« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »

2015年9月29日 (火)

「后会無期」、を見て

U16424466611618340973fm23gp01  哈哈哈!

  やっと見れましたね、この映画。
  Kさん!ご協力ありがとうございました。

   中国映画、今年の話題作?
  「后会無期」ホゥ・フィ・ウー・チィ
   ですね。
   この題を見て、聞いて、すぐに中国語が判れば、
   「后会有期」 ホゥ・フィ・ヨゥ・チィ 
   また何時かお目にかかることもあるでしょう、
   をもじってることはすぐに分かりますよね。

    もう二度と会わない人たち・・・ってことですよね。
   でも一般にはこっちの方が普通?で、
   日本人のよく言う、一期一会ってやつですね。
   ストーリーの紹介をしても余り意味がないし・・・
   わたしが見れて喜んでるだけのことを、ここに書かれても迷惑??
   でしょうが、
   ちょっと、お付き合い下さい。
   これは・・・日本公開されてますか??調べてませんが、
   多分、ナンタラカンタラ映画祭?みたいなのには出品されてるでしょう
   から、大都会にお住まいでかつ、こうした映画の先物買い?が
   お好きな方はみてるんでしょうね・・・きっと。

    わたしの場合は入り口が別で、中国映画でなければ見る機会
    などないと思います。
   また、そうした映画熱狂ファンのような眼?を持ってませんので、
   作品として、ストーリーが、カメラが、役者が・・・といった味方ではなく
    この映画、
    長く中国映画ばかりを見てきた者としては、
   この映画というか、このあたりでまた中国映画はひとつ変わるな!
   という予感を抱かせる映画でしたね。

    詳しい方?は当たり前ですが、当然もうご存知ですが
   中国に、韓寒 ハン・ハンという作家がおりまして、
   この方の先品であり、この人の初めての監督作品だそうです。
    才能ってやつは、どれくらい使ったらどう・・・ということは無いんでしょうが、
   あぁ~映像にしても上手なんですね!ってのが印象です。
     役者の起用が上手かったのは、恐らくこの作品が自分のですから
   登場人物のイメージが割としっかり出来上がっていて、それに近い役者と
   それに沿った演技を要求したからでしょう。
    それがないと、この映画ちょっと成立しづらいですね。
    というのも、ストーリー自体に何か奇抜なものがあるというものでは
   ありませんので。
     そして、この作家、韓寒という人こそが、
    前にもここでちょっと書きましたが、80后 バァ・リン・ホゥ と
    中国で括られている、1980年代生まれの作家というのが
    またいろいろ取りざたされてます。
    でも、それまた普通でしょコレ!
    時代がこんなに変わってるのに、
    人間が変わらないなってなことはあり得無しい、
    実は人間が時代を変えてるんですから、
    いよいよ80后が、社会の中核をなす時代に。
    さて、これからどう変わるか・・・。
    この作品もまた、その時代を動かす力をどれだけ持ち続けるのかを
    ちょっと楽しみにして見ていきます。
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月28日 (月)

月をめでるー中秋の名月ー中秋節ー品月

U2787484938120087411fm21gp0  自分たちの暮らしの中から、どんどん季節感が失われていく。

  それでも、こうして北国で暮らしていると、空気が気温が季節を教えてくれる。
  ある日急激に気温が下がった朝、
  樹木の葉が色付き初め、
  季節が変わったことを知らされる。

  古代の人は月を見てそれを知り、それをめで、愉しんでもいた。
  太陽はまともに見ることはできないが、月はじっくりと鑑賞できる。
  今日は月曜。月曜の朝、それも中秋節を過ぎたばかりの今日、
  せめて画像でその季節感を愉しんでいただきましょう。
   週の初め、朝から?こうした月をめで、心落ち着かせるのも
  何かのお役に立つかもしれません。
  ということで、今日は中国での月を紹介。
  自分でも何故か今でも中国で見た月が一番印象に残っていて、
  それは、中国らしい風景と月がとてもよく似合っていたからなのか、
  古代からの中国の人たちの月に対する思いをも一緒に感じるかなのかは
  分からない。
   余計な説明より、以下、じっくり月見を愉しんで下さい。
U1636298710745408235fm21gp0
 
U13207998023164906939fm11gp0
U4929730213678351266fm21gp0

U482578064981444585fm11gp0
U13333520692797896037fm21gp0
 
U4152668100942696243fm11gp0

   愉しんでいただけましたでしょうか。
  さぁ・・・なごんだところで、
  今週もお仕事頑張ってください!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月26日 (土)

今週の中国語、日本人が大好きな、「~放題」

U1845378821261699068fm21gp0 今週の中国語は、

 日本人が大好きな?「~放題」を中国語で。

  もともと、この「放題」も日本語としては、というか
 漢字の使い方としてちょっと問題が・・・
  多分ですね・・・何某かの「お題」があった上で、その「お題」に
 関わらず・・・それから「とき放たれ」て、自由に・・・ってことで
 「放題」だと思うんです。
   ですので、その下敷きがないとこの漢字だけ「放題ファン・ティ」
 中国語で読んだにしても、なんのことやら??

   ということで、全く違う観点から、「放題」そのものの結果を
  上の図で言いますと、
    食べ放題が 「喰到飽チィ・ダォ・バォ」
   と言ってますね。
   日本語と反対になって「飽食」ですよね、・・・・確かに。
U33301137413141077469fm21gp0  飲み放題・・・ってのを中国で余り目にしてない。
  もっともわたし自身が酒を飲まないので、単にそういう機会の問題かも。
  でも一般のお店での飲み放題は少ないと思う。
  上の図は、ビール祭り・・・ってことで、この日ここでは「飲み放題」
  で、なんて書いてるかなぁ・・・とかなり注目して見たのですが、
  表記がない。
   友人に聞いたら、「喝个够」フゥ・ガ・ゴゥ
  ってなこと言ってました。最後の字は日本では右左が逆になってる字で
  足りるや十分だ、の意味で使われます。
   飲み足りてる、ということです。
   これだと、日本語の「~放題」感?が今一つ出てないのですが。
U593556488300347013fm21gp0  さて、言いたい放題のこの人、ご存知ですか?
   まぁ、今回は彼が話題ではないので、脇へ置いといて、
    この方には、「暁説」シャォ・スォ となっていてこれは、
   この人が知ってることを話してるということであって、勝手に言ってるよりも
   この人の理解度の方に力点があり、「放題」感は余りありません。
   でも、実際はこの人結構「放題」してますが。
    で、肝心の?言いたい放題は、というと
   四文字熟語?がありましてね、 「暢所欲言」チャン・スォ・ユゥ・ユァン
   ってんですがね。
    因みに、取り放題は、「随辺掌」スィ・ビェン・ナァ
   と言いますね。

     ということは、
   なんでも、前に持ってきてプラス、「~放題」の言い方ができる
   日本語が簡単?だということですね。
    ということで、連休も終わり、
   「休み放題」?だった日本人も来週からはお仕事、お仕事!
    その代わり、
   もうすぐ、中国は国慶節の連休に入りますね。
    日本に是非、「遊び放題」??に来てください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月25日 (金)

無車日、今年の世界ノーカーデー、中国は

U15061430911681595657fm21gp0  この話題、

  9・22世界ノーカーデー の話題ですが、
 実は、去年も同じころにこちらで取り上げました。
  こんな日があるんですよ。ご存知でした??
  今年もその日がやってきて、
 感じたことは、去年と余り変わらないというか、同じ。
 ということは、こちらに成長がないのか、社会に変化がないのか??
  去年こちらに書いた論点は、
 簡単に言ってしまえば、
  中国のこの手の取り組み、環境に対しての運動も地味に??
 やってはいるんですが、日本ではそうしたことは報じられないよね・・・
 という感想です。
  日本でも一時はこの運動、ちょっと力が入りかけてんですが、
 昨今はまたもよ元の木阿弥。
  いつしか、立切れに。のど元過ぎれば・・・・というやつですかね。
1a730452f5d8731058aef4b91d926655 中国での取り組みは、
 車を入れないエリアってのを作ったりして、
 その区域はこの日は車乗り入れ禁止、
 という措置だとか、
  街宣活動もお好きな国ですので、
 自転車に乗った人たちのパレードで
 今日はそうした日であることを宣伝これ
 努めておりますが、
  いやいや、かなり地味ですがこれらの運動やらないよりは・・・

   その点では日本も見習う?べきと。
  時、あたかもあのフォルクスワーゲン社の話題が持ち上がってますしね。
   中国語、大衆汽車公司 ダァ・ゾォン・チィ・チュゥ・ゴン・ス
  の中国での売れ具合から見ても、かなり影響が懸念されます。
    この取り組みが、
  この日一日で終わらずに、
  できれば、無車日 ウー・チュゥ・リー が、実現しやすい
  都市づくりも目指してもらいたいものと、願ってます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月24日 (木)

很像、奥巴馬 ー オバマそっくりさん

B3fb43166d224f4a3a4b5f5c0ff79052992  こちら、中国のオバマ大統領そっくりさん。

  日本にもいましたよね、そんな芸能人が。
  時あたかも、習近平ジィ・ジン・ピン 主席が訪米・・・にあやかって?
  かぁ、そんな話題中国のネット上で盛り上がってます。

   そんな似てますかねぇ・・・
  まぁ、当たり前ですが、似てないことはない。
  似てなかったら、話題にはなりませんからね。
    でも・・・このレベルだったら、
  もっといんじゃないですか?
  13億もおるんですからして。
   別にわたしがそんなに否定的?になる必要などどこにもないので、
  あぁ~似てますね・・・で
  いいんですが、
    そんなネットのあり方にちょっとね。

   更には、
   これでは弱い?と思ったのか!
   このそっくりさん、奥巴馬オゥ・バ・マ氏とは
   誕生日が一日違いだとか・・・
   付帯の話題までそういえば付いてましたよ。
   これで、この方もまた?
   中国の芸能界にでも進出?してくれれば、もっと
   話題になりそうですが。
    逆にですね、
   習近平、そっくりさん・・・・
   沢山いそうですけどねぇ・・・・
   恐れ多い??
   そんなのは出せない??
   なのかなぁ・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月23日 (水)

映画「15の夏」札幌上映ご案内

001

  こちらの映画ですが、
 先ずはお断りしておきますと、残念ながらこの映画函館での上映は予定されて
 おりません。
  札幌での上映です。
  上映は、
   10月2日(金)3日(土)4日(日)の三日間のみです。
   ですので、この時期に札幌へお出かけの方、ついでに映画は如何でしょう。
  上映館は、
     札幌プラザ2・5 2階 (札幌狸小路)で上映されます。

    前売りは大人1000円、学生500円、
   北海道日中で取り扱っております。
   パンフの裏側の説明をそのまま以下書き留めます。
 ---
   300キロの道のりを必死に生き抜いた120人の中学生たち!
  ○日中戦争時下、ソ連と満州の国境近くに勤労動員として送られた
    新京第一中学校の生徒たち、昭和20年8月、ソ連軍の爆撃が
    降り注ぐ中、ソ連国境に取り残され、過酷を極める必死の逃避行
    が始まった・・。原作は田原和夫「ソ連国境・15歳の夏」。
     10年の構想と制作期間を経てついに完成した感動作。
    函館日中にはパンフレットのみございます。
   チケットは道日中にご連絡ください。
     映画のご案内でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月22日 (火)

自宅で国際交流! ホストファミリー募集!!

Yjimage_2  ホストファミリーを募集中!
    実はこれ、もう締め切り自体がすんでおりますが、なかなか
 募集が集まらず苦労しております。
   こちらをご覧の方で、函館市周辺にお住まいの方、ご協力を
 お願いいたします。
   直接は私ども函館日中ではなく、
  北海道国際交流センターさんが扱っております。
  募集内容は、
  平成27年度日本・中国親善交流事業の取り組みでして、
  内閣府「平成27年度日本・中国親善交流事業」における
  中国青年の招へいに伴い、函館地方プログラムのホストファミリーを
  募集ということです。
   中国親善交流ということで、わたしども協会の方にお話が参りました。
  既に中国語教室の受講生のみなさん、協会に呼びかけております。
    内容は以下のようになっております。
  日時:2015年11月13日(金)~15日(日) 2泊3日
  地区:函館市近郊
  定員:28家庭
  諸待遇:歓迎会・さよならパーティーにご招待、その他の簿謝有
  条件:歓迎会・さよならパーティーへ家族の代表が必ず参加のこと
      14日(土)は家族のいずれかが青年と一緒に過ごせること、
      個室を提供できること、中国語が話せる家族がいることが望ましい。
   日程表:
   11月13日(金) 18:00~20:00
               歓迎会・対面式 ホテル法華クラブ
               中国青年と対面、その夜からホームスティがスタート
   11月14日(土)
              ホームスティ
                一緒に出かけたり、料理をしたり
                思い思いの方法で、交流
   11月15日(日) さよならランチパーティー  ふるる函館
               バイキングでわいわいお別れパーティー
   となっております。
    ご協力いただけるご家庭がございましたら、
   わたしども協会よりも、直接 国際交流センターさん
      ☎0138-22-0770
   担当、藤井さんへご連絡ください!
     まだ、受け入れ家庭が足りずに困ってます。
    どうぞ、よろしく!!
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月21日 (月)

「中国語検定試験」受験案内 - 函館受験が可能に

001

   第87回 中国語検定試験 が、
  函館でも受験可能となりましたので、ご案内致します。
 日本中国語検定協会の「第87回中国語検定試験」は
  11月22日(日)に実施されますが、
  この試験は、函館での受験が可能です。
  会場は、函館工業高等専門学校が受験会場となります。
 試験日は11月ですが、
  受験お申込み締め切りは、10月10日(月)までとなっております。
  どうぞご注意ください。

  上部写真の、受験案内申し込みがございます。
  すでに昨年この検定試験を受験されておられる方には別途
  協会から直接郵送でご案内が届いていることと思います。
  今年、函館受験が可能なら・・・ということで、
  受験をお考えのみなさん、
  準4級から、4級、3級、2級、1級とありますので、
   ご検討ください。

   受験してみようかな・・・というかた、
   或いは、中国語検定ってどんなもの・・・と迷われてる方、
   先ずはこの受験案内書を入手ください。
   函館日中友好協会へご連絡いただくか、
     ☎(0138)51-0041
   メールで  函  館  日  中 
   受験案内希望と題して、ご住所、お名前などをお知らせください。
     直接、千代台町、茶館「隗かい」へいらしていただいても
   入手可能です。
    函館でのこの検定試験の受験はこの11月のみ
   可能となっております。
     どうぞ、この機会をお見逃しなく!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月19日 (土)

今週の中国語ー假、假、假ジァ・・・ ニセモノでしょ?

  今週の中国語は、昨日までの話を受けて?ニセモノについて。

 假ジャァと発音しますが、これ必ず3声でお願いします。
 というのも、全く同じ字で、ジャ假ァ4声と発音すると、今日のようなお休みの
 意味になるんですね。
U8159658261803925405fm21gp0 よくその・・・中国はニセモノ天国・・・てな
 言われ方をしてますが、どうして、どうして
 天国どころか、かなり苦しい。
  実は当たり前と言えば当たり前ですが、
 かなり、中国自身?でも困ってる。
  なんせあらゆる処にニセモノがはびこり
 そのニセモノもどんどん精巧?になって
 本物との区別がつきづらい。
U35797209461059160366fm21gp0  ニセモノがニセモノの顔をしてるうちは
 アッ!これニセモノね、だから安いんだ~
 とか、こんなところで売ってんだぁ~
 とか、よくできたニセモノねぇ~
 なんて感心?してるうちはよかった?
  それが、そんな感心もしてられなく
 なった。
U15027076452725047345fm21gp0  よく、こんな使用前・使用後的?な
 ホンモノとニセモノ、比較図的なものが
 中国では出てますが、これなんかはまだ
 まだいい方で、えぇ~こんな細かなところまで
 みてないよ~ってな、小さな違いを指摘
 ニセモノに気を付けましょう・・・キャンペーンも
 やってますが、買う方だってそうそういつもいつも
 そんな猜疑心満杯?なわけないんで・・・
  ついついニセモノをつかまされる。

    その顕著な例が最近はネット上での買い物。
  これ、困りますよね、現物を手にしてないわけですから、ネット上で見て
  と言っても写真か何か見て買っちゃう・・・と届いたのがニセモノ。
U460864615367667408fm21gp0
 こちらもかなり深刻です。
 ネット上の化粧品の8割はニセモノ?
 って、もうそんなら、2割しか本物と言えるものが
 ないってこと??
  だから日本に来て爆買いするんだよね・・・
   おっと、今日はそういう話題ではなく、中国語でした。

   「假ジャァ V 3声」 でいつわり、ニセの意味を持ちます。
    あとは組み合わせの問題で、
    假貨 ジャァ・フォ  ニセモノ
    假話 ジャァ・ファ   うそ
    假牙 ジャァ・ヤァ  義歯、入れ歯 なんてのも言えちゃいますよ。
   一番多く使われているのは
     假的 ジャァ・ダ!!
    と言って、ニセモノだぁ!的な使い方でしょう。
    因みに反対は、
     真的  ヂェン・ダ!!
    ホンもんですよ!ってんですがね。
     とりあえず、假的ジャァ・ダ は覚えましょう。
   そんなニセモノをナントカしようと、
U5638980061210684282fm21gp0
     こんな取り組みをしてはいるんですが、
    取り組みに対する勢いより、ニセモノの勢いの方が勝ってるので
    まだまだ、この問題尾を引きそうです。
      中国語がややこしい?のは
    この打假ダァ・ジャァ も、
    同じ音で
      打價ダァ・ジャァ こちらも後ろは4声、 値切る  や、
      打架ダァ・ジャァ            ケンカする、
    にまぎらわしい点だ。
    まぁ、これはポスターを見てるわけですから、字で判断出来てるんですね。
    今週の中国語は、
    ニセモノダァ~・・という時の
     假的ジャァ・ダ
    を覚えました。使えますよこれ、特に中国へ行った時は。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月18日 (金)

「假幣 ジャァ・ビィ」 コレ、にせ札ジャン!! ⑤

U41125140472753973551fm21gp0_2   この機械?機器??

 正式には何て言うんでしょうね、わたしも判ってません。
 勝手にわたしが名づけているのは、「假幣識別機」ジァ・ビィ・シィ・ビェ・ジ
 「にせ札識別機」と言ってます。
   お幾らするのでしょ?
   それも判ってません。
  時折、わたしが中国で買い物をした際に、お店のカウンターにあって、
 それを目にしたことがある程度。
  しかも、いまいまわたしが支払ったお金を目の前で?
  その機会にわたしのいまのいまであったその札を、
  あたかも?あんたの払ったこのお札大丈夫??
  ・・・ってな具合にこの機会に入れるのは、
  本来なら、感じ悪!!でしょ。
   ヒトを疑ってるようで、でも、中国の方はあまり気にもされないようで、
  「早くお釣りをだしなよ・・・」ってなことを言ってまるで意に介してません。

    この機械、大きさはお札を通しますのでそれよりはちょっと大振りで、
  でも、ホラ、ご覧のように仕組み自体は何にもない?ので、
  光を当てるだけ??みたいな、それだったら、この光源だけがあれば
  好いようなもんですが、一応そこは機械らしくビ~ンと、こう機械を
  通したりなんかして・・・。

   ということで、こんな機械まで使って自己防衛?に努めてるわけですよ。
  そんな自己防衛策をあざ笑うが如く、
   文にも書きましたが、この機械を信用してはいけません!とばかりに
  この機械のニセモノまである・・・というのが結論?でした。
   逞しい??というか、めげないというか、何て言えばいいの・・・?

U25037484373814367035fm21gp0  それで、また話は最初の方へちょいと戻りますが、
 そのにせ札識別機を使おうが、札をかざして透かしを
 確認しようが、時々札をもむ人もいますが、
 とにかく、そのニセ札と分かった時のそこ先が・・・・
 問題あり、大問題!!
  この警告にしてからが
 「当店ではにせ札と発覚した際は必ず警察に届けます」
 的な文言ですが、
  これ、当たり前でしょ!こんな当たり前なことが、大そうにこうして、警告板
  までこさえて、示さなくてはならないところに、ことの本質があるんです。
   ちょっと文では書ききれなかったのですが、コイン(硬幣 イン・ビィ)
  にせ札じゃなかったニセ銭がこれまたあるんですよ。
   時代はどんどん自販機とか、バスなんかもコインを使っての払いのように
  コインが多く出回るようになってきてます。
   この問題も深刻。恐らく公共交通機関はどこもこれに頭を悩ませている
  はず・・・、これも書きたかったし、
   更には最近では自動支払機 ATM ってやつですか、
   これのにせ札対策も中国はいったいどうなってるの??ってな点にも
  触れたかったのですが、
   残念ながら、今回はそこまで到達せず、
   また、何か機会がありましたら、書きます。
U6392562622990746335fm21gp0
    というわけで、今回は
   を、書きました。どうぞご覧ください。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月17日 (木)

「假幣 ジャァ・ビィ」 コレ、にせ札ジャン!! ④

U42084202414100707947fm21gp0_2  漸く、お話は本題の、にせ札問題へ!
 とは言え、わたしが特別にこの問題に詳しいなんてなことはあり得ないし、
 あってはならない。
  でもって、この手の問題、わたしの手元に来るときは、たまたま・・・ですね
 その1枚のニセ札が突然、まぎれ混んで物議をかもすわけですが、
 それが、わたしだけの体験に留まらず・・・・というか、
 外国人旅行者であるわたしのところのなんかにまでこの問題が来ること自体
 問題でしょ。
   という実害の部分と、
  旅先で時折目にする、中国の報道番組でこの話題が取り上げられていたり
 するのを目にしています。
U31070305452532525976fm21gp0 早い話が・・・この問題、
 これを製造?印刷してる人たちがいるわけでして、
 それも、少しくらい・・・ってのが、1枚とか2枚
 作る人はいないわけです。
  赤瀬川源平じゃあるまし。
 芸術作品を創ろうってんじゃないですから、
  少なくとも、大量の札を印刷してるんですよ。
  ということは、ですよ。そんな印刷機械も必要でしょうし、
  人出?もそれなりに必要でしょ。
   無論、そっちはそっちで、やばいことをしてる認識はあるでしょうからして、
  慎重に慎重にことは進めるんでしょうが、
   ここを絶たなくては駄目でしょうね。
   今度(11月発行予定の)新札はにせ札対策にまたまた新技術を、
  取り入れてその対策にあたるらしいですから、
   期待してますよ!
U3900415193547476111fm21gp0  あれあれ、トランプじゃないんですから、
  こんな並べちゃってどうするんですか?
   発見される都度、
  台風みたいに?
   K××号とか、
  にせ札に名前がかせられて、
  呼ばれたりしてますが、
   こんな具合に大量に刷られて、
   大量に出回るから、わたしのような旅行者の手にまで、届いちゃう。

   ですので、実害?はもっともっと酷いんだと思いますよ、
  そこで暮らしてる人には。
   そこで、文でも書きましたが、何とかしよう!
   自分たちの手でも防衛?しよう!!
  とのことで、出てきたのが、
    にせ札発見器??ですよ。
   この話題また、明日に。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月16日 (水)

「假幣ジャァ・ビィ」コレ、にせ札ジャン! ③

  結局のところ、にせ札問題もさることならが?中国の人たちのお金に

 対する扱いは、そのあまりにも傍若無人というか、恐れないというか、その程度も
 あんまりなんじゃない、ってところに素地?があって、にせ札寛容度?にも
 影響しているのでは・・・というのがわたしの考え。
U3556400242875465323fm21gp0 昨日はその扱いについて書きました。
 今日もまたその扱いですが、取り扱いそのもの
 ではなく、もっと直接的、
  お札をメモ代わり?にしてる人が多い。
 日本でもたまにありますよ、ためにですが、
 お札に何やら電話番号なのか、何か記憶して
  置くべき数字が並んでいるのを見たことはあります。
   ですがそれは、遠~い昔にそんな札を手にしたことがあったなぁ・・・
  と思い出すくらいの程度。
   中国では結構目にするというか、そのいま札にメモしようとしている
  ご本人を目の前にしたこともあります。

U3317963361791673784fm21gp0
 何でしょ?中国の人、
 わたしが多く目にしたのはもう大分前ですし、
 わたしの話はちょっと古い!
 それはもう十分に認識してはおりますが、
  札に限らずですね、あの当時は中国
 紙が足りてなかったのかなぁ・・・
  そう言えば日本のようにそこら中に裏を
  使ってない紙がふんだんにあった、という記憶はないから、メモをするにも
  すぐ近くにそれに適した紙が見当たらない・・・って状況はあったでしょう。
    それにしても・・・ですよ、
   よく、中国の人は自分の手にボールペンで直接メモをしてましたね。
   そして、中国の人の使うボールペンは当時、黒よりも青を使って
   ましたので、掌に青い字が羅列されてなんてな人がよくいました。
   或いは、わたしが、何時いつの何時に・・・ってな話をしてその時に
   相手するのは××サン、何て言うと、ちょっと待って、と言ってやおら
   掌に、或いはての甲の人もたまにいますが、直接書いちゃう。
    その流れ??でしょうが、
   ちょっと待ってのあとに、ごそごそポケットから札を取り出し。
  そのシワクチャの札のしわ伸ばしをするのももどかしく、
   札に直接書いちゃう。
   あぁ~駄目だよ、札に書いちゃ・・・と思うが、大概間に合わない。
  それも、ボールペンで、かなりしっかり。
    まるで、お札をお札とも思っていない、
    断端不敵な行為を目にすることになる。
    これらを称してわたしは、中国の人のお札に対する扱いは
   荒い!と言っている。

    そして、だからと言って、にせ札が多いのはそのせいじゃないでしょ!
  と、言われるが無論直接には関係なかろうが、
    中国の人のニセ札に対する、寛容??さは、
    これがあってのアレではないか?
   というのが私の見ているところではあります。
   日本ほど極端でなくともいいから、
   その~もちっと丁寧に扱いましょう、お札!と中国の人には言いたい。
   日本は日本でちょっと行き過ぎた面もあり、
   この問題に限らず、どんな問題もなかなかに
     ちょうど好い!
    て程度を保つのは難しいものです。
    その辺を今回のウェブ版「わたしの見た中国」
    というのでお伝えしたかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月15日 (火)

これ、にせ札ジャン! ② - 「わたしの見た中国」

  昨日の続きです。中国、にせ札が多い、ってなお話をしました。

そのことを、9月号ウェブ版「わたしの見た中国」に書きました。
 今日はその前段の部分のお話を。
U3556400242875465323fm21gp0
 中国、にせ札のその前に
 中国の人たちの、お札に対する
 お金に対する、扱いがどうも日本人の
 それと大きく異なり、荒い。
  もうちょっと丁寧になりませんかね・・・と
  思っていつも見ている。
   扱いが荒いから、とうぜん、札はシワクチャ、さらに進んで、破けてる、
  ボロボロの状態。
   そんな札が出回ってること自体、日本では珍しいでしょ。
  これはまぁ、日本ではこんなに過酷に使われた札は、銀行かどこかの
  時点でもうはじかれて、流通しなくなりますしね。
   あまりにその汚れ具合がひどいので、
   ウワッ!このお札触りたくないなぁ・・・・ってなレベルの危険度の札も
  見かける。
    これは、まぁ今言ったように、新しいものが常に流通するように管理
  監督する立場にある人もおるのでしょうが、しかし、中国ではちょっと
  それに任せていては無理!解決しそうにない。
    ですので、汚す方の人たちにナントカして貰いたい。
   とにかく、何であんなに、札をシワクチャにしちゃうかなぁ・・・と、いうと、
   余り財布を持つ習慣が無かった頃、今もまだ持たない人沢山いますが、
   ポケットにその釣り銭だったり、持ち金だったりを入れるんですが、その際、
   きれいに折りたたんで、の人は少なく、大概はグチヤッと手に握った時点
   でもう、シワクチャに丸めてそのままポケットへ。

     もう一つ、お金を、特に釣銭などを渡す場合ですね、
   日本だともう、大きなお金で払うと、まずは札の部分のお返しをハイ!
   まずは、××千円を、と言って札が手に渡り、次に硬貨の部分の
   細かい釣りをいくらいくらです、といって渡されるし、
    最近だと前にも書きましたが、コンビニで釣り銭を渡されるとき、
   受け取る私の掌のその下に、コンビニの店員さんはわざわざ手を添えて、
   あたかもわたしが必ず細かな釣銭を落としたりするだろう・・・てな具合の
   予防線をはって、しっかり渡される。
     中国はまた、この対極にいますね。釣銭は、例えば鉄道の切符を買う
   カウンターのようなところで、切符が渡され、次に釣銭だが、細かなその
   お金をまるでカウンターにまき散らすように、放ってくる。
     こちらは、それを取り逃すまいと、あれ~と言いながら必死にかき集める、
   釣銭が合ってるかどうか、どころじゃない、釣銭そのものが逃げて行っちゃう。
    あの扱いをほかの方も衝撃的だと見えてときどきお書きになってますが、
   その視点は多くは、中国のお客様に対するマナー欠如!的にご主張
   ですが、わたしに言わせればあれは、それもあるでしょうが、もっと根本?
   のところに、中国の人のお金に対す扱いの荒さ、があると見ています。
     何もそんなに荒く扱わなくともいいと思うのですが、
    逆に、日本人のように、きち~んとそれも額面別に奇麗に図柄の方角
    まで揃えて、入ってる財布、ってのはどんな感じなんでしょ、中国の人には。
     また、文にも書きましたが、これこれのつく別の場では、そこへ入れる
    お金はピン札!ってな取り決め?結婚式に包むご祝儀の中身とか・・・の
    話は、中国の人にとっては、ピンだろうがシワクチャだろうが、同じお金
    なのになんでそんなことするか意味分かんなぁ~い・・・てな感じでしょうか。
     相変わらず?日本人は細かいよねぇ~って理解でしょうかね、
    聞いてみたい。

      お金に対する根本的な対応の違いがありますね。
    時折、ネット上では中国のお金、人民元百元札を使った、遊びというか
    お金でこんなことしちゃ駄目だろう、日本人感覚を全く無視した画像を
    目にしますが、あれ、日本だとちょっとかなり非難を浴びちゃうか、
    相当の抵抗がありそうだし、あって当然。
    と、言った具合にそのお金に対するそもそもが違うので、
    そのお札をメモ代わりに使っちゃりするお話もちょっと書きましたが、
    明日その辺をもう少し詳しく・・・・
    明天見!
       ↓  ↓   ↓
     こちらから、ウェブ版「わたしの見た中国」9月号
     を、どうぞ合わせてご覧ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月14日 (月)

「コレ!ニセ札ジャン!!」-今月号、「わたしの見た中国」

 お待たせしました。今月号ウェブ版「わたしの見た中国」。

9月号は、9月9日発行。
 タイトルは、「假幣ジァ・ビィ」コレ、ニセ札ジャン!!」と
題してアップいたしました。どうぞ、ご覧ください。
U20591102831148225499fm21gp0
 実はこの話題、ずっとこちらをご覧
 いただいている皆さんには、もう
 8月末に一度問題?にしておりまして、
 その時は、この11月に中国で新百円札
 が発行されるとの話題を受けて、
 新札そのものそっちのけで?中国のにせ札
  話題を書きましたので、まだ記憶に新しいと思います。
   今回、改めて?ウェブ版「わたしの見た中国」に書き加えましたのは、
  題名でうたっているにせ札話題もそうなんですが、
   文前半で述べておりますが、
  中国の人のお札(お金)に対する感覚、対処と、
  日本人のそれとに大きな違いがあるというところを指摘したかった。
  その上で、というか、その下敷き?があって、このにせ札の出現?
  だと、わたしは思ってるものですから、改めて書かせていただきました。

    上の図が、中国紙幣の総揃い図。み~んな、毛おじさん図です。
   文では主に、最高紙幣額100元(1元≒日本円20円で
  100元≒2000円)札を話題に話を進めておりますが、実はどの紙幣
  にもにせ札は出回ってまして、出回っちゃまずいと思うんですが、こんな
  出回ってる・・・という言い方をしたくなるくらい、かなりの数あるんですね、
  これが。
   しかも、しかもですよ、2000円でもわたしなどは、にせ札と言えども?
  にせ札作るコストはかかりますから、そのコスト。無論、違法ですしかなりの
  厳罰が発見されれば課せられますから、そのリスク。
   この二つ、コストとリスクを抱え、2000円で見合うの??と思います。
  思いますでしょ。まぁ、1枚だけ作るってのはないでしょうが。
   しかし、10元(≒200円)のにせ札もあるんですね。
   200円のにせ札を作るために犯す危険度って、考えないんですかね。
   更にさらに恐ろしいことに、1元(≒20円)のにせ札も・・・。
  20円の為に、版下作って紙もそれなりのを用意し、大丈夫かぁ・・・
  割に合ってるのかぁ・・・と、こちらが心配になります。
   なぁ~に、そんな心配は無用??
   この1円の下の単位、角(話すときは毛マァ 1角≒2円)のところにも
  にせ札はあるんだというから、深い!!深すぎ!?
U30409306921325371873fm21gp0  そんでもって、
  中国で実によく目にする、
  普段にそこらで目にすることができる
  この姿勢?
   前回こちらにも書きました。
  札をかざしてみる!というこの格好、
  日本じゃトンとみないでしょ、
   ところが、中国では始終お目にかかりますね、コレ。
   よくやってますよ。
    因みに上の画ですと、
   かざすまでもなく、左と右では、毛おじさんの、
   ダイエット前とダイエット後ぐらいに、違いがあると思うんですけど・・・。
    それは、ともかく
U24091421173375941598fm21gp0 札を手にしたとき、みなさんこんなこと
 したことあります??
  ありますかぁ・・・
  そうですか、それは何のために?
  恐らく日本での行為は、少なくとも
  にせ札をみわけるためではないでしょ、
  余程お札に関心ある方が、
                或いは、ちょっと興味をもって、札の透かしについて、
   何てな話題でされてるんだと思うんですね。
    つまり、日本人は札に全幅の信頼を置いてますよね、
    その信頼を維持するように、にせ札なんかもし出た日にゃ、そりゃもう
    大変ですよ。・・・・でしょ。
  ですが、中国では・・・・と、いったようなお話、
   まずは、9月号「わたしの見た中国」

    「假幣ジャァ・ビィ」コレ、にせ札ジャン!!
    こちらをクリックして、茶館『隗かい』ホームページを
   ご覧ください。
   また、明日この続きを少し。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月12日 (土)

今週の中国語 - 「白紙撤回」

   今週の中国語は



Yjimage_1
    「白紙撤回」
   つづきましたからねぇ・・・
   白紙撤回・・・(○゚ε゚○)
   笑ってられませんが・・・
   最初にちょっと中国語とは別の訪問のことを言わせて
  いただきますと、
    これと同じことが、もし・・・もし・・・ですよ、中国で
  起こったとしますね。日本のマスコミの取り扱いはもう
Yjimage こんなもんじゃないですよ。
  実に楽しそうに??
  何度も何度もその映像を流し
  「やっぱ中国は・・・・」的な
  報道で盛り上がる??はずです。
   日本が・・・となると、こんな程度で・・・
  これはいけませんね。いけません。
   他人には厳しく、自分には甘い。
  日本人の素質はもともとはその逆にあったはずです。
   いつからこうなったのでしょう・・・
  ってなことを考えてますが、それは今日の話題とは関係ないので
  今日の中国語のお勉強?に入りましょう。
   やはり漢字によるところが大きいので、
  この「白紙撤回」さも四文字熟語のようですし、このままいけそう・・?
  でしょ。ちょっと簡体字表記では「白紙撤回」の「紙」の糸偏が変化
  しますが、恐らく見ても双方理解できると思います。
    音は無論だめです。 バィ・ヂィ・ツゥ・フィ と、読んでください。
   そう発音したところで駄目ですね・・・・恐らく。
   書いた方が幾分・・・理解していただけるかも。

   では、なぜダメか・・・というと。
   漢字世界ですから、白紙にはそのまま白紙の意味があります。
  白紙ですから、な~んにも書かれてない紙ですよね。
  白紙答案。これ、もちょっと近いですかね。ただ、答案は答案とは・・・
   でもまぁ、白紙の意味はそのまま通じます。
   この辺までは、英語でも大丈夫?でしょ。白い紙ですからね、なんにも
  書かれていない、と。
   今回の、「白紙」の意味は、白い紙に戻す、この戻すってとこが
  大事でして、戻した結果が「白紙」だと。
   ですから、ここでの「白紙」は、「原状」の意味でして、
   中国語にはこの「白紙」に「原状」の意味がありません。
   英語圏にもないはず・・・。

   ということは、ですね、
   日本語以外の国では、一回書かれたものはもうもとに戻らない。
   書いたものを消したところで、「白紙」とは言えない、って理解ですかね。
   日本人は、その現状に戻った状態を、「白紙」と認識し、
   その状態に戻せる、戻させる、それをもって、なかったこと?に
   できる、と考えとるわけですから、
   現在のものを「撤回」して、もとの「白紙」に戻す、
   と言ってるわけ。実際にはもう「白紙」にはならんのです。

     ということで、
    「白紙」になんか、戻らんし出来ない民族は、
    例えば、
     「白紙」のとこを、「全面」としますね「全面撤回」
    これならいけるでしょう。あるいはもっと口語に近く「全部撤回」とか。
      「全面撤回」 チァン・ミェン・ツゥ・フィ
    の欠点?は、これなんか硬い??まるで軍隊が使ってるみたいな、
    作戦会議を開いてるような?イメージ・・・はわたしだけ??

     そこで、もっちょと本来?の意味に寄った方がよさそうで、
    それは先に言いました。
     「原状」に戻す、訳ですね。戻すは「恢復」を使って、
      「恢復原状」 フィ・フ・ユァン・ヅァン
     となります。
      何時使うの?と言われると、ちょっと・・・
    まぁ、教養?として、覚えておきましょうよ。
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月11日 (金)

駐札幌孫総領事、歓迎夕食会への参加、お礼 ー 函館日中

001

  中国駐札幌領事館の
  孫振勇総領事が7日、就任あいさつで工藤函館市長を
  表敬訪問し、
   午後には夫人を伴い、市内の五稜郭公園などを見学、
  夕暮れを待って、
    函館日中友好協会・主催の
   孫総領事歓迎夕食会
    函館山山頂レストラン・ジェノバ
   で、開催いたしました。
   お忙しい中、参加いただいたみなさん!
   ありがとうございました。
   お誘いが急で大変失礼いたしました。
   また、ご案内と同時に準備をして参りましたので、
   何かと行き届かないところもあったろうと、思います。
     快く応じていただき、
   山頂からの夜景を一緒に楽しみながら、総領事との
   懇談が打ち解けた、楽しい雰囲気の中終了できましたのは、
   ひとえに皆様のご協力の賜物と感謝いたしております。
    本来ですと、
    個々にお礼を申し上げ、ご挨拶しなければならないところですが、
    あの後もなかなかこちらも時間が取れず、
    申し訳ございませんが、
    先ずはこの欄を借りてお礼を申し上げたいと思います。
      函館中国経済促進協会 様、
      北海道青少年交流協会 様、
      函館市企画部国際・地域交流課 様
      函館山頂レスロラン・ジェノバ  様
      函館山ロープウェイ     様
      北海道日中友好協会
      ありがとうございました。
                     函館日中友好協会

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月10日 (木)

「はこだてグルメサーカス」ご支援・ご協力、お礼 ー 函館日中

P9060167

  当日のここのブログを含めて何度かその様子は書いておりますが、
 改めて、
  先日の、9月5日(土)6日(日)二日間、
  函館駅前会場と大門グリーンプラザ一帯で開かれました
   「2015年・はこだてグルメサーカス」で、
  函館日中友好協会の出店にお寄せいただきました、ご支援とご協力に
  心より感謝申し上げます。
    ありがとうございました。

    毎年、函館日中では違うものを販売しておりますが、
   これにはまた様々な理由があるのですが、概ね内部の事情によるもの
  ですので、皆さんにはその点でもしご迷惑をおかけしているようでしたなら
  お詫び申し上げます。
    アレをもう一度・・・と、言われてこともありますが、
   なかなかご要望にお応えできず申し訳ありません。
    今年は、「中国粥」の販売でした。
   2日間とも予定の数量を完売できました。
   お買い上げいただいたみなさん!直接はなかなかお礼を申し上げる機会が
   ありませんが、ここにお礼申し上げます。
P9060170
  販売にはそれぞれ、2日間とも
  函館在住の留学生にお手伝いいただきました。
   大変たすかりました。
  皆さん、大学へ留学へきて、こんな??というのは
  ちょっと失礼でしょうか、兎に角全く思いもしない
  物売りなどさせてしまって、心苦しい限りです。
   2日間お手伝いいただいた、
    北大水産学部、函館大学の留学生のみなさんありがとうございました。
       お手伝い頂き、大変助かりましたが、
    一方で、直接函館市民や、この催しにいらしていた多くのお客様と接する
    機会がもてましたことは、留学生にとっても何某かの刺激?にはなった
    ことと思います。
      もう一方でこうした機会がなければ、函館市民も函館にいる中国からの
    留学生を接せるきかいなどはなかなないでしょうから、
      こちら側?でも刺激になったことと思い、
    その点では、たくさんの方にお手伝いいただいたことは、
    よかったのではないか・・・と思っております。
     調理には今年も、千代台町・青年センターの厨房を使わせていただき
    ました。ありがとうございました。
     道具もない、人もいない、ノウハウもない、
    そんな協会がナントカ二日間の行事を無事乗り切れたのは
    多くのみなさんのご協力があったからで、
     毎回の事ですが、みなさんに助けられ、どうにかこうか、こなすことが
    できました。ありがとうございました。
     また、それだけでは駄目で、お買い上げいただかなくては、
    何の為の準備かわかりませんから、この二日間で、
    多数の方に、「中国粥」をお買いいただき、召し上がっていただきました。
     ありがとうございました。
      ここに、改めて、
     全ての
       ご協力、ご支援、お買い上げいただいた、
     みなさんに、
       お礼を申し上げます。
                  ありがとうございました
                      函館日中友好協会

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月 9日 (水)

お礼!!中国弓道文化交流団、無事帰国致しました!

2015_001

    先週、函館を訪れて交流をした、内藤敬先生代表の
  「北京師範大学珠海分校・聯合国際学院、弓道文化交流訪日団」
  一行は、予定の全ての行事日程を終え、無事帰国されました。
   函館での交流の際、お世話になりました皆さん!
   ありがとうございました。
  団に成り代わり心よりお礼申し上げます。
   ご存知のように、中国の大学は9月始まりですので、
  それぞれの大学に戻り、今頃は勉学に励んでおられることと思います。

   先週その交流をお伝えする文をこちらに書きました。
  その際も、触れておりますが、
   若い彼らの彼女らの心に、この訪日の旅で得られた モノ をそれぞれ
  いま中国へ持ち帰り、それを学友に家族に周囲の人たちに伝えて
  くれていると思います。
   それは逆にわたしたが、得た モノ でもあるわけです。
   上は函館での高校生徒の交流を伝えて新聞記事です。
        「的を射る心は同じ」
           中国で弓道学を学ぶ学生
            市函館高を訪問し交流
    中国で日本の弓道を学ぶ北京師範大学珠海分校(広東省珠海市)と
   聯合国際学院(同)の学生計26人が8月30日、市立函館高を訪れ、
   同校の弓道部員と交流した。
     一行は元札幌第一高の弓道部監督で、現在は中国で弓道を教える
   内藤敬さん(80)の教え子。同24日に来日して大阪や千葉の大学の弓道
   部員と交流した後、函館に入った。中国の学生たちが市立函館校を訪れる
   のは昨年に続き2度目。
    同校弓道部を代表して副部長の河合達也君(2年)が「ニーハォ」と笑顔
   で歓迎のあいさつをし、記念品の交換した後、1人4本ずつ矢を射る形式で
   交流試合を行った。同分校2年で日本語を専攻する翟佳楽さん(19)は
   「弓道は矢が当たった時が面白い」。河合君は「言葉が違うので大変だが
   他国の人との交流は楽しい」と話ししていた。
     一行は札幌も訪れ、9月6日に帰国する予定。
                                (内藤晶子)
          北海道新聞9月2日 夕刊 みなみ風
    と、紹介されております。
   北海道新聞社、内藤記者さんありがとうございました。
    とりわけ
              「的を射る心は同じ」
    という題が的を得ている?のでは。
 
    この団は訪日記念の冊子を毎回帰国後御作りになってますので
   それが届きましたらその時また紹介いたします。
    とりあえず、先週の交流のお礼を、申し上げます。
   ありがとうございました!!
    また、このような機会がございましたら、どうぞご協力くださますよう
   お願い申し上げます。
                           函館日中友好協会

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月 8日 (火)

駐札幌総領事、歓迎の夕食会

Yjimage_2   9月7日、函館市を表敬訪問の為訪れていた、
  駐札幌 孫振勇 総領事ご夫妻ご一行をお招きし、
  函館日中友好協会主催の、関係夕食会が、
  函館山山頂レストラン・ジェノバでもたれました。
Yjimage_3_3  午後は、函館市市長との会談や
  市内の見学などでお忙しい予定を
  こなされ、総領事ご夫妻を、お招きし
  夜景を見ながらの夕食会、
  ということで、会場を函館山山頂レストラン
  ジェノバさんで開催いたしました。
  ごくごく少人数の歓談となりました。
                この日、夜景はとりわけ奇麗で空気が澄んで
               いたせいでしょうか、夕方からもう
               暮れなずんでくるあたりから、輝きが普段にも
               まして奇麗でした。
   山頂へ向かうロープウェイは相変わらずの込みようで、並んでみなさん
   お待ちの列ができていました。その脇をまた次から次へと観光バスが
   到着、そこからもまたドット函館夜景を目指して観光客の皆さんが
   降りたってきます。
    そして、これまたいつもの事ですが、登り始めたロープウェイのゴンドラの
   中で聞こえる中国語の感嘆の声!
    そのほかの言語も。
Yjimage_1   山頂レストランからの眺めも
  それはまぁ、何度も見ているのに、何度も
  感動させられる、こんな美しい夜景が。
   この夜景を視野に置きながらの
  食事と、領事の流暢な会話で同席者を
  退屈させない心配りにとても感心致しました。
    特別の計らいをいただき、
   山頂レストランジェノバさん、ありがとうございました。
   また、ロープウェイ様、ありがとうございました。
Yjimage_2_2  総領事ご夫妻にもきっと
 忘れられない、函館の印象の1シーンと
 なったことでしょう。
  みなさんのお陰で、またまた
 函館のファンが増えました。
  函館と言えばこの景色を思い出し、
 その文化と環境と人々が暖かいことを
   幾度も思い出していただけるものと思います。
     席上、
    高倉健の撮った映画の中で、少なくない数の作品が
   北海道を舞台に、
     それも、函館を舞台にしたもの、函館が映っているものなどがありますが、
   わたしは何度かこちらにも書かせていただきましたが、
    昨夜の話でも話題になった、
    日本人には余り関心がない・・・というか誰も知らない
   中国での題名は「追捕 ヅィ・ブゥ」(邦題、君代憤怒の河を渡れ)の
   話になりました。領事もご覧になっていて、今なお印象に強く残ってるようです。
    あの映画、日高のあたりが舞台となってると思っておられたようですが、
   映像的にはかなり道南の映像が使われていまして、特に大沼周辺の
   あの駒ヶ岳の独特の形などが多分一度ご覧になった中国の方ならすぐに
   あの映画!と思い出していただけると思います。
     それを、前にも書きましたがここで撮られた・・・という宣伝というか
   アピールというかもっとされた方がいいと・・・・何度か書いてます。
     昨夜もちょっとそんな話題で領事とご夫人とで盛り上がりました。
     あの映画「非誠勿櫌 フェィ・チェン・ウー・ラォ」(狙った恋の落とし方)
   が、すぐにあぁした人気になり、看板一つ立ってるだけ??で、
   その場を訪れてくれる中国からの観光客が絶えることがない、というのですから
   映画の宣伝効果恐るべし!です。
     着任いらい精力的に道内各地を回っておられる孫総領事には、
    今後もどんどんいろんなところにその足跡を残していただいて、
    北海道は広くて大変ですが、多くのところをご覧いただきたいと思っております。
    そのうえで、また函館へもお立ち寄りいただく機会があるものと、思います。
    間もなく、中国は国慶節を迎えます。
    大型連休です。
     沢山の方が北海道へそして、函館へいらっしゃっていただけるのを
    お待ちしております。
      参加のみなさん、ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月 7日 (月)

「はこだてグルメサーカス」終了!-ありがとうございました!

Yjimage_3

  2015年「はこだてグルメサーカス」2日目、9月6日(日)も無事終了!
 この日は、日曜ということもあって、前日より人出が多かったのでしょうか、
 早めに予定の数量を完売いたしました。
   ということで、二日間ともとても順調に売れて、順調に過ぎました。
 ありがとうございました。
   昨日、二日目は特に早くに完売して、喜んでましたが、今日になって
 気づいたことは、こちらがわの事前の予測を裏切って?こんなに早く品切れ?
 になったのは、どうやら、一日目と二日目の売れきれスピードが違うのは
 どうやら、犯人??はお手伝いいただいた留学生にあるようです。
  というのは、これ多分ですが、
  一日目のお手伝いいただいた留学生と二日目の留学生は別人で、
 尚且つ、学校も違ったりして、まぁ同じ学校でも結果は同じと思いますが、
U1894701930344729029fm21gp01 発泡スチロール製容器に
 今年の販売は「中国粥」なんですが、
 早い話が、人によってその容器に盛る量が
 一定でないのは無論のこと、
 気づいたのは、二日目の留学生が
 盛がよかった、好すぎた??
  のが原因では・・・と。
   道理で早めに売れきれるはずです。
  これだよこれ。まぁ、犯人?が判っても笑えるからいいんですが・・・
  二日目のお客さんの方が得した?ということですかね・・・
  一杯あたりの量を、ほんのちょっと違えただけで何せ数ですから
  相当最後はのところでは違ってくるわけであります。
    何か??事前に計算した数と、違ったのはそんなことでした。
   何はともあれ、二日とも予定の数量を完売し、
  留学生たちも初めての?体験??でしょ・・・きっと
  喜んでいただけました。
   意外だったのは、会場詰めかけた方がたくさんいらっしゃるわけですが、
  留学生の交際範囲というか、アレ?何でこの留学生がこの人と知り合い?
  ってな場面にも出くわし、
   へぇ~・・・の連続でしたよ。
   全ての協力をいただいたみなさんに、
   お買い上げいただいたみなさんに、
   心よりお礼を申し上げます。
   ありがとうございました。
Yjimage_4
                    函館日中友好協会

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月 6日 (日)

「はこだてグルメサーカス」 1日目 

Yjimage

  天候にも恵まれ、2015年「はこだてグルメサーカス」一日目、9月5日、
 大変な人出でした。
   先ずは、お礼を!
  「函館日中友好協会」今年も、友好姉妹都市の関係で、天津市の枠で
  出店させていたたいておりますが、
   昨日は、「中国粥」を予定の数売り切りました。
   お買い上げいただいたみなさん! ありがとうございました。
Yjimage_1   そして、この日の出店の為にお手伝いいただいたみなさん!
  ありがとうございました。
   留学生のみなさん、お手伝いありがとうございました。
   そして、今日もまたどうぞよろしく願いいたします。
   会場を見ていますと、もうかなりお客様の方にも会を重ねるごとに
  馴染んだ感じがあります。
   最初からきちんと、狙いを定めて?どこで何を食べるかをお決めになって
  いらっしゃるお客様と、
   会場を歩きながら、目についたものをその時の気分で選んで楽しんで
  いらっしゃる方が。
   出店者側も同じで、
   もう、最初からプロの方たち、
   こちらはもう、お店をお持ちでかつ、こうしたイベントへの出店もここ函館に
   限らず恐らく全国どこへでも?いかれてその場その場で人気を博している
   有名店?の方たちは流石!慣れてる。
    プロですから、手際もいいし、道具もいい。
    もう一つは、イベントの為に駆り出された?人たちですが、
   その中で、観光施策の一環として行政からお出でになってる方たち、
   概ね、町の宣伝と、町の物産を紹介しますので、そうした物を並べて
   販売されておられます。これはこれで、普段目にしない、手に入らない
   ものが、この二日間手に入り目にできる、とても良い機会です。

    さて、私ども並びは、それとはまたちょっと別でして、
Yjimage_2    多分、その地域の宣伝と同じように、姉妹都市・天津の宣伝をする為に
   天津の物産でも並べれば、簡単というか、その方がいいのでしょうが、
   私ども協会でそうしたモノを持ってるわけでもなく、協会自体が、日中という
   くらいで、天津のみに何かあるわけでもありませんので、都市間での交流で
   函館にはそうした、国と国ではなく、都市と都市の交流を主体とした団体も
   ございます。それはもう町の名前が織り込んである協会さんです。
     この点でも、ちょっと特異ないちにあります。
    で、毎回何か食べ物を提供させていただいてはおりますが、
   上のプロの形とは違い、頭にドがつくシロウトですので、
   毎回、毎回のてんやわんや、
    更に人でもないので、留学生だのみ?です。
    ということで、会場にお越しの際はその点を少し多めにみていただきまして、
   また、留学生が店番?売り子さんをしてますが、   
    この点でも、多少上手く時にその方にもよりますが、日本語が伝わりづらい
   何てなこともあるかも知れません、
    それもまた、このイベント、この会場ならではの、
    国際交流?の一コマとお考えいただいて、
   今日もまた、どうぞよろしくお願いいたします。
                      函館日中友好協会
                      2015年9月6日

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月 4日 (金)

はこだてグルメサーカス!明日から - 函館日中は「中国粥」

Yjimage_1  明日から始まる

  「2015・はこだてグルメサーカス」の準備に追われています。
  今年は、友好姉妹都市ブース、函館日中友好協会は
   「中国粥」で出店です。
  どうぞよろしくお願いいたします。
U1894701930344729029fm21gp01  1碗 300円
  干し貝柱や、その他でしっかりダシをとった
  お粥は、な~んにも入れなくともそれだけで
  美味しいですよ。
   美味しい以外にも体にも優しく、
  美容?にも好いという、優れもの、
                 手軽に味わっていただけると思います。
   みなさまのお越しをお待ち申し上げております。
    今回で「グルメサーカス」何回目??
   第一回から参加させていたいております。
     一回目は、水ギョウザでした、
     二回目は、羊肉串ル ヤン・ロゥ・ツァ―ル
     三回目は、 煎餅 ヂェン・ビン
   ということは四回目かぁ・・・・

     もう、慣れてもいい頃と思いますが、
   何せこれが、一年に一回だけのそれもこの二日間だけですしね、
   それに、
   函館日中という団体は別にこうした事をする団体ではありませんので、
   毎回そうですが、こんなに大量に食べものを作った扱ったりしたことも
   ありません。
    お隣の韓国ブースは慣れてるんですよ。
    きっと、日韓友好協会の会員のどなたかに、韓国料理のお店の方か
   プロの方がおられるとお見受けしました。
     その点は、日中友好協会は、全くの素人です。
     日中に入ったら何故かそんな料理やら店番をさせられている・・・
   というような、まったくのシロウトです。
     どうか、みなさん、そうした点を事前に知っていただいて、
   ですので、道具も持ち合わせておりませんし、
   ノウハウもありませんし、人員も・・・
     ・・・・というなかでの出店です。
Yjimage
     他のブースは、遠くからいらっしゃてるその専門のお店の方や、
   プロの方の出店が多いです。
     そうしたものと比べられると、本当の見劣りしますが、
    どうぞよろしくお願いいたします。
     明日5日(土)と、明後日6日(日)の二日間のみの開催です。
   大門グリーンプラザ、出店位置は毎年同じですので、
   いらっしゃたことがある方はすぐに分かると思います。
    初めての方は、この行事かなり大がかりですので、会場も広く、
   当日いらっしゃると、多数の案内人やら案内パンフが用意されてます。
    そちらをご覧ください。
    既に地元紙、「北海道新聞」紙上に何度も案内が多く出ています。
    人でも年々多くなってきて、大変なのであります。
   留学生が店番をしてますので、交流もして下さい。
    歓迎!
                                                     函館日中友好協会

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月 3日 (木)

訪問団的心里上留在東西

  国際交流と呼ばれる?国を超えての人々の交流はこれ自体がかなり日本的。

 何故なら、日本以外の例えば、地続きで国境を持つ国々にとって、それは極ごく
 日常のことであり、わざわざそうした名を付けるほどのこともない。
   日本はたまたま周囲が全て海ですので、海を越えてやってきた人たちの交流を
 こう呼びならわしています。さて、昨日はこちら側から今回函館を訪れた弓道訪日団
 との交流の視点を書きました。今日は逆に、やってきた訪日団の視点に立って今回の
 函館訪問を見てみましょう。
Yjimage_4 昨日は市電の中での様子など紹介いたしました。
 そして、函館山登山をしたわけですが、
 たとえば、山道を歩いていると、わたしたちは登って
いるところですが、下山の人たちが向こうからやって
きました。年配の方がすれ違いざまに、
 「こんにちは!」とわたしが先頭で歩いてますので
一番最初にわたしに声をかけてすれ違い、行きかい
ます。
 最初、中国の学生たちは、
 「先生(わたしのこと)の知り合いですか?」という
  から、「いやいやあれはわたしに言ったのではなく、すれ違おうとするわれわれ全員に
  言ってるのであって、今の人たちに限らずこれからすれ違う人たちも必ず同じように
  挨拶しますから、今度すれ違う時は気を付けて見ていて、こちら側から同じように
  挨拶してあげましょう・・・」と言いました。
    「知らない人でも挨拶します、それはなぜですか?」というから、挨拶は別に
  知ってる知らないに関係ないでしょ、こうして偶然山道ですれ違うそのこと自体が
  もう、知り合いでもあり、第一気持ちいいじゃないですか・・・と、説明。
    その後は、下山者がいると、いきなり全員が大きな声で次々に、
  「こんにちは!」「こんにちは!!」「こんにちは!!!」と連呼するもので、
   多分、あの時すれ違った下山者の方々は、今日はまた不思議な体験をした
  と、思っておられることでしょう。
    狭い山道で相手に路を譲る、挨拶する、互いに気持ちよく過ごす、
  どうしたら、互いが気持ちよくできるかを、互いに相手の立場に立って少しづつ
  相手に寄り添う、その気遣いを大切にし、それに感謝する、日本人の長く
  培った文化を体験。
Yjimage_3
  もう一つわたしが目撃?した体験は
 山を降りてきてこのあたり、べィエリアと言ってますが、
 先にもちょっとお話ししましたが、
  日本の小学生たち、修学旅行だと思います。
 小グループに分かれ自由研究?っていうんですか?
 テーマをもって組みごとに活動をしてるようで、
  中国人学生の数人が歩いてると、その小学生たち
 青森のナントカ?という町の学校の子供たちですが、
 自分の町を紹介し、旅行者にそれを知らせ、旅行者
 の住む町との比較?みたいな?テーマのようです。
  中国人と知らずにこの小学生たちは声を掛けました。
   「あの~ちょっと、いいですか?」これぐらいの日本語は分かる団員もいて
   足を止めました。子供たちが説明を始めます。ところどころ通じません。
   アレッ!!子供たち、気づきましたよ!!さて、どうするか・・・・?
   途中であきらめちゃう?
    そしたら、中国側から、「中国は知ってますか?」と逆に訊かれ、
   「ハイ!」と、子供たち「広州は?」「え~・・・中国の町ですか??」
   「あなたたちの町はどこ?」と、尋ねられ子供たちは自分たちが用意して
   いた刷り物を出し、一所懸命に説明。青森・・・そして、こう行って・・と
   訪問団はたったいま函館山から青森方面を望み、下北半島を指して
   あれが青森だ!青森だ!!と騒いでたので、青森チン・セン
   中国語読みではチン・センと言いますと、中国語指南。
    一人の小学生が、「僕は北京知ってます。今世界陸上やってました」と。
   「世界陸上」が通ぜず、走る真似やらやり投げの真似やらでどうやら通じた。
    小学生は目的の自分たちの町の宣伝のために、その刷り物を団員に
   わたし、「こんど、わたしたちの町にも来てください!!」と宣伝!
   これで彼らの課題は解決!!
    わたしは近くでやり取りを聞いてましたが、ワザと助けずそのままにまかせて
   いました。それが好いと思った、それが交流だと思った。
    後での感想は訪ねてみた。
    中国側の感想は、「かわいい!」「熱心」「面白い!!」といったものから、
   「日本の子供たちの我々(中国人)に対する印象を聞きたかったが、
    聞かなくとも様子でだいたい分かった、全くこだわりがなかった」との感想。

     旅行日程の中の、この日はたまたま公式の訪問がない自由な一日
   でした。そうした中でこの団の人たちの心に、函館市民がまた日本の人たちが
   日本街並みが、日本のいろんなしきたりが、
    彼ら彼女らに多くのもの(東西ドン・シィ)を残してくれたものと思います。
  それらはきっと一人一人の心の中に根を張りいつまでも残り続けることでしょう。
    
              中国弓道访问团的各位部员;
               感谢对我们的热情亲切!
                   感谢给我们的美好回忆!
             
                    函馆日中友好协会
                           东出 隆司

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月 2日 (水)

中国弓道訪問団、在函館留下的回憶

P8300159_3

   内藤敬先生「訪日弓道文化体験団」の皆さんは、予定の日程を終え、昨日朝
 函館を離れ、次の訪問地である札幌へ向かいました。
  朝早く、見送りに行って参りました。ちょっと朝早かったので団の皆さんは大変恐縮
 しておりましたが、朝にも楽しい思い出があり、こちらも一日ほのぼとのとした気分で
 過ごすことが出来ました。
   毎回、この団に限らず、函館日中では要望を受けたり、他の団体からの要請で
 訪問団の受け入れのお手伝いをさせていただいておりますが、
  わたしが、個人的に注意というか心がけている点は、
  わたしどもの場合、中国からのお客様ですが、そのお客様と、わたしども協会が
 その関係者が迎えるのは当然のことですが、できるだけ一般の方とも触れ合う時間
 を多く持ちたい、その為にはそうした時間なりそうした場?があるように心がけて
 おります。ですので、一昨日の函館観光の中で、例えば市電に一度にああして
 大勢の中国の人が乗り込んできて、恐らく今函館のどこかで「行き成り中国人が
 大量に押し寄せてきた・・・それも市電に・・・」と話題になっているはずです。
   ですが、彼ら彼女らの行儀の良さも序にあの時気づいていただけたらなぁ・・・
 と、思います。お年寄りが乗り込んで来れば直ぐに立ちます。大きな声を出していた
 のは、日本人観光客の方が中国の人に話している話声で、そちらの方がずっと
 大きかった。それをきっと知らない人は、中国人はうるさかったと、今言ってるかも。
   市電の奥の方の座ってらした旅行客の多分ご一家だと思います、娘さんを連れて
 の観光なのでしょう、奥さんの方がずっと以前に中国語を習ったことがあるとのことで、
 中国語で奥の方で何やら数名と片言の中国語でお話をされてました。
  降り際、世話役だと思ったのでしょう、わたしに「こんなところで、予期せず習った
 中国語が役立ち、自分の娘とそう変わらない年代の中国の人と話せてとても嬉し
 かった、できれば電車降りたくないんですけど・・・」と言ってくれた、
   ことなどを思い出しています。
P8300160     弓道の交流ということで、市立函館高等学校の弓道部のみなさんとの交流を
 セットしました。これもまた、前に書きましたように、試合が終わってからの、道場内での
 ほんの短い時間を利用しての、立ち話での交流を用意していただきました。
   たった今試合が終わったばかりの、はかま姿のそまま、いつもと変わらない道場の
 何の飾りもないそういう場所で、こうして実に楽しそうに、交流はできるんだ、という
 ことを教えてくれます。
   多分自分の言いたいこと、相手の言っていること、その何分の一しか伝わって
 ないでしょうね、ですが交流はつまるところそうした言語の問題を超えてその先に
 自分が相手が言いたいことを理解し、互いに何を求めているかを真摯に聞き、こちら
 の伝えたいことを懸命に伝えようとするところにあるわけでして、
   実に楽しそうな学生たちの笑い声が聞こえていました。

   恐らく、訪問団が函館へ残したものは、
  それぞれの、短い時間ではありましたが、触れ合えた人たちの心の中に
  それぞれの形で残されて、生き続けていくものと思います。
  それは、同じように日本を今回訪れた、訪日団の彼らの心になかにも
  いつまでいつまでも刻まれることでしょう。

   今回も団の迎え入れや、
   歓迎の行事、その他こうした日程の中で
   多くの方にご協力をいただきました、ありがとうございました。
   ここに改めてお礼申し上げます。
  また、このような機会がございましたら、どうぞご参加ください。
  ありがとうございました。
                         函館日中友好協会
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月 1日 (火)

内藤敬・弓道訪日団、二日目 ー 在函館

  去年もいらっしゃいましたが、今年は函館が気に入っていただいたのか、

 去年は函館一泊だったのが、二泊となりました。
  ということで、今日はまるまる函館観光!!
P8310163
 函館湯の川、というところに泊まってますが、
 今日は、函館山登山!!
   朝は連日の強硬スケジュールもあって、ちょっと遅めに設定して、
  10時集合!!
    まずは、函館の市電体験!
   市電で、山の麓の十字街という地区まで移動。
  賑やか!
    でもこの人たち、かなり教え込まれてるのか、
   湯の川はまだ乗客が少ないのですが、
   途中乗り込んでくるお客さんをみて、ちょっと年代が上の方が
  乗り込んでくると、サッと立ちますね。席を譲ります。
   車窓の風景を見ては、あれは何?と、
   車内では、函館観光にいらしたというご婦人二人組が興味しんしんで
  日本語で語りかけてきますが、なかなか通じず、
   そこで、助け舟を。
   このお二人、自分たちが中国旅行に行ったときの話を滔々とされて、
  終わりません。
    ついでに?あなたたちはこれからどこ行くの?なんで日本に、
  函館に来ているの?と矢継ぎ早の質問。
    退屈せずに?着いちゃいました。函館山麓。
P8310164  いよいよ、登山口へ、
  ここはもう坂道が始まってますが、
  まだ山道ではありません。
   こっから、函館山旧参道へ
 向かってます。
  ちょうどいい気候、
  不熱不冷 ブ・ルゥ・ブ・ロン
   熱くもなく寒くもなく、の心地よい天気です。
   函館山は300メートル程度のそんな高い山ではありませんし、
  山道も整備されてまして、みちみち、周囲の樹や花を
  楽しみながら登れます。
   だいたい、1時間を見込んで、登り始めて
   1時間ちょっとかかりましたが、
P8310166
  到着!!
  いつみても奇麗な景色です。
  心配していたは同行の日本人の方で
  学生はまぁ若いですから、
  あまり心配してませんでした。
  ほぼ、その通りになりました。
P8310165  
  旧山道途中の映像がこちら、
  ふざけあってます。
  ちょっと樹の間に見えた
  海で騒いでます。
   山頂ではみんなそれぞれの
  ポーズで写真撮りまくり、
   山頂のお土産売店で
   お土産買いまくり。
     山を降りるのは流石に早くて、
   予定よりも早く降りちゃいました。
   そのあとは、べィエリアでのお買い物
   ここでもまたまた買ってましたよ、
    何よりも天気が良くてよかったです。
   歩いてると丁度どこかから来ている、日本の小学生のあれは
   何というんでしょう、修学旅行できて自由研究というのでしょうか
   グループで歩いて何か目的をもって課題があるようです。
    そんな小学生がそれとは知らず、中国人団員に話しかけて
   ちょっとしてから、アレ?と気づいたのでしょう、
    それでも頑張ってゆっくり話したり、こっちもメモを書いたりして
   交流??してましたよ。
    この交流まったく予定にも予想にもなかったですが、
   よかったですね。
     突然の小学生との交流が、
   一番の収穫でした。
    もちろん車中のあの年配の旅行客との交流とか、
   普通の訪問団では考えらない交流が出来ました。
    きっと大学生の心にもいつまでも残ることでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »