« 辞めちゃえば、終わり??-貧汚的結構 | トップページ | 今週の中国語ー言い訳しないで!  別探借口了!! »

2013年12月20日 (金)

猪瀬知事はアマチュア、じゃなっかた。

015  彼(猪瀬直樹)の熱心な読者ではないが、

 それなりに、彼の書いたものは、年代を追って

 読んできているように思う。

  作家の書いているものと、話すことのその様子

  を含めて、印象が違っている作家は少なくない。

   だから、彼がとりたてて、書いているものと、テレビなどで見る彼

   の何かに急かされているように話すちょっと鼻にかかった声との

   ギャップと言うか、印象の違いはそんなに気にもしていなかった。

      また、言ってるよ・・・と聞いてた。

      それがいつの間にか、政治の世界へ。

      そして、今回のことで、

      昨日もあるところで、このお話になったので、

     わたしの感じは、

      ちょっと変な喩えですが、

     料理なんかでよく、あの例えば生姜を臭みとりとか、香りづけ

    とかに使用してそれは、料理として提供するときは、その生姜を

    はずして、食用ではないので、取り除いて出すべきなのが、

    たまに全部を取り損ねて、残ったまま、料理として供される、

    更に出された方がすぐにそれを見て気付けば、取りよけて

    食すればそれでいいだけの話なんですが、これ又、

    何かの拍子に、一口で口の中に放り込み、ガブっと噛んだ

    あの時の、あの感じ・・・・・、あれに似ている。

       どうも、あの感じなんですね、いま。

      彼は自分は、“アマチゥア”だった、と言ってますが、

      そうだろうか??

    いやいや、今回したことは十分に“プロ”のやることです。

    政治屋“プロ”です。

    ずっと“アマチゥア”で、“アマチュア”の感覚でいて欲しかった。

    もし、彼が“アマチュア”のままでいたのなら、

     5000万というお金の重みも、そういう話を普通に?してる

    自分も怪しいとすぐに気付いたはずだ。

    “アマチゥア”感覚を亡くしたので、後ろのゼロがいくつ付こうが

    それが普通の自分の小遣いを話してるくらいの感覚でしか

    なくなっていたところに、彼はもう

      “アマチゥア”ではなくなっていた。

     すでに、話しは知事選へ。

     さて、次はどんな“プロ”が選ばれるのやら。

|

« 辞めちゃえば、終わり??-貧汚的結構 | トップページ | 今週の中国語ー言い訳しないで!  別探借口了!! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 猪瀬知事はアマチュア、じゃなっかた。:

« 辞めちゃえば、終わり??-貧汚的結構 | トップページ | 今週の中国語ー言い訳しないで!  別探借口了!! »