« 中国・雲南省魯甸県地震から二日目ー震后第二天 | トップページ | 雲南省地震、続報 - 震后72小時 »

2014年8月 6日 (水)

雲南・魯甸、被災地の三日目 - 黄金72小時救援

02 今日もまた、いまのいままで、

 中国・雲南省・魯甸地震の

 報道を見ていた。

  つい先ほど、小さな男の子が

  瓦礫の下から救助されました。9時41分(現地時間)

    よく言われる生存者の救出の“72時間の壁”が

  近づいていて、救護隊も全力を尽くして生存者の救出に

  あたっている。

   中国語では“黄金72個小時ホァン・ジン72ガ・シャォ・シ”

    死者の数が400人を超えてしまった。410人(現時点)

    行方不明者3人、1801人に人が怪我をされ、わたしの住む

   町に匹敵するような人たち23万人が避難を余儀なくされている。

01 現地では当然、必死の救援活動が夜を徹して

 続けられ、疲労困憊の救援隊に人たちの

 休息は路上で横になり、暫くするとまた活動を

 再会するというハードなものになっている。

  漸く、ヘリを使って中国メディアも現地に

  脚を踏み入れることができ、それでもまだまだ入り口の所なんで

  しょうが、現地の映像が届けられるようになってきた。

0023ae68756b154a79215f1 昨日もちょっと触れてますが、なんせ、

 現地はこんなところ、この男の人の見つめる

 ずっと前方の沢を一つ隔てた山間の路を

 いま正にその救援隊が向かってるわけです。

   中国が大変なのは、なんせ国土が広いのでこんな場所が珍しく

   もなく、たくさんあるということですね。

      ここに救援隊を入れ、救援物資を入れ、救護を必要とする

   人を助け出さなくてはならない。

     三日目ですから、もうそろそろ救援隊は入るべきところには

   入ったことでしょう。

     さて、そっから今度は救援活動を、

2014080511262630f1f1 こちらはその隊の人たちが使う水ですが

 恐らくミネラルウォーターも持ち込んでると

 思いますが、救護物資として使いたいので

  自分たちは川の水か、湧水かを使って、できるだけ被災者にその

  持ち込んだ水は使うようにしてるのでしょう。

    総じて言えることは、この数年中国で起こった割と大きなこうした

  地震や災害の経験から、大分いろんなことを学んでますので、

  中国のマスコミの対応を含めて、以前よりはかなり冷静に対応

  できていると思います。

126836099_11n1 町に近い部分ではこうした、

 最新医療機器を備えた救急車

 も待機してるようです。

 毎回こうした地震が起こると

  自分ではなかなか躱す力が無い子供たちが多く犠牲になり

  心が痛みます。夜眠れなくなった子供たちが沢山いるらい。

    先日のあの

   中国・上海・福喜食品の時の、期限切れ肉の

   連日の繰り返し繰り返し報道されるあの肉を投げ入れる

   映像とそれを取り上げる日本のテレビ局と、

   今回のこの地震の報道が余りにあっさりとされてるのを見てると、

   日本のマスコミのその扱いに悪露どき、

   日本で報道されない部分を埋めるつもりで数日この

   地震を取り上げています。













|

« 中国・雲南省魯甸県地震から二日目ー震后第二天 | トップページ | 雲南省地震、続報 - 震后72小時 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/90348/57005042

この記事へのトラックバック一覧です: 雲南・魯甸、被災地の三日目 - 黄金72小時救援:

« 中国・雲南省魯甸県地震から二日目ー震后第二天 | トップページ | 雲南省地震、続報 - 震后72小時 »