« 「故郷の正月 春節体験」 - 函館新聞 | トップページ | あたるも八卦あたらぬも・・・ - 占いについて考える »

2016年2月11日 (木)

「算命スゥァン・ミン先生」 が今月号のテーマ

U28615186863567377321fm21gp0
     ウェブ版「わたしの見た中国」2016年2月号は
 すでに、2月2日に更新しております。
  そして、そのテーマは、
  です。
   占いですね。あなたは占いを信じますか?
  信じても、信じなくともいいんですが、
  占い・・・・これで、この歴史は長~い。
   その先輩も先輩、大先輩でもあります、中国。
  占いやってるか??って、
  そりゃやってますよ。
    同じように、信じてる人もいれば、信じてない人もいる。
   由緒正しき、占い??的観点から言えば
  最近の占いは、どうも・・・・ってところもあります。
U24376699372744399873fm206gp0_2
  それはもう、
 占いも商業化しちゃった、
 というところにもあるんですが、
 これまた、致し方ない面もあります。
  そしてまた、
 この道のプロ?ともなれば・・・
   それは、それでいろ~んな問題があるんでしょ・・・
   きっと。
    わたし自身はあんまり、占いに重きを置いてない・・・
   というか、自分だけでは多分近づかない。
   でもホラ、連れがいたり、勢いでそんなところへ・・・
   ってなことはままある。
    まぁそれも運命?だろうと・・・・。
    歴史的は一時、中国ではこうした古い迷信に寄りかかっては
   イカン!!って、お達しがあった時代もあるんですが、
   何せ庶民は、好きですから・・・ずっと絶えずにありますね。
    最近では、
   そんな本場?中国にも他からの
   例えば、西洋占星術なんてなのも入り込んで、
   混戦?状態。
     どこまでが、本気でどこまでがお遊びか、
   血液型占いもあれば、
   タロットカードもある。
    でもやっぱ中国と言えば、八卦でしょ!!
   と、いったようなお話を先ずはどうぞご覧ください。
 

|

« 「故郷の正月 春節体験」 - 函館新聞 | トップページ | あたるも八卦あたらぬも・・・ - 占いについて考える »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「算命スゥァン・ミン先生」 が今月号のテーマ:

« 「故郷の正月 春節体験」 - 函館新聞 | トップページ | あたるも八卦あたらぬも・・・ - 占いについて考える »