« 函館“留学生・私家菜” | トップページ | ノーベル賞 諾貝尓賞 受賞おめでとうございます! »

2015年12月10日 (木)

留学生との厨芸会

  昨日のお話の続きです。

Photo 11月22日日曜
  午後、
 在函の中国人留学生
 20人くらいですかね、
 お集まりになって、
  留学生学友会が主催での
  料理教室??習う人は誰もいなくて、それぞれに
  それぞれの得意料理を作り、それぞれが、味わう
  というちょっと変わった会でしたが、そりゃもぅ料理の数も
Pb150263 こ~んなかんじで
 多いですし、
 留学生の出身地、
 そのご家庭の味、
 たぶん日本で手に入る食材・・的な
 制限もあるにはあったでしょうが、
 多彩な料理でした。
  誰がどれを作ったのかを
Pb150264 教えてはいただいたのですが、
 こちらが、覚えきれず、
 食べるのにも忙しく、
 調理法も何度か尋ねて
 お聞きしたのですが、
 食べるのに忙しく、
 料理にまつわるお話も
 お伺いしてるのですが、
Pb150265 食べるのに夢中で、
  ・・・・
 って、一体どんだけ食べるの?
 って話ですが、
 せっかく作っていただいたのに
 一応は全部、一通り食べて・・・ですね
 それぞれに感想を言ったりしてですね
 作った方にお礼を・・・と思って、
Pb150271  こちらは、こちらで
 必死?で食べてるわけです。
 お作りになった方でも、
 今一つ納得がいかない、とか
 味がちょっと・・・とか
 あの調味料が手に入れば・・とか
 いろいろ思っていた部分と違う
 ところがおありのようでした。
Pb150275  そりゃそうでしょ、短時間にこれだけの
 料理をそりゃ人数がたくさんいたとは
 いえ、あっという間に作るのは
 どうしてなかなかに手際がよろしいのでは。
  最後に
 どれが一番お気に入り?
 どれが一番美味しかった?
 の話に予想通りなりました。
Pb150274   わたしの感想は、
 有難かったのは?
 今回、覚悟していた辛い料理
 それも中国の方の、超超激辛
 料理がありませんでした。
  四川や貴州からの人がいない?
 いやいや、こちらの出身地に限らず
 中国の方の好みは結構この
Pb150270  超激辛料理が多いものなんですよ。
 多分、控えたのかなぁ・・・
  ということで、どれも美味しくいただけて
 満腹満腹!
  この次は是非ですね、
 日本・中国合作のこうした料理会を
 開いてみたいと思ってます。
Pb150267   お願いします。
 その際はみんさんもどうぞ
  ご参加ください。
  留学生のみなさん、
 ありがとうございました。
 
Pb150273

|

« 函館“留学生・私家菜” | トップページ | ノーベル賞 諾貝尓賞 受賞おめでとうございます! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 留学生との厨芸会:

« 函館“留学生・私家菜” | トップページ | ノーベル賞 諾貝尓賞 受賞おめでとうございます! »