« 孔子学院の先生をお迎えして、二日目 | トップページ | 函館日中友好協会から、お礼 »

2015年2月28日 (土)

中国の大学と、日本語を学ぶ人たちをちょっと紹介

Photo 今日まで、二日間

 ご紹介した

 孔子学院の

 特別講座の

 中で、潘先生

 がお使いになった

  画像が、たまたま私のコンピューターの中にまだ残ってました。

   いまそれを削除しようと思って、

   待てよ!と、折角だし潘先生はこの画像を使ってもいいと

  おしゃってましたので、このまま此処でも潘先生がもう戻られた

  でしょう、母校の様子などを紹介し、その後に削除しましょ、と

  思い立ちました。ですので、わたしもこの大学は行ったことがない

  のです。でも、近年中国の大学はどこも急に立派になりました。

   それは大学だけじゃない!と言われれば、ごもっとも!!

  なんですが、上がその全貌というか外観らしいです。

Gate
 こちらが、大学の正門。何処の大学だって?

  まぁ、明かしてもいいんですが、どのみち

 どの大学もこんなような正門をもってますし、

 何処かよりも大学の紹介ですので、別に

  秘密じゃないですよ、秘密じゃ。でもこのまま進めますね。

_  こちら、大学図書館。これまた立派!!

  前にも書きましたが、中国の大学図書館は

  それはもう学生にとてもよく利用されてます

  ので、対費用効果?としては充分見合う

  というか、これくらいデカくとも中は満杯というか、利用率が半端なく

  凄いので、これくらいのは欲しいか。

__2  大学資料館なんてなのも持ってる。

  これまた、かなりデカそう。

  ずっと向こうまで廊下が見えてるし。

  どんだけ歴史があんでしょ。

Photo_2  教室のある本体でしょうか?

  それとも、事務関係が入ってる

  大楼なんでしょうか、校舎の一部

  でこんなビルです。

Road  校園シャォ・ユァン と言ってますが

  外を歩けば、時期ともなればこんな

  お花の咲く下を歩けるのでしょう。

  敷地がまたばかにデカイからなぁ~

Photo_3  日本語科の生徒さんたち。

  これがまた優秀な人たちなんでしょ、

  勿論、英語科やそのほか多数の言語

  に対応していることと思いますが、

   こんな感じで、

   ごく普通の授業の時もそんな印象がありますが、

   一番前の席から埋まっていきますよね、ここがまた日本と違う

  とこですね。

   と、ざっと中国の大学などを紹介しましたので

   この画像も処分します。

   ありがとうございました。

   潘老師! もう、中国へ戻られて、お正月休みも終わったので

   母校で授業されてるんでしょうね、きっと。

   どうぞ、お元気で!!


















|

« 孔子学院の先生をお迎えして、二日目 | トップページ | 函館日中友好協会から、お礼 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中国の大学と、日本語を学ぶ人たちをちょっと紹介:

« 孔子学院の先生をお迎えして、二日目 | トップページ | 函館日中友好協会から、お礼 »