« 春運、正月はバスに乗ってやってくる | トップページ | 春運・マイカーに乗って回家 »

2015年2月12日 (木)

春運、お正月はバイクに乗ってやってくる

U1372206851898787928fm21gp01 主に、民工ミン・ゴンと言われる

 農村から都市への出稼ぎの

 人たちをさす、民工という人たち、

 こうした人たちは時に、一つの村から

  仲間を誘って、或いは誰かの伝手で、都市部の建設現場などに

  仕事を見つけ、そのままず~っとその現場で生活をし長く

  故郷へ戻らず、流石に春節には帰ろうか・・・・と、

  なり、子供へのお土産なんでしょう、子犬を背に子供の待つ田舎へ

  急ぐ、お二人なんでしょう。

    こんな光景がこの時期見られるのも、春運のひとつの形態。

   多分みなさんが想像されてるのは、そうした人がいるのは理解

  されるでしょうが、これがまた、その数が半端じゃない。

U18916681801597575791fm90gp01 こんな感じ。

  これよりもっと多いことがあるらしい。

 これ位の奴は見たことがある。

  凄い数に圧倒された。

   大体が一つの大きな現場で働く人たちは最初に書いた様に

  伝手を頼って集まってくるので、ある程度同じ村であったり

  隣村レベルの近くの地方からのかたまって来ているという

  事情もあるのでしょう。

    それなら、一緒に帰りましょ!

  って訳でこうなる。

    昨日もテレビ(中国)を見ていたら、

   インタビューに応じてた民工の人は、

   「列車で帰ると、一人600元かかる(・・・ということは相当

   遠いですよこの人)二人で1200元節約できるので、

   騎摩托車モゥ・トゥ・チュー(バイク)で勿論帰るわよ・・・」と

   応じていた、そのインタビューの最中にも手にしてるのは

   インスタントラーメン。

    食べ物も節約しても故郷の子供たちの何か・・・・という

  どこも同じの親心。

U15934538492759770005fm21gp01 その期間だけこんな

 サービスも。

  こちらで、暖かいものを提供。

  恐らく、お湯が手に入るというだけでもありがたい。

   ということで、この騎摩托車・春運の人たちもかなりの数います。

  一番上の犬をお土産に故郷へ帰るお父さん、お母さん、

  どうぞ、安全運転で!!

    心配なのは交通事故です。

   道中が長いと、山沿いの路が気温が低く、雪だったりもするんです。

   また、結構北の人にもこうした人たちがいますので、

   雪道を走る・・・なんてなこともあるんですね。

    







|

« 春運、正月はバスに乗ってやってくる | トップページ | 春運・マイカーに乗って回家 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 春運、お正月はバイクに乗ってやってくる:

« 春運、正月はバスに乗ってやってくる | トップページ | 春運・マイカーに乗って回家 »