« 上海福喜渉嫌有組織違法経営5名負責被刑拘 | トップページ | 今週読んだ本、向田邦子『父親的道歉信』父の詫び状 »

2014年7月25日 (金)

台湾客機在澎湖迫降失敗墜毀-台湾機事故

U1829441323395147585fm11gp01 昨日(事故発生は一昨日夕刻)

 報じられた、台湾機墜落事故の

 ニュース。

  飛行機事故がまたまた、

  というよりも、この前の馬来西亜マァ・ラィ・シィ・ヤァ航空

  は、撃ち落とされたのであって、あれは事故ではなく、

  完全に事件ですから、本来は違うのですが、それでも人間

  の心理としては、何故か続くな・・・と思わせてしまう。

    台風をやり過ごした?つもりでの離陸だったのでしょうが、

  上手く着陸できなかった。

0023ae6874b9153abc21061_2 きちんとした原因究明はこれから

 ですが、わたしの感じではそもそも

 離陸の時点での判断が、台風慣れ?

  の台湾の人たちの感覚にあったのでは・・・と睨んでる。

    慣れは危険なんですが、一方で始終くる台風にある程度

   慣れないと生活そのものができない、地理的立地条件も

   判る。それだけに痛ましい。

E99e793as1 もう一つは、個人的にこの島、

 以前に一度だけ訪れたことがあります。

 わたしの場合は、台中からの便だった

 ように記憶している。

   高尾からの便もあの当時からあったようには思いますが。

   いい島です。北国から台湾へ到着すると、もうそれだけで

   十分に?南国ムードなんですが、この島は更にそれを色濃く

   感じさせてくれる、そんな島で、印象にあるのは、国内旅行者?

   つまり台湾の方がいらっしゃるのが多いのでしょうが、思った

   より、ホテルなどが完備されていた点、日本人が立ち寄ることは

   少ないのか、とても親切にして貰ったこと。この島の名前、

   澎湖ポン・フゥも、その時の現地の人の説明では、日本軍に関する

   命名であったようで、それなのに?全く日本人であるこちらへの

   説明に嫌味が無かったのを覚えてる。

     今回この事故の復興航空、北海道にも沢山飛んできてるんです、

   この会社は。因みに函館にも。

     もう一つは、直接は全く関係ない?し、

     飛行機会社も違うし、路線も台北→高尾と違うのに、

     単純なわたしの頭の中では、

     台湾→夏→国内便→飛行機事故  と繋がって

    つい・・・もう30数年も経っているのに

Yjimage10_2 こっちの事故のことを思い出して

 しまう。

   この事故には

 作家、向田邦子が乗っていた。

   同じように夏だった。
















|

« 上海福喜渉嫌有組織違法経営5名負責被刑拘 | トップページ | 今週読んだ本、向田邦子『父親的道歉信』父の詫び状 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/90348/56892542

この記事へのトラックバック一覧です: 台湾客機在澎湖迫降失敗墜毀-台湾機事故:

« 上海福喜渉嫌有組織違法経営5名負責被刑拘 | トップページ | 今週読んだ本、向田邦子『父親的道歉信』父の詫び状 »