« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »

2015年11月30日 (月)

目指せ!国家公務員!!って、何処の国も同じか?

U38413798592317113386fm11gp0

   今日の話題は、中国で国家公務員試験が・・・
 というニュースと言うか、とりたてて珍しくもない、意外性もないのですが、
 日本でこのニュース取り上げられるかどうか??ちょっと心もとない?
 ので、あえてニュースとしておきましょう。
  省略して、“国考グォ・カォ”と言ってます。
  まぁ毎年ですね、この時期に公務員採用試験なるものが実施されまして、
 毎年ですね、話題になるのはその数字なんですがね
U1645336025707581842fm11gp0
 とりたてて、今年がバカに多い!とか
 何か特別のことが・・・ってな話題では
 ないのですが、
  まぁ、相も変わらず??の
 公務員人気??を反映してかその数は
 減らないですね。
  これって、別段中国に限ったことでもなく、別段珍しい現象でもなく
  あり?じゃないですか。
   それでもここで紹介したいのは、いつものことですが、その数ですよね。
2015113003020
 これは何処だったかなぁ・・・今日ネットで
 みた、公務員試験会場入り口の様子なんですけどね
 済南??だったかな?
 まぁ、何処でもいいや、どの会場もこんなもん
 でしょ、きっと。
  これ、大学受験じゃないですよ、公務員採用試験。
   細かい数字はちょっと自信ないんですが、おおざっぱに言って、
   100万人受験??だったと思います。
   わたしの注目は、この試験の為に、
   この日必要とされた係?守衛やら監視官やらで10万人ってんですね、
U38933214833491958635fm11gp0
 中国側、注目点は
  試験を申し込んでおきながら、
  この日何らかの事情で試験を受けなかった
  その人の数、
   40万人ってんですね。
  そりゃぁおんでしょ、当日辞めちゃう人は
  “棄考 チィ・カォ” と言ってますが、
   これまぁ凄いですね
  辞めた人の数だけでわたしの住む町の総人口を超えちゃってます。
    なんで?そんなにみんな公務員に・・・・って
  そりゃ決まってるじゃないですか、どの国も同じ、安定感ですよ、安定。
  公務員の待遇も大分改善?されてよくもなってますしね・・・。
   国家にいい人材が集まらない、ってのはそれはそれで問題でしょ。
  ですので、これくらい?の人気??はあって欲しいものです。
   そういえば、今日はこの他にも
  最新の中国の都市別、平均収入なんてのが出てましたね・・・
  気になります?
   明日、そのお話をしたいと思いますが、
   これまた、どの国も同じ、
   発表される平均収入っていつもそれを目にすると、
  えぇ~!!そんな高いの!と、
  誰もがおどろくという、アレです。
   と言うお話を明日また。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月28日 (土)

今週の中国語 ー 忽悠 フゥ・ヨゥ

U16697625361693190835fm58   今週の中国語は

  忽悠 フゥ・ヨゥ
  覚えなくて結構です。
 何故かって、これ、実はわたしもまだ使ったことも無ければ
 実際に中国の人の口からは聞いたこともない。
  なのに、何故これか?ってことですが、
 これ、実はその流行語でして、わたしには今年の流行語・・一番?
 かなぁ・・・。
   2015年間もなく終わろうとしておりますが、日本でもやってると
 思いますがこの時期ともなると、その年のナントカカント・・・ってな
 特集と言う言いますか、纏めといいますか、そんなんで、じゃぁ!
 今年の流行語は何よ??ってことから、この言葉をわたしは個人
 独断で選びました。
  多分、もっと流行ってるのもあるし、とりわけネット上のところに
 なんだかわけもわからんコトバが沢山あって、それなりにその辺に
 いる人たちには好評?のようです。
   一番目にするようになったのは何ですかね・・・ちょっとすぐには
  思い浮かびません。ということは不作?の年ですかね。
  実は日本でも流行語大賞!!なんて、華々しく賞を与えてるのは
  知ってますし、その報道も見ましたが、ではでは、今言ってみろ!
  と言われるとさて?何だったか??ってくらい、日本の流行語も
  覚えてないん。
   ということは、流行語そのものに余り興味がないという証明でも
  ありますが、それはわたしの証明であって、世の中はまたそれとは
  別に動いとりますので、一応この、残すところ今年もあと一カ月に
  迫ったいま、
   ここでも流行語を取り上げておきましょう。
   戻ります!!
   忽悠 フゥ・ヨゥ に。
   これ、元は中国東北地方の方言だそうです。
  で、これ、流行らせたのが趙本山。
Ae51f3deb48f8c54548822ff3b292df5e1f
中国人なら知らない人がいない、
 という彼がコントの中でこれを。
 彼の独特の言い回しと声が
 聞こえてきそうですが
 忽悠!!
  と彼が一括するんですかね、
 実はそのコントそのものも見ては
 いなんいんですね・・・。
 
    ご本人バージョンはまだ拝見してないのですが
  違うお笑い系の番組や、トークショー的な場面でこのところ
  続けてこの言葉耳にして、
   最初はなになに??と思ってたら、
  ありがたいことに、字幕の出る番組で一度拝見しまして、
  あぁ~こんな字なんだぁ~と、
   それでやっと調べまして、
   もともとのもともとは、
   胡乱誘導 フゥ・ルァン・ヨゥ・ダォ  
  って、由緒正しき中国語がありまして、この最初の字がですが、
  同音でがありまして、のこれまた同音で悠 があって、
  音的には、胡誘 と 忽悠 は同じ音となります。
   東北では普通に?忽悠と言って使われてるらしく
  意味は、騙すとか、でたらめを言うとかの使われ方をしてます。
    最初に言いました、
   覚えなくていいです。
   でもまぁ、そんなのがあったなぁ~くらいで記憶に留め置き下さい。
   使えないでしょ・・・
    使いづらいし。
   まぁ、日本もそうですが、お笑い系の方が面白い言葉の使い方を
  すると、それに火が点いて、ドット・・・・ってやつです。
    いよいよあと一カ月、
   健康に留意されて今年を乗り切って下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月27日 (金)

中国・ゴミ分別問題

U4167533412470221987fm21gp0

    昨日の続きのお話です。
 中国における、ゴミ問題、そして、ここへきての分別の問題を取り上げて
 おります。
  この問題、別に国を問わず人間が暮らすところどこにもでもあり、
 どこでも大体?今はこちらの方向へ向かってるわけですが、
  これまた、多分?多分ですが、中国もこれから向かうでありましょう、
 ゴミを出さない暮らし、ゴミの出ない社会へと向かうはず??です。
  今は、急激な経済発展とともに、ゴミの量も急激に伸びてまして、
 そんな量的な伸びに、人間の素質というかその辺の道徳というか、
 その辺がまだまだ追いついてませんので、これから暫くは中国は
 この悩みですね。
   ですので、いたるところで上の様な啓蒙の?と言いましょうか、そんな
 標語やら広告は実によく目にします。
  細かい話に入っていくと、
  ゴミは正しく今言ってるように生活スタイルの問題ですので、その家庭
  の生活環境によって大きく左右されます。
   日本はついこの間?からどの自治体もゴミの有料化となりました。
  有料化に伴い、ゴミは各自がその自治体指定のゴミ袋を有料で買って
  それを収集車が集める、というやり方です。
  中国は先ずその住まい方がですね、高層アパートというか集合住宅と
  言うか、一軒一軒の住まいは逆に少ないので、ゴミはそれぞれの住宅の
  自治会というか管理部門の会が管理します。
    ですので、ゴミ捨て場、ゴミ捨て箱が定められていてそこへさえ?
  捨てれば、日本のようにこのゴミはこの曜日ってな分け方はなく、分けさえ
  して、指定された場所にさえ入れればいいわけです。
U9158153931662847686fm21gp0
 以前なんかは部屋に上層階までダストシュートが
 あって、部屋からそこへ直接、ポイッと捨てれば
 ゴミは下まで落ちて自動的にそこがゴミ箱になってて
 はいそれで、終わりってもんでした。
  もちろん分類などはなく余程の大型ごみが出たとき
 だけ、それはまぁ、自分で手配するでしょ・・・。
    ということで、ゴミ袋管理ではなく、このゴミ箱管理をしてる人たちがいます。
U4026402038323922558fm21gp0
 その人たちが連絡するんでしょ、こんな車がやってきて
 この箱ごと積んで行っちゃいます。
  その頻度やら、時間帯をどうするこうするやら、
 は住宅自治会が握っていたり、その街での行政の
 違いによってもいろいろ方法はあるようです。
   まぁ、兎に角日本のようにあのゴミ収集のお兄さん?達が走ってゴミ袋を
  回収して歩く、という姿は中国にはないですね。
   あのゴミ収集車のお兄さんたち、走るので、北海道の冬の寒い季節でも
  半袖で外を走り回ってたりしますけど・・・ほかの地域は如何ですか??
U2839531776487331773fm21gp0 日本と同じこんなゴミ圧縮型ってんですかね、
 こんな収集車も走ってます。
  こちらは、同じようにビニール袋の入ったゴミを
 集めたりしてるようですが、有料ではないようで、
  勝手?様々な袋に入れられて捨てられて
 いますね。
   偶に、というか、どこでもあるんですが、
  中国は特にそのまだまだゴミ発展途上国??なもんですから、
  なんだか至る所ゴミの山ってな、画像が出たりますが、
  あれ・・・多くは不法投棄ですね。
   これは、ゴミ問題と言うより全く別問題ですしね。
   日本だってこれ結構頭の痛い問題でしょ。場所によってはずら~と
  不法投棄するな!看板が掛かってたりしますもんね。
   先を急がねば、
   そんで、中国のゴミ分類の問題ですが、
U3842608584160344917fm21gp0
  分類法的にはそうそう画期的なものがあるとも
 思えず、どこも似たり寄ったりですよ。
  それでいいんですけどね・・・
 あとはこれをどんだけ実際実施できるか、が
 本目ですから。
   問題はまだまだ、その途に就いたばかりの
 中国、これからです。
   こっからどんだけ頑張れる?かにかかってます。
  結構真剣にはやってるようですが、何せ何せ広いです、人が多いです、
Photo
  最新?のゴミ分別機械?
 も紹介しておきましょう。
  機械と言ってもこれに入れたら機械が
 自動的に分別する・・・というのでは
 なくてですね、分別はあくまでも人間が、
 この機械?は何をしてるかと言うと、
 ある程度?その分別を見分けて、
 それよりも、これを使ってゴミを捨てますと、
 多分その捨てた量に比例してでしょうが、
   ポイントがたまっちゃうんですね。
    ハイ!あなたは環境にいいことをしましたね・・・
  のご褒美らしいです。そのポイントをためるとまた、何か貰えちゃったり
  するらしいですよ。
    これが、最新兵器?です。
   これもでもあんまり行き過ぎちやうとなぁ・・・。
   結論、
   先にも申しましたがゴミ問題、別に中国に限ったことではないので、
   ゴミをどう減らすかにもっと力を注がないと・・・
   人口が日本の十三倍の中国、まさかゴミも十三倍の量だされたんでは
   たまりませんから、
    今からですね、過剰包装の問題やら、
    リサイクル資源の問題に取り組まないと・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月26日 (木)

ゴミの分類収集

U4962251401038619165fm21gp0

  今日はゴミ収集の話題ですが、
 もちろん!中国です。中国のそれです。
  実はこれ、ゴミ問題として前にも取り上げております。
  その時は、中国のゴミ事情というか?ゴミ捨ての現状というか?
 そんなところに話題の中心がありました。
  で、今回は更に一歩進んで??
  ゴミの分類のお話です。
U42597010011709738383fm21gp0  できれば、先のそのゴミ問題のお話の部分も先にお読みいただけると
 その先のお話ですので、先のゴミ問題・中国篇を基本認識として先に
 行きますね。
   中国が大変なのは、先の問題をご覧いただければ判りますが、
 まず・・・ゴミはゴミ箱に捨てましょうよ!!
   というとっからスタート。
   まずは、勝手にその辺にポイポイゴミ捨てちゃ駄目よ!!って
 教育に暫し時間がかかるんですねこれが、
   人も多いし、広いし、
  以前は日本もどこでもそうですが、ゴミの出ない暮らしってのが
 あったんですよ、ゴミが出たところで知れてた。
  それがですね、社会が発展??するとゴミの量が圧倒的に増える
 んですねこれが。
   そして、そのゴミも種類も以前とは違ってきている。
   以前は穴掘ってそこらに埋めときゃまた自然に帰るだけのゴミが
 そうはいかなくなった。
   ですので、中国も今は分類して・・・・となってます。
  一応!!
   これまた、非常に進んだところのお話と、
  え~!!まだこんな!!ってな両極端が存在していて、どちらにも
  驚き、どちらもそんな極端な例が偶に日本でも報道されたりして、 
  やっぱり中国は・・・的なとらえ方ですが、
   わたしが見るに、あれでそれなりには頑張ってるんです。
   例えば、わたしはいま集合住宅形式の住まいに住んでます、
  他人はそれを、マンションと呼んでますが、それはもうともかく、
  100世帯には満たないですが、50世帯以上が居ると、あるんですよ、
  これが。だらしない人がいて、ゴミの指定日に指定のゴミが出てなかったり、
  ゴミの出し方が・・・てな話は。
   無論住人は全て日本人ですよ。
   そして、賃貸ではないので、お住まいの方もみな長いのに。
  この程度の規則違反というか、わがままというか、自分勝手なひとは
  おるんですね、多分少ない、少ないはず、出来れば一人か二人・・・
  だとは思うんですね。
    ですので、上の例が適当かどうかはともかく、人がある程度沢山
  集まると色んな人がいますからね・・・・
   守らない人が必ず??居るもんなんですね。
   その率が・・・ちょっと高かったり、
   その分母が・・・ちょっとデカかったりするとまぁ・・・まだあんなもんかな
 ・・・・とも思えます。
U10696049362358481415fm21gp0
 ということで、
 街角では、こんな色分けされたゴミ箱が
 置かれていて、
  中国の場合この箱ごと車が来て
 持って行ってしまいますね。
  これは、街頭のゴミ収集ボックス
 でして、
U9158153931662847686fm21gp0
  こちらが、住宅街に設置されてる
 タイプのやつですね。
  これもまた、
  この台形型の形でお分かりのように
 この箱ごと収集車が来て
 これごと持って行ってしまいます。
   ですので、各家庭はゴミをここまで運んできてこれに捨てる
   わけです。
    そこに先の問題が・・・
   きちんと入れて行けばいいのに、やんちゃ臭い人がいたりすると
   もうこの周辺が散らかって・・・
    ということで、都市部ではもうこの取り組みも数年になりますし、
   かなり徹底的に学校でもマスコミでも、社会全体で取り上げて
   取り組んでいます。
    でも、
   結局最後の最後に帰するのは、
   個人のマナーなんですね・・・・
    そこまで行くにはまた別の問題もあって、もうちょっと時間が・・・
  この問題あすもう少し続きを!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月25日 (水)

北京下雪美景 

U21589168594107310786fm11gp0

   いやいやいや~・・
 今朝起きてですね、テレビなど何気なく見て初めて、札幌の雪景色に
 驚きました。
  雪景色自体は北国に住んでおりますと、まぁ、そうそう驚かないのですが、
 何が凄いって、この時期のこの量に驚かされるわけであります。
  昨日も書きました、北京での雪と言いますか、中国での雪もかなりです。
1448401419738
 ほらほら、出勤がたいへんそうでしょ。
 大変なんですよ。
 南の人には判らんでしょうが、
 こんな日の朝は・・・
 今は交通事故にも注意しないと、
 それに交通機関が平常には動かなくなりますし、
  そこらへんを見計らってちゃ~んと北国の人たちは、
 こんな早めに家を出るんですね、これが。
   流石に?あまり天気のことなど気にしない北京っ子も、
  そんなのは余り話題にならない中国でも、おいおいおい・・・って
  感じで取り上げてます。
   ありがたいことに?現代ではみなさんが、それぞれ色んなところで
  写真を撮ってその撮った写真がまた、ネットに上がって、すぐに見れる
  という便利な時代です。
U602513024171242366fm11gp0
 今朝からもう大分いろんな
 冬景色に感動させられました。
  いやいや・・・ありがたい、
 こんな奇麗な景色が見れるなんて。
 こちらは、北京郊外の頤和園。
   回廊が美しいです。
U10496258383224171648fm21gp0
 こちらは、胡堂フゥ・トンと呼ばれる
 旧建築物の連なる、首都北京ではもう
 残り少なくなってきた、路地の風景。
  これもまた、いいですねぇ~
 北国に暮らしているくせに、寒がりなもんで
  旅行に出てこうした雪の日のあたるともう
 それだけで、大変!
  数々の大変な思い出があります。
U48813013897736689fm21gp0 そんな中でも子供たちは
 雪をものともせず、
 楽しんでますねぇ・・・
  あ~まぁ~北京で雪が降ったとはいえ
 これくらいの
  雪人シュェ・レン 雪だるま
 つくるのだって大変でしょね。
   ですので、今日見ていたこちらの
D8cb8a3d718317bf4e3610
 彫像??は、
 これ?かなり無理してますか?
 それとも後っ側は何もないんですかね?
 樹に張り付けてんのか?
  この一枚しかこの画はないんですよ、
   まぁ、いずれにせよ、雪を愉しもうという人がおるようですし、
  そんだけ、中国のひとたちの暮らしにも余裕が・・・ということでしょ。
    ずっと、こうした映像を朝から楽しませてもらいました。
  実際は生活してる人たちは大変なんですけどね!
U40398004751635814397fm21gp0
     最後の一枚はやっぱこれか??
    万里の長城の雪景色。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月24日 (火)

北京強降雪 

U28215524171357666668fm21gp0_2  北京は・・・と言うか、
 中国では・・・というか、この辺りと言っても、河南・山西あたりの
 皆さんが中国地図で思い浮かべる上の方の地域ですが、
 大雪?でちょっと大変。
  ニュースと言うほどではありません。
  降る時期に降ってますので、驚くにはあたりませんが、その量が
 ちょっと、いつもと違い中国でも慌てています。
  先ず、交通機関の遅れ、または、停止ですね。
 首都飛行場が一時マヒ、まるで飛行機が、其れも全国からの世界からの
 飛行機が降りれない。
  鉄道も、遅れが遅れを呼び、高速鉄道はもとより、すべの列車にこの辺
 の列車は遅れが。
  高速道は全て閉鎖。物流が止まりました。
  北京では、学校も臨時休業。
  流石にテレビでもかなりの時間を割いて取り上げております。
 いつもは、こうしたニュース(天候関係)にはかなり冷淡?な報道機関も
 こぞって、記者を派遣し各地からの実況中継に力を入れています。
  余談ですが、中国のネットサイトのトップページには、
 日本では必ずある、なくてはならない、「天気」或いは「天候」という
 欄がないんですよ!
   誰も「天気」何かで調べたりしないようですよ。
U40398004751635814397fm21gp0 今回もほんの少しの間、
  白く化粧した、万里の長城なてな画像や
  市内の、雪模様の画像が載ってたのに、 
 それも少しすると駄目もそこはクリックしないのか
 トップ画面から消えてしまいました。
  万里の長城は当たり前ですが、
  山ぎわにありますので、市内より数度は気温が低いはずですので、
  市内が雪なら、こちらはそれより更に降り方は一層激しいはずです。
U24212943713306432280fm11gp0  こちらは、そんな中でも、
 旅行客はありますから、万里の長城だった、
 こちら故宮だった、そりゃ、旅行者はいますよ。
 しょうがないでしょ、
  たまたま旅行に行った日が・・・・
 というだかで・・・。
  多分のこの雪も数字過ぎればまた、一度はすっかり溶けるんですが、
  とりあえず、初雪?が思いのほかドカッときて、
  驚いてる、と言ったところです。
   わたしの住む、
   函館も今日、初雪です。
  ちょと前まで雨だったのが、白くなり、雪になりました。
  でも、すっかりは雪になり切れず、朝からのこの雨がもし
  雪なら・・・そりゃぁもう北京のような騒ぎになりそうな、降雨量です。
   みなみの方にはどれくらいお分かりいただける分かりませんが、
  北に住む者にとって、
   この初雪は、あぁ~ついに来たかぁ・・・の思いで
  毎年迎えるわけです。
   寒いです。
   みなさん、寒さが増しております、
  どうぞ、お大事に!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月21日 (土)

『團圓』トゥアン・ユァン - 今週のおすすめ電影

U4836770924102704467fm21gp0 いつもはおすすめ本を紹介しておりますが、

  今日は、こちら、おすすめの映画にしました。
 何故かって?それは先週ずっと中国料理の話をしてましたので、
 最近?といっても少し前になりますが、見たこの映画を思い出した
 のがひとつ、
   もうひとつは、これまた少し前のあの、馬英九台湾総督と、
 習近平主席が会うというあの衝撃?のニュースに接し、この映画
 ピッタリ!その二つを描いておりますので、
  これは、紹介しなくては・・・・ということで、この映画です。
  日本でも見れるはず?です。
 邦題は『再会の食卓』だったかな、そんな題でレンタル屋さんでも
 ちらっとパッケージは目にしましたから。
  まぁ、映画を見ていていただくのが一番の早道?ですが、
  この映画、早い話が・・・食事シーンが多いんです。
  それも家族・・・?の、それでこの題『團圓』トゥァン・ユァン
 (一家団欒)となってますが、この一家がちょっと訳あり?複雑、
  で、先のこの大陸と台湾問題(馬×習会談)が後ろにありまして、
  台湾と大陸に別れ別れになった夫婦が再開、
  しかし、大陸に残した妻には再婚相手が、そして子供も。
  台湾で妻を亡くし、上海へ戻ったものの・・・・
U24704019003763760996fm21gp0
 その三人がこうして食卓を囲み、
 子供たちを交えても食卓を囲み、
 たびたび、食事シーンが。
  それは、レストランでの食事シーンも
 確か一度だけ(かなり前に見てるので
 記憶が不確か、でも確か一度きり)
  出てきますが、毎回の食事は家庭での食事です。
 
   でも、ほらいつもよりはお客さんが台湾からわざわざ?やって
  来ますので、かなり気張った食事ですよね。
   食材を買いに出かけた市場の様子もあります。
   食べながら、語ります。
   お互いの、嵐のような時代を、一度として心休まる時がなかった、
  そんな激流の時代を自分たちは、自分はどう過ごしたか・・・、
  過ごさなくてはいけなかったか・・・。
    ラストは、
   再開から一年後・・・
   元の鞘におさまった夫婦は、上海で新し住まいを手に入れ、
   子供たちを読んで、『團圓』・・・・と思ったら、
   子供たちは皆それぞれの用があって揃わない。
   こう言いますね、確か??
   「あんな狭い家だった時には皆、ろくに食べるものもなく
    窮屈な食卓だった、
    今こうした広い家に移り、皆で少し贅沢な食卓をゆったり
    楽しめるようになったら、今度は皆が集まらなくなった・・・」
   ・・・・同じですね、日本も似たようなもんです、
   ニンゲンの暮らしは、何かを求めようと必死に努力しその
   求めようとしてものに手が届こうとすると、それが実は本当は
   求めていたものの本質ではなく、失ったものに求めるべきものが
   あった、
    という。
    どうぞ、ご覧になってみてください。
   そして、食事のシーンでのテーブルの上の料理じっくり見てください。
    もし、料理にもっと関心があるのでしたらなら、
U1868267899202003353fm21gp0 台湾映画、
 『男女飲食』がおすすめです。
  これ、邦題は確か?『恋人たちの食卓』
  こっちの料理はこの主人公が一流ホテルの
  コック長というだけあった、
  圧倒されます。
  おすすめです。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月20日 (金)

中国美食導游 

U40863647461395843093fm21gp0

   あぁ~スミマセン!最初にお断りしておきますが、
 今日のタイトル、中国美食導游 ヂォン・グォ・メィ・シィ・ダォ・ヨゥ
 中国グルメガイド、とタイトルではなっておりますが、個別にどこの店の
 どんな料理が美味しい・・・的なガイドではありません。
   まだ、今週は、「わたしの見た中国」今月号の「素菜スゥ・ツァィ」の
 ところに話題はおりまして、そのちょっと脇筋のお話をしておきたいと
 思い、こんなタイトルになりました。まぎらわしいですが。
U9783169143773293554fm21gp0  まぁもう大体お分かりいただけてるとは
 思いますが、この国の料理は一言で、
 中国料理!と片づけるのも難しくて、
  その話になりますと、
  必ずわたしがしているのは、
 食べることに関する熱意、ですね、
  飽くことなきその熱意はその歴史にも裏付けられておりますし、
  そうした永~い、永~い歴史からくるその深みと、
   さの広~い国土からくるその種類とに裏打ちされて、なかなかに
  深くて広い、中国料理の世界は魅力的です。
    さらに、この国の特徴というか、他の代表するフランス料理やら
  イタリヤ料理やら、ロシア料理やらの世界の名だたる料理ともまた
  違って面白いのは、
    この脇筋とわたしはいってますが、
U3486308570829372949fm21gp0
  例えばこれ、点心ディェン・シン
  呼ばれるものなんですが、
  こちらをご覧いただいている方にはもう
  改めて説明の必要も無いでしょうが、
  これはこれでひと系統として、
  立派にその世界を確立していて、
   これもまた、当然ではありますが、中国料理なんでして、
U4531017943811485572fm21gp0
  小麦を使った料理はそれはそれでまた
  一つの体系のなかにあって、
  そのまたバリエーションと言いますか
  種類と応用が相当数あります。
   これまた、中国料理の中で占める
  一つの大きな括りになっております。
    これとは逆?に、お米を食べる地方でのその料理はそれは
    またそれで、かなりの種類が・・・。
U1446733706236790326fm21gp0
  そして、わたしはその料理はその地で、
  が一番美味しいのだろうと、考えてまして、
  その地から離れて食べる、その料理は
  やはりどこか違うのは、料理の腕?ではなく
  空気が違い、環境が違い、そんな中での
  食事は結局、われわれの舌を惑わす。
    ですので、最近中国の美味しいお店や、某有名店などがどんどん
   日本へも進出してはおりますが、結局所、現地へ行ってその店で
   お食べになることをお勧めします。
U14415595242900420169fm21gp0
 そして、それを支えるこの方たち、
 この方たちも飽くなき食の追及を続け、
 その道を究めようとします。
  こちらもそれこそコックさんの数だけでも
 一体どれくらい・・・?
  ってくらいおられますから、
   ますます、それを奥深いものにするわけであります。
U32285758834252107405fm21gp0  そして、そして、今回書きましたウェブ版の
  「素菜スゥ・ツァィ」中国の精進料理の話題は、
  例えばこちらのように、見た目ナマコ料理
  なんですが、これが違うんですね、
   そんでもって、ナマコの食感には近かったり、
  味付けにもよりますが、十分にその動物性の
  食材をいただいたかのような満足感が味わえ、
    文にも書いておりますが、騙されたことへの満足感??が
    湧いてくる、そんな「素菜」料理です。
     これまた、中国料理として、纏められておりますので、
    中国料理広すぎます。
      是非、中国へ行かれて色んな料理をお楽しみください。
    美食導游、と言いながら具体的なことを何も書かないのは、
    結局食べるのは実際にご自身がご自分の目で確かめて、
    食べてみないことには、
     わたしが、食べてわたしの好きな、わたしが美味しいと思った
    お店や料理は、必ずしも美味しいかどうかは・・・・でしょ、
U4001736317494721636fm21gp0
  これから行かれる方は、
  こちら、中国での火鍋フォ・グォ
  がお勧めです。
   これ、美味しいですよ・・・
   あぁ、ヨダレガ・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月19日 (木)

中国料理における、素菜スゥ・ツァィ

  中国料理の醍醐味は、何といってもその食材を一気に調理し、

 アツアツを提供するところにありますよね。
U38941966604030583113fm21gp0_2
まだ、話題は「わたしの見た中国」の
 今月号
 「素菜スゥ・ツァィ」中国の精進料理、
 のところにおります。
 かずかずの、美味しいものから、怪しいもの
  まで、中国でこれまでいただいてきました。
   基本、現地に入ったら現地のものを食す、というのがわたしの
  旅のスタイルでして、
   その土地土地の料理が、その土地に一番合っているはず、
  と思っております。
   それでも、まぁ、思わぬところで思わぬ美味しいものに出会ったり、
  あの有名な料理をわざわざ食べに行って期待ほどでもなかったり、
  のどこにでもある、予想外の出会いもあって、
   それでも、総じて言えることは、中国料理は美味しい!!
U13648553161701365726fm21gp0  でその、料理の基本は結局のところ、
 その食材をどう調理して、どう提供して
 くれるかのところに、調理人の腕もありましょうし、
 そのお店の培ったものもあるのでしょう。
  中国料理は基本、余りその食材のもともとの
 味は、大きくはいじらない?ですね。
  そうは、言っても日本のように、その食材その
   ものを、そのまま、早い話が、ナマ、で提供はあり得ない。
    必ず手を加えます。
   しかし、西洋のように、それを徹底的に?食材そのものの味を隠す?
   ような調理はしません。
   ということで、極端に言うと、
   調理時間と言う面から見るなら、
    切って出すだけの?日本料理ほど、の短縮時間ではないが、
   中国料理の調理時間は短い。
    材料さえ、切り揃えてあるなら、そっからの作業は、
   速い、速い、あっという間に出来上がり。
   西洋の料理はここからが長い長い。
    中国でのレストランでの注文の仕方はこれまではなかなかに
   教養を要するものでしたが、近年になって、メニューも大分変わって
   きましたし、写真付きであったりで、教養のないわたしでもナントカ
   注文できるようになりました。
    以前はですね、
    それこそ教養があって、食全体をまず考えることができて、
   更には一品一品の、料理のその成り立ちも判っていての、その上で、
   自分流のその料理にちょっと手を加えてもらう、という高等?技術を
   使えてはじめて、全体の料理が楽しめる、なんてな難しい実は
   料理だったんですね。
    その長い間かかっての修練?の結果が、コース料理として
   残っている。
U42506790442995671070fm21gp0
  でこの、取り上げた素菜スゥ・ツァィは昨日もちょっと
  書きましたが、その系譜とはちょっと外れたところに
  おるわけでして、その意味で、これを食すということは
  そのことだけでもう、普段とはちょっと違ううんだ!感
  は日本と同じように、いやいや日本以上にあるかも
  知れませんね。
    ど素人のわたしは、この料理単に文でも書きましたが、
   騙された~、えぇ~これが、アレ!! レベルで食べてますが、
   食に対する本当の最初の入り口のところで、
   中華料理を袖を違えているこの料理、
   もっと深淵にいただかなくてはいけないのですが、
    まぁ~・・・わたしの興味は今でも、
   おぉ~アレがこうなりますか!!的な、
   ごくごく浅い部分でしか語れない。
    これ以外の部分は他の方の文にお任せしましょう。
   ということで、そんな浅~い文ですが、
    今月号、「わたしの見た中国」「素菜中国の精進料理」を
   ご覧なった上で、
    あなたの一番の思い出の中国料理を教えてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月18日 (水)

「わたしの見た中国」11月号は、中国料理の話題です。

  今月号、2015年11月号ウェブ版「わたしの見た中国」は、

 中国料理の話題・・・とは言え、ちょっと特殊なんですけどね、
 それはお読み頂ければ分かります。
U1446733706236790326fm21gp0      それはまぁ、こちら、↓ ↓ ↓
   をお読み頂ければ、お分かりいただけると思います。
 
   さて、その余談を少し書かせていただきますと、
  意外にも?この話題、つまりは中国料理話題はこれまで書いて
  いないんですね、それはまぁ、中国料理を知らん人はいないし、
  この話題、中国料理を取り上げるとそれだけで相当の広さに
  深さがありますので、ちょっと、こういうところで書くには素材が
  大きすぎ、キャンバスが小さすぎ、というところに原因がありました。
    そりゃまぁ、ご理解いただけると思いますが、
  何せなが~い歴史で培われた中国料理、深いです。
  それに昨日も申し上げましたが、あの国広いです。
    まず、その深さ?から申しますと、
  中国料理=炒める、が基本ですが、その点で異論はないのですが、
  あたりまえですが、これ以外にも様々な調理法があり、
  更に加えて、その調理人の腕ですよね、
   当然、炒める、焼く、蒸す、揚げる、なんてな“火”を使った調理法
  ですよね、
   基本尾、この“火”を使って処理する、その事が大前提としてあります。
   その“火”加減ですよね、
  そして、それに使う調味料というか、使われる数々の味を付けるもの、
  例えば、酢。この酢だけでやたらに種類があります。
  日本では酢=酸っぱいですが、そんな酢だけではなく、
   油もしかり、日本では油=サラダ油ですが、これまた種類が多い。
   そして、この油がかなり重要な役割を果たすのはあの調理法を
  思い出していただければ、当然のことです。
    広さは、ですね、その広さ故に味に差が出ます。
   暖かい地方の人は暖かい地にあった、味付けで、北の地方はその
   味と違うことになるのは、この小さな日本ですらそうですので、
   想像に難くないと思います。
    次にこんだけ広いと、食材がもう南と北では、まるで違います。
   北の人は皆にも食べもの食材を知らなかったし、南の人は北の食材
   をわざわざ求めなかった。
    中国国内の差だけでこんなですので、それが国外と比べて
   日本と比べたならもう、まるで違います。日本人が知らない種類の
   野菜も多数ありますし、
    実は?もう多くの方はすでにご存じかとは思いますが、
    同じ名前で同じような形でも、土地が違えばその野菜もまるで
   日本と中国では味が違ったりするんですね。
     最近では、種苗やさんで、中国野菜の種ってのを見たことは
   ありますが、あれ、ホントつい最近の事でして、且つ、はっきりは
   言えませんが、その種で日本で育てても、中国と同じなるかどうか
   は保証の限りではないですよね。なんせ、気候が違いますし、
   土地がちがいますからして。
      ・・・・ホラね、ちょっと中国料理のことを書きはじめただけで、
    こんな力が入っちゃって、
    大枠の説明だけでこうなっちゃうでしょ・・・。
     これを更に、
     昨日お話しましたように、中国を五つに分けるか八つに分けるか
   は、どのようにされてもいいのですが、
     中国を代表する○○料理は数が多すぎて、紹介しきれません。
     で、今回はそんなこともあって、
   奥の手?奇襲?中国料理ではありますが、
    その本筋からは離れている、
    「素菜」を取り上げるという、卑怯な?手に出ていますが、 
    まぁ、料理のご紹介と言えなくはないので、どうぞご覧ください。
U27392877703274662018fm21gp0
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月17日 (火)

素菜スゥ・ツァィは如何ですか?-今月号「わたしの見た中国」

 今月号ウェブ版「わたしの見た中国」更新いたしました。どうぞ、

ご覧ください。
U42506790442995671070fm21gp0     今月号のテーマは、ナント!中国料理??ですよ。
 ですので、お読みになる前に余りにお腹がすいている方は、
 読んでいるうちに血糖値が下がりすぎて?上がりすぎて?具合が
 悪くなると困りますので、ご注意ください。
   もしも、読み終わったあとに具合が悪くなったとしてもこちらの
 せいではありません。
  とはいて、今回書きましたのは、
  中国料理の中でもちょっと特殊、
  素菜スゥ・ツァィです。
  素菜は、精進料理のことでして、文でも触れておりますが早い話、
 動物性の食材を使わずに、如何にして植物性食材だけでなお、
 動物性に負けない?だけの食欲を満たし、あたかも、動物性食品を
 摂ったか、のような気分にもさせてくれる、
  そこんとこの食材をうまく使った料理人の腕の見せ所がちょっと
 違う方向にいってる変わった料理といえば、料理ですよね。
   つまるころ、これは、
  素材を美味しくいただく、料理の基本中の基本の
  その素材をごまかす?とこに醍醐味があって、あれ?これ??
  なんだろなぁ・・・を楽しみかつ、あぁ、あれが!こうなるんだぁ!!
  の、楽しみでもあります。
  多分わたしより皆さんの方が詳しいかもしれませんが、この料理
 根本のところはその宗教観と結び好き、そこから発生しています。
  ですので、わたしの様な全く宗教観も仏心も持たない人間にとっては
 その根本の所、つまりは肉食を忌避するという考えも無ければ、
 食物の命を大切にいただくという尊厳もなければ、ただただ、
 美味しけりゃいいや~ってな好い加減な人間にとっては、
 一種その、文の初めの方で書いておりますが、
   騙されたぁ~・・・えぇ~これがあれなのぉ~の驚きのお遊び?
 の方にありまして、
   騙されれば騙される程嬉しい、
  という常識的は、ヒトを騙したりしてはいけません!
  の普段の規範からは離れております。
   また、中国料理はご存知のように、最近主流は
  八大名菜と称しまして、その料理を八つの地域料理が代表する形で
  紹介されておりますが、
  それが五大名菜であろうと、八大であろうと、
  あの広い中国を、たった五か八で区切るのは土台無理です。
  かと言ってあまりにこまく区切ったのでは、こちらが覚えきれません。
  特にわたしは。
   というようなお話ももっとしたかったのですが、
  今回のこの素菜は
   そうした区分からも外れた料理という事で、あまり取り上げられ事も
  なく、不遇?の位置にあります。
   是非、機会がありましたら、中国でも
  素菜 味わってみてください。
   ということで、いつものように下をクリックしていただけますと、
  茶館『隗かい』ホームページに飛びます、
    どうぞ、ご覧ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月16日 (月)

双11のその後、

 

双11 スゥァン・シィ・イー の話は、先週しております。

  ですので、そちらをご覧いただいて、それをご存知と言う前提で、
  双11のその後・・・ですが、
U26570672232400593367fm11gp0
こちらは、中国の学内の様子です。
 つまりは、学校の中の敷地。
 若者たちのプレゼント合戦?
 あるいは自分へのご褒美?の
 買い物は、
 中国では、こうした宅急便に限らず、
   学生は学校での寮住まいということもありますし、
   よく学校宛に手紙でも小包でも送ることはあります。
    自宅に居りませんし、こちらの方が確実?
 
   手紙なんかですと、それ専用?の、大学の正門横にある守衛室の
  一角やなんかに、手紙を受け取る部屋がありまして、そこに一括?
  届いた手紙を並べて置かれたりしてますね。
    色んな形態はあるでしょうが、わたしが知ってるのはそうした部屋に
  ちょうどビリヤードの台くらいの平台があって、それに、もう実に無造作
  に大学宛、大学住まいの学生宛の手紙が、バラまかれてる?状態で
  置かれていて、手紙が来ると思しき人が勝手に立ち寄って自分の手紙
  をそん中から選んで持ってく、ってやり方でしたよ。
09455611420
  まさか小包も・・・そうはいかんでしょうから、
 受け取る人にきちんと渡さなならんでしょう。
  ですので、いま彼女らがやってるのは、
 自分に送られてくる荷物の形態をまず
  スマホで確かめて、どんなくらいの大きさで
 どんな形状のパッケージで送られているか
 スマホの画像とにらめっこしてます。
   いちいち、差出人や受取人の、なってんですかあれ、送り状?を
   確かめるために身をかがめて、荷物に当たるということも面倒ですので
   まぁ、現代っ子はこんな感じですかね・・・。
     或いは、スマホで送った相手に確認したりしてるのかも。
U42281059874026521124fm11gp0
   恐らく、自分の荷物が見つかったなら、
 近くにそれを見てる、管理している係の人が
 おられて、その人に自分の荷物であることを
 確認して貰い、双方了解して上で・・・
 という流れになるのでしょう。
  そして、無事?受取人に渡った荷物は
 管理人がコンピューターにその情報を
 入力し、これで漸く、完成!
   となるのでしょう。
U38493977211849980955fm21gp0
  見てくださいこの様子、
 大変です。ほぼ、単に荷物集積所
 のようになってますが、
  何度も申し上げておりますが、
 その量がとても多いので大変。
   量が多いという事は管理が大変、
   荷物を取りに来る人の都合もありますので、こちらの思うようには
   片付かない。
    保管が大変。
    場所的な問題。上の写真は全て言ってみれば青空保管?
   ですね、ということは一たび天気が崩れて雨にでもなれば・・・
   ただ、並べてるだけでの保管ですので、持ち去り事件?なんてのも
   発生しそう。
    もっと、細かい問題だと、
   中国、姓が極端に限られてますので、同姓同名が結構な数
   おるんですね、そうした間違いとか・・・、
    贈り物をするんですが、なんてですかね事前に知らせずに
   サプライズ?ってんですか、そんなのを狙った贈り物は、受け取る
   方も知っちゃいないのでいろいろ行き違いが。
    などなど、
   問題山積み?ってんですかね、
   これもそのうち、画期的?な一手が出るのかもしれませんが
   今のところ、打つ手なし。
    それにしても、時代は移り
    贈り物も、大学生から、近年は高校生にも広がり??
   高校の構内でも繰り広げられえるこの光景、
   一体、先生たちは・・・・
    でも、今の先生たちはもうそろそろ若い先生が多いから
   大丈夫かな??
    ちょっと前の先生?変な言い方だ、
   わたしの言いたい事分かります?その前の世代にとってはこの
   今の学生の姿、全く想像だにできないどころか、
   理解?もできないかも。 
    まぁ、それって程度の差はあれ、日本にだったありますけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月14日 (土)

『月の恋人』 道尾秀介 - 今週の一冊

004_2  今週の一冊はこちら、
  道尾秀介著、『月の恋人』 新潮社発行、
  こちらも、中国人が登場するのでちょっとご紹介を。
  表紙絵がもうすでに一目みて東方明珠ドン・ファン・ミン・ズゥ
  上海テレビ塔が写ってますので、上海外攤ワィ・タン からの
  風景です。
   加えて作者が、道尾秀介ですから、早速手にして見ました。
   結論から先に言いますと、
  ちょっとこの作品、
  道尾作品らしさもなく、
  出てくる中国人もらしさもなく、
   両方でちょっとがっかりの作品でした。
   まず、一つ目の道尾作品にみられるキレ?がなかったのは、
  作者が最後に書いてるように
  この作品、今風に言うとテレビドラマとのコラボ?らしく、
  作品を書いていると同時に、テレビドラマにしたてていくという、
  作者曰く新しい試みに、作者は上手くいったと言ってますが、
  同時に、テレビでの制約やら、舞台となる部分の選択などにも
  ある程度の制約はあったと言ってます。
   ですので、全く作者が書きたいものを書くのとは違い、
  映像をある程度配慮し、視聴率にも気を使いながらの
  書き続け、作者ご本人が、読み返してみて誰か他の作家の作品
  を読んでいるかのような新しい?感じと・・・と自賛してますが、
   読む方は、道尾作品を期待してるのでそこはちょっと
  違うかな・・・と。
   二つ目、
   作中人物に、中国人が登場の作品は、先週も申し上げており
  ますが、ここ数年増え続け、いくらでもある。
   何故にこの中国人がここに登場しなくてはならんかの、
  必然性と、
   折角?登場した中国人がその役割を十分に果たしているか?
  の二点で、多くは、片方は満たしても片方は満たされなかったり、
  時に両方ともまるでそんな必要はないんじゃないの?
   ってのもあって、がっかりさせられるのですが。
   残念ながら、この作品に登場の
  シュウ・メィ と言ってますが、漢字がないので勝手にこちらで
  当て字をすると、もし日本語読みしているなら
  秀明 ですかね・・・
  もし中国語読みのシュゥ・メィならば、
    秀美 ですかね・・・ですから、これはきっと秀美でしょう。
   この女性が作品中で使う中国語も片言ですが、作品中に登場。
  恐らく作者が付け焼刃?で学んだ中国語を、少し作品中に
  落としてますが、まるで意味を持ちません。
    ということで、二つの点で
  わたしにはガッカリの作品でしたが、
  そう沢山、これは!ってな素晴らしい作品があるわけでもなく
  いまのところ、わたしの感じでは、
   小説中に登場するとりわけ最近の作品の中国人登場人物は
  残念ながら傑出した人物が現れません。
    これはもう、作家の方々に期待するよりないので、
   日本の作家たちに頑張ってもらいたい。
     期待しております。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月13日 (金)

双11 輸送大作戦

 

双11

 をナント訳せばいいのか判らんが、まぁ、これがこの日をさしてるだけではなく
 その先の、国内爆買い合戦?を言ってるですが、
U7963781984201991062fm11gp0
今日の話題は、
 その先の、ってのは
 買い物合戦その先にあるのは、
 ネットでのお買い物が主流ですので、
 その先は、いつも通り?の物流の
 問題ですよ。
   もうこれまた、去年もこの騒ぎ、
  経験してましてね、それなりに経験も積みました、体験もしました、
  学ぶべきは学びした・・・
   でも、こんなですよ。
   その量が・・・、
U15230668272138036851fm11gp0 まぁ、そのネットのサイト運営側も
 去年より売れた!!
 って言ってんですから、
 当然、それだけの量が・・・
 となれば、人員配置的には去年より
 あつくしたにしてもですよ、
 それは、人的部分で解決できるのは
 限りがあるましょう。
  更には、この人たちはまだ、
   注文を受けて・・・出す方の人たちですよ、
   まぁ、早い話がここはまだ入り口部分ですので、
   こっからです、こっから。
3801213fb80e7bec73f46404292eb9389b5
 さて、これがドット物流拠点に
 入ってきました。
  仕分けし、整理し、
  各地への発送に入ります。
    とりあえず?発送するものは
  発送して数を減らす。
   そうしないことには、ある地点では、発送と同時に、受ける
  荷物もあるわけでして、荷を留まらせてはならない。
   つぎから次へと処理することが必要ですし、
  そのネット買うことを決めた人にとっては、買い物をしたものが
  何時届くかは割かし重要な問題です。
U19090164171515654038fm21gp0
そして、今日あたり?
 ちょうどその品が物流にかかりはじめ
 あちからもこちらかも、
  毎日のように大量の荷が・・・。
  これまた、何度も何度も申し上げて
 おりますが、お買いになった額も人の数も
 毎年増えてますし、その数たるや、
   多分?皆さんが想像されているそのまた数倍です。
   とにかく、量が凄いんです。
U7474143121196254105fm11gp0
  そんでもって、最後の出は
 ここなんですが、各戸への配達と
 なりますが、
  これまた・・・
 配達先が居ればいいですよ、
 まぁ、中国の住宅事情をご存知の方は
 察していただけるでしょうが、
 何十階もの先へ配達に行って、
   不在。荷物ですし、配達した証明を貰わなくてはならないので、
   そこらに置いて来る、ってなワケにはいきませんし、
    時に最近ではホラ、代金徴収ってな仕事も付いてます。
    話は突然変わりますが、今、日本では例の?マイナンバーカード
  の問題で、各戸にその郵便物を配達しておりますが、
  これ、書留扱いでして、ポストに入れて終わり!ってなわけにいかず
  どんだけ手間がかかるかというと・・・・
   相当かかる。想像以上にかかります。
   これが、
U1709591982523919014fm21gp0  その総量がはっきりですのは
 まだまだ、先何でしょうが
 とりあえず、
 双11、11月11日その日、一日に
 限って・・・も
  こんな数字が発表されてます。
 これ当日ですから、
 発送は当然ですが当日よりも
   翌日、翌々日あたりにそこへ入ってくるんで、
   まぁまぁ、怖ろしい数が。
U37548998692148466209fm11gp0
  先に申しあげましたように、
 昨年の学習成果も踏まえ、
 事前に、双11対策本部??
 的なものも作ってその対応に
 努めておりますが、
 なかなか・・・大変ですよ。
  今年の一番の反省はなんでしょうね?
    多分??
   日本のお歳暮商戦のあの発送よりややこしいことは間違いないです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月12日 (木)

中国富二代の活躍ぶり??

  

富二代 フゥ・アール・ダィ

 まぁ、字の通り・・ってんですか、富める二代目ってことで、
 大金持ち?のお嬢さん・お坊ちゃんたちのことです。
U27960473493214326450fm21gp0
   数的にも中国のことですから
  そこそこおりますね、こんな人たち。
   つまり、生まれて来たらもう自分家は
  金持で、その程度もいろいろでしょが、
  わたしが普通に富二代と言ってるのは
  この画の様な人たち、
  恐らく一生ですね、働かなくていいでしょうし
  同じく恐らくですが、一生かかっても使いきれない??
  なんてな資産がもうあったりもします。
   要するにこの親御さんたちが巨万の富を得てるわけでして、
  それはまぁ、世界中お金持ちってのはおるわけでして、いいんですよ。
   最近はただ、ちょっと桁外れ?のお金持ちが
  つぎつぎに誕生してまいして、そのことは皆さんの中国人のイメージ
  からはちょっと離れてものではあると思います。が、
   その事が問題ではなく、
   そうした環境で育ったこの人たち、
  これまた、恐らくですが、一般的な?感覚をもう持てないですね。
   無理でしょう。
  更にややこしいのは、中国でのこの人たちの暮らしは当然一般の
  普通に暮らす中国の人たちとの差がこれまた酷い違いです。
   でも、その違いも小さい時からそうですから気にもしなくなる。
   ここもちょっと、中国的?というか、
  わたしはこの人たちに同情してるんです、これでも。
    昨日でしたか、またまた、ちょっとこの類のお坊ちゃまが
  イギリスで問題を起こしてますが、
    数的にどうしてもこの年代、親御さんも中国国内の置いとくと?
  それでなくとも厄介だし、この時代ですからね、英語や世界感覚って
  やつですか、留学へ出すんです。
    それも、いいでしょ、普通のことです。
   だがだが、普通と違うのは、この人たちが持ってるそのお金と、その
  環境ですね。
   どうも、しょうがないのでしょうがそうして育った彼ら彼女らは、
  何をやっても構わない?と思えるらしい、・・・らしい・・・ですが。
    それで、あちこちで、無論中国に居れば国内で、
   お騒がせの問題を起こしてます。
   ネット上では、自慢げに自分たちの暮らしをご丁寧に?
  写真付きで紹介したり、自分の持ち物、豪華車だったり、
  ブランド品を並べて映して見せてくれたりもしてます。
U2748641524256527935fm21gp0
  それがまた、
  政治家の・・・であったり、
  官僚の・・・であったり、
  もすると、
  おいおい、そのお金はどっから・・・
  となって、
  お父さん、お母さんを窮地に陥れる
   ことになったりしてそちらも時折話題になりますよね。
  そういえば、薄熙来の息子、瓜瓜グァ・グァは今どうしてるんですかね?
   いやいや・・・この富二代が年代的に大体、
  前にも申し上げました、中国の90年代生まれにかかってきて
  九十后 ジュウ・リン・ホゥ
  が世界中で大活躍?
    最近多いですねぇ・・・
   でも、日本での報道がなかったり、
   日本で実際にないのは、この方たちの行き先が概ね欧米だからです。
  でも、でも
   これからは、判りませんよ・・・
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月11日 (水)

国内で“爆買い”の日、 - 双11来了 ②

U1764823232640720765fm21gp0_2

   実は、今日はもうこの話題より別の話題を・・・
  この話題「双11」は、去年も書いたし、昨日もちょっと触れたし、
  早い話が、中国でどんだけ品物が売れんの・・・?というのは、
  まぁまぁ、勝手にやって下さい!・・・と。
   ところが、ちょっと前にいつも通り、いつものように、中国のサイトを
  ちょっとチエック!
   あぁ・・・やっぱりね!!
F9dcd100baa1cd11cc3046c3bf12c8fcc2c
    ここんとこ、毎年この日はこんな画を見せれてる。
  馬雲マァ・ユン総経理ゾン・ジン・リィ の顔を見ない日がない。
   これはもう慣れてる?から、まぁまぁこんなもんでしょ・・・と。
  さてと・・・と
   思って、ラジオのニュースの時間に合わせて聞いていたら、
  何と!ラジオのニュース、日本のですよ、それも日本を代表する
  某放送局のお昼のラジオニュースで、
   「・・・中国では11月11日を・・・・」ってな解説が始まり、
  中国経済がナントやらで、この日のネット上の購買額がどうこうで・・
  今年は蓋を開けてみたら、数分で××億・・・てな
   結構具体的な数字を挙げてこの話題取り上げてましたよ。
   えぇ~これって・・・お昼のこの時間のニュースとして何の紹介?
  ですか、
   中国経済の話題だったのでしょうか?
   それとも、中国ネット社会の発展ぶりだったのでしょうか?
   中国の人たちの相も変わらずの“爆買い”話題?
   単なる、お隣の国の話題・・・?
   いつもいつも言ってますがね、
  どうも日本で中国の話題を取り上げるときはその、
  取り上げるタイミング、取り上げる話題の切り方、取り上げて何が言いたい?
  取り上げる価値??などなどの点で変ですよ、やっぱり。
    いいんですよ、別に中国でこなんなんですよ・・・と紹介するのは、
  たまたま?今日はそんな日で、この日は日本人も知らない中国の実態、
  ってんですかね、でもそれ、この時間枠のこの時間で、こんな紹介?
  で・・・・終わり?
   なんだろなぁ・・・ちょっと・・・なぁ・・・。
   ということで、今日もこの話題になっちゃったじゃないですか!!
   もうそのどんだけ売ったかの話題はいいでしょ。
  それにこの日をこんなんにして拍車をかけてる?のも、
  売ってるのも、ネットの所にいる人たち何でいくらでもネット上でこう
  やって熱を持たせる?ことはできるんですね。だから、昨日わたしが
  ちょっと言いたかったのは、もうそろそろ・・・ってか、
   わたしが気づいてからでもこの双11のバカ騒ぎ?はもう4・5年に
  なりますからね、
   中国の購買者たちも、気づいていいんじゃなかなぁ・・・と
  思ってるわけでして。
   行き過ぎれば必ずその反動もありますから、
   それにこの機に便乗したいろんな悪い人たちもそこへ入ってきて
  大変なんです。
    そろそろ・・・です。気づきましょう!
   踊らされてるのはどちらだ!というのに。
   プレゼントは何もある日に贈らなくてはならない、と決まったわけでも
   なく、それも個人の記念日ならまだしも、
   ただ?単に数字が並んだからって・・・・
   でしょ。
U38630642351615497084fm21gp0
 
こちらが
 その
 買い物人気ランキング。
 見づらくてスミマセン。
  一番は服です。
 第二位が、家で使うもの、
 第三位携帯、
 第四位食品、
    と続いてます。
     そういえば!数日前に、
   中国の人がわざわざ?日本まで行って、あんなにウォシュレットを
   買うんだから、国内で生産して国産のそれを・・・の話も出てましたね。
 
     全く話は変わりますが、
    わたしへの贈り物でしたら、
    本をお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月10日 (火)

中国はもう明日11・11の話題 - 双11来了!

5fdf8db1cb1349548b9ac59f504e9258d00

   今年もまたやって参りました、
  11月11日ですが、
  毎年、年を追うごとにちょっと派手になっていくのは
  商業の定め?ってやつですか?
   「狂双夜」という字が躍ってるくらいですから、
  まぁちょっと、熱狂的というか、
  そんな熱くなりようが、また、その周辺を熱くして
  ますます拍車がかかる、ってやつですね。
   何のお話をしているかというと、
  づっとこちらを愛読?していただいている方にはもう説明の
  必要などないでしょうが、
   この日を、というのは11・11 のこの1並びを
  独身、独り者、結婚してない、1 と例えて、
  そうした人たちが、相手を求めて、或いは今いる相手(恋人)に
  贈り物をしよう!・・・って日に、
   いつの間にか売る側のそうした商機に乗せられて、
  買い物、贈り物の日となってまして、
    今年は何でも日本でも、ヤフーオークションなどでは
   よい買い物の日  なんてなことを言ってるのはこの影響です。
    そして、その贈り物が現代では、ネット社会と結びついて
   ネットでのお買い物合戦?に。
   上の画はそのサイト運営者たちの事前の祝杯??の様子。
   何せこの一日だけで信じられないような、取引があります。
   そんな世の中の風潮に、自分もそれをしなくちゃいけないかの
  ような気分になるそうで・・・
    ますます年を追うごとにこの日が注目され、
    この日に向けての商売が膨らんでくる中国です。
    中国国内版・爆買いの日
   と言っていいでしょう。
    ただ?それだけの日なんですが、
   話題作りが上手いのと、
   何せネットサイトの運営者ですから、その辺の情報操作が
   自遊自在?というか
   わたしなんかが見ている限りでは、
   そんなんのに乗せられちゃって・・・と冷めて目で見てますが、
   渦中の人たちは意外や意外、
   というのは、わたしはもっと中国の人たちはこの辺冷めてるのかと
   思ったましたら、残念ながら?大して変わらん。
    去年はこのお買い物のあと、何せネットでの買い物なので、
   その配達、つまりは宅急便のその爆買いを受けての大変な状況
   なんかをお知らせしました。
    さて、今年は?
   宅配便法?みたいなのも持ち出してその整備に躍起ですが、
   はてさて、その成果は?
    ちょっと注目です!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月 9日 (月)

中国語講座・受講生の皆さんへ!連絡!!

U11898731653807755996fm21gp0

   函館日中友好協会
   中国語教室、受講の皆さんへの緊急連絡!!
   ・・・と、言っても教室では何度かお知らせしてございますが、
  重ねてご連絡致します。
   こちらをご覧になった、受講生の皆さん、
   恐れ入ますが、こちらをご覧にならない、電脳をされない、
   上網しない、友人にもお伝えいただけますか。
   今日の教室はいつもの場所から移動!!です。
  今月は今日の教室は、 八幡小学校へ移動と
  月初めにお知らせして御座いますが、
  お忘れの方もあるでしょうから、重ねての連絡です。
   場所のみ、移動です。
   それも今日のみです。
   よろしくお願いいたします。
   11月になりました。
   4月から始まった今年の教室ももうすでに
   8カ月が。一年の三分の二は終えました。
    如何でしょうか?
    とりわけ初級で初めて中国語に触れた方は、
   あと、春まで4カ月、頑張ってください!!
    中級クラスの勉強は、テキストが中国文化、中国の現代生活
   ということも、あって、いまいまの話題を扱っております。
     自分で思ったことが中国語で、
     中国語で表現された現代の問題を日本語に・・・の
   勉強も、あと少しです。
    テキスト掲載以外でも折に触れて中国の話題は取り上げて
   おりますので、あと少しの間もこのままこうした話題を中心に
   どう捉え、どう表現するかの勉強を続けましょう!
     今月は更に23日の祝日は教室お休みとなります。
U3113632284986729847fm21gp0
 先ずは今日の教室は
  場所が変わりますので
   どうぞお間違えのないよう
    お願いいたします。
 
   函館日中友好協会

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月 7日 (土)

今週の本 - 「気分上々」 森絵都

003

    こういう時代ですから?
  小説の中に中国人が登場してくる・・・なんてなことは
  ごくごく当たり前のことでして、
   それが例え日本の小説本だろうと、同じです。
  近年、その割合がかなり上がりまして、いろんな本にいろんな
  中国人が登場してきます。
   先週もそんな本の一冊
   『のろのろ歩け』を紹介しましたが、あれは、舞台が中国です。
  舞台が中国ですから、当然?中国人は登場。
   もう一方で、舞台は日本だが、中国人が・・・の
  本も多いです。
    推理のものや探偵もので、
  犯人役、ってな位置取りの登場もかなりの数読んでますね。
   そんな中で、主役は張らないのですが、
  ちょこっと、作品の中に顔をのぞかせている作品は
  これまた、相当数あります。
    今日、ご紹介の一冊もそんな本です。
   『気分上々』森絵都さん、角川書店発行
    表題作始めいくつかの短編が収められております。
   その中の一つがこれ「気分上々」。
   舞台は横浜。
   主人公は柊也しゅうや。 中学生。
    この子の側にまぁ、横浜ですから、
   小さい時から知っている、中華料理屋の娘
   依林イー・リン
   という女の子が出てきます。
    この名の付け方からしてもう、
   そんな感じですが、お父さんお母さんは中国の方のようで、
   でも彼女は多分?日本生まれ。
    ところが、その彼女なかなかに中国的良~味を
   出して登場。
    登場場面もとりわけおおいわけではないのですが、
   この子、結構面白い。
    この子だけで本一冊かけそうですよ。
   お願いします。
     とても沢山の小説作品の中に中国人が登場する
   ようにはなりましたが、
   残念?ながら、まだまだ、中国の人を書ききれておりません。
    中国人らしくない?思考法や行動や手段をとるそんな
   作品の中の中国人には、
    これ、中国人じゃなくともいいんじゃないの!
    と、つい突っ込みを入れたくなりますが、
   その文たまにですが
   こうして、思わぬ場所に登場する中国人にドキッと!
   させられたりして驚いてます。
    ということで、今日ご紹介の本は
   森絵都さん『 気分上々 』でした、
   機会がありましたら、どうぞお読みください。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月 5日 (木)

数字が示す中国“爆買”の実態

U25011461961081704688fm21gp0

   10月のあの中国の国慶節を挟んでの長期休暇から
  早や、一か月が過ぎました。
   ということでしょうか、中国側からこの間の中国の人たちの
  海外旅行へ出た人の数や、その行き先、その行き先で使った
  買い物の額などなど、細かな数字が発表になりました。
   驚きますよ!
   細かな数字と書きましたが、
  コレ!細かくないです!!何せ、××億ドル・・・ってな数字でして、
  後ろが億!!なんですから。
   どこが細かい?んですか!ってことですよね。
U22922143894205743659fm21gp0
どうなんでしょう?
 こうした数字、日本のどこかの
 新聞社でも転載してくれてますかね?
 中国語でしか見れないとなると
 ちょっと、ご覧いただける方の数
 が限られますが。
  まぁ、
 いわゆる、日本で言ってる“爆買い”
  が数字で示された、と思っていただければ・・・。
   細かな数字はここでは挙げませんが、
   中国の発表はこうです。
   「我国出境游人数和購買力已連3年居世界一」
   と言ってます。
     とりわけ、この2015年の中国では黄金週と言ってますが、
   国慶節休み、
    わざわざ、場所まで指摘して
    東京・池袋付近の西武百貨店と、東武百貨店のあたり、
   人で溢れてた・・・ってんですがね、
    それって、そこの免税カウンターの混みようが特別だった
   ということらしい。
    後は細かな数字がズラ~っと。
   何年には、1億人が出国・・・・えぇ~
    それって、ほぼ日本の総人口じゃ・・・・
   今年、2015年には出国者数が日本の総人口を上回る。
    お買い物も、1940億ドル・・・って
   億の単位の四ケタですよ、四ケタ!!
    で、これって日本だけではなくて、世界各地の
   あらゆる大きな飛行場ではそこの免税店でお買いものをして
   話題になってます。
     まぁ、そうなんだろうなぁ・・・
   とは思ってましたが、
    聞きしに勝る・・・いやいや見ても驚きの
   数字でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月 4日 (水)

11月7日、シンガポールでの、 馬×習 会談

T0l9fxkhqea3015033

    今日のトップニュースはこちら、
 日本国内でのこのニュースの扱いがどうなっているのか 
 確かめておりませんが、
   新聞では一応?大一面にそれらしき?報道はあります。
   まぁ、震源地?が台湾ですから、
  日本での捉え方はこんなものかも知れません。
   でも、本家?台湾では震度6?7?位ですかねぇ・・・
  大変ですよ。
   一方の、中国、習近平側の震度はやはり中国デカいので、
  同じく震源地であるにもかかわらず、
  というか震源地であっても・・・と言うべきか、
  こちらの震度は台湾より緩い。
   早い話が・・・
  11月7日、もう数日後ですが、
  シンガポールでトップ二人が会うよ!
  一緒に食事なんかもしちゃうよ!
   というニュースなんです。
  それが何か・・・?と言われればそれまでなんですが、
  いやいや・・・どうしてどうして感慨深いものがありますよ。
   あの、台湾と中国の一番ピリピリしていた、
  海峡を挟んで大音響でのやり取り、
   片や、テレサテンの音楽を大音量で流せば、
   こちらはこちらで、社会主義中国の素晴らしさを放送、
  ・・・てな、あの頃を思えば、 
   これまた、あぁ~時代だなぁ・・・と、一つの時代がまた
  終わろうと知るのかな・・・とそんな思いを今しています。
   多分、今回が絶好の?というか、いろいろ双方事情を抱え、
  絶好?か焦りか?はともかくとして、あるチャンス!であったことは
  間違いないですよね、だって、会う!と双方言ってんだから。
    この新加坡シン・ジャ・ポォ シンガポール で、
  というのが、またなんとも・・・・
    多分、新加坡政府も関与してると思いますし、その役割も
  大きいんだろうと、思います。
    まぁ、今回はとりあえず?会うだけで??
    何かを発表したりはないようでして、じゃぁ・・?どの身分?
  で、会うの?となれば、流石にそりゃトップですから・・・
   ですが、その日互いを呼び合うのは、こうしよう!と決めたそうで、
  互いに、中国では「先生 シェン・ション」~さん、 英語のミスター的な
  で、統一しているそうで、
    会うだけでいろいろ気を使わないかん問題が一杯あるんです。
   それらは、11月7日以降に漏れて伝わってくるのでしょう。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月 3日 (火)

上海迪士尼楽園明年開園!- 上海ディズニーランド

U4604310823900375268fm11gp0
   来年2016年春の開園だそうです、
   亜細亜に3つ目となる、ディズニーランドが、ほぼ出来上がった!
  というニュースを目にしました。
  これまた、個人的にはそう大きな関心はないのですが、
  これ、大分以前から言われてまして、香港にいまデイズニーランドは
  あるのですが、
   大陸にも・・・という噂?ですね、
   これはもう相当前にあって、あるかもねぇ・・・というくらいの感じだった
  のがとうとう、着工!というのを聞いたら早、来年・・・
  んん・・・どうも月日の経つのが早すぎる。
F7246b600c33874426676df5570fd9f9d62

  わたしの関心は中のそのナンタラカンタラ、
 っていうお遊びの道具の話でもなければ、
  ここの園内のホテルの豪華さでもなければ、
 工期中に起こった火災でもなければ、
   単に、この楽園の位置ですね。
    上海に浦東地区というのがあるんですね、
   まぁ、旅行で行かれた方はその国際空港がある地域ですね、
   この地域にまだまだ、こんな広大な?土地があるんだぁ~
   というのが正直な感想でして、
    そりゃまぁ、空き地なんかはあるでしょうよ、
   それに浦東地区と言ってもわたしだって、歩く地域は多少は
   みなさんより広いかも知れませんが、そんなそんな端からははしまで
   知ってるわけじゃないですしね。
U33074817873834133061fm21gp0
       ということで、
    ここは一つ、グーグルの力を借りて空から見てみました。
   なるほど~
     こんな土地があるんだぁ~
    これ、やはり地下鉄で結ぶんですかね??
     今回の工事地域と別にまだ周りにかなりの土地を確保してる
   ようですので、これからまた、第××工事と称して、まだ拡大して
   いく準備もあるようです。
U1769893337917862676fm21gp0
  さて、これで
  日本・香港・上海と
   迪士尼 ディースニィ―
  が並びました。
  これで、大陸の人たちは
   日本まで来なくとも、自国で・・・・となって
   どうなりますかね・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月 2日 (月)

11月の予定、 - 函館日中友好協会

U19625418272968224675fm21gp0

   11月です。
   寒くなりました、
   函館日中友好協会 今月11月の 予定をお知らせします。
   函館日中の中国語教室は、
   11月は5回、月曜日があります。ですので、1回お休みとなります。
   それが、11月23日の祝日、お休みとなります。
   ですので、今月の授業は
   11月 2日 9日 16日 30日の 4回となります。
   更に、このうちの 9日 第二月曜日の教室のみ
   八幡小学校での授業となりますので、ご注意下さい。
   2日 16日 30日の 3回はいつもどおり、港中学へ
   9日 のみ 八幡小学校へ
   お出で下さい。
    受講生の皆さん!
    どうぞ、お間違えの無いようお願いいたします。
   このブログを見ない友人に、機会がありましたらお伝えください。
    授業の度にお知らせはしておりますが、お休みの方や後から
   遅れていらした方は聞いていない方もおられると思います。
    孫駐札幌総領事の講演会が、
   11月14日(土曜)午前11時~12時
      ホテル函館ロイヤルで開催されます。
     演題は「未来に向かう中日関係」
     出席希望者は電話またはメールでお知らせください。
   講演のあと、同ホテルで懇親会もございます。こちらは
   12:00~13:30の予定となっております。
     この前日
    11月13日(金)には
   中国青年招へい事業 中国青年団函館歓迎会が
     ホテル法華倶楽部で開催されます。
   こちらは、先にホームステイ先を探し皆さんに呼びかけ
   ホームステイをお願いしてありました団体の来函です。
    このパーティーは、北海道国際交流センターの主催で
   人数も限られてるようですし、すでに準備を終えているようです。
    招へい人員、中国から30名お出でになりますので、
   それぞれ、ホームスティ先での交流が主になりそうです。
    今月、函館~杭州線の初便出発式が予定されております。
    こちらも、セレモニーには会から代表が出席。
    これにより、台湾便はもとからありますが、
    天津便、北京便に続きまた新たな路線で函館とつながることと
    なります。
     協会会員のみへの周知ですが
    遅くなりましたが、先に行われました、「はこだてグルメサーカス」
    の会計報告ができました。
     お手伝い頂いた方々へのお礼もそれぞれ、こちらで
    お礼の品をお渡ししております。ほぼそちらも終了いたしました。
    改めて、お手伝い頂いた皆さん、
    留学生の皆さん、U83948803466992232fm21gp0
     ありがとうございました!
    わずかばかりのお礼ですが、どうぞお受け取り下さい。
         いよいよ、
    カレンダーも残り少なくなりました。
    寒さも日ごとに増しております、
    どうぞ、お体にお気をつけて!!
      函館日中友好協会、11月の予定をお知らせいたしました。
    何かございましたら、どうぞご連絡下さい。
                 函館日中友好協会

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »