« 中国と白菜、初冬の思いで | トップページ | 高倉健 と 中国 -  別了!高倉健 »

2014年11月18日 (火)

函館ユネスコ協会、留学生との交歓の集いへ

  函館ユネスコ協会主催、「第27回 留学生との交歓の集い」

Yjimage4_2 に参加させて頂きました。

  函館ユネスコ協会のみなさん、土谷会長、

    お招きをいただき、ありがとうございました。

   一昨日、日曜のお昼の集まりでしたが、

  毎回同じ感想ですが大変楽しい、一時を過ごさせていただきました。

  これまた、毎回同じ感想なんですが、どうしてもわたしどの会は

  当たり前と言えば当たり前ですが、交流の対象が中国からの留学生

  ですので、いつも普段は中国の彼ら彼女らとの交流をしております。

    ユネスコの会に出席させていただいて、いつも楽しいのはその枠を

  超えて、函館に居られるいろんな国からの留学生とお会いできるのが

  とても新鮮?です。

    今回も、たまたまお隣の席が韓国の方でした。

    彼は日本での就職が決まり間もなく函館を離れるそうです。

    次は京都へ。えぇ~、何か不思議ですね。

    とても、こなれた日本語を使い、何を聞いても応えていただけるんで、

   ついつい、色んなことを訊いてしまいました。

    会の冒頭では、函館を紹介する映像と、市の方がいらして英語で

   説明をされておられました。留学生に函館のことをもっと・・・という

   試みだったのだろうと思います。

    留学生にはとてもいい機会だったと思います。

    長く函館に滞在する型の留学生、主に北大水産学部などにいらしてる

  方たちや、数年の単位の留学の方はいいですが、結構一年だけで函館を

  去らなくてはいけないという人たちもおりますので、その意味でははこだて

  を知っていただくには、映像と数字で知っていただくことも大切ですし、

    留学に来てすぐは生活に馴染むのに大変ですし、それが軌道に乗ると

  今度は日々の暮らしはそれなりに忙しいので、意外に留学した先の

  町の事まで知る機会はないものです。そんなレクチャーがあったあとに

  各ご挨拶があり、開宴となりました。

    土谷会長のご挨拶は、この日会場にいる各留学生それぞれのお国の

   コトバを一言一言使って挨拶されてました。

    10か国語。調べるだけで大変です。

   音は我々が調べる時は恐らくカタカナ表記で音をつかまえるわけですが、

   この音の出し方と上がり下がりスピードとか、実際にどう話してるかを

   またユーチューブで会長は調べたらしいですが、何か国かはそれで

   実際の発音がわかり、その実際の映像が見つからなかった国もある

    とおっしゃってました。

    そう、意外にないもんなんです。特にアジアの言語。

  その各国語を使っての、一言の挨拶はでも留学生を驚かせていました。

    わたしが驚いたのは、土谷会長が意外?に中国事情に詳しい、

  ということです。

    留学生がカラオケで歌を披露。中国人留学生たちが全員で歌うことに

  なり選んだ曲が、鄧麗君ドン・リィ・ジュン(テレサ・テン)の曲。

    まぁ日本人のも馴染みの曲ですから、違和感はない。誰も知ってる

  メロディー。と、土谷会長が、以前はこの曲を歌うというだけで大変な

  時代が会ったんですよね・・・と言ってきた。

   そうなんですよ、テレサ・テンが大陸ではそうした扱いを受けていた

   そんな時代がついこの間まであったんですが、

     ですが、ひょっとすると今歌っているこの若い留学生たちはその事

   を知らないかもしれませんね。

   テレサ・テンは誰でも知ってますが、その中国の人でも知らない、

   後ろのエピソードを、ナント、土谷会長はその辺の事情を正確に

   把握されてるので、かなりの驚きでした。

     そんな意外性と、驚きと、色々勉強させて貰って、実に楽しい

    交流の時間を過ごすことが出来ました。

     重ねてお礼申し上げます、

     函館ユネスコ協会のみなさん、

   共催の国際ソロプチミスト函館のみなさん、

     そして、留学生のみなさん、

    ありがとうございました。

                         函館日中友好協会

                           東出  隆司




|

« 中国と白菜、初冬の思いで | トップページ | 高倉健 と 中国 -  別了!高倉健 »

コメント

いつも、ご出席を頂き有難うございます。新しい試みに関して不安がありましたが、東出会長のコメントで勇気をもらいました。工夫を凝らしながら、留学生にとって思い出に残る企画にしてまいりたいと思いますので、ご意見等がありましたら頂戴したいと思いますのでよろしくお願い致します。今後ともどうぞよろしくお願い致します。
函館ユネスコ 国際委員会 奈良岡

投稿: 奈良岡 真一 | 2014年11月29日 (土) 17時40分

 お礼を申し上げるべきはこちらで、毎回楽しい時間を過ごさせていただいております。わたしも会の代表をしていていつも思うのは、こうした催しを段取りし、開催するのはそれなりに大変で、他の会に出席させて頂いたときは、いつもその事を思います。
 本当にご苦労様でした。留学生たちにとってもとても好い思い出の日になったと思います。世界レベルの、国境を越えた、ユネスコ憲章にあるような運動がますます大切な時代になっていると思います。ありがとうございました。コメントも、ありがとうございました。函館日中友好協会。

投稿: 函館日中 | 2014年12月 1日 (月) 12時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/90348/58021754

この記事へのトラックバック一覧です: 函館ユネスコ協会、留学生との交歓の集いへ:

« 中国と白菜、初冬の思いで | トップページ | 高倉健 と 中国 -  別了!高倉健 »