」今年一年:

« 今週の中国語、「機場 ジィ・チャン」 | トップページ | 機場ジィ・チャン 追補 »