« 中国、少年病 | トップページ | バンドン会議での習近平演説 »

2015年4月23日 (木)

どう見る、「日中首脳会談」

Yjimage5_2
  昨日の、今日でまぁ話題になるのは判りますが、

 わたしとしては、余りそんな気乗りはしない・・・が、今日も

 出先でどう思う?と尋ねられたり、ちょっとその話題にもう今日

 一日だけで何度かお話している。

  面倒なのでここで纏めておく。

   まずですね、新聞その他マスコミは全て「日中首脳会談」が・・

  と言ってはおりますが、あれで首脳会談?と言えば会談だし

  どうでしょうね、30分に満たない・・・ということは、

  通訳通しますんで、10分くらいの互いに挨拶をした程度の

  もので、踏みこんでませんから、あれをもって「日中首脳会談」と

  わたしは思ってはいない。日中首脳が会った、とは言える。

   あと、日本の報道もいま出先から帰ってきてよく見てないですが、

  多分、上手く行った好かった、報道になってるんですかね?

   まぁ、そういう捉え方でもいいですが。

   だから、上で言ってるように挨拶程度ですから、それなんで、まぁ

  どう転んでも、挨拶ですから・・・。

   それでも、前回のあの

Yjimage6_2  そっぽ向き不機嫌、会談は

  さすがに会うと言っといてあの不機嫌さと

  会いたくなさまるだしは、ホストとして

  失礼だろう、との周りの諌めもきいて、

  今回は、その点は改めたようです。

    もう一つは、

  わたしが感じるのは、中国側の余裕ですね、

  前はその余裕が、色んな意味であちらに余裕がなかった、

  ギリギリのところで、やってるから、気遣いなどもなかった。

    今回は、明らかにちょっとですが

   余裕を持ってますね、

    そんな感じをお受けになりますか?

    実は、この余裕が怖いんですけどね、

   ということで、

   わたしの感想は

    中国の余裕が透けて見えた会談でした。

   












|

« 中国、少年病 | トップページ | バンドン会議での習近平演説 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: どう見る、「日中首脳会談」:

« 中国、少年病 | トップページ | バンドン会議での習近平演説 »