« 駐札幌総領事、歓迎の夕食会 | トップページ | 「はこだてグルメサーカス」ご支援・ご協力、お礼 ー 函館日中 »

2015年9月 9日 (水)

お礼!!中国弓道文化交流団、無事帰国致しました!

2015_001

    先週、函館を訪れて交流をした、内藤敬先生代表の
  「北京師範大学珠海分校・聯合国際学院、弓道文化交流訪日団」
  一行は、予定の全ての行事日程を終え、無事帰国されました。
   函館での交流の際、お世話になりました皆さん!
   ありがとうございました。
  団に成り代わり心よりお礼申し上げます。
   ご存知のように、中国の大学は9月始まりですので、
  それぞれの大学に戻り、今頃は勉学に励んでおられることと思います。

   先週その交流をお伝えする文をこちらに書きました。
  その際も、触れておりますが、
   若い彼らの彼女らの心に、この訪日の旅で得られた モノ をそれぞれ
  いま中国へ持ち帰り、それを学友に家族に周囲の人たちに伝えて
  くれていると思います。
   それは逆にわたしたが、得た モノ でもあるわけです。
   上は函館での高校生徒の交流を伝えて新聞記事です。
        「的を射る心は同じ」
           中国で弓道学を学ぶ学生
            市函館高を訪問し交流
    中国で日本の弓道を学ぶ北京師範大学珠海分校(広東省珠海市)と
   聯合国際学院(同)の学生計26人が8月30日、市立函館高を訪れ、
   同校の弓道部員と交流した。
     一行は元札幌第一高の弓道部監督で、現在は中国で弓道を教える
   内藤敬さん(80)の教え子。同24日に来日して大阪や千葉の大学の弓道
   部員と交流した後、函館に入った。中国の学生たちが市立函館校を訪れる
   のは昨年に続き2度目。
    同校弓道部を代表して副部長の河合達也君(2年)が「ニーハォ」と笑顔
   で歓迎のあいさつをし、記念品の交換した後、1人4本ずつ矢を射る形式で
   交流試合を行った。同分校2年で日本語を専攻する翟佳楽さん(19)は
   「弓道は矢が当たった時が面白い」。河合君は「言葉が違うので大変だが
   他国の人との交流は楽しい」と話ししていた。
     一行は札幌も訪れ、9月6日に帰国する予定。
                                (内藤晶子)
          北海道新聞9月2日 夕刊 みなみ風
    と、紹介されております。
   北海道新聞社、内藤記者さんありがとうございました。
    とりわけ
              「的を射る心は同じ」
    という題が的を得ている?のでは。
 
    この団は訪日記念の冊子を毎回帰国後御作りになってますので
   それが届きましたらその時また紹介いたします。
    とりあえず、先週の交流のお礼を、申し上げます。
   ありがとうございました!!
    また、このような機会がございましたら、どうぞご協力くださますよう
   お願い申し上げます。
                           函館日中友好協会

|

« 駐札幌総領事、歓迎の夕食会 | トップページ | 「はこだてグルメサーカス」ご支援・ご協力、お礼 ー 函館日中 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: お礼!!中国弓道文化交流団、無事帰国致しました!:

« 駐札幌総領事、歓迎の夕食会 | トップページ | 「はこだてグルメサーカス」ご支援・ご協力、お礼 ー 函館日中 »