« 今週の本、 大沢在昌作品の中国人たち | トップページ | インスタントラーメン、こぼればなし ① »

2015年12月14日 (月)

中国インスタントラーメンが、今月号のテーマ

  今年も最後の「わたしの見た中国」12月号となりました。

 今年一年もご愛読ありがとうございました。
 今年はちょっと学校関係話題が多かったようにも思いますが、
 最後の月、12月号「わたしの見た中国」は料理??のお話し。
U1089806495888043300fm21gp0   日本発、恐らくいまや世界中にあるでしょう、
  カップラーメンのお話です。
   日本が世界に誇る?インスタントラーメン文化。
  文にも書きましたが、
  意外や意外。まず、日本のようなラーメンは中国にはない!
  というお話はご存知でしたか?
  日本人は他所の文化を取り入れて自分仕様にするという
  このやり方は大好きで、とても得意ですね。
   もともとはその国ものだったものが、一たび日本に入ると
  それは、もとの形を徹底的?に日本風?に変えられて、
  どこにもない、日本のナニカ?が出来上がるわけであります。
   例えば、カレー。
   インド人もビックリ!の日本のカレーは、インドにはなくて
   日本にのみあるカレー文化。
  更にそれを進化?させて、カレーをパンの具にしたりして
  カレーパン文化を編み出し、
  スープカレーを流行らせ、インド人を驚かせる。
   同様に、ラーメン。もともとは拉麺ラーメンだったその面も、
   日本風に、しょうゆ味だ、みそ味だ、いやいや更には
   牛乳スープだ、出汁にあれこれ使っての複雑怪奇?な
   ラーメンができあがり、
   更に更に、丼には肉はもとより、海鮮ものやら、何でもあれ
   の具材がのってる。
   中国人もビックリのラーメンを創作?
 
    こっからですよ、更に、
   そのラーメンをお湯をかけるだけで召し上がれますよ!の
   インスタントラーメンの出没は新しい文化を創った。
    ラーメン、インスタントラーメンが中国に逆輸入されて
   久しい。
   さてさてそれらは・・・の
   お話が今回の、今月号ウェブ版「わたしの見た中国」
    です。
   まずは、どうぞそちらをご覧ください。
    この話、また明日に続きます。

|

« 今週の本、 大沢在昌作品の中国人たち | トップページ | インスタントラーメン、こぼればなし ① »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中国インスタントラーメンが、今月号のテーマ:

« 今週の本、 大沢在昌作品の中国人たち | トップページ | インスタントラーメン、こぼればなし ① »