« 『 1966年 』 今週読んだ本 - 今年のこの一冊 | トップページ | 香港 “占中” 衝突 »

2014年12月 1日 (月)

台湾は大荒れ - 馬英九(国民党)大敗

  既に報じられておりますが、11月29日、台湾・統一地方選の結果は20131014000025m1 国民党の大敗。

  そして、お休みを挟んでの今日、戦いすんで台湾はお天気も大荒れ。

   大変な荒れ模様の天候です。

   ちょっと、この関係のニュースを見る為に、台湾のサイトを覗いて

  ましたが、んん・・・繁体字はどうしてなかなか長く見てると疲れます。

    そんなのを見たあと、日本のニュースを見てみると、

  どうもその、どうでも(わたしにとって)いいことは中国のアレコレをネタを

 出してきては騒ぐんですが、肝心の(わたしが思うに)ニュースは触れない

 ですね・・・日本のマスコミは。

   テレビは余り見ないですが、それでも一応見るとはなしに見る新聞の

 テレビ番組表でもこのニュースを扱ってる番組は少ないらしく、殆どその

 項目にすら上がってないということはやってないんでしょ、きっと。

   新聞は「台湾地方選、国民党惨敗』-台北、台中市長選落選 との

  結果報告は伝えています。

U7265850834140719897fm11gp01 とりわけ、台北での敗北はショック・・なはず。

 更にショックだったのは、相手候補は無所属。

 それもこれまでは政治畑?にいなかった医師。

  これは何を意味しているかというと、

  ここでも、大分以前に台湾で例の学生が占拠していたときに書きましたが、

  あの時の学生たちが勝った、ということですよ。

    数か月を経ましたが、いま結論が出て、学生たちが勝利した。

   そこで、この台湾の激震が、

   実は飛び火して、香港へ。

   それが、昨日の香港のニュースなんですが、

   恐らく日本ではこちらもあまり重くは捉えられず終いでしょうね、きっと。

127264337_14173917653101n1 選挙の敗因はいろいろあるでしょうが、

 簡単に言ってしまえば、

 今あるその不満ですよね、

 それが爆発した結果と言えます。

   ということで、さてさて、日本の不満は・・・という風に話しを持っていくのは

  危険なんでしょうか?

    とりあえず、中国関係?という点では

   今年最大級のビックニュースが、つぎつぎと飛び込んできているのに、

  誰もそれをビックニュースとして捉えていないところに、

  日本ののんびりさ加減というか、

  平和だねぇ~・・・の

  感じをとても強く持ってるのは、わたしだけ??

    ということで、明日はその香港の話題を。








|

« 『 1966年 』 今週読んだ本 - 今年のこの一冊 | トップページ | 香港 “占中” 衝突 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 台湾は大荒れ - 馬英九(国民党)大敗:

« 『 1966年 』 今週読んだ本 - 今年のこの一冊 | トップページ | 香港 “占中” 衝突 »