« まだまだ大変!中国の住宅問題 | トップページ | 中国的マージャン - 今月号「わたしの見た中国」 »

2016年3月 3日 (木)

再び、中国の住宅問題

B64543a98226cffcf6c99be5be014a90f70

   このところ、中国の住宅問題に関する記事を目にする。
 以前より、この問題、「住宅問題」は下火??になってるはずなのに、
 何故だろう?と思った。
  これはきっとホットなうちは手を付けずに、少し下火になったから
 取り上げても大丈夫と踏んでの雲行きだろうか。
   いくつか見たり、読んだりしてるんだが、何せこの問題、いろいろ
 複雑で難しく、よく分からん。
  その解説も、解説を目的としてるんだか、どっかへ導こうとしての
 含みある文章なのか分からんし、
  加えて、その後ろの税とか購入の際の手続きだとか、兎に角人が
 住み暮らす、そんなバックブランドを十分知ってないと、ただただ、
 高いだの安いだの、損した儲けた、話に振り回される。
   要するにこれは世界中同じだが、
  この一生に一度の買い物、何時買うか?
  でしょ。何時が好いのか??ですよね。
   それって、またまた個別の問題が重なり合って難しいんだと
  思う。そこで今日みた中からは、これ。↓
63d0f703918fa0ec1f06405a219759ee3c6
     こちらは、一人当たりの住宅面積占有率を示したもので、
  ちょっと見づらいでしょうが、
   縦に囲ったところが中国ですね、
  見切れないですかね・・・
   アメリカを筆頭に、一人当たり一体どれくらいの面積を占有
  しているかを示している。
    一体どれくらいの大きさの家に住むことができるか、の
  指標だ。
    日本がこの表だと5番目のところに。
    中国の後ろに韓国が、その後ろにシンガポール。
    これは、その住まい方。
   一軒家を基本とするか、集合住宅式かの違いもあって
   ちょっと比べ方も乱暴かなとは思うものの、
   一方で、
    中国のあの国土の広さから考えたなら・・・
   というのもあってちょっと複雑。
   要するに、中国に限らず、
   日本も言えた義理ではありませんが、都市部に人が片寄り
   過ぎてるのが一番の原因だと思う。
    では、それを解消するには・・・
  となれば、その都市部を離れて暮らす生活の手段だとか
  様々もう住宅問題を離れたところに大きな問題がある。
    だからこそ、その集大成として
   人生の大きな買い物であると同時に、
   国の大きな問題でもある。
    いまのところ、中国のこの問題の処理は決して上手くいってる
   とは言えない。褒められない。
0df3d7ca7bcb0a46da3aaa6e6c63f6246b6
    どうやらこうやら
   庶民のこの問題での不満を躱してはいるが、
   ちいさな爆発はしょっちゅうしていて、これからだって
   いつまた大爆発するか分からない。

|

« まだまだ大変!中国の住宅問題 | トップページ | 中国的マージャン - 今月号「わたしの見た中国」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 再び、中国の住宅問題:

« まだまだ大変!中国の住宅問題 | トップページ | 中国的マージャン - 今月号「わたしの見た中国」 »