« 今年の春運ツゥン・ユンは | トップページ | 春運、お正月はバイクに乗ってやってくる »

2015年2月11日 (水)

春運、正月はバスに乗ってやってくる

U2052973642292409331fm21gp01 お正月帰省というと、どうしても

 すぐに列車(火車)を思い浮かべますが、

 中国では実は欠かせないのが

 長距離バスでの移動。

  長距離も、長距離、凄い距離をひた走るバスにもあるには

  あるのですが、

   まぁ、ここでは中近距離はバスが担当していると言っておき

  ましょう。

   中国の人のイメージする中距離はどれ位ですかね・・・

  恐らく北海道はじはじくらいの移動、500キロ~1000までくらいは

  中距離と認識されてるのではないでしょうか。

   それに、あの広い国ですから鉄道の線が走ってないところも多数

  ありますので、バスの移動は必然です。

   これがまた、春運ツゥン・ユン、特別体制に入ります。

  もともと、上の画のような列車駅にも負けない?大きなバスターミナル

  が各都市にはあります。

    ここに人が溢れますね。

U102306769958787304fm21gp01 こんな、感じ。

 毎日どんだけの便があるの!

 ってくらい次々に出て言って、

 次々に到着します。

   こちらも、今年になってコンピューターでの事前予約が出来るように

  なったようですし、

    以前と比べれば、乗客の切符購入に合わせてのバスの増発体制も

  かなりスムーズになってきてるようです。

U4298839922169312364fm21gp01 何よりも以前よりはバスそのものがよくなってる

 ので、その点ではかなり快適になってます。

  バスでの移動もまた、列車と同じように

 一本で届かない人が沢山いて

  バスを乗り継ぎます。

    大きな町から、中都市への長距離バスで移動し、

   更にその中間都市からまたバスに乗り換え、

   このバスは路さえあればどんな田舎でもゆくバスは、

   そこまで行けばもう乗ってるひとたちも故郷訛でしょうから、

   どこでも声を掛ければ、バス停であろうがなかろうが停まって

   くれるというやつです。

    こうして、ずっと故郷から離れていた家族が戻ってくる。

   ですので、中国の田舎の子供たちには

    “正月”はバスに乗ってやってくる。

    


|

« 今年の春運ツゥン・ユンは | トップページ | 春運、お正月はバイクに乗ってやってくる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 春運、正月はバスに乗ってやってくる:

« 今年の春運ツゥン・ユンは | トップページ | 春運、お正月はバイクに乗ってやってくる »