« 函館ユネスコ協会、留学生との交歓の集いへ | トップページ | 高倉健 と 中国 ② - ガォ・ツァン・ジェン »

2014年11月19日 (水)

高倉健 と 中国 -  別了!高倉健

179791425609813039641  高倉健さんが亡くなった。

  中国でも報じれております。

  これで、2人の“健さん”が亡くなった。

  一人は3月に亡くなった、宇津井健さん、そして高倉健さん。

 わたしは二人の“健さん”と呼んでいる。3月に宇津井健さんが亡くなった

 時も書きました。中国ではお二人とも実は役者としてのお名前、

 高倉健・宇津井健よりもお演りになった、役の名前で呼ばれていることが

 多い。それは、それ位その劇中人物の生きざまが衝撃だったということを

 表しています。

   宇津井健さんは、大島茂ダァ・ダォ・モゥ、として

   高倉健さんは、 杜丘 ドゥ・チュゥ として 中国人の心に中にある。

  日本では高倉健の映画としては全く話題にも上らないが、中国では

  圧倒的にこの映画『追補ヅゥィ・ブゥ』だ。

   何故ならこの映画、中国で公開されたのが正に1978年。

   中国が文革の混乱から脱し、外国の日本の映画を中国で上映が

  正にこの作品『逮捕』(邦題:君よ憤怒の河を渡れ)。日本ではもう誰も

  覚えていないような、こう言っては悪いが映画作品自体の出来が良いとは

  余り思えない作品であるにもかかわらずいつまでも語り継げるのは、その

  文革後のまだ混乱覚めやらぬ時に見た外国(日本)。そして日本人の

  生きざまだった。とりわけ主人公の高倉健扮する、杜丘 は、中国人の

  男性像を大きく揺さぶった。それは黙って耐え、余り多くを口にしない

  余り笑わない男性・・・の衝撃だった。

    この作品を見た多くのこの世代、この作品に衝撃を受けた映画人

  達はとくに中国映画界には沢山いて 張芸謀ヂャン・イ・マォゥ 監督

Cesifvw77598881  もその世代であり、その映画に衝撃を

  受けたということをご自身もおしゃってる。

  他にも中国の俳優さんの何人もの人が

  やはり同じように映画人としてあるいは

  人間として受け取ったものが大きかったとあちこちで言っている。

Ba5fe3969c7f5d51ffa7d5b4b7354b371  それで、彼・張芸謀監督は高倉健を

  中国に迎え、一本の作品をものにする。

  『千里走単騎』(単騎千里を走る)

  です。

   こちらは、恐らくレンタルビデオ屋さんにもあると思います。

  是非ご覧になって下さい。

U21423489082262893037fm11gp01 中国・雲南省の景色

 少数民族の人たち、

 その暮らし、

 子供などが生き生きを描かれています。

     日本で必ず取り上げられる

    『幸福的黄手帕』シン・フ・ダ・ホァン・ショゥ・パィ、

    『鉄道員』ティェ・ダォ・ユゥァン

   よりも、中国にとっても

    年輩の方にとっては「追捕」で、最近では「千里走単騎」で

   知られている、高倉健さんが亡くなり、これで今年に入って

    二人の“健さん”の訃報に接することとなりました。

    ご冥福を心よりお祈り申し上げます。

   (追記:映画「追捕」のロケは道南で行われておりまして、

     七飯町・駒ヶ岳などが映画に出てきます。ですので

     時折中国からのお客様をご案内して、大沼公園で

     あの山に見覚えないですか・・・?と割と年輩の方に

     お聞きしたりして、その解答を伝えると、一変。

     とても感動して頂いた思い出があります。)







|

« 函館ユネスコ協会、留学生との交歓の集いへ | トップページ | 高倉健 と 中国 ② - ガォ・ツァン・ジェン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/90348/58031895

この記事へのトラックバック一覧です: 高倉健 と 中国 -  別了!高倉健:

« 函館ユネスコ協会、留学生との交歓の集いへ | トップページ | 高倉健 と 中国 ② - ガォ・ツァン・ジェン »