« 長江沈船事故報道に見る日本 | トップページ | 今週の中国語ー 「ドローン」- 四旋翼飛行器 »

2015年6月 5日 (金)

“東方之星”整体扶正全力捜救 

U7074711252767973973fm11gp01  続報です。

  事故現場の様子は、各国の報道関係機関が入ってますし、

  当事者・中国にとってそれはもう重い重い事件なので、

  かなり詳細に、遂次現場の様子が見れるようになっています。

    全体的には、日本でも知らされているように

  “東方之星”ドン・ファン・ヂィ・シン というのが船の名でして、

   整体扶正 ヂェン・チィ・フゥ・ヂョン と言ってますから、

   吊り上げて位置を移動させる作業に入っております。

   その上で、全力捜救チゥェン・リィ・ソゥ・ジュゥ 全力で救助に

   当たると、言ってます。

838ba61ea8d3fd1fefcc97a5354e251f94c 朝方ちょっと霧が濃く立ち込めて、

 引揚作業にも影響が出るかと思えたのが

 その後、この川霧は陽が昇りはじめると

  ともに、胡散霧消、

U7019223643605217926fm11gp01  引揚作業はほぼ順調に進んでる

  ようです。

   この船を少し引き上げて位置を

  多分川岸の方へ移すんだろうと

  思います。

U4138383697255852999fm11gp01_2  徐々に船体が姿を現すその様子も

  動画で見ることができますし、

   繰り返し中国では報道されています。

  残念ながら生存者の可能性は今のところ

   報じられておりません。

Bd3eb13533fa828b06f1a37cf81f4134960  船の上の階の部分は押しつぶされて

  ひしゃげている様子なども見ることが

  できます。

   で、中国政府はトップが陣頭指揮しての

   「政治局委員会、徹底査明客航、翻沈事件原因」

   と、言ってます。

    台湾のメディアで、ちょっと踏み込んだ事故に関する記事を

   見ましたが、まぁまぁ、そうは言っても事故原因はこれから

   でしょう。

     今になって思えば・・・・、という話はどの事故の後にも

   言われて、それはそれで悔やまれますが、

    事故ってやつは必ずそうした、一つだけの原因ではなく

  今回の場合は、悪天候ですが、

    その状況下で選べる手段は色々あった、

    有ったがその処置を取らなかった、

    では、それは何故か??

    ここに原因があるので、それはこれから明らかにされ、

   今後の教訓となるし、是非していただきたい。











  

|

« 長江沈船事故報道に見る日本 | トップページ | 今週の中国語ー 「ドローン」- 四旋翼飛行器 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/90348/60261103

この記事へのトラックバック一覧です: “東方之星”整体扶正全力捜救 :

« 長江沈船事故報道に見る日本 | トップページ | 今週の中国語ー 「ドローン」- 四旋翼飛行器 »