« 旅游車導游 ガイドさん物語 - 12月号のテーマはガイドさん | トップページ | ガイドさん番外編、連れまわされる買い物ツァー »

2013年12月17日 (火)

想い出のガイドさん - 難忘的導游

 U2695690421390319029fm591
  ガイドさんは、導游 ダォ・ヨゥ といいます。

  ガイドさんの総称ですね。導くの字は

  簡略化されて上のような字になります。
 

   きのう、『隗』ホームページ更新のお話をしてて、

  12月号の話題は「旅游車導游リュゥ・ヨゥチュゥ・ダォ・ヨゥ」

  観光バスの、バスガイドさんでしたが、

  これ以外にも、忘れられないガイドさんが何人かいる。

  それは、必ずしも、バスガイドさんではなかったので今回は

  ふれていないので、そちらも紹介したかった。

   その前に、

     昨日、ちょっと触れてますが、中国の導游はみなその

U9770988794036026879fm21gp01 資格をお持ちでして、これがその証明書なんで

 すが、多分この資格も細かく分かれていて、

 外国人を案内するにはまたそれなりの語学の

 問題とかありますから、そういう資格が必要なん

  だとは思いますが、詳しくはありません。

     もう一点、

U1493053413132960105fm23gp01 新しいマイクといったのはこんなんでして、

 そんな複雑な機械ではありません。

 早い話が音声をマイクを通して拡大すれば

    いいだけの話ですから、マイクをヘッドホンと同じ様にして

    頭に付けて口元にマイクがくるようになってます。

     スピーカーの方は腰につけてたりしてます。

    これが、その新兵器です。

    今度行ったらこれのホンモノも買ってきましょう。

    外を歩きながら説明するときの兵器です。バスの中は従来通りの

U22682382543271831569fm23gp01マイクがありますので、これは必要ありません。

  以上が昨日書いた後、気づいた

 補足の説明です。

 さて、今日は昨日あの文を書いてから

  そう言えば、バスガイドさんに限らずそれ以外のガイドさんにも

  大変お世話になったというか、お世話したというか、忘れられない

  思い出が多い。

U42790189142194453039fm21gp01   実名を挙げてもいいんだが、

  ご迷惑でしょうし、それが目的でもない

  のでそれはいいとして、

  忘れられない導游がいる。

 

   彼は、中国・安徽省の黄山ホァン・サンという観光地の

  ガイドさん。とっても古い話で恐縮ですが、彼は当時、

  20代前半だった。当時まだまだ中国は旅は自由では

  なく、どちらかと言えば不自由。

   未開放地区なんてなのがまだまだあったもんなぁ・・。

   外国人の勝手気ままな旅にまでサービスしてくれる人は

  少ない。ところが、彼は最初から違いましたね。

  日本語は出来ないし、日本人を案内するのは勿論初めて。

  「外国人は数年前に香港人を案内した」と彼が言い、

  「香港人は外国人じゃないでしょ」とわたしに突っ込まれてた。

U3961988952279424622fm21gp01 何より彼はいつも笑顔。印象に残ったのは彼の

 笑顔と、当時としては珍しい、中国の人でナイキの

 靴を履いてましたね。

   この山は広く、また説明も歴史との係わりも

   あり、地名・人名がやたらに出てくるそんな説明を彼は実に

   丁寧にしてくれました。分からなければ字も書いてくれて。

   山のコースはいくつもあるんですが、どのコースをどう回る

   かの説明も彼が一方的に決めるのではなく、全体を教え

   こちらの決定を待つかたちで時間がそれだけ掛かったが

   嫌な顔一つせず、何か尋ねれば丁寧に教えてくれる。

    こんな青年が中国にもいるんだぁ~との思いと、この

   青年は都会から離れたこの大自然の懐の中で、どうやって

   こうしたことを自分のものとして学んだんだろう?と感心

   した。

     山頂の小さな山小屋に毛が生えたようなホテル?に

   一泊、麓のひなびた?温泉はないが、川音が聞こえる

   民宿のようなホテル?に一泊、二泊三日彼がガイドして

   くれた、あの三日間の彼のガイドは今思い返しても、

   ガイドしての仕事以外にも、こちらに気を使い色々して

   くれたりで、わたしには言い古された言い方だか、

   カルチャーショックというやつだった。

    折に触れ、彼のことを想い出す。

    実は、中国のガイドさんというと真っ先に思い浮かぶのは

   彼の笑顔なんだが、そんな彼は実に少数派で、そのあと

   彼のようなガイドさんにはお会いしていない。

    そんなガイドさんがいることも付記しておきたい。

    







|

« 旅游車導游 ガイドさん物語 - 12月号のテーマはガイドさん | トップページ | ガイドさん番外編、連れまわされる買い物ツァー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 想い出のガイドさん - 難忘的導游:

« 旅游車導游 ガイドさん物語 - 12月号のテーマはガイドさん | トップページ | ガイドさん番外編、連れまわされる買い物ツァー »