« 中国旅行・江南の春を求めて⑧ - 諸葛八卦村 | トップページ | 今週の中国語 - 火腿フォ・トゥィ ・・・ハムです »

2016年4月15日 (金)

中国旅行・江南の春を求めて⑨ - 諸葛八卦村で迷子?

U32260077413934558545fm21gp0

 順調に??金華市から辿り着いた、「諸葛八卦村ズゥ・グゥ・バァ・グァ・ツン」
 でも、われわれのように路線バスで入ってきたのは、我々二人のみ。
  誰~れも、「八卦村」バス停で、降りない。確かに、皆買い物かごを下げてたり、
 病院帰り?や、村へ戻る人たちで、「八卦村」バス停からこのバスあと一つ二つ
 バス停があり、そこで終点らしい・・・。
  な~んの表示もない所で降ろされて、大丈夫かぁ~の不安を抱え、歩くこと
 10分、大型バスが沢山停まってる駐車場を見て初めて、お~ここで良かったん
 だぁ~と安心。入り口にはゲートがあって、村全体を観光資源としていて、
 入場料を取るやり方。
  恐らく、このゲートを避けてちょっと脇へ入れば、簡単に村へは入れそう。
 それに、村人たちは多分わざわざこっからは入らんでしょうから、別の村への
 入り口があるはずだ。・・・って別に無銭入場しようってんじゃないので、
 普通に??入場券を(門票モン・ピィァォ)を求めに。
   前の方には団体さんが、団体さんは団体割引切符があるのでそちらへ。
 我々二人は・・・ってか、二人だけ、こっちの窓口で、
U36791149882751844347fm21gp0
    なになに・・・幾らなんだ・・?あぁ~百元ね!!どっこもきりがいいのか
 面倒なのか最近、百元(≒1800日本円)ってなとこが多いよなぁ・・・
 中国の人にとってこれってちょっと高くないかぁ!と思いながら、窓口の
 小姐(シャォ・ジェ)に両張(リャン・ヂャン 二枚ね!)と言ったら、
 小姐の後ろにいた男性(50代、ちょっと偉そう?)が、いきなりわたしに
 「お前は幾つになる??」と言ってきた。この言い方、現代中国語では
 正しくないとわたしは教わったし、教えてもいる。幾つ?は子供に尋ねる
 時の言い方で、大人に年を尋ねるバージョンは別にある。
  それも、彼のいきなりの、問いに、何?何が??何で???いきなり
 他人の年を尋ねるわけ???女性じゃなきゃ好い??ってもんでも
 ないでしょ・・・と、戸惑っていた。彼はこちらが聞き取れないのかと思ったか、
 正しい?尋ね方に直し、「いやぁいやぁ・・・60歳以上はね半額になるのね」
 と、言う。そういうことか!早く言ってよ!!
  ・・・ってことで、半額になりました!!儲かった感。
  これ、この後何処へ行っても、歳を言うと、証明書見せな(わたしたちは
 パスポートで証明)必ず半額になりましたねぇ、有難い。
  (日本でもあるのかなぁ・・・こんなこと。国内・国外を問わず証明さえできれば
   半額って。日本じゃ映画見る時ぐらいじゃない??)
U15855208432756016675fm21gp0
 我々の前を中国のどっからきたのかなぁこの人たち、
 団体さんが歩く。入り口う付近はこんな感じ。
 この辺のお店は完全に観光客用。多分、またこの
 入り口に戻るんでしょうから、お買い物はお帰りに、
 ってな感じでみなさん、歩いてる。
  もうこの時点で、いいなぁ~此処・・・
 うらうらとした日差し。
U32623676762250397998fm21gp0  菜の花はもうそろそろ終る頃。でもこの黄色も眼に
 優しい。どうやら、村の中には特別大きな建築物が
 あるわけではなく、この村の名の由来、八卦図の
 ような村の有り様と言うか、この村を設計した?
 時のその知恵とこの環境を楽しめれば好いようだ。
  前の団体さんのガイドさんはそれでも熱心に
U26625809733148191036fm21gp0  説明を。これは、後ろに付いていてタダで?
 聞かせていただいた。
  多分この建物が一番の重要な観光地点らしい。
 でもその説明もそんなに長くなくて、要するに
 明の時代のものらしいが、中国はホラッ!これ
 くらいの歴史建造物はあまたありますので、
 団体さんの感動も薄く、「諸葛」姓の末裔たちの
 お話をひとくさり。なるほど、なるほど・・
U4652735382281239446fm21gp0  こちらが、村の中央ではないでしょうが、一番の
 中心地。池と陸地が、陰陽(太極)になってるでしょ。
  これは上から見てますが、このへり?をずっと
 歩いて回ることができます。実際回りました。
  この池の水位はどうやって加減してるんだろぅ・・?
 というのを聞きたかったが、ガイドさんに部外者?の
 わたしが質問するわけにもゆかず、
U16889959492226660338fm21gp0   水辺にある小さな食堂で早め?の昼食をとってる
 おじいさんたち。いいなぁ~、この人たちみんな諸葛
 姓なんでしょねきっと。この魚はこの池で??かなぁ
 ・・・、等とぼんやり考えながら歩いていて、この辺で
 前の団体さんとははぐれて、ちょっと違う路を上の
 方からこの景色眺めてみたいな、と思い坂道を
 上がる。
P3250142  でも周囲にそんなに高台はなくて、せいぜいが
 これくらいのもの。村全体のその八卦といわれる
 八角形の形を確認はできない。
  入り口のところで見た村の見取り図では確かに
 八卦(八角状)になっていて、わたしが住む函館には
 五稜郭ってのがありましてね、そこは星型(五角)で
 上から見れるようように、傍にタワーが建ってます。
 そのうち、八卦村タワーなんか建っちゃたりして!
P3250141  こっからですよ。わたしの関心は、あ、この小さな路
  いい味だなぁ、と思いどんどん入って行く。
  どんどん。結果、迷子になっちゃいました。まるで違う
  地域に入ってきたのは自分でも分かる。これは完全に
  村人の生活区だ。観光のエリアではない。いやいやぁ~
  と思いながらも最初は高をくくっていた。歩いてりゃまた
  観光地区へ戻るんじゃない、と。急ぐ旅でもないし、
  今日中にまた金華へ戻りゃぁいいだけだしね。余裕、余裕。
   と思って歩いてたのはいったいどれくらいだろう。
  幾ら何でもこれもうもとのあの古い町並みに戻るでしょ?
U19060771253899508777fm21gp0 の予測を裏切って、こんな風景のとこへ。
 小学校の前の横切った。あれ~これはダメだ。
 そばにいた男性に尋ねると、尋ねられた方もこんな
 とこに観光客が来るとは予測しないし、村の複雑な
 路を始めてのわたしたちに説明するのはどうやら
 難しいらしい。とりあえず・・・と言われて、その場所
 まで行ってまた考え、また別の人に尋ね、おぉ~この
 小路も好くない!なんてそっちへ行こうとするのを
U31684328562927663733fm11gp0 連れに、これ以上他へ行っちゃダメ!と諫められ、
 回り回って、われわれが着いたのは村の裏口。
 こっから入る観光客はいないと見えて、簡単な門が
 あり地元の人がトランプやってる。いつの間にか村外
 へ出てしまった私たちは、そこで入場切符を確かめられ
 「迷子になって村の外へ知らない間に出てしまいました」
 と言ったらその辺の皆に笑われ、こっからまたあの正門
U3321103063696557263fm21gp0  に戻りたいです、と言ったがかなり難易度が高いらしい。
   「まだ、村の見てないところがあるのか?」と訊かれた
  から、「まぁもう見終わったと思うんですが、バスに乗って
  戻りたいので・・・」と言ったら、「そりゃそうだ、村の裏口
  まで見たもんね、バス停までならあの麺屋のおやじに
  頼んで三輪バイクに乗せてもらうんだな」という。
   また、三輪車かぁ・・でも村の路は狭いので普通の
  乗用車はこの地域は入ってこれないらしいし、それに
U42846360271250331982fm21gp0        ここでまた迷ってバス停に行けなくなった大変だから・・
        との奥さんの不安そうな声にまけて、三輪車でバス停へ。
         哈哈哈!(*≧m≦*)
        というわけで、「諸葛八卦村」で迷子になった旅行客も
        珍しいでしょうが、来るとき乗ってきた、路線バスの
        終点駅までおじさんの三輪車で運んでもらった。
         わたしは結構楽しめたんですが、
        もっと迷子を楽しみたかった?
P3250137    いやぁ・・・好い村でしたね。
  古代ここに村を定めてと言う諸葛孔明の末裔たち
 は、当時としてもこの場が優れているのは、人間の
 暮らしには欠かせない水の管理ですよね。水と良好な
 気候。なかなに好くできた当時としての都市計画です。
  あとは、来た時と逆の途を辿り、金華へ
 ・・・・そういえば、迷子騒ぎ?で昼飯まだだった。
  蘭渓バス停に戻ってから、ターミナル前に並んだ
  食堂のうち、来るとき見た店主が自分の店の前を綺麗に掃き清めていた
  清潔好き?そうな麺屋さんに入った。朝見た店主がいた。店の中も掃除が
  中国にしては珍しく?行き届いてる。
   ここで食べた麺、美味しかった!!あれって腹がへっていたせい??
  それとも清潔にあれほどこだわる店主は味にもこだわるってこと?
   その相互関係、ありそうですよね。あんなに掃除してる人珍しいもの。
   この日は、このまま金華へ戻る。
   戻ってから夜は、金華まで来たんだし、金華ハム料理でしょ!!
  夕食はそれに決定!
   明日は金華の夜を・・・って、怪しい話じゃないですよ、食べる話です。  

|

« 中国旅行・江南の春を求めて⑧ - 諸葛八卦村 | トップページ | 今週の中国語 - 火腿フォ・トゥィ ・・・ハムです »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中国旅行・江南の春を求めて⑨ - 諸葛八卦村で迷子?:

« 中国旅行・江南の春を求めて⑧ - 諸葛八卦村 | トップページ | 今週の中国語 - 火腿フォ・トゥィ ・・・ハムです »