« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

2014年2月28日 (金)

ペキンPM2・5の元凶を分析ー解析北京霧霾元凶

  今日の新聞トップにも大きく、わたしの住む北海道でも

      「PM2・5道内急上昇」

   の字がおどってます。

   そのおおもと?と言われる中国だってこの大気汚染、

  気にならないわけがない。

    だからこそ、昨日お伝えした、国家主席がマスクもせずに

  町を歩いた!というだけでニュースになるわけでして・・・。

   この対策、内外をあげていそがなければなりませんが、

   今日、中国で打ち出されたのは、昨年来の大気汚染の度合いを

  記録し監督している部署の分析結果が出ました!

8800267_116x86_01_5 なんだ今頃かよ・・・という声も

 聞かれそうですが、まぁまぁ

 そうおっしゃらずに、コレ、意外に

  大切なんです。これがないと話が前に進みませんので

Acbb9a079cfba6e11849c27ebd328fcf1_2 多少?時間はかかりましたが、

 中国ではこうしたことを

 政府機関が発表するという

 そのことこそにある意味が

  あるのでして、こっからですよ、こっから。

    そうは言ってもすぐにはどうこうなりませんよ。

   そりゃぁそうでしょ、

   なるんだったら、いっつにどうかしてますよ。

   日本で、北海道で、

   たまたま?飛来してきたそのことだけで、トップニュース

   ですよ、それも五段ぶち抜きくらいの記事になる。

    そりゃぁもう、現地の人の関心度合い?といったら

   現実ほぼ毎日その事で悩んでるわけですから・・・。

    ということで、この報告が発表されたあとの、この記事に

  ついている庶民の反応を見てみたら、

   これまた当然?いろいろですが、

   一番面白かったのは

   「北京歓迎你」というあのオリンピックテーマの替え歌が

   一番面白かったかな。



















| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月27日 (木)

習主席が町に繰り出した、マスクもせずに「偉大な?指導者」

001ec949ffca1478156a161
   昨日、26日の北京は雨。

 雨に洗われて、長かった霧霾天気

 からようやっと解放。

  一週間ばかり続いた先の見えない

   天候にイライラがつのっていたのが、ホッ・・・とため息が

   聞こえるよう。

Uhttp___newsxinhuanetcom_photo_20_2 先日の遼寧省の高速道路のこの事故

 もあの先の見えない気象状況が原因

 ではなかろうか、とわたしは勝手に推測

 していますが、

   今日の話題はそこにはありませんで、

    話しは一昨日に25日のことなんですが、

   新聞にも出てましたし、テレビでも(見てはいませんが)報道

   されたそうで、

     新聞報道では、見出しは、

   ーマスクもせず視察「偉大な指導者」短文投稿サイトー

119519301_13934197409991n1 とあり、文はこの日の主席の北京市内

 視察にネット上では皮肉交じりに、

 PM2・5の最中に街中をマスクもせずに

 堂々と?歩いていると皮肉られた、との

    話題です。

     知人が「どうよ?これ??」って言うので、

     今日の話題はこれにした。

     大体、一国の首相が町を視察したくらいでこんなに話題に

   なるのが流石!中国。他の国ではあり得ない?でしょ・・・。

     あぁ・・・、北朝鮮もありますね、そんなニュース!

   ってことは、この2国日本のニュースでは同じ扱い??

2aec960cf6c4b080af52f85a1caf53251_2 「マスクもせずに・・・」って、

 もし、この時主席がマスクなんかしてた

 ひには、そりゃもう大変でしょ!

 その騒ぎが。

     というのが、わたしの感想です。

   テレビの方は見てないので、その胡同フートンでの主席の

   庶民度?アッピール?となってるような内容だったようです。

    雨ル胡同でしょ。懐かしいなぁ。

    そりゃぁ此処へ行ったらそんな画像を撮らせるでしょ、

   あと何がありますか?こんな場所で撮らせる画像って。

     どこの国のマスコミだって同じですよ、それは。

     でも、どこの国でもはニュースにはなりませんけどね。

   実はこの日、主席はこのあと、

     北京水道局や交通局、都市計画担当部署、首都博物館

   などを午後と夕方までの見学に充てています。

     こん中に、彼が本当に?一番見たかった所があるはず。

   多分、都市計画の部署・・・かなぁ・・・

     彼が言ってるのか、その周辺が言ってるのか

    “城市病チャン・シィ・ビン” (都市病)

   に北京は罹ってるんだという。

    んん・・・確かにそう言えなくもないのですが、これねぇ・・・

   この理解でいいのかなぁ・・・。

    もしそうなら、漢方的には未病というか、病気にかかるまえの

   予防が大切なはずで、そんなことはな~にもしてませんよね。

     それであるなら、PM2・5はもう相当重篤な状態ですから

   手を打たないと。

     がわたしの感想です。















| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月26日 (水)

中国はいま、春節あとの就職戦線ー探工作不容易??

U1944127444165758478fm21gp01  最初にお断りしておきますが、

  この話題、

  中国でいま、この春節明け

  新しい年を迎えて、就職探しが

  盛んに行われている、という話題は

   別段この問題に新しい動きがあったとか、

   この問題に異常あり!と言ったような顕著な動きが

  ある、というお話ではなく、単に昨日のお話の流れから、

   ・・・そういえば、もう春節も終わった少したちましたが、

  意外や意外、中国いま就職戦線が熱い!!

   というだけのゆる~いお話です。そのおつもりで。

   この話題、この問題、日本のマスコミに登場することは少ない

  のでちょっと紹介しておきましょう。

    学生さんの、それも新卒者の就職活動とは別に、中国の

  特徴?として、この時期、春節後の転職熱?があります。

   これはまぁ、その昨日の“春運”で一度故郷へお帰りになった

  所謂、民工ミン・ゴンの人たちがそうなるのは容易に?理解

U2892111985291687156fm21gp01できる??のですが、これが何と!!この

 時期、職を替えよう、新たな場を探そう、

或いは年前は見つからなかった職を年が

改まったいまこそ見つけよう!というのか

  各地の就職相談会は上のような人出。

   仕事を探す方の人を、 找工作ザァォ・ゴン・ズォ 求職

       仕事をする人を探す方は、 招聘ザァォ・ピン   求人

   と言ってますが、

     前にもお話しましたが、この二つの割合が丁度うまい具合に

   どちらも均衡がとれている時代というか、時期はどの国もホント

   稀なんですね。いつも、どちらかが偏っていて、どちらかが足りない

   状態というのが普通だと思っていた方がいい。

     そして、何よりそれはもうどの国であっても、

   自分にふさわしい仕事を見つける、そんな仕事に就けるという人は

   運が好いというか、もうそれだけで一生モン?でしょ。

     と言うほどの大問題ですので、力が入ります。

U1515373670411052107fm21gp01 先のような大掛かりな就職相談会も各地で

 催すされますが、現代ではこんな

 コンピューターを使っての就職活動が。

  これまた、どこの国も同じ。

U25744794891191289761fm21gp01  以前はこんな紙媒体。

  中国も専門ではありませんが、

  新聞に求人広告が載りますし、

 経済活動のせいでしょうか、人が単に

   多いせいでしょうか、この新聞の求人広告欄の日本のそれの

   比ではないくらいにびっしり沢山載ってます。

U39781730031878724448fm23gp01 こちらの方たちは、自分の勤め口を

 探すというよりも、仕事そのものを

 求めていて、自分が何を出来るかが

 あの前の紙に書いてありまして、大体が

      職人さんが多いのですが、その場で即面接?

      となります。

     この方たちの仕事探しは、単発ものです。

U40121677802183816027fm21gp01_2 求人側も、近年そうした春節明けに

 求人すると思わぬ効果?もあるらしく

 この時期の転職にますます拍車が

 かかっている中国です。

   いま中国はそれで熱いのです。

      わたしの知り合いもいまいま、何人か頑張ってます。

7427ea21096a146a5a6e2a1  いい仕事が見つかることを

  祈っています。
















 




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月25日 (火)

アレッ!“春運”ツゥン・ユン、まだやってたんですね!!

U25089139781913372940fm11gp01  正月気分どころか、

 今年も残すところあと・・・

 ってな、冗談が通用しそうな

  北国でさえ春めいてきた2月の終わりというのに、

  まだやってたんですね “春運”ツゥン・ユン”

  (中国正月の帰省列車などの特別運送体制)

   今日その記事をみて驚きました。

   なんでも、この“春運”は、40日間の体制をとってる

  そうでして、今日あたりでその体制も解く、というお話

  なんですね。

    流石!中国。そうですよね、正月休みが皆と同じに

  取れない人も沢山いますから、前後して正月休みに入る

  人もいるでしょうし、仕事とは別に、学生なんかは急いで

  戻る必要もなければ、少し長い休みを取るんでしょうし、

  それで期間が延びる。延びるというか、延ばさないとこれまた

  さまざまな問題が起きるのでしょう。

U2603545893798784405fm11gp01“春運”の今年の様々な数字はこのあと

 発表されますので、そちらもちょっと

 注目しておきますが、“春運”と言えば

 どうして鉄道に目が行きがちですが、

   この長距離バスでの移動物も多いんですよね。

    意外?に船で移動何てな人も実はいたりするんですが。

   一大?イベント?も終わりました。

    やれやれ・・・といったところでしょうか。

    今年のわたしの見た“春運”の一番は

U19228692403908493042fm11gp01 やっぱ、これかなぁ・・・。

 子供の満面の笑みと、

 ホームでのお父さんかなぁ?

 好い写真ですよね。

   誰が撮ってるのかなぁ・・・。子供の目線がお父さんに

   ないので、こっちにお母さんがいる??

   いやいや初孫か?子供の後ろにいるのがお母さんか。

U7813622672934584855fm11gp01 もう一枚。こちらも捨てがたい。

  子供を背負い、荷物を提げ

 引っ張り、足早にホームを行く

 お母さん。

   ただ、それだけですが、何故これが・・・というと、

   もう、そろそろこのような画も見れなくなります。

   お母さんの後ろの特急(動力車)とも似合わなくなって?

   きています。ホラ!お母さんの周囲の人にはそんな大きな

   荷物の人がいないでしょ。

    こうなるんですよ、徐々に。

    ということで、長かった“春運”も終わりました。

   この時期実は?中国は就職戦線で忙しいのですが、

   その話題はまた明日にでも。

U3273805963399360785fm12gp01
 ← オマケ。












| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月24日 (月)

ソチ冬期オリンピック閉幕、中国の満足度

4512b4d10c1df9d8f5f18913221e95b11 索契スォ・チィ

 冬奥会ドン・アォ・フィ

 “安全着陸”アン・チェン・ズォ・ルゥ

  が、今日の話題。

   まぁ、世界中そうでしょうけどね。

   先にも書きましたが、わたし自身がこの話題あまり

  熱が入らない。

   他の方が熱心に伝えてくれるでしょうし。わたしよりみなさん

  の方がよくご存知だし、熱も入ってる。

  中国も同じ。テレビ報道でもそんな盛り上がりは見られない。

  普通の局は元より、「CCTV5」と言ってピンとこないか??

  スポーツ局でも、スポーツを扱っているのに、いまいまの

  オリンピックは後回し?ってどういうこと??

   まぁ、それ位関心が薄い。

   関心が薄い割には、結果!皆さんが気になさる?

  メダル獲得数がしっかり?日本や韓国よりも稼いでる。

Img3955238761 選手参加数もそう多くはない。

 確かわたしの見た数字では

 日本の半分くらいの選手数。

  ということは、その人数でこの成績は効率がいいんじゃない

  ですか。

    盛り上がらない原因??

   まぁ、皆さん想像がつくと思いますが、その要因は、

  まだまだ冬のスポーツの浸透度?が浅い。

  競技人口者も少ない。ということは良いコーチもまだいない。

  これらを支える観衆もまだ育っていない。

  今回はそれを埋める?為にちょっとは力を入れて報道もする

  のかと思いきや?相変わらず、テンション低いなぁ~。

    今回のオリンピックで一番中国で報じられたのは

U17170827363200279896fm11gp01 競技の前のこちらの映像・・・。

  ・・・ってこれ協議は関係ないし。

 普京プゥ・ジン と 習近平の

 握手のシーン。

    この握手ちょっと怖いなぁ・・・。

  そうだ!この二人、年もひとつ違いで、普京の方が

  一つ上の兄さんだってこと知ってました?

   ほぼ、タメですよ、タメ。二人は。

   と、わたしの話もオリンピックに興味がないばかりに

  脇道へどんどんそれそうなんで、この辺で止しますが、

  何にしても何事もなく??無事終了!ということで

    「安全着陸」できました。よかったよかった!?

  追伸。

    密かに、中国は先の先の冬のオリンピック開催を

  狙っているって知ってました・・・?

    そりゃ狙うでしょ。

    08年の北京オリンピックからすでに6年経過。

  そろそろ動き出しますよ。





| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月22日 (土)

今週のひと言中国語ー這不ヂェ・ブ ほら!

  「ほら!」の言い方ですが、これって状況によってちょっとその

 「ほら・・」の後ろというか内容が違ってまして、いろいろに使えるん

 ですが、今週のひと言中国語は、その「ホラ!」についてです。

   この手?のものは単独ではあり得ませんので、必ず前後があり、

 必ず相手がいる。

   その二人(或いは多人数)の中で、指しているものがすでに前提と

  して理解できるところにいて、

   「ほら!」 と言います。 「这不ヂェ・ブzhe4 bu」 と。

    「ほら、アレ、わたしの××は何処へ行ったかしら・・・?」

    と言われて、これじゃないの?ってな具合の時

    或いは、何かを尋ねられ、今だと直に携帯で調べ

U20089943962222348585fm21gp01 その画像を目の前に指し示して

  「这不・・・!」

  と。

  そう言えば先週、突然わたしの店に

   迷い込んできた、台湾の若者も、スマホを示して、

      「這不・・・?」

    と、言ってましたね。台湾の方は繁体字ですので、字が

   こうなります。更に、殆どそり舌音を使わないの、ジョ・ブと

   聞こえますが。

     その画面には「千代台町14番××号」とありました。

   「・・・ここはそうなんじゃないの・・・」というこの使い方は

   「這不是・・・・ 嗎?」という、「此処って~じぁないんですか?」

   のご存知?反語表現の使い方でして、これとはちょっと違うんですが、

   まぁ、上のもその後ろを省略してるようなところもあっての、

    「ほら・・・(これ・・・)」の使い方です。

   単に?相手の喚起を促す意味の「ほら!」ですと、見てよ!的な

     「你看 ニィ・カン(見てよ!)」の直接的なのと、

      「你瞧 ニィ・チャォ」の (見て確認してよ!)の

       促すタイプがあります。

       どちらも「見る」方の視覚に訴えかけています。

U34750736271681517727fm23gp01  もう一つ、この字で

  「诺 ヌォ!」 というのが

  ありますが、

      こちらは、視覚よりも 「しっかりしろ」の意味で

    「ホラッ!」と言ってますので、ちょっと怒ってたりします?

    全く余談ですが、中国携帯電話のシェーアーを握っている

    ノキアという会社、中国語訳は「基亚」です。

      ということで、いろいろありますが、

     「这不!」 「ほら!」

    を覚えましょう。

U24087329733198216942fm21gp01
 ← 这不?

  って、判る人だけに

  判るんですね。





| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月21日 (金)

出ました!大気汚染黄色警告!!って、どうすりゃいいのよ。

   昨日、その中国の大気汚染の問題をちょっと書いて、

 その後、中国のネットを見ていたら、中国先月1月の「大気汚染

 状況」ってな、政府発表の具体的数字が出てましたので、見て

 いました。でもまぁ・・・政府発表ですから・・・。

   細かい数字が列挙され、さも具体的に報告はされてますが、

  それって、単なる結果ですし。

    この結果を踏まえて、どうするのよ?が無くては・・・。

126168135_13929334400691n1 

  そして、今日。

  そんなページを開かなくとも、

  いきなりのトップページで

      「空気重汚染黄色預警」

  の字が。目に飛び込んできました。

    今日21日から3日間は、大気汚染が深刻になる。

  よって、子供たちの屋外での授業は中止。外出の際は

  気を付けて、と言っている。

    深刻だ。

    昨日も書きましたが、打てる手はどんどん打って

  いただいて、少しでも改善できるものはもう躊躇せずに

  今すぐ取りかかっていただきたいものです。

    よく、自動車も悪者?にされてますが、そうクルマの台数

   が飛躍的に伸びてますから、当然そこへ眼もいきます。

    自動車が増える、排気ガスが・・・もそうですが、

   わたしのような全くの素人が中国のタクシーに乗っていても

   気づくのは、どうもその中国のガソリンの質?が悪いのでは

   ないか?ということですね。

U30702449861673763053fm21gp01 数年前あたりから、急に中国のタクシーも

 これまでオンボロで走っていたのが、

 それこそ換え時だったのでしょう、全車

 一斉に新しくなったりして、乗り心地は

   よくなったのですが、それにしてはその排ガスの匂いがどうも

   臭いし、排ガスそのもののが重い?全くわたしなどにはガソリン

   の成分などは判ってません、その判らないわたしでも新車なのに

   どうしてこんなに排ガスが臭うの?というのが、率直な感想。

     それって、とりもなおさず、質の問題でしょう。

     ここも早く手を付けて貰いたいですね。

   ガソリンの含有物の問題と思うんですね。でその含有物が何で?

   そうなるかというと、そこはきっと利権がからんでるとは思います。

    お金ですね。それも莫大な。ほぼ中国全土で同じことがやられて

   るわけですから。

      そこにかなりデカイ利権がからんでるとは思います。

    ですが、それが庶民の健康と引き換えに・・・というのはあんまり

    でしょう。技術的には何の問題もなく、明日からやろう!と思えば

    出来るんでしょうから。

      やって欲しいな、それも、早く。

20481016408532543621  多分、庶民はそんなことより

  ガソリンの値段の方が気になって

  るんでしょうが、

   値段にも響くんですかね・・・?

    判りません。

      でも、健康あっての・・・・ですよ。







| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月20日 (木)

どうする、PM2・5対策、どう取り払う霧霾ウー・マァィ

U40661465393692788395fm21gp01 このところ、日本のマスコミでは

 あまり騒がれなくなりましたが、

 ←この問題、まだまだ深刻でして、

 実は、先に騒いでいた頃より一層

   ひどい地域もあるのですが、何故か?日本ではもう

   飽きられたのか、ニュースにはなりません。

     まぁなったところで、「これが飛んでくると迷惑ですね・・」

   くらいの括りで纏められたニュースであれば見ても見なくとも

   同じですから、構いませんが。

U61999449440939810fm21gp01 当然ですが、地元・中国は真剣?でして

 何せ当事者ですので、この問題頭が痛い。

 取り急ぎ、観測個所を増やしたり、分析結果

 を発表して、注意?を促したりの手??は

  打ってるんですが、自身もそれが大して効果がないことはご存知。

U40099472091550405670fm21gp01 「こんな時なんだからいっそ新年の爆竹は

 自粛しようよ・・・」とか、脇の話題もいっぱい

 あるんですが、それに付き合っているときりが

 ないので、止しますが、

   一つだけ。この火薬の専門家に是非ですね、煙の少ない、殆ど

   煙は出ないけど音はハデ、というその末節のことですが、そんな

   花火を開発して欲しいです。

U42511329232613225458fm21gp01 で、一般庶民はどうなってるかというと、

 そりゃぁもう、逃げ出したくとも逃げ出すわけには

 いかないので、もっぱら防衛ですよね。

  そこにまた商業ベースが入り込んで、こんな専用?

   マスクを売り込んだり、

U38764840493703642030fm21gp01 自分家だけは、何とかその影響を抑えようと、

 こんな空調だとか、

  これまた、この時?とばかりに売り込む

 製品があって、人間の弱みに付け込む?とでも

   いいますか、これはこれで説得力があるのかどうか、買っちゃうんで

   しょうねきっと。

U20473993521057814953fm21gp01 ヴォルボも悪乗り?して、

 我が社のクルマの室内は

 空気が・・・と謳ってますが??

 ホントかよ・・・とは思わないんでしょうね

   きっと。

20349285171 行政だって手をこまねいてはいません?

 って、かなり手を出すのが遅いですが、

 一つ注目したのは、バスを将来に向けて

   電気自動車に換えて行くんだ、と言ってますね。

    好いんじゃナィですか・・・、

    やれることはみ~んなやって欲しいものです。

    電気自動車既に実用化され、乗用車が街を走ってますが、

   あれのバス版?でしょ。

    もうあるんですか??

    あれって、電気はどれ位消費するんですかね・・・・

    わたしの今の心配は、中国があるものあるものに替える、

    そうすると数的に急にその、後ろの方のあるもの、が

    不足したり、高騰したりするんですよね、

    それって年越し苦労ですかね・・・、だと好いんですが。



















| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月19日 (水)

北京地下鉄、車内での飲食禁止を打ち出す

U13354222022735074371fm21gp01  中国・首都・北京

 旅行に行かれて、北京の地下鉄

 を利用された方も相当いらっしゃる

 と思います。

  便利になりました。路線も増えてますます便利になっています。

  一方でそのマナーも時折取沙汰されておりますが、この度、

  北京地下鉄を管理する部署では、「今後車内での飲食はまかり

  ならぬ、違反した場合は最高500元の罰金」との方針を

  打ち出しました。

U3274887531059727490fm21gp01 まだ、決定ではありませんよ、一応

 宣言?ってやつですね。でもまぁ

 多分?この通りきまっちゃうんでしょう

 けど。

   これを中国語だと、

    北京地鉄車廂内厳禁飲食、罰五百元  と発表。

   これに対してわたしは、意見は何もない。

   それだけお困りなんでしょ。この他に地下鉄内での物貰い、

   とか、地下鉄車両内で歌を歌ったりしてお金をせびるのを

   止めろとか、かなり中国的?規制がかけられていて、それって

   罰金を科さないと無くならないんでしょうねきっと。

     たいへんだなぁ~・・・というのが感想。

   今回の発表、好い点?もありまして、流石に中国も時代に呼応して、

   盲導犬の乗車についての判断などもしております。

U16786425073129852164fm21gp01 この発表を受けての国内の記事なんかも

 ちょっと覗いてみましたが、そのうちの一つ、

   「乗客に要求するのはそれでいいが、

  地下鉄側も突然の運休や事故による遅延

   のとき、アナウンスが無いのは混乱に一層拍車をかけるので、

   せめて、状況は知らせるように、乗客に置かれている状況を

   判断できるように努力したらどうか?」 (拍手!!)ってな

    至極当然?の記事などをみて、フムフム・・・この記者さんは

   エライ!と思って読んでました。

     わたし個人的には、この際?だから言わしていただけるなら

220pxbeijing_subway_ticket_2009_i_2 まぁ、外国人なんか滅多にこれを利用しない

 から考えの中にはお入りになってないでしょうが、

 地下鉄・バスを利用できるカードを折角出して

 いただいてるのに、

   これ、最初買う時だけ、デボジット(積立補償金)をとるんですね、

   これ、ヤメテほしいですけど・・・。

     そんな意見はきっと出ないでしょうし、出ても無視?

   でしょうが、

     大した額ではないのですが、そのシステムとしてこの

   デポジットのやり方、ホテルもそうですが、抱えている事情は

   分かります。分かったうえで敢えて、コレ、ヤメテ貰いたい。













| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月18日 (火)

棚ぼた?福自天来? - “撞”それでも?金メダル

   めったにないスポーツ話題です。

   索契スォ・チィで開催されている冬期奥運アォ・ユン

  冬期オリンピック、葛西紀明選手の活躍や羽生結弦選手の

  活躍など、テレビを見ないわたしでも流石それはに目にしています。

    ウィンタースポーツに関する興味もかなり薄いので、このまま

  このオリンピック話題には一切触れずに終わるのかな、と思ってる

  ところへ、ネットで見ていた中国動画で、中国の女子500メートル

  トラック選手が金メダル!!のニュースに注目。

    といっても、先週の話ですがね。

U7104831863915401248fm21gp01  こちらの選手。

  李堅柔選手。リィ・ジェン・ロゥ

  この名前もちょっと面白い。

  堅に柔が続くって・・・。

    女子短道速滑500米比賽 という種目に出場。

   全くその世界?に詳しくないので聞きかじりですが、もともと

   この種目には違う有力選手が予定されていたらしい・・・。

    その有名?選手の名もわたしは知らないので、早い話が

   その辺の前ふりの話は全く理解できてないのだが、まずまず

   そんなエピソードがあり~の、

     この方が選ばれて走ることになったわけです。

   この競技、決勝は4名で走るんですかね・・?

   こんな常識的なことも判ってませんが、とにかく、スタート!!

   と、コースを1周した頃、彼女はその一番後ろにいた。

    前には三名の選手が。その国名も忘れた。韓国選手が有力

   候補だったのか、なんでもその前三選手がコーナーで転倒!!

     ここを中国語で言うと、

    前三名全部相撞、集体倒地、唯一没有倒的李堅柔・・・で、

   その後ろだった李選手は難を逃れ?悠々と?コーナーを回り

   ゴ~~ル!!

U9383814421743400031fm11gp01  優勝です。

  金メダルですよ。

   このあと、ネットは違うことで

  賑やか。そちらにもあまり興味がないので

   ここでは触れない。

    その後の韓国選手のくやしさは理解できるが、それはそれ、

   決まったことは決まったことでしょうが・・・と思うが、そりゃまぁ

   “金メダル”がかかってるんですから大変なんでしょ。

      わたしの注目は、その日本で騒がれているジャンプの

   葛西選手がなんでも冬季オリンピック7回も出場してるってんで

   それだけでも驚きですが、更に7回出場=高年齢ですよね、

   それでもなお、努力し続けどうしても取りたかった“金”をもうちょっと

   のところで逃すこともあれば、

     このように、一番後ろを走っていて、李選手が冬期オリンピック

   初出場だと聞いてますが、確かかどうかは分かりません、

   まぁ何回でもいいんですが、初出場でそれも有力選手が怪我か

   なにかで突然の替え玉?として出て、いきなりの“金”。

     だからこそ、スポーツって面白んでしょ?

     違うんですか?

     こんなドラマ?をみんなは見たかったんじゃないんですか?

   少なくとも、李選手を非難するのはあたらない。

   称えましょうよ、同じ様に“金”ですから。

   




 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月17日 (月)

元宵節的第二天、留学生との交流会へー元宵節を誰と過ごすか

4a36acaf2edda3cc8053f76203e93901213 中国では先週の週末、

 西洋のお祭り?

 バレンタインデーである

 情人節 チン・レン・ジェ 

  自分たちの祝日?である、

   元宵節 ユァン・シャォ・ジェ とが一緒にやってきて、

  さて、若者よ!あなたたちは、恋人とこの日を過ごす?の

  それとも、父母の元へ帰って家族と過ごすの?

  という話題で盛り上がって?ました。

   日本はそんなことには一切関係なく、

   索契スォ・チィ冬奥ドォン・アォ  ソチ・冬季オリンピック

   の話題で盛り上がってるようでした。

    そんな中?土曜日わたしは

    北海道日中青少年交流協会主催の新年会に参加して

   参りました。

    毎年、開催されておりますこの会、

    ことしも留学生が振袖を着て参加しておりました。

   青少年交流協会のみなさん、お招きいただきまして

   ありがとうございました。

   眼にも艶やかな振り袖姿の沢山の留学生が参加され

  華やかな雰囲気の中、楽しいひと時を過ごさせて頂きました。

    新春を迎え、実はこの時期というか、この頃ともなれば

  留学生の数人の挨拶にもありましたが、あと数か月で日本を

  離れ帰国するひとたちがいらっしゃいます。

   今年も何人かの方がそうしたお話をされておられました。

   その方たちの函館で過ごした印象なども伺いました。

   恐らく、留学期間中はそんな楽しいことばかりの毎日では

   なかったはずで、それは大変なこともあったことでしょう。

   ですが、その大変なこともまた、留学の思い出の一コマと

   して、自分の留学生活が良かった、と言っていただけるのは

   ご本人の努力が勿論一番ですが、その期間を過ごした町の

   ものとしても、とても嬉しいものです。

    ありがとうございまいした。

    お帰りになる、留学生の贈ります

        每一个字,都记下了我真诚的心意,

                无比的祝福,

          祈祝你有一个灿烂的明天。

                           函館日中友好協会

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月15日 (土)

元宵節の夜の出来事ー元宵節与情人節“撞上”19年一次遇見

Yjimagecartxlci 昨日は、19年に一度の

 旧暦中国の節日ジェ・リィ(祝日)の

 元宵節ユァン・シャォ・ジェ と、

  西洋の情人節チン・レン・ジェが同じ日に重なるという

  珍しい日だった。19年に一度のことらしい。

    そのことは、昨日書いた。

   そして、昨日とても珍しいことがあった、それはわたしに

  とっては19年に一度どころか、全く珍しことだった。

   あまり、個人的なことを書く趣味?はないので、ここにそうした

  ことを書くのもそう多くはない。その禁?を破っても書いておきたい

  ことが昨日の夜あった。

    それは、こうだ。

   昨日(2月14日)、夕刻6時を少しすんだ頃、日はもう暮れていた。

   わたしは、ある友人を待っていた。約束の時間にまだ少し間が。

   わたしの店(茶館)は、住宅街にあって、それはそれは小さな

   店なので、地元の人でもよく説明しないと判らない位置にある。

   その時、店のドアが開いて、誰かが入ってきたのは覚えている。

   まだ、友人との約束の時間には早いので、お客さんだ、と思った。

   お客と思ったので、家の者が迎えるのをきくとなく聴いていた。

   どうやら、客ではないらしい。道を尋ねている・・・のか、なかなか

   上手く意思が通じない。宅急便の人だろうか・・?

     どうも要領をえない。どうやら、言葉が不自由のようだ。

   漸く気づいて、「韓国の方ですか・・・?」と、尋ねてる声が。

   相手は最初、簡単な英語を使ってた。「ノー・・」とか・・・

   「タイワン・・・」という声が聞こえた。おぉ・・・なんだ・・なんだ、

   と、店に出ていった。

     20代の青年が、スマホを手に、画面をかざし、ここは

   「・・××町14番8号ですよね、・・14番4号は何処?」と

   言ってるようだ。これは言葉ではなく画面を示して、カタコト

   日本語。××町も正しく言えてないし、数字も中国語混じり。

   「誰の家をお探しですか?」と中国語でこちらが訪ねた時の

   彼の戸惑いの表情は判る。余りに突然だ。

    こっちだって、何故にこんな突然、それもこんな?場所に

   こんな時間に、たった一人で、日本語が上手くできない

   中国語的には小伙子シャォ・フォ・ズ(若者)が、なんでこんな

   ところを歩いてるのか?

     この近くに家に、知り合いがいるらしい。台北で知り合った

   その人の家を探し、昨日函館に着いて、今日昼に連絡を取り

   ホテルから出てその家を訪ねこれから、函館で今日あげられる

   花火を見に行く予定だ・・・などということが判った。

    日本語は本当に少ししかできない。英語ならもっと意思疎通が

   できるというこの若者、明日にはニセコにスキーをしに遊びに

   行くんだということまで判った。

     電話番号を訊いて、訪ねに来た家に代わりに電話をし、すぐ

   近いと思われるので、店まで迎えに来てもらうことにした。

     その間、とっても大した時間ではないが話ができた。

     彼にしてみれば、たまたま入った所が、中国語が通じ驚いて

   たようだが、こっちはこっちで驚きだった。

     恐らく最初からこの店がそうした店と思って入ったのではなく

   近所は住宅街ですでに日も暮れ真っ暗?だったので、灯りの

   あったここで道を尋ねようと思っただけらしい。

     偶然のなせる業。元宵節と情人節が“撞上ズァン・シャン

   (ばったり出会った)のその日に彼とこんな具合に出会ったことが

   何とも楽しかった。

     ほどなく、そのお宅の人が迎えに店にいらして、彼は何度も

   何度も礼を言い、分かれた。

     あまりに突然だったので、それにそういう関係でもないので

   いま想いだして気付いたが、彼と一緒に写真を撮っておくべき

   だった。惜しいことをした。

    もっと惜しいことをしていた。

Yjimagecac0q9v9  休んでる間、話に夢中になって忘れた。

  彼に作ったばかりの、湯元タン・ユァン

  (元宵団子)を食べて貰うのも忘れた。

   


| | コメント (1) | トラックバック (0)

2014年2月14日 (金)

バレンタインデー・情人節と、元宵節が一緒にやってきた!

U2082460170500020608fm21gp01 日本は、とっ言っても日本にとっても

 近年のことですが、何やらデパート

 地下のチョコレート売り場が賑わい、

 何故かみなさんこぞって、

  チョコレートを買う日・・・と言うか、もうすでにお買いになって

  今日は、渡す日?なんでしょうね。

   中国語では 情人節 チン・レン・ジェ と言います。

   バレンタインデーってやつですよ。

  これって、中国に入ったのは日本より更に数年遅れてますので

  近年も近年、わたしの尺度だとここ数年のことです。

   そして、中国では巧克力チャォ・クゥ・リー(チョコレート)を贈る

  習慣はありません。よかった・・・好かった!!・・・

  と、喜んでばかりもおられず、悲しいかな中国では男性の方が

  女性に贈り物をします。

   そして、何故か?チョコレートが薔薇の花に?

Uhttp___newsxinhuanetcom_politics_2   薔薇の花の値段が急騰してます。

 この日にめがけて、どんどん高くなる、

 それでも贈るのは何故かバラ?

 違う花でもいいじゃん!と思うが、そこが

  恋する二人にはどうやら、バラの本数が愛情のバロメーター

  だぁ~みたいな商業ベースにのせられて、どこの国でも大変な

  ようです。

    情人節をもじって、情人 音は同じ、チン・レン・ジェ と

    の字を掛け合わせています。

    の方は日本語でも、おびやかされるの意味があります。

    終わりがない、の意味もありますよね。そうそう、碁をおやりに

    なる人は判りますが、これ“劫”コウと呼んでるはずです。

    ま、早い話がずっと脅かされる日と恐れられてます。

    それよりも、わたしの注目?は、

   今年、2月14日はたまたまカレンダーのいたずらで、

   この日は中国の伝統的祝日、元宵節ユァン・シャォ・ジェにも

   あたります。

    ・・・にも、と書きましたが、本来はというか本家本元、正しい?

   中国の祝日としては断然こちらが正統派?でして、

   由緒正しき中国の祝日の日であります。

   この日のスローガン?は、“団圓トゥァン・ユァン”。

 一家全員揃ってこの日を迎え、その丸の形をしたお団子

   を食べる日でもあります。

    ということで、わが家も今日は、湯元タン・ユァンもどき?を

    作って今日は食べることにしましょう。

B8ac6f402e5b1466c327321 中国の今夜はあちらこちらで、

 紅い灯篭が掲げられ、幻想的で

 綺麗な夜を迎えることでしょう。

  そんな中、驚きの映像は

B8ac6f402e5b1466c327381  ← こちら。

  中国・重慶というところの

 某刑務所では、情人節という

 ことなのか、元宵節だからなのか

   受刑者の家族・恋人を呼んで、こんなサービス??が。

     えぇ~こんなんありですか?

     なんだろなぁ・・・・よくわからん!!










| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月13日 (木)

日本に有って中国に無いものーわたしの一番はコレ!

  昨日の話題の逆の、日本には有るけど中国にないものは?

  のお話をしたい。

 色々ある。先ずは、“和”もの?は当然ない。或いは、またまた形のないもの

 も挙げれば切りがないほどある、と思う。

   実はこの話題、中国で中国の方に囲まれて一度したことがある。

 彼らの多くは、日本人のその器用さ?を褒め称え、小さな物や家電を

 沢山その例に挙げていた。多くは折り畳み式のもであったり、超小型化

 されたものであったり、のように記憶している。

  さて、わたしの番になって、日本人として何かこれは!というものを

 ひとつだけ挙げろ、と言われた。

  ひとつだけ、・・・というのも困る。かと言って沢山挙げろと言われても

  困るんだか・・・。

    迷ったわたしがこれこそが日本に有って中国には無いものと

  して挙げたのは、 书签スゥ・チェン 。本についるあの「紐」。

Image10_2 普段わたしは、たんに“ひも”と呼んでますが、

 「栞しおり」の役目をする「紐」ということですので

 「栞紐」とか言ったりするらしいですが、

  業界的?には、「スピン」というものだそうです。

Yjimage3 これ、優れものでしょ。

 中国の本にはこれありませんので、

 日本から持って行った手持ちの

 日本の小説本を見せて、「ホラ!

 これです」と紐を引っ張ると、

   「あぁ~书签スゥ・チェンね!」と、感動が薄い。

   もっと感動していただけると思ったのですが、意外や意外

   テンションが低い。

    ついでに?中国にはない「文庫本」も紹介しておいた。

  更にその「文庫本」にもこの「ヒモ」が付いているという驚きの?

  事実まで発表したのに?それでもテンション低ぅ~・・・。

    4年生の男性が一人だけ、「聡明ツォン・ミン!!」

  偉く感心していた。

    流石、大学も4年生ともなれば大人だね!何が凄いかが

  そんな大げさな形状ではなく、こうした小さな?モノの中にこそ

  あるというのが理解できるらしい。

    わたしは、この子を「聡明ツォン・ミン!」と誉めたい。

    その彼、早速わたしの話を聞いて、自分でも「ヒモ」を用意し

  自分ながらにその「スピン」を作ってみて使っている、という。

    んん~・・・なかなかに見込みのある子だ、と感心。

   その数日後、会った彼は、「アレちょっと不便なことがあります」

  という。何でかなぁ・・・と思ってよくよく聞いていみると、

  彼はその「ヒモ」を本当にただ「栞」の如く挟んでいただけで、

  「ヒモ」の一方を本の背表紙に固定することをしてないので、

  時折、その「ヒモ」が本から丸ごと抜け出してしまい、「栞」の役目を

  果たさないことがその原因だと判った。

   確かにあの「ヒモ」後付け?だと厄介かも。

   彼は自分のことを「不聡明ブ・ツォン・ミン」だと言った。

  わたしはすかさずいやいや「不周到ブ・ゾゥ・ダォ」なだけだ、と

  言った。何故なら、本当に「不聡明」な人は自分をそう言わないから。

   で、彼のような中国人も少ない。居ないことはないが、少ない。








| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月12日 (水)

中国に有って日本に無いもの、日本に有って中国に・・・

  昨日までの話題「小公シャォ・ゴン」もそうだが、

 中国に有って日本に無いもの、逆に、日本に有って中国には

 無いものがある。

  思えば、わたしはずっとこの間、中国には有って日本にはない

 ものを「わたしの見た中国」として書き続けてきた。

  それは、時に形のあるものであったり、形がないものであったり

 はしたが。

U38662835057147066fm23gp01_2例えばこれは昨年10月号の

ウェブ版「わたしの見た中国」

「洗脚シィ・ジャォ」足湯は如何?

その足洗い機がこれ。

  中国には家電としてこれがある。

   ここから何が見えますか?

   中国の人たちの靴を脱がない暮らし。それはやはり疲れる。

   風呂に入る、浴槽に入る、日本のように温泉に入る習慣が

   ない暮らし。でもリラックスするためには、これが役立つ。

   水道水を直接飲むことのできない、中国では水は買う。

U2134210823790748481fm21gp01 ペットボトルのお化け?のような

 大型蒸留水を買う習慣が家庭

 にもあり、かつ、それはお湯が

 何時でも出るように温められ

 ている。

   中国の「水商売??」の話も前に書いた。

   今度書こうと思っているのには、この時期(冬季間)中国の

   お店の入り口にはビニール製ののれんが掲げられる

U39248463781136828407fm15gp01 これが名前が何と言うのか判らない。

  が、これとりわけ中国の東北地方では

 必ずある。暖気を逃さないために。

  このことは前にペーパー版「わたしの・・・」

   の『隗報かいほう』には書いた。

    一方、形のないものは数限りなくある。

U27483364913095503551fm21gp01
 これが正しい「シュワッチ挙手」(仮名)の

 仕方で、2010年7月号で

 「請挙手チン・ジュゥ・ショゥ」老師!シュワッチ!

 として書いている。

  中国の方たちの挙手の仕方はちょっと違っていて

U41255460493957665313fm21gp01それは大人の、それも

国家指導者たちと言えども

その左手を右ひじに添えて

いないだけで、これで左手

も添えていただければ

  「シュワッチ!!」

  というウルトラマン・効果音が聞こえてきそう。

   つまり、「わたしの見た中国」と題してわたしはその

  中国にあって日本にはないものを書き続けていて、おそらく

  今後もそれを書いきたいと思っている。

    このブログもそうした意味では同じだ。

    その愚にもつかない、そんな小さなことを書き連ねることで、

  わたしは少しは中国が見えてくるのではないかと思っている。

    そして何より、こうした愚にもつかないことは、マスコミや正しい

  先生方や評論家は書いてくれてない。だからわたしが紹介する。

    愚にもつかないようなことに実はものごとの本質が隠されて

  いたりもするから。

    多分今後もその姿勢は変わらないと思う。

    大切なことは、わたしが書いているのは、その違いであって

    決して、どちらが優れているとかどちらかが間違っているとか

    そういうことではない。

    その事だけは注意している。

    できれば皆さんにも注意して読んでいただきたい。

    優れているかどうか、正しいかどうか、好ましいかどうか、は

    問題ではない。そこに本質はない。

    現状そうあることが、それぞれの国の違いであり、

    その違いにこそ“文化”があるので、それらを紹介したいだけだ。

    その後ろ?にその陰に?あるものこそが本質だ。

    その視点だかは保つようにして、今後も

    中国には有って日本にはない、

    そんな楽しい?ものを紹介していけたら・・・と思っている。

    お付き合いください。
















| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月11日 (火)

「小公シャォ・ゴン」はなくなるの?-今月号ウェブ版「わたしの見た中国」

U25275724394263269960fm23gp01  昨日の話がまだ続いています。

 「小公シャォ・ゴン」と言ってますが、

 「小公共汽車シャォ・ゴン・ゴン

  チー・チゥー」ですね、

 それもわたしがよく利用してたのは

   こんな小型の奴でして、バスと言われるほどのものではありません。

   ただ、役割的にはバスでして、一定路線を走ります。

   よく、始発点ではこのスライドの部分を全開にして、車掌兼呼び込み

   兼運転助手が、「××路ルゥー!何とか路ルゥ!」と大声で叫び

   客寄せをしてました。この××のところには数字が入りまして、

   例えば「5路ウー・ルゥ、5路ウー・ルゥ!」と叫んでいます。

   でこの実際に「5路」というバス路線は存在するんですね。

   日本語的には「5番路線バス」とでもなりましょうか。

    ですので、地元?に人はそれだけでこのバスの走る系統が

   もう判ってるわけです。この近くには同じように「3路サン・ルゥ!」

   と叫んだり、「101ヤォ・リン・ヤォ!」と叫んでたりします。

    その路線と同じ線をこの「小公」は走ります。路線から外れる

   ことはありません。その路線も大概はメイン道路をひた走り、概ね

   駅前に出るとか、繁華街の拠点に辿り着くとか、そんな路線です。

    所謂どの街にもあるドル箱路線を、普通バスが積み残した?

   或いは、普通の路線バスでは込んでてイヤ、という人を呼び込んで

   基本、途中停まらずに、ひた走るわけでして、ラッシュ時は呼び込み

   もつかの間、すぐに座席も埋まり、かつこの時間帯のお客様は皆

   急いでますんで、すぐに出発となります。

U33236082713515448317fm21gp01 座敷数もまぁ知れてますから、朝夕は

 それこそ、この「小公」も満員。呼び込まず

 ともすぐに客で満杯になります。

   問題はそのあと。

  この朝夕のラッシュ時だけの稼ぎで

   この「小公」の二人、運転手とその助手が満足?するだけの売り上げ

   があるといいですが、それに、多分この車は有効活用の為にも

   ただ遊ばしておいたんじゃ勿体ない?ってんで、それ以外の割と

   混雑が緩和されて時間帯も、動いてました。

    時刻表はありません、客も「小公」がいれば乗るし、いなきゃバスか

   急ぎの人はタクシーとなります。

    この「小公」かなりいい加減でしたね。まぁこれに限らず中国全体

   がそんなゆる~い決まりの中で運営されてましたので、恐らく

   違反とか、いっぱいしてたんでしょうね。

    何度か、乗ろうと思ったら空き席がない「没有座位??」と言うと

   「有啊!」と言って補助椅子を出したり、それはまだいい方で、

   途中から手をあげて乗り込む客など、急いでるから席なんかどうでも

   いいのか、立ち席?っていうか、これ定員オーバーでしょ!!てな

   状態なのに、途中客を見つけてはまだ乗せようとする強欲?な

   「小公」ペアーもいて、結構ハラハラものでした。

     それに急いでると、かなり無茶な運転。何せ毎日同じ道を往復

   してるだけあって、その道は知り尽くしてる。運転も慣れてる。助手も

   いる。となればどんな運転になるか?中国でタクシーにお乗りになった

   方はご存知でしょうが、あの運転の更に上?をいきます。

    お~コワッ!慣れは恐ろしいもので、そんなんでもしょっちゅう乗って

   たんですね、これに。

     これほどでないにしても、日本にもこれがあればいいのになぁ・・

   と思った。

     わたしの住む、地方都市などは都市交通は赤字が続き、縮小に

   つぐ縮小。でもバス路線は公共性もあり、続けなくてはいけない。

    なら、いっそ?あの大きなバスを止めて、この「小公」にしては?

   と思うんだが・・・。

    そこは日本、さまざまな規制があるんでしょ。

    また、安全性だとか、やれなんだとかうるさい話がいっぱいあって

   なかなか上手くいかんのでしょう。でも最近になってわが町にも

   小ぶりのバス?が走るようにはなりました。

     好い事もあるんです。小ぶりのバスだと、これまで大型バスしか

   走らない幹線の道路以外でもその小ぶり・・ぶり?を利用して

   これまでバス道路ではなかった小さな道路もバスが走れたり、

   大型の一般乗り合いバスだと、完全に一車線を独占して停留所など

   で停まるとその後ろはず~と渋滞、ってなのが解消されたり、

   何より、運転手が一人に乗客が一人なんてな超贅沢な?個人バス

   は何としてはやはり勿体ないですしね。

     まぁ、中国であの「小公」が成立するのは結局のところ、なんと

   いっても人が多いってことですけどね・・・。

     その「小公」もこのところのマイカーブームと、地下鉄建設に

   追われて、向こうでは先細りですが、日本では先行き結構期待

   できると思うんですが、さてどうでしょう??

      ってな話題

   「小公シャォ・ゴン」ちいさな乗り合いバス

    をご覧ください。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月10日 (月)

中国にあって日本にないもの、「小公シャォ・ゴン」ー今月号ウェブ版

   遅くなりましたが、今月号ウェブ版「わたしの見た中国」

  更新致しました。

    どうぞ、いつものように茶館『隗かい』ホームページから

  お入りください。この一番したのリンク個所をクリックしていただけ

  れば、そちらへ飛びます。

Yjimagecaa5fuwr さて、今月号の話題は、中国にあって日本に

 ない?「小公シャォ・ゴン」の話題です。

 「小公共汽車シャォ・ゴン・ゴン・チィ・チュー」

   略ですが、これがまた中国でもだんだん無くなってきたせいか、

   いまでは「小公シャォ・ゴン」と言えばこちらを指すのではなく、

   「小公主シャォ・ゴン・ズゥ」可愛らしいご主人様?ってなことで

   多くは自宅で飼っているペットを指したりするようになってるようです。

U2574222441594754242fm21gp01_2 時代ですね。そのうち無くなってしまうのかも。

  ということで書いておかねば・・・、

   イメージできると思いますが、

  「公共汽車ゴン・ゴン・チィ・チュー」で、

   これでバスを意味しましす。南の人は「巴士バァ・シー」なんてな

   字を充てて、音をとってますが、大陸はまだまだ四文字熟語的?

   なこの「公共汽車」。長いんで「公車ゴン・チュー」なんても言って

   たりもします。

    それで、まぁ基本その・・・バスなんですが、バスのような大型車

   ではなく、小は本当に日本のあの郵便小包を運んでいる軽トラック

   の荷台を改造して座席を更に付け足したような奴から、そこそこの

   人が乗れるバスの半分くらいのマイクロバスから、日本のワゴン車

   ってんですか?多人数乗りのクルマまで、大小多少のばらつきは

   あります。ありますが、わたしが一番懐かしんですのはその、一番

   小さなやつです。これ、定員数を上回って明らかに違反じゃないの?

   ってな改造をほどこした車。

     中国の朝夕のラッシュ時の込みようは、当然?日本の比じゃあり

    ません。むちゃくちゃ込みます。バスはギュゥギュゥ詰め。

     そこで、この「小公」が役立つ。

     詳しくは文を読んでもらいたいが、

    この「小公」、バスと同じにちゃんと路線がある。その路線上を

    往復して客を運ぶんだが、ラッシュ時は特に客が多いので、始発に

    満杯の客を乗せてれば、直行終点か、客が多く降りる重要拠点まで

    運ぶ、つまり日本で言うと、空港と街を運ぶリムジンバスのような

    のを想像してもらいたい。

     ちょっと違うのは、路線の途中で手を挙げる人がいると乗せたり、

    路線上で降りたい人がいると停まってくれる。

Yjimagecakk3eil_2 ということでバスよりは少しは料金が高目

 だが、坐って行けたり、途中停まらないので

 早いし、自分の都合のいいとこで降りれたり

    の利便さがあって、どの都市にもあった。

    ということで、実によく利用したものだが、いまこれが

   無くなりつつあるのは、一つは許可の問題で、かなりモグリ

   というか怪しい会社?があったり、

     中国の大都市・中都市はここ数年で地下鉄がどの街にも

   でき出して急激にそちらに移動し始めたこと、

U5051191163089524385fm23gp01そんなんで、

いまは観光地なんかで、路線バスとは

別に駅前と観光拠点を結ぶ交通機関

として、残っている。

    日本に無いわけではないが、

    日本では許認可などの関係でちょっと難しいが

    これまた、日本の認可制度が見直され近年「小公」に似た

    バスが走っている。

      ということで、先ずはその基本のところを

     今月2月号、ウェブ版「わたしの見た中国」

   「小公シャォ・ゴン」小さな乗合バス、これが日本にもあればなぁ~

     をご覧ください。

      その上で、また明日この続きの話を少しします。







 

   







| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月 9日 (日)

北海道日中友好協会50周年記念シンポジュームー札幌

7916561_2 まだ、札幌です。

  昨日のシンポジューム、

 お聴きになった方はどんなでしたでしょう、

  ちょっと壇上から会場を拝見する形で見ていて感じたのは、

  どうも年齢層がやはり高いなぁ、というのが感想。

    協会そのものの年齢構成を反映してると思います。

  若い方も会場にチラホラありますが。外のすぐそばでは

20140205k0000e040227000p_size21 「雪祭り」。

  こんなものかも知れません。時期をずらしたから

 とっいって、突然聴衆が増えるとも思えません。

   もう一点、男性が圧倒的に多いです。女性の活躍が目覚しい

   近年、ここにももっと女性が入ってきて欲しいものです。

    昨日書き足りなかった部分を以下に。

   「日中友好の未来を展望する」というのがテーマです。

   結論から言えば、自分はその点ではそんなに心配していない。

   昨日書いたように、今あるさまざまな課題は〝時代″が解決

   してくれるであろう、と楽観的です。

    “そんな時代もあ~たよね・・・”と中島みゆきが唄うように

   この先、数年あるいは数十年?で振り返ってみれば、あぁそんな

   ことがありましたね、あれは一体なんだったでしょうね、

    という時代が来ることを信じています。

    そうは言っても、そう言えるようになるまでは、苦しい日が

   続くのでしょうし、その為に協会の果たすべき役割もあるでしょう。

      二点目。

    友好運動を、とりわけこの北海道の地で、半世紀にわたって

   築きあげてきた先人たちの運動が今を支えています。

    これを受け渡す人たちを探さなくてはいけません。

    これも昨日書きました。友好運動は、民間がするものなのです。

   政府や官僚は、“友好”は口にしますが、国と国では利害関係が

   生じますし、国は“友好”を必ずしも促進するわけではないので、

   そういう期待というか、そうならないことに失望する必要はない。

   友好運動は、われわれが担えばいいわけです。

   政府にそれを期待?するのは構いませんが、わたし個人としては

   それはあまり期待しないほうがいいと考えている。

     三点目は広がりの問題です。

    まだまだ、我々の運動も、どうしても大きな都市の沿岸部に偏り

   がちです。それは日本から這入りやすい、交流がし易いという

   地理的問題と、発言でもちょっと触れていますが、訪中してその部署

   のその都市のお偉い方とお会いし、“友好”活動をしていますが、

   それは、先の論法にあるように政府の出先の人であったり、官僚で

   あったりのことが多い。それも“友好”運動でしょうが、それはいまある

   ここ数年の現状を見ればわかるように、その“友好”は二国間が

   ちょっとつまずくと、その影響をもろに受けます。もっとなかなかこれは

   難しい問題があるのですが、身近な人たちとそれぞれが、その方の

   もつ得意分野などで、交流する場が今後増えていくことを願って

   おります。

     もちろん、この50年があってのこの先の運動です。

     これを受け継ぐ若い人たちが、次の運動を創り出してくれることを

   願っております。

     とりわけ、先ほども書きました、この分野?にも是非女性の

   新しい感覚と、エネルギーを注いでいただけるようになることを

   願っております。

     以上が、昨日の会場で話足りなかった部分です。

     会場に足を運んでいただき、熱心に聴いていただいたみなさん、

   ありがとうございました。

                         函館日中友好協会

                           東出  隆司






| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年2月 8日 (土)

北海道日中50周年記念シンポジュームにー札幌は雪祭り

Yjimageca26qmrt 札幌です。

  今日の札幌は晴天。

 北海道日中友好協会・50周年記念行事の

  座談会というのに呼ばれて来ております。

    折りしも札幌は雪祭り開催中。

Odori1 会場のホテルへ向かう途中でも

 大変な人出です。

  聞こえてきますよ、中国語が。

 道を歩いていてもあちらこちらから

 中国語が聞こえてきます。

   台湾の人だけじゃないですね。

   広東語?も聞こえてきますし、あれ?これ中国語でないかも・・

   ってな外国語も。

    結構、団体旅行ではなく個人旅行で来てるんですね・・・。

    ところで、「札幌雪祭り」を見に来たわけではありませんので、

   肝心のその北海道日中友好協会50周年記念式典の方の話を。

   今回パネリストとして呼んでいただきましたが、何でわたしが

   選ればれてか?が本人が分かってません。

   今回の座談会、パネリストは4人なんですが、うち日本人2人、

   中国の方2人ですね。

     たぶん?協会からも誰か一人ぐらい出ておいた方がいいんじゃ

   ないの?ってことで、協会枠?だと思うんです。

     それで、諸先輩いらっやるんですが、これまたたぶん?札幌に

   偏るのを避けたんだと思うんです。

    どっか他所からも一人ぐらい入れといといた方がいいんじゃない?

   ってことで函館のわたしにお声がかかったと思ってます。

   道日中50年ということですが、その半分ぐらいをわたしは見ています。

   会場でもお話しましたが、中国は今年新中国誕生から65年ですね。

   これまたわたしが中国へ行き始めてから、大体半分ぐらい見ています。

   何せ中国のその前半30年位は、わたしなんかが学校で習ったのは

   中国は「竹のカーテン」と言われてました。そう容易には見れない国

   だったんです。因みに今オリンピック開催のソビエトは「鉄のカーテン」

   と言われてまして、まるで見えてこない国だったわけです。

   ですので、新中国成立後すぐはそうそう簡単には入れなかったのです。

    その後ですね、ホンコンを窓口にして入れるようになりましたが、

   それでもそんな簡単ではありません。

    ですから、60数年のうち半分くらい見れていればまぁまぁ十分なん

   です。もっとも今はとても行きやすくなってますが。

     そのあと、足しげく中国に通ってますので割りと中国各地を万遍

   なく見てる。そんなことがあって呼んでいただけたのだと思います。

     なんせ題名が「日中友好の未来を展望する」ってな、

   大上段の何とも日本人らしい表題でして、これは堅い。

     堅すぎますよね。真面目だなぁ・・・と思いますね。

    まぁそうは言っても記念行事としての一環ですから

  しょうがないでしょう。自分としてはもっとどうでもいい??

  楽しい話をしたかったのですが、そうも言ってられません。

    端折りますが、

   わたしの言いたかったのは二つです。

   自己紹介でも申し上げましたが、わたしが中国に興味をもち、

   中国語に入りはじめたのにも、それ程人に聞かせるほどの強烈な

   何かキッカケがあったわけではないのです。

    いつの間にかなんとなく・・・という非常に頼りないぼんやりした

   ところから入ってます。

     それで好いんだと思います。好い悪いもないんです。

    そりゃまぁ、中国人に助けられたとか、中国でこんなすばらしい人に

    会ったとか、何か誰もが納得?するようなエピソードがあればそれは

    それで素晴らしいことですが、無くとも好いんです。なんとなく興味を

    もって何となく入ってきて。

     もう一つは時間です。

   あんなにガチガチ?だった中国がこんなに柔らかく?なるなんて

   だれが予想してました?

    香港が中国本土に帰るなんてまだまだ先だと思ってたら、その

   1997年もすんで、中国の人たちも北京語を話す時代がくるなんて、

   もっと最近では誰がこの数年の台湾と大陸のこの関係を考えて

   ました?この春節も大陸からどっと台湾へ休暇を利用して行ってるん

   ね、誰がこんな時代が来るとそれもこんなに早く、予想してました。

    ですから、わたしが言いたいのは

    時間軸を縦にとって、時間が解決してくれるんです。

    ここ数年のこの尖閣の問題も時間が解決してくれます。

    何時かあぁそんな時代もありましたね、日中間では、という話に

   なるんです。それはこれからの若い人がそう感じるのです。

    横軸には、その広がりです。是非どんなことでも構いません。

   別に理由なんていらないんです。中国に興味をもっていただいて、

   ちょっと中国の人と友好を持っていただきたい。

    その窓口の一つとして協会がありますが、まだまだ宣伝不足

   ですし、宣伝が下手です。

     友好運動は民間でしかできないのです。

   政府がやるのは外交です。外交は友好運動とは違うんですね。

    そんなことをお話したかったのですが、残念ながらちょっと

    時間的に苦しかったです。

      この話また明日ちょっと続きを。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月 7日 (金)

「水餃子作り旧正月祝う」函館新聞 - 取材ありがとうございました。

003    函館日中友好協会主催

   「春節聯歓会」2月2日開催。

  昨日お伝えしましたのは、

   北海道新聞・夕刊の記事です。

  今日は、函館新聞社に同じく

  当日の様子が開催されておりますので、

   昨日同様、全文こちらに紹介させていただきます。

   ---------------------

    水餃子作り旧正月祝う

    日中友好協会交流会 留学生ら50人参加

     函館市内で学ぶ中国人留学生を招き、中国の旧正月

   を祝う函館日中友好協会(東出隆司会長)主催の交流会が

   2日、函館市青年センターで開かれた。約50人が集まり、

   ギョーザ作りを通じて春節を祝った。

     今年は1月31日が旧暦の元旦に当たり、同協会がこの

   時期に合わせて開いている恒例行事で、北大水産学部や

   道教育大函館校、函館大などに留学している中国人が参加。

   参加者は中国東北部でよく食べられる水餃子(ギョーザ)作り

   に挑戦し、豚肉や小麦粉を各6キロ用意してギョーザの皮から

   本格的に作った。

     参加者は中国語や日本語を交えた会話を楽しみながら

   和気あいあいと作業を進め、水餃子ならではのもちもちして

   食感を楽しんでいた。函館短大食物栄養学科1年の朝妻佑美

   さん(18)は「いつも食べているギョーザと違い、もちもちして

   いておしいし」と笑顔で話していた。 (千葉卓陽記者)

    -----------------------

    函館新聞社さん、取材ありがとうございました。

   この記事を紹介している今日あたりは、早くも中国ではその

   旧正月休みも終わり。

7427ea210a1f145e7456281 返程客流高峰ファン・チェン・クゥ・リュゥ

   ガォ・フン

    戻り客のラッシュ。

  と言ってます。

   楽しい正月休みを終え、職場に、それぞれの住まいに戻る

   日となっています。

     あっという間ですね、御休みは済んでしました。

    また、お仕事に復帰?です。

083523_8891_2 誰もが新しい年の決意も新たに

 また、この一年がんばって行こうと、

 楽しかった家族との思い出と、お土産話と

   沢山のお土産を抱え、それぞれの生活の拠点である、

   町に戻ってきました。

Uhttp___wwwgovcn_jrzg_images_imag_2 でも、まだまだその興奮冷めやらない

 数日が続くでしょうから、本格始動?

 は来週の月曜あたりからですかね。

  好い年のスタートとなりますように。

  














| | コメント (1) | トラックバック (0)

2014年2月 6日 (木)

「水ギョーザ作り『春節』を祝うー取材ありがとうございました。

W0201402032814086144081 中国のお正月休みもいよいよ

  終わろうとしています。

  どうも・・・大気汚染が深刻。

 勿論、あの大晦日の大量の爆竹

   花火の影響なんかもあるにはあるでしょうが、

   いやいや・・・山東省では全省をあげて警戒に。

   かなり深刻です。

     さて、昨日まで中国中央電視台の年末特番、

   「春晩ツゥン・ワン」について書いてましたが、

   こちらは、わたしども協会の活動の様子が一昨日の

   新聞に載りましたので、紹介させていただきます。

    以下、記事の全文です。

  地方版ですので、ご覧になれる地域が限られております。

   その点、ネットでは地球上どこにいてもご覧いただけます

  ので、案外このページを中国で懐かしく、ご覧になっている

  人だっておられるかも。

   ----------------------

001  北海道新聞弐月4日夕刊

   函館市民と中国人留学生が

   協力して

    水ギョーザ作り『春節』を祝う

     旧暦の正月「春節」を祝う会が2日、函館市千代台町

     の市青年センターで開かれ、中国の留学生と市民が

     一緒に水ギョーザを作って新年を祝った。(内田晶子)

   函館日中友好協会(東出隆司会長)が、みんなで春節を祝おうと、

  この時期に主催。留学生らとギョーザを作る会を毎年開いている。

   今年は、公立はこだて未来大や、北大水産学部などに留学して

  いる中国人学生20人と、同協会会員ら市民30人がギョーザ作り

  に参加した。

    参加者は小麦粉と水で練って手作りした皮に、キャベツのみじん

   切りと豚のひき肉を混ぜたあんを一つ一つ包んでいき、ゆで上がる

   と、あつあつのギョーザをいくつもほおばっていた。

     大連市出身で北大水産学部に留学中の張賛さん(25)は、

   肉の味付けを担当し「ちょっと味付けが薄かった。でも楽しかった」

   とにぎやかな春節を楽しんでいた。

    ---------------------------

    取材いただいた、北海道新聞社さん

   ありがとうございました。

    写真にも多数の留学生が写っていて楽しそうに語らってる

   様子が当日の雰囲気をとてもよく出ていました。

    ありがとうございまいした。

                             函館日中友好協会



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月 5日 (水)

中国年越し番組「春晩」今年の話題。 真的一年不如一年・・?

983392901  昨日の話題、中国年末年越し番組

 よく言われるのは日本の「紅白歌合戦」

 に譬えられますが、

   その「春節晩会ツゥン・ジェ・ワン・フィ」のお話の続きです。

   日本の「紅白・・」と決定的に違うのは、日本のように「紅白」

   紅組と白組に分かれて・・・ということはなく、

   大体なんで、男女が分かれて競う?必要があるのか、意味が分かり

  ません。

    かつ、歌手だけが主役ということもなく、中国の場合は、お笑い、

  コントあり、漫才あり、雑技のようなものもあり、マジックありで、

  なんでもありです。

    そん中でも、今年の一番人気?は、韓国から出演の彼です。

   みんな“帥スゥァィ!”(カッコイィ~!!)と言って喜んでました。

   歌手です中国名 李敏鎬リィ・ミン・ハォだと思いますが・・・

   自身がないのは最後の字、鎬ガォという読みの方が一般的

   なんですが、この場合多分?韓国語音に近づけて、ハォという

   読みを使ってると思うのです。いまひとつ、自身がありません。

   と言って、関心もないので調べる気もありません。申し訳ない。

   因みに、日本名というか日本で何と呼んでるかも調べる気がない。

    そういえば日本の「紅白」は外国人歌手なんてのは出ない??

     どんどん脇道にそれそうなんで話を戻しますよ。

   昨日、書いたのは、そうそう全部の期待には応えられんでしょ、と

   書いた。昨日あたりからその2014年「春節晩会」の視聴者数は

   およそ、8億人が見たという。ナント!8億の人ですよ。

     8億の人が満足できる、だれもが“好ハォ!”と叫ぶ番組作り

   って、あり得ないでしょ。だからあれでいいんです。

Uhttp___wwwpeoplecomcn_h_pic_201402 よく意味が分からなかったのは、その放送時間の間

 舞台のひと隅で、ず~っと、ただただぐるぐる廻ってる

 少女がいるんですね。

   “小彩旗シャォ・ツァィ・チィ”と名付けてましたかね、

   あれ、わたしには意味が分からなかった。

U20936814032231402356fm11gp01 ホント、ただただ廻ってるんですね。

 中国語的には、 転ズァン・転ズァン・・・

 恐らく、白いドレスをお召しになっていて、

 そこに当てるライトの種類で色んな紋様を

   浮き出したりしてますが、何のことはない、そう早いスピードでは

   ないですが、ず~~と廻ってまして、早くもネット上では、5時間で

   何回廻ったかとか、ホントに休まずに廻ってたのか?とか

   話題になってます。この狙いは何ですか?誰か教えて!

E7465d3acbeb7bd5428357ef01cfc3041 コントが苦しいのも判るんです。

 それは趙本山ザォ・ベン・サンが出なくなったとか

 何とか・・・言われてますが、これまた万人が

   笑える素材を探すことが難しい時代に入ってきたという証明でも

   ありまして、“笑い”そのものの質の変化がみられる証拠だと

   わたしは思っています。

    マジックのお兄さんが大変なのは、一昨年でしたか書きましたが、

   もうネット上ではマジックをやっているその数分後にはネット上にその

   マジックの種明かしというか、種探しというかそんなのが飛び交って

   マジックを楽しむ?よりそっちの方の忙しい時代になっていること。

     マジックだけ上手くても駄目で、ここのところはテレビ画面で、

   イケメンお兄さんが求めれていて、これは中国だけに限らないので

   しょうが大変だなぁマジシャンも・・・と思って見ています。

     そんな「2014年中央電視台・春節晩会」の評判は、

   近くの留学生に訊いても、中国の友人たちから届くメールでも

    「一年不如一年イー・ニィェン・ブ・ルゥ・イー・ニィェン」

     年ごとに劣ってきている、と言ってます。

     わたしの感想はちょっと違います。

    今年の春晩は昨日も書きましたが、ちょっと昔のスタイルに

    時代をほんの少しだけ戻した感があります。

     出来栄えとしては、決して悪くありません。

    ですが、問題は、人々の求めるもの、人々の暮らしとの距離に

    あります。この距離が昔?はそれほどなくて多くは共感できた

    のが、近年はその距離がどんどん開き始めていて、

    「春晩」の方のレベルもそれなりに上がってはいるのに、

    人々の暮らしや要求の方がそれよりもずっと高くて、

    先の「一年不如一年・・」と言われている、

    わたしは製作者側にかなり同情的です。無理ですそんな

    先にもあげた8億の人を楽しませるのは、

    8億の人たちの求める者が一つだった時代を除いては。

    時代ですよ、時代。







    

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月 4日 (火)

中国版・年末特番紅白歌合戦的、「春節晩会」今年の出来栄え

U2811428167415426300fm11gp01 この話題、毎年この番組を見終わって

 から、書いております。

  この番組に対するこうした見終わって

 からのアレヤ、コレヤはそれこそ

   ネット上ではもう山のようにありますので、別段わたしの感想

   など必要ないようですが、概ねそうした感想の大多数は、

   中国の方がその番組を見終わっての感想ですので、まぁ

   わたしのように国外で中国人でもない者が見て、どうよ?・・・

   は多少違って面もあるので、書いておきましょう。

     この番組の説明自体は、これまた何度も書いてますし、

   それを繰り返すのはちょっと億劫なので、ご存知のものとして

   書き進めます。

     簡単に言ってしまえば、上に書いているように、日本の

   年末年越し番組「紅白歌合戦」の中国版というか、一年を

   締めくくる番組でして、以前は誰もが「これを見ないと年を越した

   感じがしない」と言わしめた程の人気番組です。

    ここで以前は、と書いたのは最近は違うという意味でそうなのと、

   何だかんだ言われても、以前ほどではなくともまだまだそんな

   位置の番組だという点をおさえておいてください。

   もう一つ、わたしの取り上げる「春晩ツゥン・ワン」は、中央電視台

   の「春晩」でして、各地方ローカル局でも同じように年末特番として

   この同じ名で「春晩」は多数存在しています。

     もっともそれ位のことまでご存知なら、多くの説明はいらないの

   ですが。

U18997224732210486459fm11gp01 さて、今年、2014年午年の「春晩」

 見ましたよ。なんせ5時間くらいもの

 番組なんで長いんです。見る方も大変。

 わたしもその時間帯にそのまま見ては

   いません。録画して見ています。漸く見終わりました。

    この番組、人々の寄せる期待が大きいだけにそれに応え

   続けて行くのも大変です。それは実はもう無理なんです。

    世代を超え、地域を超え、時間を超えて、これをやっとけば

   大丈夫!というそういう歌もそういうコントの題材も、もう無くなり

   ましたから。

      先に感想を言っておきましょう。

    今年の「春晩」少し戻しました。

    その戻した、の意味は、例えばオープニングの所のさぁ!番組

    が今年も始まるぞぉ~、今年はどんなかなぁ~の期待が大きな

    本で言えば表紙カバーの部分、包装紙が変わりました。

      それが、去年までのあのままで行くと、わたしはきっとこれは

    どんどんコンピューターを駆使してですね、凄い映像を見せて

    くれるか、いま月にいる“嫦娥”の映像かなんかで始まるんじゃ

    ないの・・・というのが事前のわたしの予想でした。

     それが、つぎつぎ大物スターが出て「春晩」はあなたにとって

    何ですか?みたいな日本人好みの?質問に答えるような形で

    番組に入って行くというボンヤリの演出でした。

U36030538542403534827fm21gp01 全体を映画監督、馮小剛フォン・シャォ・ガン

 がプロデュースしたのが今年のウリ?

 でもありますので、そのせいでしょう。

   この監督例のあの、北海道を舞台した映画「非誠勿擾」の

   あの監督です。

     ニンゲン?がお好きなようですので、この監督、どちらかと

   いえば、デジタルよりアナログ的なものを善しとしているので、

   その辺の、ここ数年どんどんデジタル化されてきた「春晩」に

   今年は歯止めがかかりました。

     それは舞台全体の設えというか、背景や組み方に色濃く

   でてました。それらがあって、わたしの感想は、

    「アッ!少し戻しましね・・・」

    という感想。

    ということで、戻ってきてホッとした人もいれば、なぁ~ンだと

    がっかりの人もいる。これが先に書いたように、全てにウケル

    ものはもう無いので、これはこれで良いんじゃないでしょうか。

     そういう意味で?多分??司会者も替えました。

     ニンゲン?を売り物にして。

     途中の出し物でも、その傾向が見られました。

   ですので、

    今後、この「春晩」は誰がやっても、どう演出して、誰が出ても

    何をやっても、

     誰もがもろ手をあげて「好かったよ!」「好ハォ!」と叫べる

    そんな「春晩」はもうあり得ないということです。

      誰かが「好ハォ!」と言えば、誰かは「不好!」と呼び、

    そのほかの人たちはある人は「不太好・・」と言い、関心の

    ない人たちは「一般イー・バン」という。

      そういう時代に中国も入った。

    そして、みんなで声を揃えて「好ハォ!」と叫んでいた時代が

    懐かしく良かった、と思える世代と、

     そんな時代があったことすら知らない世代は、それが何を

    意味してるかも分からず、自分には「好!」と呼べない認められ

    ないところがある「春晩」を、それでもな~んとなく見てしまう

    いまがあります。

      多分この先は、この人たちはだんだんに見ることすら

    しなくなっていくのでしょう。

      その今年少し「戻した」効果がどれほどあるのかはもう少し

    時間を見ての検証を待つことにして、

     それをも含めて、わたしは楽しめますので構わないのですが、

    これって部外者の冷めた目だからですかね。





| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月 3日 (月)

熱閙ルゥ・ナォ(賑やか)! -函館日中「春節の会」

U2051773717311881406fm21gp01   人間最珍貴的莫過于

    真誠的友誼、

  無論Ni身在何方、

           我的福将時刻伴随着Ni,

                新年快楽!

    函館日中友好協会の中国人留学生と伴に新年を迎える

   会、「春節聯歓会」昨日2月2日、無事?終了いたしました。

   参加いただいたすべてのみなさん、!ありがとうございました!!

   おかげさまで、楽しく年越しをすることができました。

   賑やか!なんせ、大勢集まって、一斉にそれぞれがそれぞれの

   ことを話すので、とにかく賑やか!熱閙ルゥ・ナォ

   この賑やかさもお正月に欠かせません。

    で、この日は、

P2020950  皮づくり、と、餡づくりを

 先ずは同時進行で始めます。

  この時点ですでに、賑やか。

 参加いただいたみなさんが、それぞれ

  知り合いと言うわけでもなく、みなさん、この日初めて、

  という方も多いのですが、

    そんなことは言ってられません。

    先ずは手を動かし、動かしながら、話をし、

    話をしながら、作業を進めますよ。

    小麦粉を練る人は練ります。餡に入れる野菜を細かく

    切る人は、切ります。これがまた、半端な量じゃないので

    人も多いですが、切る量も多い。皆で一致協力。

P2020951 昨日の紹介しましたように、

 練った小麦粉を小さく切り分けて

 麺棒でゴシゴシと回し押しすれば

 ギョウザの皮の出来上がり。

    皮が出来上がったら、餡の出来るのを待って、それを

    包みます。ここでも、包んでも包んでもあるくらい、量が・・。

    包み終えたら、すぐにもゆでることができます。

    この時点で、食べる側の準備も出来ていないと、いけません。

P2020954   茹でたてが美味しい、というか

 茹でたてを食べなくては意味がない。

 茹であがるのを待って、どんどん

 食べていただきます。

   もう「これでもかぁ~!」というくらい食べれます。

   これが美味しいのです。皮がこうプリンプリンとしてですね、

   焼き餃子とはまた別のもです。

    今年参加できなかったみなさん。来年まで待てます?

   次は、

P2020958 食べながら、留学生お一人お一人の

 自己紹介です。

  食べていても忙しいのです。

  漸くひと当たりお腹がくちくなった頃、

   厨房で作る方を手伝っていただいたみなさんのも席に着いて

   いただいて、全員の宴会です。

    こっからがまた、熱閙!!

    隣の声が聞こえない位。それで大きな声を出すと、全体は

   更に大きな声に。まるで喧騒の中にいるよう。

    きっとこれがいいんでしょうね。

    留学生も、

    「真熱閙~!」

    と言いながら、嬉しそうでしたからね。

     お手伝いいただいた、みなさんのおかげで、

     また、参加いただいたすべてのみなさんのおかげで、

      楽しいお正月を迎えることができました。

      ありがとうございました。

   遠く、お国を離れて、日本へ来てそれも縁あってこの

   函館で今年のお正月を迎えた中国人留学生にとっても、

   何処にいても、一緒にお祝いしともに喜べる人たちがいる

   ということが判っていただけて、よかったです。

     留学生からも、何度もお礼を言われました。

     この場を借り、留学生に代わってお礼申し上げます。

     ありがとうございました。

                     函館日中友好協会

                     会長  東出 隆司









| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月 2日 (日)

お正月は餃子でお祝いを。正しい餃子の作り方。今日、開催。

U20149615114276797086fm21gp01
 函館日中友好協会

   中国のお正月を

 留学生と一緒にお祝いする会

   「春節聯歓会」ツゥンジェ・リェン・ホァン・フィ

   は、今日開催です。

    いつも通り、三々五々集まって

   先ずは餃子づくり。

   作りたて餃子をゆでて、水餃子で一緒に食べます。

     これだけのことです、

     ですが、これが対戦なんです。

U39847800381404409390fm21gp01  一緒に皮から作り、一緒に話しながら

  小麦粉を練り、

   同時に、餡を作るひとたちは

  餡をつくります。

    餡も種類が多く、実に様々。

    また、地方や各家庭でも微妙に色んなやり方が

    ありまして、毎年同じように餃子を作っていても

    実は、同じことがないのであります。

    皮はこんな感じで、麺棒でま~るく作ります。

U30219455711343463120fm15gp01 ちょいと慣れると、こんなかんじで

 機械で作ったように、同じ大きさ

 でおなじようにマン丸に出来

 あがります。

    これ位になるまでどれ位かかりますかねぇ・・。

U432840702096903130fm21gp01 餡の包み方は色んなやり方が

 あるんですが、一番日本人に

 一般的なのはこれですね

 ヒダなんかとちゃってますが、

    皮を合わせて包むとき、皮に水はつけません。

    出来立ての皮はそれだけでギュッと抑えると

    くっつきます。

U2500102833362905662fm21gp01 みんなで、ワイワイガヤガヤ

 言いながら、これくらいは

 すぐに出来上がります。

  こっからは、あとは茹でる。

    これは、ひたすら少し多めの湯量のなかにこれを

    投入。

      あとは、出来上がりを待つばかり。

      出来立てを一緒に食べます。

      ここでもワイワイガヤガヤ。

      これが大切なんです。

   これこそが、交流だと思ってます。

     この一緒に最初からつくり、

     一緒に食べる。

   そんな交流です。

    今日一日、在函・中国人留学生のみなさんと

   愉しく過ごしましょう。

      どうぞよろしくお願いいたします。

               2014年・函館日中友好協会

                    「春節聯歓会」












| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月 1日 (土)

ここが変わってきた中国のお正月 - 濃霧天気里過大年

34f74d7f2d7edf251eefa18074fcefcb1   向大家拝年了!

  シャン・ダァ・ジャァ・バィ・ニィェン・ラ

  今日は、初二ツゥ・アール ですよ。

     今日はきっと中国では多くの人が外へ。

   昨日は家族揃ってゆっくり食事をし、春節晩会を見て、

  花火を打ち上げて、新しい年を迎えたことでしょう。

002564a5ddfa145680bd041  今日はちょっとどこも天気が余り

 良くないのと、この方が鼻を抓んで

 るのは、多分昨夜の爆竹のその

 火薬の匂いにむせてるんだと

   おもいます。これがかなり強烈。

     そのすぐ向こうの景色もちょっと霞んでますから

   こりゃちょっと深刻かな・・・と。

     先日発行の『隗報かいほう』第97号でも、何人かの方に

   中国のお正月の様子などを書いていただきした。

     まぁ・・・基本はあんなんで、変わらないのですが、

   その同じことをやっても、それぞれが多少派手?になったり

   何度も申し上げておりますが、我々が目にすることのできる

   その辺の情報だとか、画像だとかはどうしてもニュース性?

   といいますか、特異なことが話題になり、その特異性?が故に

   取り上げられる、ということを常に意識した上で・・・・

D52a2834349b033b7b2cfa8917ce36d3d53 こちらは、村のみんなが手料理を持ち寄り

 その数ナント・・・!と言ってますが、

 真意の程は判らないのですが、まぁ・・

   こんなかな、というのと、楽しそうだからそれでいいんじゃない

   ・・・・と、思ってみればそれでいいんじゃないですか。

     変わるんですよ、あらゆることは。

   また、変わりたいんですね。ですから、こうした暦のうちの一日

   をとられてある特別の意味を持たせたりするわけでしょ、人間は。

    本当は?・・・昨日と同じ、今日がまた始まっただけなんですが、

   そこに、すべてが昨日とは変わったかのような、昨日と違う今日

   を迎えたい、今風の言葉だと、リセットってんですか。

   因みに中国語でのリセットは復位フゥ・ウェィ

     誰もが変わりたいと思ってる、変わらなくてはいけないと思い

   日々の暮らしの中で、一旦すべてを一斉にゼロに戻したい。

     戻せるわけはないのですが、そうしたい。

     新しい年を迎え、新しい自分になりたい、そんな一区切りの

   日にしたいわけです。

     そこに様々な決まりごとがまたあって、それをすることで、

   新しくなれるような・・・そんな決まり事をします。

U29950118542051295619fm11gp01  さて、何が変わったかと言うと、

  実は一番の変わった部分は、

  目に見えない。

    そんなところが一番大きく変わってるんですね。

   それって、人々の心の持ちようですが、それは目には見えない。

   見えないんですが、そのことはまた、人々がやる事を通して

   目に見えるかたちになって現れたりもしてるんですが。

     どこが一番変わりましたか?と訊かれると、

   さぁ・・・どこでしょ。昨日のお話ではないですが、

   正月気分が年々薄れる、そこに変化を見ることはできます。

   あとは、やはり携帯ですね。これ中国に限らず社会に大きな変化

   をもたらしてますけど。

     「拝年短信バィ・ニィェン・ドゥァン・シン」おめでとうメール

   も凄い数らしいですが、

U28446047652511851645fm21gp01 ケイタイの変化に伴い、

 ホラッ!明けお目メールも

 画像での表示になっていて

   これがまた、画面が紅あかい・・・(。・w・。 )ってのが

   中国的?笑えます。

    そういえば「春節晩会ツゥン・ジェ・ワン・フィ」の

   主持人ズゥ・チィ・レン(司会者)も変わりましたしね・・・

   きのう必死?で見たそのことしの「春節晩会」のお話はまた

   来週の月曜にでも・・・・

     明日は、協会の「春節晩会」ですので、

   その準備に追われてます。

     参加者募集はもう締め切りました。

     明日、参加予定のみんさん!どうぞよろしく。

                      函館日中友好協会











| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »