« 留学生との厨芸会 | トップページ | 今週の本、 大沢在昌作品の中国人たち »

2015年12月11日 (金)

ノーベル賞 諾貝尓賞 受賞おめでとうございます!

20151211065755884

    多分?日本はこの話題でもちきり??でしょう、
 そして、更に多分?日本での話題は日本人のその受賞のこと??
  ということで、ここでは、
  中国人の受賞の話題を。
  多分?日本では一切??触れられない他の国の受賞者、
  あえて中国の受賞者をここでは。
20151211065756379      こちらが、今回の受賞者、
   屠呦呦 トゥ・ヨゥ・ヨゥ
   屠さん、84歳。
   ただし、今回贈られた賞は彼女の若い時の研究に対するもので、
   彼女が最近になって何か画期的は発見をした・・・とかでは
   ないようですよ。
    なんでも、マラリア治療に関する感染病予防の関すること
   らしいのです。
    ノーベル賞受賞者の研究の多くは、専門分野の方には
   分かるのでしょうが、われわれ一般シロートにはちょっと何の
   ことやら・・・ってのが多いのは、日本の受賞者でもお馴染み?
   それを日本のマスコミでは日本受賞者の研究に対しては
   微に入り細に入り説明してくれますので、判ったような気に
   なってますが、実際は何のことはない判らんものなのです。
    ということで、その辺専門的話題は避けて、
   彼女の姓、屠トゥ ですが、
   日本ではこの字、お正月にいただくあのお酒、お屠蘇ですね
   あのですよ。
    元来?屠蘇は中国の西域に伝わる薬草を入れて飲むもの
   だったかな?そんな話がたしかあって、だから一年の始まり、
   元旦にそれを飲むのが正しい?屠蘇の在り方らしいですが、
   まぁ、いまは酒をただ注いで飲んでるだけですが・・・。
     屠さんの知り合いはいませんが、名前の方の
    呦呦 ヨゥ・ヨゥ の方がわたしにはちょっと珍しいというか
   衝撃というか、
    こんな、ラップ?のような名は幼名ではもつことがあっても
   そのまま大人になるのか・・・という衝撃と
    のこの字は、中国では実はよく見るんですが、
      意味が無い?というか、感嘆詞というか
   呦! と言って、日本語とおなじですよ、ヨゥ!とかヤァ!とか
      の使い方。
      これを名前にしちゃうんだぁ・・・という、衝撃?
    そこで、ちょっと、中日辞典をひいいてみましたよ、
    何と!ちゃ~んとあるんですよ、呦呦 って単語。
    その意味が、ナント!
     ≪書≫シカの鳴き声  
     ってんですよ。
    これを見てまたまた判らなくなった、なんで?自分の子供に
    シカの鳴き声ってな名をつかるかなぁ・・・・
   判らん!
    ということで、ノーベル賞とはまったく関係ない感動を覚えて
   ます。
     受賞おめでとうございます!!
 

|

« 留学生との厨芸会 | トップページ | 今週の本、 大沢在昌作品の中国人たち »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/90348/62914580

この記事へのトラックバック一覧です: ノーベル賞 諾貝尓賞 受賞おめでとうございます!:

« 留学生との厨芸会 | トップページ | 今週の本、 大沢在昌作品の中国人たち »