« おんぶにだっこ、を考えるーウェブ版「わたしの見た中国」 | トップページ | 今週の中国語 - 「惊曝 ジン・バォ」 »

2016年1月15日 (金)

おんぶが、いいの?だっこが、いいの?

 今月号、ウェブ版「わたしの見た中国」を更新しました。

  は、上をクリックしてご覧ください。
U32510325891928517794fm21gp0 動物にもこの二通りがありますよね。
 背中におんぶして育てる、
 カンガルーのようにもうそれ専用?の袋を
 もっていたり。
  まぁ、ニンゲンも動物ですんで、
 どちらにも行けるんですが、
  最大の?問題は、ニンゲン、その機関が長い。
 やたらに長い。
 普通?動物ならこの子育ての危険な状態を回避するため、
 一般には生まれて数時間、数日で、独り立ちできる。
  ところが、ニンゲンはこの期間がやたらに長い。
 生後、三か月も首も据わらない。 これは、長い。長すぎる。
U2888659344247502097fm21gp0 それで、
 ひとつの考え方として、
 この間の母親の問題。
 もし、母親が家事やそのたの雑務に
 煩わされることなしに、育児にのみ
 専念できるなら、抱っこがいい。
  つまり、抱っこは短時間の、
 それも子供を連れ歩く母親に他の用が
  ないなら、成立?するが、
   母親が他にすることがあって、なおかつそれが時間的にも
  割と長時間で、しかも母親はその仕事の為には両手が自由
  でなければならないとするなら、
   それはもう、おんぶが優れている。
   何せ両手は自由になるし、肩に重みはかかるが、抱っこの
  比ではないくらい、長くその姿勢を続けることができる。
   ・・・・という前提でこの問題、昨日提出した問題に戻ると、
   欧米文化が抱っこにあるのは、上のような要因として割と
   母親が家事から解放されていたからだろうと思う。
   一方、アジア的には、家事をしながら児を育てる必然が
   そこにあったからではなだろうか・・・
    というのがわたしの結論だ。
   で、中国だが。
U1612638351917942154fm21gp0 とりわけ、少数民族のひとたちの
 おんぶ文化には興味がある。
  このおかあさんも子供をおんぶ
 しながら立って食事をしている。
  食事もすれば、いろんな家事を
 このままこのお母さんはこなしてるんだと
 思う。
   一人、このお母さんがそうなのではなく、このお母さんの背負って
  いるその背負いの帯に綺麗な装飾がされてますよね、
  これ、かなり手が込んでいて綺麗。
U879463215603414911fm21gp0 思わず、中国で買ってしまいました。
 装飾も刺繍でとても手が込んでいます。
  これの専門店も何処だった??
 見たことがあります。
  いまでもあるかなぁ~・・・
 もうないかもね。
  文にも書きましたわたしが見た、中国東北
 地方のそのグルグル巻き赤ちゃんの抱っこ
  姿は、いまでも忘れられずにいます。
   自分で撮った写真がないので残念ですが、
U34581204841667155538fm21gp0
 ちょっと遠めの写真で分かりづらいですが、
 このお父さんの抱っこしてるこの
 赤ちゃんよりももっともっと
 グルグル巻きでしたよ。
 あれにもきっと何がしかの理由というか
 訳アリ?なんでしょうね。
U46665156498268574fm21gp0  これよりに更に外に何枚のも
 布団のような厚めの記事で包んで
 更にそれに・・・
  の赤ちゃんを見た時の衝撃が
 忘れられません。
  その時の赤ちゃんは
 大きな目だけをきょろきょろさせて
 とても可愛かった。

|

« おんぶにだっこ、を考えるーウェブ版「わたしの見た中国」 | トップページ | 今週の中国語 - 「惊曝 ジン・バォ」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: おんぶが、いいの?だっこが、いいの?:

« おんぶにだっこ、を考えるーウェブ版「わたしの見た中国」 | トップページ | 今週の中国語 - 「惊曝 ジン・バォ」 »