« 中国旅行・江南の春を求めて 36 - 周荘的夜景 | トップページ | 中国旅行・江南の春を求めて 38 - 楓渓へ »

2016年5月26日 (木)

中国旅行・江南の春を求めて 37 - 雨中的古鎮

  周荘、ゾォゥ・ズァン

P3300283
   夜、7時。
  食事をしてるあたりから、きっと降り始めたのだと思う。
  食事を終えて外に出て初めて気づいた。
   雨だ!
  そりゃそうだろう、もう旅に出て10日以上が経っている。
  その間、移動はしていたものの、一度も雨に降られていない。
   久々の雨だ。
   そういえば、ここのところ、宿でテレビを見ていても、天気予報
  なるものに注意を払っていなかった。
    急いで宿に戻る。
   その雨は、闇が濃くなる成る程の激しくなり、
   音を立てて降り始めた。
    宿は、平屋で、旧建築物を改装してできているので、
  部屋の中こそ、近代的?で綺麗だが、屋根はどうやらいじって
  ないらしく、屋根裏が狭いのか、雨音がかなり大きく聞こえる。
   それほど、激しい雨なのかも知れない。
U25703354161824116740fm15gp0    夜。雨の中の古鎮を散歩したい、
   と思った。人のあるかない、この古鎮の路地・路地を当てもなく
   勝手に歩いてみたい・・・・と、突然思った。
    散歩に出ようと思って、支度を始めたら、連れに止められた。
   危ないから・・・と言う。
    危なくないだろう?こんな日に外にいる人は少ないし、
    古鎮の中はこれで治安は好い方だろう・・・と・・・は言ったものの、
   雨音は更に激しくなり、これは豪雨だ。
U31650067044206228703fm21gp0
    結局は、宿の玄関口から外を覗いて、
  散歩は止しにした。
    部屋に戻り、ベットで本を手に、雨音を聴きながらうとうと。
   あぁ~、こんな雨の日はあの本が読みたかったのにな、と
  以前に読んだ本を思い出し、
   この雨音じゃ寝れないんじゃないか??と思ってたら
  いつの間にか寝てしまったらしい。
   翌朝。
    一雨降ったあとのすがすがしい空気を吸いながら、
   雨にまだ濡れている石畳を踏んで散歩した。
    雨は既に止み。
   昨日のあの激しい雨音だと、かなりの量の雨が降ったはずだが、
P3310289
   堀割りの水嵩には影響がないようだ。
    雨上がりの空気は、しっとりとしていて、気持ちいい。
    さて、次は何処へ向かおうかな・・・と考えながら歩いていた。
   そろそろ、帰る準備もしなくては。
    帰国便は4月3日だ。
   前日には上海に戻っていたい。
    ・・・となれば、あと一か所くらいは・・・などと、
   考えを巡らせながら古鎮の中を散歩。
    さて、どうしよう・・・。

|

« 中国旅行・江南の春を求めて 36 - 周荘的夜景 | トップページ | 中国旅行・江南の春を求めて 38 - 楓渓へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中国旅行・江南の春を求めて 37 - 雨中的古鎮:

« 中国旅行・江南の春を求めて 36 - 周荘的夜景 | トップページ | 中国旅行・江南の春を求めて 38 - 楓渓へ »