« 函館・天津友好交流都市提携15周年記念、訪日団の1週間 | トップページ | ♪但願人長久♪ を、聴きながら名月をめでる »

2016年9月16日 (金)

函館を訪れた訪日団、団員たちの感想

P1290315    先日来こちらに書きましたが、

  相次いで二つの、中国からの訪日団を迎え、交流できました。
Img_0053
       どちらも、中国からの若者です。
  このことからからも言えますが、中国の若い人たちの外の文化を
  取り入れようという、その気構えが伝わってきます。
    一体?日本の若者もこうして、中国を訪問してるのでしょうか?
   多分?してはいるのでしょうね、発信している人が少ないのか?
    さて、今日はこの函館を訪れた中国の若者たちの感想から
   自分たちが見えないものを、逆に見ておきましょう。
    ネット社会ですので、大概の事は、彼ら彼女は手に持っている
   端末(スマホ)で検索して調べることができます。
    また、事前に自分が訪れる街の調査はそれなりにしてるようでして、
   よくご存知でした。
    但し、この検索、や調べは、逆に我々だってそうですが、自国の、
   ということはこの人たちは、中国のサイトで調べます。
    日本のことを書いている中国の人たちが書いた、記録したものを
   見ているわけですね。
     こうした情報にそう大きな間違いはない。ですが、書かれている
   その内容は、どうしても片寄ってますね。
     一つエピソードを紹介しましょう。
    かなり日本通で、日本が好きで、日本の事を好く知ってる学生が、
    話題は北海道の冬の話になりました。冬にも来てみたい!という
    その子の話から、北海道での冬の暮らしの話になります。
     色々話しているとやはりかなり詳しい。
     そこでかなり話をしてから、いたずらに?
    雪国では冬になると、例えばこのクルマのタイヤも冬用のそれに
    変えるんですよね、私達履く靴もそうですけど・・・、というと。
     「知ってます。」という。
     ほう!それは凄い。知ってるんだ、スタッドレスタイヤ??
    「いやいや、その履きかえるというのを何かで見ましたが、
    実際にはそのタイヤがどう違うかまでは分かりません。」という。
     じゃぁですね、このクルマのワイパーと言いますが、これも冬用
    のがありましてね、矢張り帰るんですね、知ってました??
     「え~、これもですか、知りません、知りません、その存在自体
     しらないです。どこが違いうんですか??」
     ついでですが・・・要するに冬はあらゆるものが凍ってしまうので
    クルマで言うと、例えば、ウィンドウォッシャー液も冬用があります。
     クルマの冬用、用具って結構ありまして、クルマの屋根の雪を
    クルマに積もった雪を降ろすための道具とか・・・・
     「・・・・あぁ~知りません。どこで売ってますか?クルマや販売店?」
     ・・・・ってな話がこのあとも続いて、
     その子にとっては、意外と驚きの連続だったようですが、
     わたしたち雪国の者にとって、ごくごく日常の当たり前のことは
     誰も伝えないし、記録しないし、気にも留めていない。
       これは、一つのエピソードです。
     ここから、言えることは、
     ネット社会は何でもあるようですが、同じような情報ばかりが
     幾らでもあって、それを我々は見せられている、ということ。
     暮らしの中のこまごましたことは、結局現地で知るしかない
     ということ。
     言葉が上手くなるには、そうした色んなことに興味を持ちその
     眼で見ることができる人が更に上手くなるということ。
        他にも面白い話はありました。
     こちらもこの若者たちとの交流を通して色々教えられました。
     だからこそ、こうした、直接の、人と人との交流が大切だと
     思います。機会がありましたら、どうぞ、こうした交流の場に
     足を運び、やはり実際にご自分で直接交流されることが
     一番だと思います。
      また、機会がありましたら、どうぞ交流活動に参加下さい。

|

« 函館・天津友好交流都市提携15周年記念、訪日団の1週間 | トップページ | ♪但願人長久♪ を、聴きながら名月をめでる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 函館を訪れた訪日団、団員たちの感想:

« 函館・天津友好交流都市提携15周年記念、訪日団の1週間 | トップページ | ♪但願人長久♪ を、聴きながら名月をめでる »