« 中国での、政治家のご子息・ご令嬢たち | トップページ | 世界の子供の玩具と遊び - 第10回『地球まつり』・今日 »

2014年10月24日 (金)

第18届四中全会結束了。 会議を終えて

U39368552151734752235fm11gp01 無事?終了した第18届四中大会、

  日本でも一応の報道はされております。

 また、ここでも先に「依法治国」のスローガン

  の元この大会が開かれていることはお伝えしました。

  各報道は、今回先の周永康氏の処分がこの場で取り扱われなかった

  ことに触れてますが、まぁ、彼の問題は一応あれでもう既にある程度の

  効果?をもっていままだ動いてますし、そう急ぐものでもないので、

  これはこれでありでしょ。

    党籍剥奪者が6名でしたか、発表になってます。

    いろいろ問題は山積みですが、それへの有効な手立てが

U273185528885664877fm11gp01 「依法」だと。

  ということは、これまでは必ずしも

 そうなってなかった、との反省です。

  この点では一歩前進です。

   ただ、これはこれで完璧かというと、

   今度はその、重きを置く「法」の番人、司法の所をでは

   誰が見張るの?って問題が。

    例によって、毎回発表される会議毎の、習金平講話ジャン・ファ

    もちょっと迫力に欠いてますかね。

     でも、まぁ時間がかかるんですよ、

     何度も言ってますが、中国のような大国はなおのこと。

   各国の報道は、大した見るべきものもなかった、と酷評ですが、

   まぁしかし、何を期待されてるか判りませんが、

    こんなもんですよ。

    厄介なのは、まだ昨日お伝えした、

    太子党タィ・ズ・タン

    習金平そのものが、この枠に入っちゃいます。

    そして、習金平と言えども、そのまた子供たちに受け継がれる

   それをどうするかです。

     ホント悩ましいんですよ。

     これは昨日も言いましたが、何も中国だけのことではなく、

   近くはほら、日本でだって度々そんな話題が。

    日本はいっつから?「法治国家」に仲間入り?したはずですが、

   ではこうした問題は無くなるかというと、それはない。

    無くならない。巧妙になるだけ。

    どこにでもある。

    何時でもある。

    これを何とかしたい。

|

« 中国での、政治家のご子息・ご令嬢たち | トップページ | 世界の子供の玩具と遊び - 第10回『地球まつり』・今日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第18届四中全会結束了。 会議を終えて:

« 中国での、政治家のご子息・ご令嬢たち | トップページ | 世界の子供の玩具と遊び - 第10回『地球まつり』・今日 »