« 中国旅行・江南の春を求めて 34 - 旅・旅・旅 | トップページ | 中国旅行・江南の春を求めて 36 - 周荘的夜景 »

2016年5月24日 (火)

中国旅行・江南の春を求めて 35 - 到周荘

U25490599933962493718fm21gp0

  ・・・てなわけで、
  全く来る気もなかった、予想だにしなかった、周荘ゾォゥ・ズァンに
  着きました!!
   10数年前に来たときはまだまだ、この水郷の町は観光化が
  進んでおらず、単なる?田舎町の、水辺の綺麗な街、くらいの
  位置づけで、上海からそう遠くはないので、ちょっと足を延ばして・・
  的な、中国人観光客がそのほとんどで、かつ、ここはちょっと見たら
  もうすぐ次へ・・・ってな位置づけでしたよ。
    それが、やはり変わってましたね。
   まず、前回来たときなかった、古鎮に入る為のゲートが設けられて
  ました。ある地域をそっくり観光資源として、そこを囲い、入るには
  その為の入場券を買わなくてはいけません。
   以前はこんなのも無くて、勝手に川辺に近づくと、どこからともなく
  客引きのおばさんやらおじさんがドット押しかけてきて、大概は、
  船に乗らないか?だの、飯を食うならここだ・・・みたいなのが
  賑やかでした。
P3300271
   平日のなんともない?こんな日の割にはまぁまぁの人出。
  バスから降りて、その入場券を買って、さて、
  もう今日はここで一泊かな・・・と思い。
   古鎮の中の宿を探す。
   これがまた、最近流行り??なんでしょうか?
  こうした古い街中に、その古い建築物をおもいっきり改装して、
  超かっこいいホテルを作っちゃう・・・というのが流行ってるらしい。
   それこそ、おれは金あんどォ~的な、
  カッコよく言えば、富裕層ってんですか、そんな人の為の
  ちょっと見栄っ張りな??ホテルがこんなかにもありました。
   カッコいいのは結構なんですが、なんせ宿泊料が高い。
U17727312113835795894fm21gp0
   都市の中の一流ホテル並み、の一泊のお値段。
  まぁ、ここまできて、そんなところに・・・とはわたしは思わないので、
  値段だけ聞いてさっさと引き上げてきましたが、
    幾らだって・・・何件か当たってるんですが、
    いづれも、1泊、800元(≒1万300円越え)くらいの事を言って
  ましたね~、こっちが渋ると、おまけしますよ、優待しますよ・・ってな
  ことも言ってますが、
Photo
   そこは体よくお断りして、
  われわれは、更にその近くで見つけた安宿へ。
    古鎮の中は全て多分景観条例??的なもので縛りがあるはずで
  高層建築物は無論無理ですし、外見にもなにかしらの規制がかかって
  いるはずですね。
    でも、中はみなさん、それぞれ工夫されて改装されてるので、
  まぁまぁ、快適。
   ・・・ってんで、一休みして、
   その10数年ぶりの、周荘の変わりようを見に、
   ホテルを出て、散策。
P3300278_2
   この日も穏やかな天候で気持ちよい。
   この古鎮も取り立てて、需要無形文化財??的な建築物や
   大昔の大金持ちの大屋敷、てな景点はなくて、
   だたただ、水郷の周辺に並んだ家々が、
   以前はこんなになかったよな・・・ってくらい、お土産屋さんと
   食べるところが。
   これくらい、観光の依存してるんでしょ。
    入場料を取ってるわりには、
   ちょっとこのへん管理がわるいんじゃない、と思わせる処も
   あるが、まぁまぁ、手が回ってないのでしょう。
    もっと工夫が・・・・と考えるが、その一方でいつも迷うのは
   あんまり、観光化されて、現実離れした綺麗さを見せつけられ
   てもなぁ・・・とも思う。
    この、観光整備をやりすぎるとそれが鼻について、
   ただ単に作られた書き割りみたいな街になっちゃうし、
    観光整備を怠って、そのまんまだと、もっと見せる工夫を
   しなさいよ、と思っちゃうし、んん~難しいところだ。
1_2
   いちおうその・・・
   入場料何かをお取りになってるわけですから、
   それに見合った??観光の売りを見せてもらいたいんですがね・・
    とりあえず、しっかり規制が行き届いてるには感じ取れました、
   但し、それって、この古鎮レベルでの管理ではなく、
   恐らくもっと上の、市政府、或いは中央のお達しによるもんでしょうから、
   地元ならでは、地元の工夫も見せて貰いたいものですね・・・
    ってんで、どっかで食事をしながら休もうと、
   掘割を行ったり来たり、
   そろそろ日がかげる頃ともなって、
   古鎮の路地に灯りがともる頃、どっからともなくどやどやと
   団体観光客が押し寄せてきましたよ・・・
   これ、恐らく、上海あたりからの、このあたりの古鎮めぐる
   一日観光の、団体なんじゃないでしょうか。
   それにしても、凄い数だなぁ・・・と感心。

|

« 中国旅行・江南の春を求めて 34 - 旅・旅・旅 | トップページ | 中国旅行・江南の春を求めて 36 - 周荘的夜景 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中国旅行・江南の春を求めて 35 - 到周荘:

« 中国旅行・江南の春を求めて 34 - 旅・旅・旅 | トップページ | 中国旅行・江南の春を求めて 36 - 周荘的夜景 »