« 孫振勇札幌総領事講演会 | トップページ | 留学生との厨芸会 »

2015年12月 9日 (水)

函館“留学生・私家菜”

20151115dsc09121xun  これまた、先月のことなのですが・・・。

 在函館の留学生が開いた、厨芸交流会、
 参加してまいりました。
   留学生がそれぞれに自慢の料理を作り、披露してくれる
 というので楽しみして出かけました。
   青年センター2階、厨房での調理です。
   丁度、いま中国語教室・中級班で先日、
  “私家菜スゥ・ジャァ・ツァィ”の話題を勉強していました。
   お店での料理に飽きた?中国でちょっと流行った。
  それもグルメの人たちは、もう一通り美味しいものを食べては
  みたものの・・・どうも味が単調、料理に工夫がない、少し油っこい、
  流行っている店ほど店内は煩い・・・などなど、
  中国のグルメたちを次に引き付けたのが、この
  私家菜 なわけです。
   つまり、お店とは違って、その家に伝わる料理を、数限られた人たち
  のみに提供する、ごくごく限られた人たち向けの、料理。
    古くは北京の旧家に伝わる料理で、北京の町中でひっそりと
  誰もがここで料理を提供してるなんてな雰囲気にはない古い家で
  提供されていた料理が人気を呼びました。
    日本語では隠れ家的?な、口伝えでのみ知ることのできる
  秘密の場所は、グルメたちの興味の対象となり、レストラン料理に飽いた
  グルメたちがこぞって、そんな私家菜を求めるようになった・・・
   というような話題を勉強したところです。
   その意味ではこの日の留学生たちの作ったそれぞれの料理は
  それこそ、私家菜。
   他では食べることができない、
   留学生たちのそれぞれの故郷の味が楽しめました。
  今回は、残念ながら、留学生のみの参加で、うち日本人はなぜか?
  わたし一人。
   当然、その日の厨房は全て中国語!
   これまた、私家菜の雰囲気を盛り上げてくれました。
20151115dsc09113xun     留学生のみなさん!
   ありがとうございました。

|

« 孫振勇札幌総領事講演会 | トップページ | 留学生との厨芸会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 函館“留学生・私家菜”:

« 孫振勇札幌総領事講演会 | トップページ | 留学生との厨芸会 »