« 中国旅行・江南の春を求めて⑯ - 到宣興 | トップページ | 中国旅行・江南の春を求めて⑱ - 宜興の夜 »

2016年4月28日 (木)

中国旅行・江南の春を求めて⑰ - 在宜興

  3月27日日曜日、午後1時。宜興イー・シン、気温多分20度くらい、晴れ、

 まだ旅に出て一度も雨に会っていない。一応折り畳みの傘は持ち歩いてる。
 旅に出る前は、雨を覚悟していた。江南のこの時期雨は避けられない、と
 思っていたら、連日の好天に恵まれている。
U35004108353988869770fm206gp0
   ホテルを出て向かった先は、
  来る途中車の中から見えていた、陶器を扱うお店がずら~と並んだ
  その「宜興陶器城」というらしい、場所。
   早い話が、東京神田の古本屋街が、陶器店に変わったような場所だ。
   車で通りすぎては見たものの、ちょっと距離があったのは分かる、
  時間がもったいのないので、まぁ、タクシーで・・・となって、つかまえた
  タクシーの運転手さんは女性運転手、多分この運転手さんもボッテル、
  それにわれわれを乗せるや否やスピードを上げ車を走らせ、ちょっと
  この長距離で稼いで叉直ぐに帰りの客をつかまえて・・・とでも考えてる
  らしい。日本じゃないだろうが、まだまだ中国この手のタクシー運転手が
  多い。これは困る、困る??っていうか、その観光地の印象を著しく
  損なう。こんな運転手に会っただけでその町の印象がた落ちだ。
U37859854934090757381fm21gp0
    結局、頑張って値切って、なんとか到着。道の両側どころか、あっちも
  こっちも陶器屋さん。そして、どこも店がそこそこ大きい。
   何件かひやかして歩くが、人間不思議なもので、あんまりこうしてあると
  買う気が起きない。ありすぎ。品揃えなんてもんじゃない。何でもある。
U27481630083365033496fm21gp0
   お店によっちゃ得意分野?てなものもあるのでしょうが、とにかく
  あるわあるわ。欲しいものもあるにはあるが、大きすぎては持てないし、
  高すぎては買えないし、ってんで結局のところ目の保養にはなった。
   二個お買い上げ!で退却。楽しめた。
   次に向かうは「宜興紫砂壺博物館」、
  これがこの度の一つの目的でもありますので、ここは時間をかけたい。
  ・・・ってこっから近いはずなんですが・・・様子が分からん。適当にバス停
  を見てたら、ありましたよ!「博物館前」これでしょ、ラッキーってんで
  バスを待つ。中国にしてはこのバス珍しく間隔があってなかなか来ない。
   ・・・んん・・・日曜だからか?関係ないでしょ?日曜だって・・・?と
  思っていたら来ました。循環型らしい。
U2162102801850166712fm21gp0
   やっぱ近かったんですよ、バス停で4区くらいのもんですから。
   ここですよ、ここ。
    入場券、入場券・・・と。おお~ここも60歳以上は半額にしてくれるんだ、
   ありがたいねぇ、ってんで
    展示室は2階と右左に分かれて作られてあり、正面から順に・・・
  あるはあるは・・・当たり前か。
    古い時代の「紫砂壺」から、某有名コレクターが集めに集めたという
   いまはもう絶対に手に入らない一品まで、
U26399106142594796972fm21gp0
   それはもう、素晴らしい!の一言。
   ここ、来れてよかったです。
   できたら、この中でお茶できたりするともっといいんですけど・・・
  そういったコーナーは無いらしく、
  博物館員のお嬢さんたちは、自分のスマホで何か映像を楽しんでました。
P3270167
   いやもう、見るもの見るもの凄すぎです。
P3270171
   撮影禁止ではないようですので、ガンガン写真撮りまくり、
P3270169
   展示の仕方にもちょっと工夫があれば・・とはおもうものの
P3270170
   展示物が素晴らしいんだからまぁいいかぁ・・・と、許せる気分で
P3270168
   それにしても、こんだけ茶壺チャァ・フーがあるんだから、そんな
  茶壺で淹れたお茶が飲みたい・・・と思うのは普通の感覚でしょ・・
   案外、商売気がない。
P3270172
   外へ出たら、敷地内の横の方に、現代作家の工房らしきものが
   あり、そこも見学出来て、そこではお茶が飲めるようだが・・・
   閉館間際までじっくり見てたので、そろそろ、そちらもみんな鍵が
   かかっていた。
    それは残念だったが、まぁ、
   いいものが見れた。
   大満足。
    路線バスで街へ戻り、どっかでここの名物料理を食べたい。
   今日はこれで、
    目 も 腹 も 大満足の一日にしたい!!
 
   ってんで、帰りのバスは、さっきとは違い超満員・・・なにこれ
   みんな仕事終わって帰る時間??
    そんなぎゅうぎゅう詰めの状態でも、人間好いことがあったあとでは
   気にもならず、恐らくその時のわたしはにやにやしてたと思う。
   人間とは勝手なものだ。
    ~さぁ~て何食べよう??
   ってか、何食べれれるんだろ??って話をまた明日。

|

« 中国旅行・江南の春を求めて⑯ - 到宣興 | トップページ | 中国旅行・江南の春を求めて⑱ - 宜興の夜 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中国旅行・江南の春を求めて⑰ - 在宜興:

« 中国旅行・江南の春を求めて⑯ - 到宣興 | トップページ | 中国旅行・江南の春を求めて⑱ - 宜興の夜 »