« 2014年・第31回中国語スピーチコンテスト 結果発表 | トップページ | だんだんお正月“気分”が薄れてゆく中国 ー 過年越来越没勁 »

2014年1月29日 (水)

第31回中国スピーチコンテスト、女性が2部門制覇

     昨日、日中友好協会主催・2014年

  「第31回全日本中国語スピーチコンテスト」出場者と

  勝ち上がってきた地方大会の地域と演題を紹介しただけで

  終わってしまった。今日は、その続きです。

    出場者は20名。全体的に女性の出場者が多い。

   20名中、16名が女性というのはちょっと偏り過ぎでしょ。

   これは地方の予選?の段階でもう顕著な傾向ですから

   当然といえば当然。

  「高校生・一般部門」では社会人の比率が高いのは、日本に

  おける中国語教育がまだまだ大学に入ってから、という段階に

  あるせいでしょう。

  もう一つの特徴は、コンテスト参加が二度目の方がいらっしゃる。

  それは部門を変えての挑戦だったり、留学後の再挑戦だったり。

    一度で終わらないというのは持続して努力しているということで

  もあり、素晴らしいことだと思います。

   結果、

U42108450422230315391fm23gp01おめでとうございます!

大学生部門では、

大阪府選出の

  神戸市外語大学3年生

  宮田 知佳さん

 が見事、第1位に。

    演題が、「おもてなしの国 中国」という題です。この題

  中国語では「好客的中国ハォ・クゥ・ダ・ヂョン・グゥォ」と

  なってますが、

    この中国語の題と、日本語の題はちょっと離れてます。

   多分、故意に、その辺も狙ってのこの日本語になってると

   思います。つまり、あの「お・も・て・な・し」が流行ったから

   でしょう、わたしの勝手な想像ですが。

    この辺からもう、上手いかな・・・と思いますね。

    題を決めるあたり、つまりテーマを何にするかが

   一番最初の関門でしょうが、この辺からもう大変です。

    もっとも、わたしなんかはひねくれてますから、

   「好客ハォ・クゥ」今風に言うと、ホスピタリティ・・って

   やつですが、何のことはない、「客好き」ってそのまま

   の意味ですが、「客好き」=「おもてなし」には少しの

   距離がありますので、その事の方が気になるのと、

U1044752069502808885fm21gp01 ひねくれ物はすぐに、全く関係もない

 「好客」便利店ベン・リィ・ディェン

 (コンビニ)のことを思い出したり

   して、あそこに「おもてなし」はあったか・・・?

   などと、あらぬことを考えたりしてます。

   高校生・一般部門では

    おめでとうございます!

    千葉県選抜の 白井 絢菜さんが、

     日本題「桜と梅」、こちらはまったくそのまま

    「桜花和梅花イン・ファ・フ・メィ・ファ」でみごと

    第1位に輝きました。

    第2位には、高校生の川津早苗さん(福井県)が入ってます。

    高校生よく頑張りました。将来が楽しみですね。

    昨日紹介した各地区から選ばれてここに参加されたみなさん。

    ここの舞台に立つというだけでもうそれは凄い事ですので、

    今後もどうぞ中国語に磨きをかけて?それぞれの地域で

    ご活躍ください。




|

« 2014年・第31回中国語スピーチコンテスト 結果発表 | トップページ | だんだんお正月“気分”が薄れてゆく中国 ー 過年越来越没勁 »

コメント

白井絢奈さんでは??
私も見に行きました!勢いがあってみなさん素晴らしかったですね!

投稿: サーチナ | 2014年9月19日 (金) 21時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/90348/54785469

この記事へのトラックバック一覧です: 第31回中国スピーチコンテスト、女性が2部門制覇:

« 2014年・第31回中国語スピーチコンテスト 結果発表 | トップページ | だんだんお正月“気分”が薄れてゆく中国 ー 過年越来越没勁 »