« | トップページ | 中国の郵便局 »

2015年1月 7日 (水)

中国の年賀状 ー 賀年片フゥ・ニェン・ピェン

001
   沢山の方から、年賀状をいただいております。ありがとうございます。

  今年、わたしが出した年賀状はこれ。

  そして、2015年1月号ウェブ版「わたしの見た中国」は、

   賀年片フゥ・ネェン・ピェン 中国の年賀状

   を書いております。

   毎年中国の友人・知人からも年賀状をいただいてますが、

  なかなか凝ったデザインのものが多いです。

U890157505516181313fm23gp01 以前ですと、ハデハデなのが

 人気でしたが、最近では

 かなりシックにデザインや

 色使いもちょっと変わって

  きたように思います。

   でもまぁ、お正月ですからまだまだお目出度い紅ホン色

  が人気です。

    街が紅くなりはじめると、あぁ・・・お正月だな、と

  思えるわけです。

    文でもかきましたが、こうした年賀状、

  恐らく、日本・中国・台湾・韓国 くらいの国の習慣だと思います。

  わけても日本のそれは、旧日本郵政省もっと古くは逓信省の

  思惑にのせられていつの間にか各家庭かなりの量をだしてますが、

  若い人たちは徐々にメールなどに移行してるようで、以前ほど

  年賀状の発売枚数は伸びないようです。当然です。

    ましてや、中国では年賀状を出す人はそう多くはなく、更に一人で

  差し出す年賀状の量は知れてます。

    本当に仲の良い人に贈るカード。

   旧日本郵政省が画期的?だったのは、

   年前にどんどん出させておいて、そいつを貯めるだけ溜めて

  元旦に一気に配っちゃうという、旧日本郵政省にとっても、配達される側

  は元旦に受け取り正月気分を味わうという、一石二鳥の、一粒で二度

  美味しい、システムを考え出したことにあります。

   これ、おそらく日本だけだと思います。

   もう一つは、既成のハガキを使ったことです。

   更にこれに籤つき、を考えだしたところにも関心させられます。

U20646813132274872356fm23gp01 中国も早速それを真似て

 お年玉くじ年賀はがき

 ってのを郵政局が出した。

 何年前ですかねぇ

   もうかれこれ十年以上前だと記憶してます。

   これ、そこそこ売れはしてますが、日本のように爆発的に

  売れない原因はいろいろあって、

   上手く行ってません。

    年賀状のそうした話題や、

    年賀状を差し出すまであれこれを書きました。

   どうぞご覧ください。

    上のリンクをクリックしていただけますと、

   『隗かい』ホームペジに飛びますので、

   トップページに今月号の案内があります。

   まずはそちらをご覧ください。




|

« | トップページ | 中国の郵便局 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中国の年賀状 ー 賀年片フゥ・ニェン・ピェン:

« | トップページ | 中国の郵便局 »