« 内藤敬先生帯領・『2014年訪日交流活動紀念冊』 拝領 | トップページ | 『 1966年 』 今週読んだ本 - 今年のこの一冊 »

2014年11月28日 (金)

北京の地下鉄が値上げ ・・・ 値上げの季節

U28114757234028117404fm11gp01  北京の地下鉄がいよいよ?値上げ

 まぁ、これ以前から騒がれてましたから

 衝撃はないんですが、いよいよかぁ・・・と。

  と、言ってもみなさんには何の関係もない

 お話で恐縮ですが、まぁまぁ中国話題の一つ、

 と思ってお付き合いください。

   鉄道ってやつは大体どこの国もその切符の多寡は

 距離に準拠してまして、その匙加減はそれぞれですが、

  地下鉄だって鉄道・・・というか公共交通機関。

 中国の地活鉄はわたしの知る限りでは、2元(≒日本円36円)が

 基本になってまして、2元でどれくらいの距離が乗れるのか、と

 いったところが基準だったんだろうと、わたしは思ってます。

5eefc97b20584d37baeda0f8fbc7b6e41 で、地下鉄の場合、遠距離地下鉄??ってのは

 ないわけで、市内を走る為のものですので、その

 距離も知れてる。

  そうは言ってもですね、北京も上海もそうですが、

 路線をどんどん増やし、かつ、伸ばしてったら

  以前の距離よりは相当長い路線にはなってます。

   ですので、この2元維持が相当困難なんだろうな、ってのは少しは

  分かる。また、路線を伸ばせば当然その維持・管理コストがグンと

  重くのしかかるのも判る。

U25944950343299428961fm23gp01  一方、それらが判ってなお庶民の味方?として

 のわたしとしては、こんだけの人が乗ってんだから

 黒字を維持できないのかよ・・・とも思う。

  何度か書いておりますが、1千万都市の

  通勤・庶民の足の確保はどの都市も頭が痛い。

    北京の庶民にとっては、

    マイカーをもっても、その費用と、路は渋滞で役に立たない。

    地上を走るバスは相も変わらずの渋滞に巻き込まれ、

    時間が読めない。

    そこで、こんな混雑は我慢してなんとか地下鉄で・・・と思うと

    今度は値上げだ。

    ヤレヤレ・・・でしょ。どの国もヤレヤレなんですよ。

    この後も中国は近づく春節(正月)を睨んでの値上げラッシュが

   見込まれここでも、ヤレヤレ・・・です。

     もう一つ、

   これまたみなさんには全く関係ないですが、

    地下鉄→バス、あるいはこの逆の バス→地下鉄の 乗り継ぎ

   通勤の方や、たまにはわたしのようにそんな酔狂な旅行客もいる

   でしょうから、この切符の買い方がかなり料金も複雑になりそう。

    その為の、料金検索機械??ってんですか、も用意するらしい 

   ですけど、かなり戸惑いそうですね。

     ここにまた人だかりができそう。

     まぁ、この冬は北京には行かないと思ってますんで、

   値上げ後の様子もちょっといろいろ見て、研究してみます。

     北京市民のため息が聞こえる、値上げニュースでした。







|

« 内藤敬先生帯領・『2014年訪日交流活動紀念冊』 拝領 | トップページ | 『 1966年 』 今週読んだ本 - 今年のこの一冊 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 北京の地下鉄が値上げ ・・・ 値上げの季節:

« 内藤敬先生帯領・『2014年訪日交流活動紀念冊』 拝領 | トップページ | 『 1966年 』 今週読んだ本 - 今年のこの一冊 »