« 中国の玩具 - 『隗報』第98号 | トップページ | 中国の玩具と子供たち - 『隗報』98号より »

2014年8月14日 (木)

中国民間玩具にひかれて

U3946343370229456765fm21gp01
 『隗報』第98号が発行となりました。

 その内容を紹介させていただきます。

  石山邦子 さん

  「中国民間玩具にひかれて」 第1頁~4頁

   は、ご自身のコレクションを紹介していただきました。

    当然ですが、コレクションですから多数お持ちのことと思い

  ますが、今回お写真で紹介していただいたのは7点。

    これらの玩具はもう普通には見ることができないものだと

  思います。

    これらを拝見して思ったのは、

   コレクターはあらゆる分野?におりますので、こうした民間玩具

  を蒐集されておられる方も、多くはないでしょうが、少なくもない、

  というか、その中身・度合いもよるでしょうが、これまたどの分野?

  でもおられるだろうなぁ、との想像は難しくない。

U3404040336727757297fm23gp01 恐らく、中国民間玩具の蒐集で大変な点は

 まぁ、いろいろあるでしょうが、その特徴として

 時代が一つですね、

 それよりも、きっと地域が広い国土の中国では

   考えてみてください。日本のこうした郷土玩具を集めるにしたところで

   それなりに地域に広がりがありますが、それが中国ともなると、

   あっちの省こっちの省で、日本の数十倍の距離を移動しなくては

   なりません。また、こうした玩具は全国的に普及するほどの量産が

   されてませんので、恐らく、地元に行って手に入れるのが必須だと

   思いますので、その大変さですね。

000802e406ec0ab2aeb5091 蒐集されたそれらの分類にも頭を悩ませそう。

 これらは、いま言ったような地方で分ければ

 好いのか、その時代によって分けるのか、

 あるいはそのものの使われている素材ですね、

   おおむねみな天然素材?ではありますが、布・土・草・・・・と

   ですね。悩ましい問題だと思います。

U22077223203074958208fm23gp01 わたしはどうしても本から入りますので、そんな

 玩具のことはこうした本で拝見してたりは

 していました。

  あるのかどうか判らないのですが、

 中国にこうした中国のつまりは自国のですね

   玩具を一堂に集めた常設の博物館があるのでしょうか。

     無いように思えます。あるべきですね、何処かに。

     あったら教えて下さい。

     期間限定の、児童節アール・トン・ジェ特設展示なんてなのは

    目にしたことがあるように思えます。

     北京だと、どこかの北京人の大好きな、老北京ラォ・ベィ・ジン

    を自慢するそうした、博物館あるんですかね。

     玩具に限定せずに、老北京の人たちの暮らしに纏わるそうした

   消えゆく雑貨や生活の周辺にあったものたちを保存・展示する場を

   造っておかないと、あっと言う間に消えてなくなる可能性がある。

     こうした物は意外に、国外の人たちの関心が高く、自国より

   国外に多数、コレクターがいて、そっちの方に物も多数あったりする

   んですよね。

    それって、ほら日本の浮世絵が嘗てそうであったように。

    石山さんこれからも、機会あるごとに蒐集してまたいつか

   ご紹介ください。ありがとうございました。

    因みに、日本の出版物では

003
 こんなのも出ています。

  文芸社刊

  06年発行

  お近くの図書館にあれば

  ご覧ください。











|

« 中国の玩具 - 『隗報』第98号 | トップページ | 中国の玩具と子供たち - 『隗報』98号より »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中国民間玩具にひかれて:

« 中国の玩具 - 『隗報』第98号 | トップページ | 中国の玩具と子供たち - 『隗報』98号より »