« 台湾(花蓮)は地震で、上海は交通規制で大変です! | トップページ | 台湾・臺灣・タイワン・Taiwan・中華民国 »

2014年5月22日 (木)

台北地鉄発生随時砍人事件

20140522000005m1  昨日の台湾は、

 朝に花蓮ファ・リェンで地震があり、

 台中タィ・ヂォンで大きな火災が発生し、

  午後4時半くらいですか、台北タィ・ベィ

  この事件が起こった。

  台北地鉄タィ・ベィ・ディ・ティェ  発生ファ・ション

  随時スィ・シィ(無差別) 砍人カン・レン(人に切りつける)

  事件シィ・ジェン

    と、読みが違うだけで日本語でも理解できる字で

   新聞見出しが大きく伝えている。

   地震のニュースもどこへやら、この無差別殺人事件は

   台湾を大きく揺るがした。

    亡くなれた方や、怪我をされた方、

    今尚その治療に懸命に当たられてる医療関係者も

   おられるのでしょう。

    痛ましい事件です。

   この手の事件、日本でも何度か経験してます。

   これからだって無いとは言いきれない。

    即効の手立てはないものの社会の問題としてこれらは捉えられ、

   今後もその手立ては考えていかなくてはならない。

   一つここで言えるのは、これがアメリカのように“銃”が自由に

   手に入る社会だと、被害はこれでは済まない、ということですね。

   簡単にもし誰もが“銃”を手に入れることができるなら、

   今回のこうした犯人の手も容易に“銃”を手にしたなら・・・、

   と考えると改めて、アメリカのような“銃”社会の恐ろしさを思う。

     ついでに、その論法の根底にある、身を守るための“銃”

   必要論は、国を守る多為にもどれだけの“銃”を持たなくては

   ならないか、というところとも共通していると思う。

U2563278512473064861fm11gp01 実は、

 全く日本では報道されないと思いますが、

  その前日20日の日に

 湖北省の某市で、小学校に同じように

   刃物をもった一人の男が入り、突然小学生を切りつける

   事件があった。

    わたしは、他の国のことはあまり知らないので、

   恐らく、世界中でこうした痛ましい事件は起こってるのでしょう。

   実に困ったものだ。

    もう一つ、注意したいのは、

   こうした報道、わたしが此処に書くくらいは何の影響もないが、

   マスメディアでこうした事件を扱うときの注意は必要かも知れない。

   何故なら、過度に報道すれば必ずそれを見ている、第二・第三

   のこうした異常者たちを刺激することになるから。

 

 

|

« 台湾(花蓮)は地震で、上海は交通規制で大変です! | トップページ | 台湾・臺灣・タイワン・Taiwan・中華民国 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/90348/56275761

この記事へのトラックバック一覧です: 台北地鉄発生随時砍人事件:

« 台湾(花蓮)は地震で、上海は交通規制で大変です! | トップページ | 台湾・臺灣・タイワン・Taiwan・中華民国 »