« 高倉健 と 中国 ② - ガォ・ツァン・ジェン | トップページ | 『 満州鉄道の旅 』-今週読んだ本。アカシアの大連を行く »

2014年11月21日 (金)

中国での暮らし、月給は幾らあれば足りるのか?

U36649794751275096725fm23gp01_2  この、

  ・・・・一体月給って幾らぐらいあれば

 
   暮らしはやって行けるのか、或いは

   楽なのか・・・の問題はわたしがずっと

   追い求めてるテーマでして、永遠の課題

   でもあります。

  何故って、ホラッ、何と言っても時代が変わればそれも変わります。

  中国の今の変化の激しさから言ったら、数年は待てませんよ。

   また、大きい中国ではその地域差も大きくて、地方によっても

  変わります。それは日本だって、東京とわたしの住む町では貰う

  ものも違いますし、かかるものも違う。

    ということで、何時ま追い続けても、追いつかないテーマ。

    というのも、この話はもう何度か書いてまして、近くは・・・

  といっても2013年3月ですからかれこれ一年半前。

    毎日のように見ていた中国のトレンディードラマで、ある日ふと

  このドラマの主人公のような暮らしをするには一体全体どんだけ

  かかるの?ってか、どんだけ貰ってたらこんな生活できるのか??

  の疑問から、

    「月給は幾らあれば足りるのー北京編」 として書いてます。

   嬉しいことに、その実証がつい先日中国側から発表されました。

U2774872783934619374fm21gp01← それがこちら。

 中国では

 「安心感工資銭

   アン・シン・ガン・ゴン・ズゥ・チェン」

 と言ってます。

   要するにどんだけ月給があったら安心して暮らせるか、の指標です。

   各都市別に出てますが、ちょっと小さくてすみません。見切れますか?

   流石?上海が一番で もうすぐ1万元に届こうという、9250元。

   注目の?北京は、 8550元。

     いやいや、先に書いた自分の予測が一応そう的外れでなかった

   ということで、一安心??

     そうね、やっぱり8000元は欲しいよね・・・。

   序でに?わたしは「目指せ 1万元(日本円19万円)」とハッパ?

   をかけてますが、8550元もなかなかですよ。

     実際にこんだけ貰うとなると、一体どれくらいの人が今現在は

   そこに入ってくるのか?

     そっちの調査結果も是非一度発表して貰いたいものです。

    んん・・・やや9000元かぁ・・・・

    どんどん発展するのはいいですが、

    どんどん生き辛くなってくる、ということにも気づいてますかね

   中国の人たち。

     給料は今後も上がり続けるでしょうが、

     それってほら、きりないんですよ。

  

|

« 高倉健 と 中国 ② - ガォ・ツァン・ジェン | トップページ | 『 満州鉄道の旅 』-今週読んだ本。アカシアの大連を行く »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中国での暮らし、月給は幾らあれば足りるのか?:

« 高倉健 と 中国 ② - ガォ・ツァン・ジェン | トップページ | 『 満州鉄道の旅 』-今週読んだ本。アカシアの大連を行く »