« 中国のスーパー(超市) エピソードⅢ | トップページ | 中国スーパー超市、エピソード Ⅴー買一送一 »

2014年6月12日 (木)

中国のスーパー(超市) エピソードⅣ

U5105626852340273449fm21gp01 昨日、中国超市ツァォ・シィ

 スーパーマーケットのその

 近年の圧倒的商品量の

 お話をしましたが、

  画像の棚は、輸入品を一手に展示してるコーナーですね。

  日本の商品はその中でも結構人気が高い、というのは

  もう日本国内のどっかの報道なんかでも取り上げていて

  ご存知のことと思います。

   前にもちょっと書きましたが、赤ちゃん用の粉ミルクとか、

  お菓子の類も人気なんですが、その人気のお菓子を真似て

  作った国産品がかなり出るようになりましたし、大手菓子

  メーカーもそれぞれ現地生産などをしてますので、今は

  そちらをお買い求めのようです。何せこのコーナーのもの

  ちょっと値段が張りますから。

U13070127762188197346fm23gp01 それで、私が中国まで行って? 

 超市をブラブラする目的は、この

 棚に並んだ品物を眺めるのが、

 これがまた楽しいんですね。

   ヘンな趣味ですけど。

   日本のスーパーでもありますが、あの食料品のある種の

   パックものは、一体これで何を作り何の為にこのように

   詰め込まれてるいるのかが、全く皆目、判らないものが

   あります。日本人でもアレ?コレ??って、てのがあります。

    ですので、その国以外の者にとっては、あの魚をおろして

   鍋用にパックされたものとかは恐らく説明が必要でしょう。

    同様に、中国で目にした未だに何なんだあの食品は?

   ってのが結構な数あるですが、これは当分解決しそうにない。

     以前、というのは最近余り無くなったんですが、以前は

   そうした品を手にちょっと考えてたりすると、必ずおせっかい?

   なおじさん・おばさんが、「ソレアンタ・・ナントカ・・カントカで・・」

   と話しかけられることが度々あった。多分親切心??

    でも、こっちの中国語能力では何を言われてるのか全く聞き

   とれず、その土地の言葉もさることながら、専門用語??が

   ちりばめられたその忠告はわたしには全く無用だった。

     それで、ポカ~ン・・としてると、こいつはダメだ!と判断して

   去って行かれる。もっとも、向こうだってこんな街中の超市で

   今や買うかどうかを迷ってるこの男が、旅の途中で、しかも

   日本からやってきた何にも判らん男などとは思ってもいないでしょう

   から、しょうがない。全くしょうがない。

U39609637473190399518fm23gp01 そんな超市でも楽しめるのは調味料の棚。

  中でも一時期何故か中国の“酢ツゥ”

  魅せられて?実際に何度か買い求めて

  わざわざ中国から“酢”を買ってきた男

   として、狭い地域でわたしは名を馳せていた。

    これが、凄い種類なんですね。

    いやいや、何で“酢”にこんなに種類があるかな?ってくらい

   ある。それは原料の違いだったり。それに×各メーカの種類が

   あって、楽しい??

    某市の超市で、いつものように超市にやってきて、

   またまた、いつものように“酢”売り場の棚で足が止まった。

   初めて見る瓶を手に、ラベルに書かれている能書きを見るとは

   なしに見ていると、

    後ろから、50代後半とおぼしき、近所なんでしょう、サンダル履き、

   の初老の男性が、

    「そりゃぁ止した方がいい・・・、ナントカでカントカでナントカより

     ナントカ・・・値段はまぁまぁだが・・・」わたしが聞き取れたのは、

    わたしの手にしてるその瓶の“酢”は彼にはお勧めできず、

    安いだけだ・・・みたいなことを言ってると辛うじて分かった。

      わたしは軽く「でも・・・(見てるだけですから)」と言いたかった

    のに皆まで言わせず、「それよりは、こっちだよ、こっち・・」と

    違うのを指し、そのあとも「ナントカ・カントカ」のレクチャーが

    続くのだが、これまた理解不能。

      彼の言うことが合ってるかどうかはわたしにはどうでも

    好かった。多分それを買うつもりはなかったから。ただ見てた。

     わたしの心配はこの人が、本当にただただ親切でわたしに

    言ってきてるのか、それとも中国にだって「危ない人」はいる

    でしょ。犯罪的にどうこうではなく、日常生活は問題ないがちょっと

    「危ない人」。その見分けがつかない。どう対処していいのものかも

    判らず、逆らうのは取りあえずよくないな・・・と踏んだ。

     面倒なんで「そうですかぁ・・・あぁ・・・それがね・・・美味しいと・・」

    別に買うとは言ってない、あなたのおっしゃりたいことは判りましたよ、

    という意味で、もろ手を挙げて降参したつもりで、そう言った。

     彼も納得。やれやれ、やっと解放か?

     「ところで、どうせ買うんだったら・・・・これだよ!!」

    彼がわざわざ向こうまで行って棚から持ってきたものを見ると、

    それは、わたしはどうみてもあの、クルマのクーラント液が入ってる

    容器って分かりますかね?石油ポリタンクを小さくしたようなやつ。

     アレですよあの容器。瓶よりはお得な大容量“酢”。

     へぇ~中国の人はこんな量の“酢”を買うんだぁ・・・と、感激?

    彼のお勧めをまたまた、聞き流しながら、

     わたしはその時、真剣にこれを買って日本へ戻ろうか?と

    考えていた。これはでも流石にかさばる。連れが何と言うだろう?

    これを持ち帰ったらまた友人・知人に変人扱いされるだろうか?

    これって、液体だし、飛行機は手荷物はダメだな?

    日本の税関でこれ聞かれたりするかなぁ?

      走馬灯のように色んなことをその時考えている自分がいて、

    その自分に気づいたときは、かの男性は諦めたのか、

    もうわたしのそばにはいなかった。

      彼はわたしのことを「危ないヤツ」と思ったろうか??

     中国・超市 エピソード・ワンは

      ↓  ↓  ↓  こちらをクリックしてどうぞご覧ください。

      「超市ツァォ・シィ」中国・スーパーへ行ってみれば

      







|

« 中国のスーパー(超市) エピソードⅢ | トップページ | 中国スーパー超市、エピソード Ⅴー買一送一 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中国のスーパー(超市) エピソードⅣ:

« 中国のスーパー(超市) エピソードⅢ | トップページ | 中国スーパー超市、エピソード Ⅴー買一送一 »