« 素菜スゥ・ツァィは如何ですか?-今月号「わたしの見た中国」 | トップページ | 中国料理における、素菜スゥ・ツァィ »

2015年11月18日 (水)

「わたしの見た中国」11月号は、中国料理の話題です。

  今月号、2015年11月号ウェブ版「わたしの見た中国」は、

 中国料理の話題・・・とは言え、ちょっと特殊なんですけどね、
 それはお読み頂ければ分かります。
U1446733706236790326fm21gp0      それはまぁ、こちら、↓ ↓ ↓
   をお読み頂ければ、お分かりいただけると思います。
 
   さて、その余談を少し書かせていただきますと、
  意外にも?この話題、つまりは中国料理話題はこれまで書いて
  いないんですね、それはまぁ、中国料理を知らん人はいないし、
  この話題、中国料理を取り上げるとそれだけで相当の広さに
  深さがありますので、ちょっと、こういうところで書くには素材が
  大きすぎ、キャンバスが小さすぎ、というところに原因がありました。
    そりゃまぁ、ご理解いただけると思いますが、
  何せなが~い歴史で培われた中国料理、深いです。
  それに昨日も申し上げましたが、あの国広いです。
    まず、その深さ?から申しますと、
  中国料理=炒める、が基本ですが、その点で異論はないのですが、
  あたりまえですが、これ以外にも様々な調理法があり、
  更に加えて、その調理人の腕ですよね、
   当然、炒める、焼く、蒸す、揚げる、なんてな“火”を使った調理法
  ですよね、
   基本尾、この“火”を使って処理する、その事が大前提としてあります。
   その“火”加減ですよね、
  そして、それに使う調味料というか、使われる数々の味を付けるもの、
  例えば、酢。この酢だけでやたらに種類があります。
  日本では酢=酸っぱいですが、そんな酢だけではなく、
   油もしかり、日本では油=サラダ油ですが、これまた種類が多い。
   そして、この油がかなり重要な役割を果たすのはあの調理法を
  思い出していただければ、当然のことです。
    広さは、ですね、その広さ故に味に差が出ます。
   暖かい地方の人は暖かい地にあった、味付けで、北の地方はその
   味と違うことになるのは、この小さな日本ですらそうですので、
   想像に難くないと思います。
    次にこんだけ広いと、食材がもう南と北では、まるで違います。
   北の人は皆にも食べもの食材を知らなかったし、南の人は北の食材
   をわざわざ求めなかった。
    中国国内の差だけでこんなですので、それが国外と比べて
   日本と比べたならもう、まるで違います。日本人が知らない種類の
   野菜も多数ありますし、
    実は?もう多くの方はすでにご存じかとは思いますが、
    同じ名前で同じような形でも、土地が違えばその野菜もまるで
   日本と中国では味が違ったりするんですね。
     最近では、種苗やさんで、中国野菜の種ってのを見たことは
   ありますが、あれ、ホントつい最近の事でして、且つ、はっきりは
   言えませんが、その種で日本で育てても、中国と同じなるかどうか
   は保証の限りではないですよね。なんせ、気候が違いますし、
   土地がちがいますからして。
      ・・・・ホラね、ちょっと中国料理のことを書きはじめただけで、
    こんな力が入っちゃって、
    大枠の説明だけでこうなっちゃうでしょ・・・。
     これを更に、
     昨日お話しましたように、中国を五つに分けるか八つに分けるか
   は、どのようにされてもいいのですが、
     中国を代表する○○料理は数が多すぎて、紹介しきれません。
     で、今回はそんなこともあって、
   奥の手?奇襲?中国料理ではありますが、
    その本筋からは離れている、
    「素菜」を取り上げるという、卑怯な?手に出ていますが、 
    まぁ、料理のご紹介と言えなくはないので、どうぞご覧ください。
U27392877703274662018fm21gp0
 

|

« 素菜スゥ・ツァィは如何ですか?-今月号「わたしの見た中国」 | トップページ | 中国料理における、素菜スゥ・ツァィ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「わたしの見た中国」11月号は、中国料理の話題です。:

« 素菜スゥ・ツァィは如何ですか?-今月号「わたしの見た中国」 | トップページ | 中国料理における、素菜スゥ・ツァィ »