« 世界最高齢パンダ逝く - 熊猫佳佳走了 | トップページ | 辛さの度合い - 「辣椒 ラージャォ」 の国 »

2016年10月18日 (火)

辣椒ラー・ジャォ、トウガラシ、南蛮についてー 10月号

U970892751905942199fm21gp0

   ウェブ版10月号「わたしの見た中国」は、
  こちらの話題。そう、
   中国語では辣椒 ラー・ジャォ ですね。
  にもうすでに辛いの意味がありますし、
  油ラー油なんてので日本語でも定着。
  の方は、胡のこの椒ですよね、
  で、この前についてる胡の字は中国語では西域からの
  もの付けられるので、中国でも古来のものではなく、
  伝来もの、という意味でしょう。
    日本でも同じように、
  トウガラシのこの唐辛子と表記される「唐」は、中国のその
  時代というか中国そのものを指すのではなく、外の国と
  言ったもう少し広い、唐人と使ってたくらいの広がりの
  外から来たもの、といういみでしょう。
    南蛮がそれを補完してます。南蛮渡来ってやつですね、
  つまりは、外からのもの。
    ということで、今月号「わたしの見た中国」
   を更新しました。いつも通り、まずは、今月号の文をご覧ください。
    文で書けなかったことをこれまたいつも通り書いておくと、
   中国の人が、この辛いのが好きだ!その程度もちょっと度を越してる
   ってのが、今月号の文の大まかなところですが、
   この辣椒、どうやらその食文化だけではなく
    結構暮らしの中にもいろいろ入っていて、
    そんなに好きなんだぁ~と思わせるものがあります。
   中国でよく、この辣椒を携帯ストラップとか、車にぶら下げるあれは
   何というんですか?飾りに、
   或いはなにかの模様に使ってたりします。
     あれってどうやら、中国の人の 紅色 好きが、
    関わってるようですが、
    更にこの紅色は、どうやら魔除けにもなってるらしく
   あの正月飾りや、いろんなところで、 が目立ちます。
    唐辛子の収穫期にちょうど、そんな中国の農村を通るバスなんかで
   旅してると、農家の軒先に真っ赤なトウガラシがぶら下がっていて、
   それはまるで一服の画のようで、
   綺麗だな!
   と思ったことがあります。
U41534123121413846273fm21gp0
    無論それらは、食用でこんなに大量に作ってもまだ
   足りないくらい消費するんだ、とそっちへ考えが行くとそれはそれで
   また感慨があります。
    ということで、今回は主に食べる方の唐辛子、
   南蛮についての考察です。
    どうぞ、ご覧ください。
  謝謝!

|

« 世界最高齢パンダ逝く - 熊猫佳佳走了 | トップページ | 辛さの度合い - 「辣椒 ラージャォ」 の国 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 辣椒ラー・ジャォ、トウガラシ、南蛮についてー 10月号:

« 世界最高齢パンダ逝く - 熊猫佳佳走了 | トップページ | 辛さの度合い - 「辣椒 ラージャォ」 の国 »