« マレーシア航空機の怪、 馬来西亜航班的怪事 | トップページ | ボーイング777  波音777 »

2014年5月29日 (木)

世にも不思議なマレーシア航空機事件、令人不了解的事件

U30061279841120113673fm11gp01
 昨日のお話の続きです。

 馬航マァ・ハン370便の

 行くへは未だ知れず、

 どの専門家も「考えられない」

  とおっしゃる。その機体すらまだ発見できていない。

    余計なことを書いてると長くなるので、先に結論めいた

  ところから話を起こすと、

    先ずこの事件(敢えて事件といってますが、真実が判れば

  案外そう難しくない事故なのかもしれませんが、現時点では

  その不可思議さも加わって、事件として見るべきでしょう )

    馬来西亜マァ・ラィ・シィ・ヤァ 当局の動きが全く不可解。

   こう言っちゃなんですが、機影が消えたその時点から、公式に

   発表し報道が動き出してその後のマレーシヤ当局・捜査関係

   機関・軍・政府を含めて、本気でこの機体を必死に探してる感

   がまるでない。それどころか、誤報を繰り返し、要らない動きをし

   その捜査活動をミスリードしてるかの動きが続いた点が大きい

   と思います。あれが大分邪魔したでしょ。

U9926762101378941585fm11gp01 それもあっての、中国側遺族を含め関係者

 が不満をぶちまけたのも判る。

   こっからが、中国側を中心にした動き

 ですが、

   こんなに、不満が爆発し、マレーシア大使館前でのデモも規制も

   せず見守った?中国当局は、

     それにも関わらず?というか、至って冷静??

     いつものように?マレーシア政府を激しく非難するとか、抗議

   をするということもなく、大人?の対応を通したのがちょっと・・・・

   アレッ?何で??って、感じですかね。

    これが、若しですよ、スミマセンネ不吉な話で。この事故機が

   日本の航空会社だったなら、こんなもんじゃ済みませんよ。

     おっと、話がまた余計な方へ行くと長くなるので、先を急ぐ。

    その後、昨日もお話しましたように、この機の乗客の多くは

    中国人でしたので、そりゃまぁ、中国報道も力が入ります。

    毎日、毎日この報道が続きました。

    また、各国で合同の捜索にあたった(日本もちょっとだけ

    お付き合い)時、当然中国側は他の国よりかなり前のめりで

    積極的に当たっています。これはわたしの推測ですが恐らく

    公式に発表されている中国の捜索にあたった、軍の船・飛行機

    の他にも非公式?にいろいろ出してると思います。

     それくらい必死でやったんですが、これが、手柄を焦った現場

   のミスなのか、それとも他の国には負けたくなかった?だけなのか

    中国側から出てくる、彼らの有力情報はことごとく外れ。

    浮遊物を見つけてはこの機のものではないか?と発表し、

    有力なソナー電波の受信に成功したといってはまたまたハズレ、

    大量に軍関係機関を投入した割には、何の成果?も得られず

    いや、逆にちょっと混乱を招くような、ある意味足を引っ張って

    ただけで、その能力が疑われても仕方ないくらい、残念な

    結果に終わってる。

W0201405036883959577401  なのに・・・という言い方が当たってるのか

 どうか怪しいが、散々やって駄目でしたの

 各国の捜索を一応一区切りつけるということ

   で、今後は捜索を大きく縮小するにあたり、

    合同捜査各国が集まっての、残念会?記念撮影??

   なんてなのはしっかりやってるんですね。

U23439244614171943438fm11gp01  今後まだ細々と捜査は続けられ、

  そのうち新しい発表があるかも知れません。

  それに期待するしかないのですが、

  どっかの放送局でそろそろ3日月が過ぎて

   この“事件”を取り上げた報道特集を組んでくれないですかね・・・

    それはやっぱり中国でしょ!

    日本は余り“事件”そのものに関心ないし、

    日本某国営放送は・・・・やらないだろうなぁ・・・。

    今回の“事件”その墜落個所が言われている海域だとするなら、

   「あの海域は船も飛行機も余り通過しない地域なんですよ」と

   専門家はおっしゃるが、別にその墜落目撃情報を集めようってん

   じゃないですから、幾ら人通りも交通量も少なくとも、こんだけ

   空には衛星が飛んでるのに、その一つもこれを把握できてない

   ってことが判った。

     軍はどこも口を開けば逆にその能力がたちどころに相手側に

   判ってしまう、というのを恐れて口が重い。

     でも、こんだけの人命がかかってるのに・・・・。

     また最初の所に戻りますが、事故発生の大事な初期の段階

   ですよ、問題は。

     あそこでの失策が余りに痛い。

     何日もあそこでロスしてますからね。

     それに各国がおとなしくみ~んな付き合ってる?ってのが

   今回の“事件”の一番の不思議ですね。とりわけ中国が。

    全く不思議な事件です。

    世界の航空機事故史上歴史に残るでしょ、必ず。









|

« マレーシア航空機の怪、 馬来西亜航班的怪事 | トップページ | ボーイング777  波音777 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 世にも不思議なマレーシア航空機事件、令人不了解的事件:

« マレーシア航空機の怪、 馬来西亜航班的怪事 | トップページ | ボーイング777  波音777 »