« 『それでも私たちが中国に住む理由』 - 今週読んだ本 | トップページ | 立って食べる、について考える。-今月号は「站着吃」 »

2014年12月15日 (月)

誰も触れない、52%の投票率

W0201412143661018086821   この写真ともう一こ下の方にある写真。いずれも投票のそ様子を

  写したわたしたちには普通の光景ですが。これを見つめる世界の眼は

  実はまるで違うんだ、ということをお考えになったことはありますでしょうか。


   第47回衆議院選挙の結果を報じる報道は昨日はどこもその特別番組

 を組んで、当初自分たち(報道関係)が予測したその予測通りに“自民圧勝”

 に終わってことを喜々として伝えている。

   中国でもそのまま報じられております。

   見出しは、自民圧勝としておいて、

   「安倍笑遂顔開 シャォ・ズィ・イェン・カィ」

    笑遂顔開 の この四文字熟語この機会に覚えた方がいいかも。

    満面の笑み、ってやつですね、

  わたしの関心は、どこが勝ってどこが負けてもいいんですが、

  それは結果であって、いずれにしても結果はでるでしょ、そりゃ。

    問題は、最初から?危惧されていた投票率の問題です。

    一応、報道番組も見てはおりましたが、

    どの党も、どの候補者も、勝った当選者も、負けた落選者も、

    どの報道局も、どの解説者も、どの新聞社も、

    そりゃぁ客観的に「今回の投票率は前回を下回り・・・・」ってな

  話はしてますよ、してはいますがそこに問題あり!と誰一人言わない。

    そこにこそ、問題が。

  話はちょっと飛びますが、場所もちょっと飛んで、時間もちょっと戻ります。

    日本で飛行機でわずか3時間。話は、ホンコンへ飛びます。

    彼らが求めてやまない自由な選挙。

    或いは世界中にはもっともっと選挙そのものが成り立たない国が

    あるんですね、意外に多く。

    そうした国々や人々にって、上の画像のような・・・

    この投票場なんですかね、不在者投票場ですか、それともどこか・・

   まぁ兎に角、クリスマスツリー飾られているそんな投票場で出勤前なのか

   それとも・・いずれにしても気軽に投票できるそんな日本の選挙。、

W0201412143661019133351      そんな中で、投票率は52%。

     投票される側だってひと言あるべきでしょ、これには。

    投票を呼び掛けたマスコミの努力?もむなしく??この結果。

    この問題もっと真剣に取り上げる必要があります。

    先を急ぐのでここでは二つ挙げております。

    一つは、土曜に触れたように、ますます増える海外在住組の

    選挙権の扱い。

    もう一つは、高齢化。

    選挙民だって高齢化してるんですから、その点を考慮する

    施策ろ講じるべきでしょ、そろそろ。

      上の二枚の画像、中国ネット上で見られています。

      われわれには何気ないごくごく普通の画像ですが、

      これを見る世界の眼はまるで違っている、ということにも

      気づく必要があります。

|

« 『それでも私たちが中国に住む理由』 - 今週読んだ本 | トップページ | 立って食べる、について考える。-今月号は「站着吃」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 誰も触れない、52%の投票率:

« 『それでも私たちが中国に住む理由』 - 今週読んだ本 | トップページ | 立って食べる、について考える。-今月号は「站着吃」 »